hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

心臓移植

回答数回答 3
有り難し有り難し 57

12年ほど前から心臓病を患ってます。先日、お医者さんから心臓移植しか残された方法はないと言われました。子供はまだ小さいですし、まだまだやり残している事がたくさんあります。
心臓移植移植してでも生き延びたいと思うのはわがままでしょうか?仏様がくださったこの身体、臓器で自分の人生をまっとうすべきでしょうか?
心臓には魂が込められていると思っています。なので私以外の心臓で生きていくという不安もあります。今、不安で押しつぶされそうです。
先日、告知されたばかりなので、自分でも整理がつきません。

何かありがたいお言葉を頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私もきっと同じ道を選ぶ

ユメさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
よろしくお願いします。

12年前から心臓を患っていらっしゃるとのこと。しかも心臓移植しか手段が無いとなると、かなり症状は重いのではないかと推察いたします。
そんな中、子を産み、育て、今まで本当に頑張っていらっしゃいましたね。ユメさんに敬意を表したいと思います。

話は変わりますが、臓器移植については仏教界でもまとまった結論が出ていません。おそらく僧侶によって十人十色の見解があるでしょう。一部の臓器の移植と違い、心臓移植は提供者が亡くなることが前提にありますので、非常に難しい問題です。

私としては、ユメさんを失望させる答えだと思いますが、「自分が提供するのは抵抗がある。しかし自分や家族が病気であれば、きっと生き延びたいと思い、探し求めるだろう」ということです。

江戸時代の仙涯和尚という高僧は、死の間際、弟子に辞世の句を求められた時「死にとうない、ほんまに、ほんまに」と仰ったそうです。私はこの人間味あふれるエピソードが大好きです。もし仙涯和尚が現代の方で心臓疾患があれば、一所懸命に心臓移植を求めたかもしれませんね。

「生き延びたい」というのは人間の根源的な欲求ですから、わがままと言えばわがままです。ですが誰にもそれを否定する資格などありません。私もユメさんと同じ立場なら、きっと移植を選びます。

魂については、正直に言うと分かりません。でも、移植された心臓と元の持ち主に感謝しながら生きていけば、それで良いのではないでしょうか。また、もし何か悪いことがあったとしても、その心臓や魂のせいにしないことが大切だと思います。

追伸
横浜出身なのですね。いつかご縁があってお会いできることを楽しみにしています!

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

我儘ではなくあるがままです。

 あなたはすごいと思います。恐らく、子供が幼いということは出産も心臓の病を抱えながらの出産だったと思います。恐れ入ります。
 わが子のためとは思わず、自分のために生きてください。これは我儘ではなくてあるがままです。その理由は、人のため、子のために生きることは我儘につながります。子供が素直なうちは良いですが、自分の意志に合わないときについこんなことを言ってしまいます。「あなたのために生きたのだからね。」そんなこと言われたら子供は心を閉ざしかねません。だから、自分のためと思えば、そんな言葉も発しなくなります。生きるということはいいことばかり、背負うのではなく、悪いことも、悲しみも、寂しさも、背負います。命の大切さをご存知なあなたなら、生の長所を理解できているのでしょう。
 命は仏様から頂いたものではありません。ここは勘違いなさらぬように。
女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む (一休宗純) この短歌にあるようにあくまで、あなたの命は母親と父親から授かったものです。
 これ以上は書きませんが、自分の命が助かるチャンスを放棄するような選択だけは避けて下さい。無事、移植手術が成功し命が伸びることを祈ってます。

{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

「捨身飼虎」の慈悲行

ユメ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は、長年、心臓病を患われておられまして、もはや心臓移植しか残された方法がなく、臓器提供を待たれておられる状態であること、不安な中にて色々と思い悩まれておられる胸の内をお聞かせ頂きました。

私たちの肉体もご縁なるものにて、生きていく、いや、生かされていくための因縁(要因・条件)が調っていて、やっとこさ何とか生きることができております。

もちろん、その生かされているご縁がまだまだ紡げる良き方法があるのであれば、それを求められるのは別に悪いことでもありませんし、当たり前のことでございます。

そして、臓器移植に関しましては、浦上様も既におっしゃられていますように、提供者を取り巻く問題がございます。

しかし、あくまでも拙考え方でございますが、提供者は、他の誰かを助けたい、救いたいという慈悲・利他の動機にて、己の身体を捧げるという善行為を行う意志を示されておられます。まさにこれは究極の布施行の実践でございます。

法隆寺の玉虫厨子にも描かれている、釈尊の前世物語の一つに「捨身飼虎」がございます。それは、飢えた虎とその子たちのために身を捧げて、母子の命を救ったという話でございますが、もちろん、この話に対して、色々と後世における批判や異説があるのもありますが、とにかく目の前で苦しんでいる者、助けを求めている者をとても見過ごすことができないという究極の慈悲の現れの一つであるのではないかと存じております。

ここからは、非常に難しいことを述べますが、まさに、このことと同様に、まだもしかすると心臓が止まっていない状態であるならば、脳死状態と、現在の医学的・法律的にはなっても、完全に肉体が活動を停止していない以上は、心相続的には「生きている」という状態であると考えることも仏教的に言える場合がございます。(例えば、「トゥクダム」という状態)

それでも、少しでも完全に死ぬ前に、肉体を苦しんでいる人、困っている人に捧げて役立ててもらいたいという意志・行為は、まさに釈尊の「捨身飼虎」に準ずる尊い善行であると拙生は考えております。

誠に臓器移植の成功を心から祈念申し上げますと共に、提供者の分まで、しっかりと生き切って、感謝報恩の善徳行も少しなりとも進めて頂けましたら有り難くに存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

早速のお言葉、ありがとうございました。
子どもと一緒に走ったり、自転車に乗ったりという当たり前のことしてあげられなく、いつも子供に対して罪悪感がありました。自分ではダメな母親と思っていたので、優しいお言葉をかけて下さり涙が溢れてきました。
移植は前向きに考えたいと思います。
そして、大切な心臓をくださった方には、日々、感謝の気持ちを持って精一杯生きようと思います。

追伸 私は横浜出身なので帰国の際にはなごみ庵にお邪魔させて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

大鐵様、ご回答ありがとうございました。
私は大きな勘違いをしていました。
全て子供や主人のため、親を悲しませないようにするためと思っていました。
「自分のために生きる」それが私自身や家族が幸せになるということですね。
両親から授かった大切な命、助かるすべがあるのならしがみついてでも、精一杯生きようと思います。
移植への道はまだ始まったばかりですが、私の周りの本当にたくさんの温かいお言葉や手助けで既に感謝の気持ちでいっぱいです。
この気持ちをずっと忘れることないよう前向きにいきようとおもいます。
本当にありがとうございました。

川口様

勇気づけられるご回答ありがとうございます。
はじめに質問させて頂いてから少し時間が経ち、移植に向けた検査、移植チームとのミーティング、移植した方の経験談など着実に移植の準備が進んでいます。

私の気持ちも前向きに考えられるようになりました。
臓器の提供をするという生前に素晴らしい決断をしてくださったドナーの方の意思、そしてそのドナーの家族の方に恥じることなく、その方のお陰で私がこれからも生きていけるという感謝の気持ちを毎日忘れることなく過ごしていきたいと思います。
そして、もし可能なら私もドナー登録をしたり、私の病気の心臓が何かの研究の役に立てばぜひ提供したいと思っています。

捨身飼虎
私にどこまでのことができるか分かりませんが小さなことでも、何か役にに立てることがあれば進んで行動にしたいと思います。
そして、子供たちにも教えていきたいと思います。

私のこれからの教訓になるような素晴らしいお話、ありがとうございました。
ぜひお会いしてお礼を言いたいのですが、それができない事をお赦しください。
ありがとうございました。

「病気と向き合う・看病」問答一覧

原因不明の体調悪化、生きる意味

初めまして。 これからの生き方について悩みスマホを眺めていたところ、こちらのサイトに行き着きました。初めて質問をさせていただきます。 以前から、原因不明の体調の悪化が見られ、家族に相談したり、様々な病院でいろいろな診療科を飛び回り検査して貰ったりしました。 ただ、そこで得られるのは「気持ちの問題」「人間の体のつくり的にそのような症状はありえない」という返答ばかり。現に私が今悩んでいる症状は、生物学的にはありえないものなのだそうです。 もしかしたらまだ発見されてもいない難病にかかってしまったのでは?もう一生治らないのでは?そう考えた途端、生きる気力が急速になくなりました。なにしろ苦しいのです。苦しいのに理解してもらえず、かといってその苦しみは目に見えるものでもなく普段は私もケロッとしているため、信じて貰えない。 この苦しみを抱えたまま生きるのは辛いです。気がつけば、自ら命を絶つ方法を無意識のうちに調べていました。 大好きな家族、大好きな友人、大勢います。彼ら彼女らを残したまま死ぬのは嫌ですが、死ねばその後悔すらも感じないのでは?そう考えてしまう自分がいます。 どうすればいいのかわかりません。体の不調のことはもう誰も信じてくれません。母にそれとなく死にたい気持ちを吐き出してしまいました。お願いだから死なないでくれと言われました。母のおかげで一旦ブレーキが効いています。しかし今後自分の気持ちがどうなるかはわかりません。 ご教授ください。私は体の異変に耐えながら生きるべきでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

乳がん検診でひっかかり、不安が強い。

これまでも、20代の頃から卵巣の病気があり、検査や手術を続けてきましたが、、そちらは長い経過の末、心配の具合が減ってきました。 とはいえ、不安が高まるとあちこちの臓器が気になり、色々病院にかかったりしています。 このたび、そのついでに乳がん検診受けたところ、予想してないしこりを指摘されました。今のところ、大丈夫そうだけど、悪性の可能性もゼロではないようで、経過観察になりました。 次の予約が1月ですが、とても気持ちがもたないくらい不安定になっています。 そうなると死ぬのは怖くないと思える証拠をさがしてみたり、40までは生きれたのだからいいと思い込もうとしたり。でも自分でコントロールできないことが起こることが怖くて怖くて、居ても立っても居られないです。 そしてこちらのサイトに辿り着きました。時間を見つけて直接のご相談もしたいですが、 まずは今のこの気持ちをどうしたらいいか。どうしたらいいのか、荒波に放り出されたかのような気分で、グラグラと心が揺れています。普通に過ごす時間もあるけれど、こんなことをしてていいのだろうか、わたしは何か現状を変えるためにしなくてはいけないのでは、と考えては、焦燥感でいっぱいになります。 わたしはどうしたらいいのでしょうか。まだ病気と決まったわけではないのにこの状態で、私は果たして今後死に向き合えるのだろうか、とも思ってしまいます。 なお、死が怖いので50まで生きれれば本望と思ったりしていました。父と義母を私の1番恐れてるガンで亡くしたのも、影響を受けやすい私にはきつかったのかもしれません。 何かお言葉いただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

病の不安

先日行った人間ドックで肺に炎症性変化があり3ヶ月後の再検査となってしまいました。 現時点での医師の説明ではおそらく心配ないものであるが、可能性はゼロではないので念のためという事での再検査です。 CTを撮ると結構な人数の方が再検査になるらしく、風邪の炎症でもよく映り込むので癌ではない人が殆どですと。 医師の感触では否定的でした。 癌宣告を受けた訳ではないですが親を肺癌で亡くしているため、先々を考えると恐怖心が拭えません。 平常心を保とうと普通に生活し、歩いて気分転換を図ったりしていますが、また直ぐに考えてはネット検索してしまいます。 人間はいつか死ぬ事は身近な人の死から分かってはいるものの、やはり怖いです。 一人っ子の子供を置いて逝くのも忍びなく、できれば自分の親の年齢を超えるまでは一緒にいてあげたい。 それに施設にいる親の介護もある。 など、色々と考えてしまう心のざわつきを鎮める方法はありますでしょうか? プロフィールを読んで頂くと分かりますが、親や夫婦間で様々な問題に長いこと悩まされ、いけない事とは思いながらも他の男性と長期的にお付き合いを重ね、心のバランスを保ってきました。 この様な事をしているので天罰が当たったのかもしれません。 彼とは割り切った付き合いであるものの、付き合いも長いのでお互い情が入っています。 いつかは病や生活の変化で別れる時が来るだろうとも思っていましたが、お互い心の拠り所になっていたのは確かです。 病の心配と彼との今後について混同してしまいましたが、どうやって今後の人生に向き合ったら良いのか教えてください。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

おばあちゃんに会いたいです。

初めまして。先月より祖母が急に弱ってしまい入院をしてしまいました。 もう食べることもできず、 点滴でのみ栄養を補給してる状態で、 意識があるのが奇跡だと言われています。 86歳で、認知症はなく会話はできるのですが、まだ頑張って生きてるのにコロナ禍のため病院での面会が叶わず、会うことができないのが辛くて悲しくて涙が止まりません。 今出来る最低限のことで、入院してから2回、 伝えたいことをしっかり手紙に書いて看護士さんに渡してもらいました。 祖母が直接読んでとても喜んでいた、と聞いてとても嬉しかったです。 会いたい気持ちが止まりません。 もう覚悟はしています...。 だけど、結婚前は実家で同居してたので、小さい頃からよく遊んでもらったり、旅行に連れてってもらったり、思い出が沢山あり過ぎて、何かと心配してくれた祖母がいなくなるのを考えるだけで本当に辛いです。 いつも優しくてニコニコしてて、感謝の気持ちを忘れない祖母なので、病院でも先生に恵まれ看護士さん達からも大変親切にしてもらっていたみたいです。 まだこのまま居させてもらえたら安心だったのですが、そうもいかず...昨日から一般診療もある療養病院へ転院することになりました。 心配が尽きないです。 もっと実家に帰ればよかった、もっとお話しすればよかった、一緒に写真も撮りたかった...と後悔が溢れてきます。 祖母は心配症で伝えないと気が済まないタイプなので、私も日常で「わかってるよ〜」とイライラしてしまったこともありました。 今になって、祖母から教わったことがいかに大切なことだったか実感しています。 ただただ元気になって帰ってきてほしい。 何をしていても集中できず、 胸が苦しいです。 たとえお迎えが来たとしても、 いつかまた会うことはできるでしょうか...? 来世も祖母の孫として生まれたい。 今はどのような気持ちでいればいいのでしょうか?少しでも強い気持ちを持ちたいです。 長々と申し訳ございません。 どうかご意見の程いただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

病気と向き合えない

お坊さんへ 初めて質問させて頂きます。 私は自己免疫疾患を患っています。治る病気ではないので、一生付き合っていかなければなりません。しかし、病気と向き合うことが怖く、また元々の面倒臭がりな性格から、通院は適当になっていました。 更に、3年前に支えてくれていた祖父が病院で「殺してくれ」と家族に訴えながら亡くなった現場を見て、病院に通うのが怖くなり、悪化して、どうしようもなくなるまで治療を拒否してました。 最近、仕事や慣れない祖母の介護、祖父の死の悲しみなどのストレスが重なり病状が悪化し、緊急入院となりました。 検査の結果、腎臓を悪くしてしまい、食事の制限も必要になりました。退院はできましたが、薬の副作用や食事制限などで、このまま生きていけるのか不安な日々を過ごしています。 病気と向き合い、治療していかなければならない事はわかっていますが、どうして私だけが、と考えて毎日泣いて過ごしてます。 薬の副作用で心臓はずっと運動後のように速く、少し動いただけで息切れ、大量に汗をかきます。また、血圧を下げた影響で立っていると船の上にいるようなふらつきに襲われ、長時間の活動が出来ません。ほとんどベットに横になっています。 元々、食が細く、薬で身体に負担がかかった影響もあり、食べても毎日痩せていき、骨と皮の身体を見るのが辛いです。 病状が落ち着けば良くなるのかもしれませんが、こんなに副作用で苦しいのに治療を続けていけるのか不安です。また、いつ悪化するのか怯えながら、通いたくない病院に行く事も苦痛です。 どうすれば病気と向き合い、治療を続けられるのか? 何か心持ちを変える方法があれば、教えて頂きたいです。 纏まりのない文章で申し訳ありません。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

両親の病気がつらい

4人家族で、私のみ離れて暮らしています。(車で片道3時間ほどの場所) 母は1年ほど前にガンが見つかり、もう長くないと言われる状況でしたが現在は寛解し自宅療養しております。 母が退院したと同時に父が倒れ、今入院をしており現在も治療中です。 両親と同居している妹は、両親の病気を近くで見てきたこと(看病や両親の死への恐怖)、仕事等の影響もあり精神を病んでおり、精神科に通ってます。 なるべく平日は仕事をし、金曜の夜〜日曜夜までは実家で過ごし夜中に帰る形をとってますが、転院や通院などの都合で平日の仕事も休みをいただくことが多くなってきています。 実家へ向かう際は、コロナの影響・心配だからと車で彼が片道3時間ほど運転して送り迎えをしてくれています。 このような状況で、私自身もかなり余裕がなくなってきており、今まではあまりなかった母との喧嘩や言い合いも増えました。 仕事をしている間は実家のことをしていなくて迷惑をかけている、実家に向かうとき・帰るときは彼に迷惑をかけている、実家にいるときは会社に迷惑をかけている...最近はこの考えが頭でいっぱいになってしまい、つらいです。 どこにいても何をしていても誰かに迷惑をかけていること、そして自分は間違っていると思ってしまい ふとした瞬間に泣いてしまいます。今までは家族の前、彼の前、会社の人の前では明るく元気に振る舞っていましたが、最近それも出来なくなりつつあり、ふと涙が出てしまいそうになり視界が滲んでしまいます。 出口や正解がないこの状況をなんとか乗り越えたいですが心が折れてしまいそうです。 今まで楽しんでいた音楽や趣味も最近は時間がなかったりコロナの影響もあり叶わず、周りの人がみんな楽しそうに見えてしまい辛いです。 相談の形になっていないかもしれませんが、どのようの気持ちを持てば乗り越えられるでしょうか。 その方法を考えることが自分のためであるとは思いますが、疲れてしまいました。うっかり忘れや判断力も落ちた気がして最近は色々なことに「わからない」と口にしてしまいます。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺