お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お金にはこころがないように感じてしまう

農家の嫁です。手作りのものが好きで、パン・ジャムや梅干し、つくだ煮などを作って、友人にあげることがあります。

それは、「おすそ分け」の気持ちです。我が家では食べきれないこともあるし、今の時代では手作りは珍しいこともあり、食べて、味わってほしいなぁと思うこともあります。

先日も、自家製の天然酵母のパンを焼き、いっぱいあったので、友人数名にあげました。
ある方は、お菓子を持ってきてくれる人もいれば、お花をくれた方も。
しかし、別の友人から「お金、払うよ?いくら?」と聞かれて、困ってしまいました。

あくまでも、手作りが好きでやっている。手作りでしか出ない味を楽しんでほしいだけで、お金という価値で置き換えられません。

友人には「今度、何かをおごってね」と言って、お金は受け取りませんでした。

こういうことは、今までも何でもあります。
そのたびに、何か「お金で・・・」と言われることに、抵抗というか、虚しさを感じます。心がないのではないけれど、何か気持ちがすっきりしません。

お金がほしくて、作っているわけではないので、お金を受け取ることにも、お金での価値(値段をつける)ことにも、できません。

この気持ち、どうしたら、すっきりするでしょうか?

心構え・生きる智慧
有り難し 24
回答 4

質問投稿日: 2015年2月25日 10:25

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

そのひとにとっての「ありがたさ」

小生は、しょうねがまがっているのでしょう。
素直に、「ああ、このひとにとっては、ありがたいんだな」
と感じました(^-^;)♪

ありがたい思いを、どうしていいのかわからない、
でも有難いことを表したい、それで「お金払いたい!」と
思われたのかもしれません。
我ながら深読みすぎかもしれませんね。

しかし、小生は思います。
「お年玉」「御霊前」「お祝い」
わたしたちが、さしあげたり、頂いたりする、こうしたひとつひとつ
温かいこころを感じます。
ですから、お金がまったくこころのこもらないもの、
とは言えないのではないでしょうか。

こころがこもっているからこそ、
お寺や神社に「お賽銭」を供え、お金を「喜捨(喜んで放つ)」する
のではないかとも思うのです。

おかねを下さろうとされたご友人のおもわくはわかりかねますが、
こころを込めてくださったパンを、ご友人なりの「有難さ」でもって
著したのだとしたら、それはそれで「お気持ち」として、
実際に貰わずとも頂いたら宜しいのではないかと思います。

もっと申せば、「パンを受け取って頂けて、こちらこそ有難い」
と思えば、どんなことばを頂いたとしても、あなた様のこころが
痛むことはないものであります。

相手からのなにか感謝を求めているうちは、
たとえお菓子が返ってきたとしても、こころを病むことだって
あるのですから。

題にも述べたのは、そうした自分をも含めた「ありがたさ」を
感じることが大事なのではないか、そう思った次第です。

おこころが安まりますことを祈念申し上げます。
さちあれさちあれ。合掌

3年7ヶ月前
回答僧

泰庵

お金そのものに心は無く、扱う人の心のもちよう。

リダカさま。
はじめまして、こんにちは。

仲が良かった友だちのお通夜に行きました。
私はお坊さんなので、お経をあげてから焼香しました。

お父さんお母さんは私にお布施をしようとしました。
私は受け取りませんでした。

後日、その話を先輩僧侶にしました。
そのお布施って、あなたの生活に使ってほしくて渡そうとしたの?
仏教の事に使ってほしかったんだろうか?

仮に、お布施を受け取ったとしてどのように使うのがいいと思う?
自分の飲食代に使う? お寺のロウソクや花代に使う?
その場で受け取って、毎年の命日に花を送り続ける予算の一部にする?

いろいろ言われて私は考え込みました。

お金に心がないのでなく、心ある使い方ができるかどうかは自分の問題。
その時点で心あるお金の使い方が思い浮かばなかったので、お布施を受け取らなかった自分の選択肢は正しかったと思います。

自分の相手の関係性の中での、一番居心地良い方法はその都度変わると思います。

3年7ヶ月前

お金を悪いものと観るのも 偏見

別にお金は悪いものではありません。
火や包丁と同じように使い方を間違えれば悪いことにも使われるというだけです。(^

3年7ヶ月前

答えになっているかどうか・・・。

リダカ様

うちの嫁もパンやお菓子を作るのがすきでよくご近所やお友達に配っています。
お礼におかずやお菓子をいただいたりします。でも、お金を払うといわれたことはありません。

そもそもお金は物々交換に手間がかかるためにお金という便利なものを作ったと習ったことがあります。

手作りパンをいただいた代わりにお金をという方は、手作りパンとお金を交換した方がいいかな、という軽い気持ちでされたのではないでしょうか。

広い意味でのサービス業にも対価がきちんと発生するので、気持ちはお金に換えられると思います。

そう考えると気持ちはスッキリするのではないでしょうか。
いかがでしょう。

ただ、もし私が手作りパンを作って「食べてみて」とあげた人に「お金を払う」と言われたら、もう二度とその人に手作りパンはあげようとおもいません。笑 おすそ分け、気持ちぐらい理解できる人と付き合いたいものです。

3年7ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ