hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

心臓移植

回答数回答 3
有り難し有り難し 57

12年ほど前から心臓病を患ってます。先日、お医者さんから心臓移植しか残された方法はないと言われました。子供はまだ小さいですし、まだまだやり残している事がたくさんあります。
心臓移植移植してでも生き延びたいと思うのはわがままでしょうか?仏様がくださったこの身体、臓器で自分の人生をまっとうすべきでしょうか?
心臓には魂が込められていると思っています。なので私以外の心臓で生きていくという不安もあります。今、不安で押しつぶされそうです。
先日、告知されたばかりなので、自分でも整理がつきません。

何かありがたいお言葉を頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私もきっと同じ道を選ぶ

ユメさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
よろしくお願いします。

12年前から心臓を患っていらっしゃるとのこと。しかも心臓移植しか手段が無いとなると、かなり症状は重いのではないかと推察いたします。
そんな中、子を産み、育て、今まで本当に頑張っていらっしゃいましたね。ユメさんに敬意を表したいと思います。

話は変わりますが、臓器移植については仏教界でもまとまった結論が出ていません。おそらく僧侶によって十人十色の見解があるでしょう。一部の臓器の移植と違い、心臓移植は提供者が亡くなることが前提にありますので、非常に難しい問題です。

私としては、ユメさんを失望させる答えだと思いますが、「自分が提供するのは抵抗がある。しかし自分や家族が病気であれば、きっと生き延びたいと思い、探し求めるだろう」ということです。

江戸時代の仙涯和尚という高僧は、死の間際、弟子に辞世の句を求められた時「死にとうない、ほんまに、ほんまに」と仰ったそうです。私はこの人間味あふれるエピソードが大好きです。もし仙涯和尚が現代の方で心臓疾患があれば、一所懸命に心臓移植を求めたかもしれませんね。

「生き延びたい」というのは人間の根源的な欲求ですから、わがままと言えばわがままです。ですが誰にもそれを否定する資格などありません。私もユメさんと同じ立場なら、きっと移植を選びます。

魂については、正直に言うと分かりません。でも、移植された心臓と元の持ち主に感謝しながら生きていけば、それで良いのではないでしょうか。また、もし何か悪いことがあったとしても、その心臓や魂のせいにしないことが大切だと思います。

追伸
横浜出身なのですね。いつかご縁があってお会いできることを楽しみにしています!

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

我儘ではなくあるがままです。

 あなたはすごいと思います。恐らく、子供が幼いということは出産も心臓の病を抱えながらの出産だったと思います。恐れ入ります。
 わが子のためとは思わず、自分のために生きてください。これは我儘ではなくてあるがままです。その理由は、人のため、子のために生きることは我儘につながります。子供が素直なうちは良いですが、自分の意志に合わないときについこんなことを言ってしまいます。「あなたのために生きたのだからね。」そんなこと言われたら子供は心を閉ざしかねません。だから、自分のためと思えば、そんな言葉も発しなくなります。生きるということはいいことばかり、背負うのではなく、悪いことも、悲しみも、寂しさも、背負います。命の大切さをご存知なあなたなら、生の長所を理解できているのでしょう。
 命は仏様から頂いたものではありません。ここは勘違いなさらぬように。
女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む (一休宗純) この短歌にあるようにあくまで、あなたの命は母親と父親から授かったものです。
 これ以上は書きませんが、自分の命が助かるチャンスを放棄するような選択だけは避けて下さい。無事、移植手術が成功し命が伸びることを祈ってます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

「捨身飼虎」の慈悲行

ユメ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は、長年、心臓病を患われておられまして、もはや心臓移植しか残された方法がなく、臓器提供を待たれておられる状態であること、不安な中にて色々と思い悩まれておられる胸の内をお聞かせ頂きました。

私たちの肉体もご縁なるものにて、生きていく、いや、生かされていくための因縁(要因・条件)が調っていて、やっとこさ何とか生きることができております。

もちろん、その生かされているご縁がまだまだ紡げる良き方法があるのであれば、それを求められるのは別に悪いことでもありませんし、当たり前のことでございます。

そして、臓器移植に関しましては、浦上様も既におっしゃられていますように、提供者を取り巻く問題がございます。

しかし、あくまでも拙考え方でございますが、提供者は、他の誰かを助けたい、救いたいという慈悲・利他の動機にて、己の身体を捧げるという善行為を行う意志を示されておられます。まさにこれは究極の布施行の実践でございます。

法隆寺の玉虫厨子にも描かれている、釈尊の前世物語の一つに「捨身飼虎」がございます。それは、飢えた虎とその子たちのために身を捧げて、母子の命を救ったという話でございますが、もちろん、この話に対して、色々と後世における批判や異説があるのもありますが、とにかく目の前で苦しんでいる者、助けを求めている者をとても見過ごすことができないという究極の慈悲の現れの一つであるのではないかと存じております。

ここからは、非常に難しいことを述べますが、まさに、このことと同様に、まだもしかすると心臓が止まっていない状態であるならば、脳死状態と、現在の医学的・法律的にはなっても、完全に肉体が活動を停止していない以上は、心相続的には「生きている」という状態であると考えることも仏教的に言える場合がございます。(例えば、「トゥクダム」という状態)

それでも、少しでも完全に死ぬ前に、肉体を苦しんでいる人、困っている人に捧げて役立ててもらいたいという意志・行為は、まさに釈尊の「捨身飼虎」に準ずる尊い善行であると拙生は考えております。

誠に臓器移植の成功を心から祈念申し上げますと共に、提供者の分まで、しっかりと生き切って、感謝報恩の善徳行も少しなりとも進めて頂けましたら有り難くに存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

早速のお言葉、ありがとうございました。
子どもと一緒に走ったり、自転車に乗ったりという当たり前のことしてあげられなく、いつも子供に対して罪悪感がありました。自分ではダメな母親と思っていたので、優しいお言葉をかけて下さり涙が溢れてきました。
移植は前向きに考えたいと思います。
そして、大切な心臓をくださった方には、日々、感謝の気持ちを持って精一杯生きようと思います。

追伸 私は横浜出身なので帰国の際にはなごみ庵にお邪魔させて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

大鐵様、ご回答ありがとうございました。
私は大きな勘違いをしていました。
全て子供や主人のため、親を悲しませないようにするためと思っていました。
「自分のために生きる」それが私自身や家族が幸せになるということですね。
両親から授かった大切な命、助かるすべがあるのならしがみついてでも、精一杯生きようと思います。
移植への道はまだ始まったばかりですが、私の周りの本当にたくさんの温かいお言葉や手助けで既に感謝の気持ちでいっぱいです。
この気持ちをずっと忘れることないよう前向きにいきようとおもいます。
本当にありがとうございました。

川口様

勇気づけられるご回答ありがとうございます。
はじめに質問させて頂いてから少し時間が経ち、移植に向けた検査、移植チームとのミーティング、移植した方の経験談など着実に移植の準備が進んでいます。

私の気持ちも前向きに考えられるようになりました。
臓器の提供をするという生前に素晴らしい決断をしてくださったドナーの方の意思、そしてそのドナーの家族の方に恥じることなく、その方のお陰で私がこれからも生きていけるという感謝の気持ちを毎日忘れることなく過ごしていきたいと思います。
そして、もし可能なら私もドナー登録をしたり、私の病気の心臓が何かの研究の役に立てばぜひ提供したいと思っています。

捨身飼虎
私にどこまでのことができるか分かりませんが小さなことでも、何か役にに立てることがあれば進んで行動にしたいと思います。
そして、子供たちにも教えていきたいと思います。

私のこれからの教訓になるような素晴らしいお話、ありがとうございました。
ぜひお会いしてお礼を言いたいのですが、それができない事をお赦しください。
ありがとうございました。

「病気と向き合う・看病」問答一覧

彼が病気。毎日怖くて不安で辛いです。

お付き合いしてる彼が入院して2ヶ月になります。肝炎や脳腫瘍、他にも病気があり彼にとってとても辛い状況になります。高額な治療費がかかってしまいお金が厳しいみたいで何かできることはないかと思い色々調べ生活保護というのを知り、彼にとって辛い選択になると思い進めるのも悩みましたが彼には不安なくちゃんと治療してほしい。病気が治って健康に過ごせることを願って…彼に進めましたが、ありがとう。の一言返信がありました。脳腫瘍もよくないみたいで、体調もとても辛そうです。コロナの影響でお見舞いにも行くこともできません。高額な治療費がかかってしまい治療費を払えないからと退院を考えてると今日言われました。それでもう一度進めたら…ありがたいけど、生活保護を受ける気はないと。バカにしないでくれる?など言われてしまいました。 バカにしてるつもりはなくてそんな風に言われとても悲しく、涙が出てきました。暫くラインは入れないでと返信もいらないと… 彼の病気は私も不安で怖いけど少しでも癒しや気持ちが楽になってほしいと思ってきてがんばってきたのに本当に辛いです。これからどうしたらいいでしょうか?

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

少しでも苦しみが消えますように

昨年も父のことで相談に乗って頂きました。 父は昨年の7月に転倒し、頭を打って以来、遷延性意識状態(植物状態)となり、ずっと入院しています。 自己呼吸はできるものの、気管切開をしているので、一滴の水も飲めず、何も食べられず、胃ろうをしています。 寝たきりの要介護5で動けません。 耳は聞こえているみたいなのですが、意志の疎通は難しいです。こちらの話をどこまで理解してくれているのか、表情もあまり変わらずわかりません。 何かを訴えようとしたり、発語をしようとする仕草もほとんどありません。 ただ、目を合わせると、じっとこちらを見てくれます。そして、たまに指をさしてくれます。 コロナ前では、家族が毎日病院に行き、手を握り、大好きだよ生きてくれて嬉しい、有り難うって伝えられていました。 でも3月以降、面談は3カ月に1回10分だけとなりました。 父に何もしてあげられることができず、そばにすら、いられません。 意志の疎通ができないだけで、ほんとは、水が飲みたいとか、お腹が空いたとか、そんな苦しみを味わっているのではないかと思うと、ただもう、やりきれなく辛いです。 手術をして、命を助けたせいで、こんな苦しみを与えてしまったのではないか。 いつまでこんな生き地獄を生きなくてはいけないのか。 そんな考えても仕方のないことを考えてしまいます。 それでも私の苦しみなんてどうでもいいです。 父は頑張って生きています。 そんな父を知ってほしくて、投稿しました。 そんな父のためにどうか祈って頂けますでしょうか。 少しでも苦痛がやわらぐために。 どうか、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

母の病気と今後の生き方について

一年前に母が癌になりました。 再発しやすく予後が悪いタイプの癌だったのである程度心構えはしていましたが、今日、再発したと連絡をもらいました。 . 去年の秋に発覚した際、友人4、5人に母が癌になったことを言いました。 家族には心配をかけたくなかったので、友人たちに弱音を吐いて、助けてほしかったのですが、同年代だとこのような経験がないからか、あまり真剣に受け止めてもらえなかったと感じています。 「親が数年で死ぬかもしれない」というところに考えが結びついていないのだろうな、という感じです。 . 私自身も、重い話をして友人を困らせてしまったこと、相手に無意識で期待しすぎてしまっていたと思い反省しましたが、信頼している人たちに悩みを理解されないことの寂しさを感じました。 . ですが、今回の知らせを受けて、やはり誰かに頼りたくなってしまい、こうなることは分かっていたのに自分の弱さに情けなくなりました。 . 私自身、兄弟などはおらず、友人にも友人の人生があるので、心置きなく誰かに頼るということに引け目を感じています。 将来、結婚してパートナーと支えあって生きていくことにも憧れがありますが、私自身お付き合いの経験がないこと、結婚する時には母はもういないのではないかということから、いつ現れるかも分からないものにすがるものでもないなと思い始めました。 . 前置きが長くなってしまいましたが、これらのことから、私はどの程度人に頼り、どの程度自立すべきなのか、今は全く分からない状態です。 . 母が亡くなった後、1人で生きていく自信がなくなってしまいましたが、もしそうなったとしても、私が幸せに暮らし続けることが親孝行になるのではとも考えており、頑張りたい気持ちもあります。 . もしよろしければご教示いただけますでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

闘病中の心構え

何度も何度もありがとうございます。 息子が白血病で治療後の母です。 昨年より度々こちらに御世話になっています。息子はあの後骨髄移植を経て退院し、この夏と秋はとても元気に自宅過ごすことが出来ました。幸せでした。 しかし、先日、今後再発する可能性が高いとの検査結果が出たため、それをうけてどうするか色々悩んでいます。現時点では何も体調不良などありません。 今後の具体的なことは何も決まっておらず、まずはセカンドオピニオンからというかたちですが、治療後短期間でのこのような展開ですので、マイナスなことばかり考えてしまいます。 息子とまだ一緒にいたいです。諦めたくない。でも、短期間での治療はもしかしたら厳しいのかもしれない。 今後弱っていく息子をみたくない。怖い。 私が病気を代わりたい。 息子の前で泣きたくない。でも気づけば泣きそうだったり。 と、本当に毎日毎日弱い自分と向き合っています。 家族もかなり落ち込んでいます。 毎日毎日、なんとか気持ちを繋いでいる状態です。 どうしたら、今後のことが考えられるでしょうか。 ご教示、もしくは叱ってくださると嬉しいです。 お話を聞いてくださってありがとうございました。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

体感幻覚の凄まじい激痛とめまい

子宮頸がんワクチンの副作用(ジスキネジア)と精神薬の禁断症状がエンドレスに続き、身体や顔、全身に槍や針金が何万本も突き刺さったような激痛に24時間耐えるのに疲れてしまいました。1人ではトイレやお風呂さえ難しく…しかし歯を食いしばって倒れないように這いずり回って行動していますが限界です。精神科医は治る事は無いと言います。今32歳でこの先何十年も痛みとめまい等を我慢するのは辛くてこの現実が受け入れられません。このままじゃダメだと気合いを入れてもあまりの痛みで直ぐに心折れ…寝たきりにならないよう努力しようとしても全く改善せず日に日に悪化してます。泉のように痛みがどんどん作られ、足が引きちぎれそうなので運動しようにも出来ず、地面はベルトコンベアの様に高速で動いて感じられグラついて倒れてしまい、痙攣発作や全身がクネクネと勝手に動いたり、幻覚幻聴も凄いです。こんなに辛いのが一生続くのに何故日本では安楽死が認められないのですか?本当に耐えられないので安楽死は無理でも意識を低下させる薬か何かで苦しまないようにさせてもらう事は出来ないのでしょうか? 国は安全な薬だと言うから子宮頸がんワクチンも打ったし薬も病気(慢性めまいに対して向精神薬を処方されました)が治ると信じて飲みました。なのに治らずこんな仕打ちです。喉がジスキネジアでねじれて呼吸が止まると絶望的に苦しく痛みも食い込んでくるので首吊り等の自殺は怖いし耐えられず未遂になるだろうと想像がつきます。医者を信用し言われた通り飲んだ薬でALSのように時間が経てば経つほど筋肉が固まっていき動かなくなります。かろうじて動かせるうちに死んでおかないともっと辛くなる!自分を守る為に今すぐ死なないと!と脳が訴えてきます。何でそんな辛い選択をしなきゃいけないの?私だけが悪い訳じゃ無い!と悲しくなります。薬を飲んでる間も薬だけには頼らず体操や朝のウォーキング、栄養サプリ、陶板浴など色々試しました。しかし私がどんなに努力してもこの禁断症状は治る事は無く…安楽死さえさせてくれれば、旅立つその日まで32年間支えてくれた家族にお礼と謝罪をして自分も安心出来るのに。治るから諦めないで別の病院さがせ!等ではなく本当に治らないので(薬の毒による痛みなので鎮痛剤等は効きません)その上で耐えられない場合どうしたら良いか教えて欲しいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

二十代なのに寝たきりです。

こんにちは。 二十代の女です。 私は、病気で寝たきりの生活をしています。 生まれつき寝たきりではなく、数年前からです。 私の患っている病気は、珍しく前例があまりないので医者が手探りで治療や手術をしてくれています。(私の体で症例発表されたこともあります。精神疾患ではなく、身体的な病気です。) 全身麻酔の大掛かりの手術を行ったのですが、治りませんでした。 私には夢があります。 医者になることです。 ただ、もう二十代です。 時間がありません。 毎日毎日、病気の辛さと焦りで泣いたり、ヒステリックを起こしてしまいます。 そして、そのストレスを両親へ当ててしまいます。 この前、お父さんが私が欲しいと言っていた物をせっかく買ってきてくれたのに、ヒステリックで壊してしまいました。 本当に申し訳なくて、なんてことをしてしまったんだという思いで涙が出て止まりません。 もう、どうしたら良いかわかりません。 両親への申し訳なさで何度も首を吊ろうとしましたが、できませんでした。 命にかかわる病気ではないため、希望をもってしまうのです。 もしかしたらり治るかもしれない、治ったら医学部へ行けるかもしれない、今まで迷惑と心配とストレスばかり与えてしまった両親へ親孝行できるかもしれないと。 その希望を見ることが辛いです。 希望と現実のギャップがとても辛いです。 このギャップを見ることに疲れてしまいました。 毎日夜になると、トリカブトや首吊り、新しいなにか楽に死ねる方法はないかと調べてしまいます。 自分でも、死にたいのか生きたいのかわかりません。 なにを質問したいのか、なにを答えて欲しいのかわかりません。 どうしたらいいかわかりません。 私は、両親を悲しませたり、ストレスを溜めさせたりしなくありません。 両親には、私のことで心配したりしないで幸せになってほしいです。 たぶん、これが私の一番の願いです。 こんな意味のわからない文でごめんなさい。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る