hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

父親のことで家族の喧嘩が絶えません。

回答数回答 3
有り難し有り難し 25

私は物心がつかないうちに母親を亡くしてから、父方の祖父母のところに預けられ、父親とは別に暮らすようになり現在に至ります。
父親は現在無職で、仕事を探しており、50歳です。
父親は毎日家に電話をかけてくるのですが、祖母が水子供養をしていなかったり、祖父が祖父や祖父の兄弟が先祖の供養していないから、自分は仕事が見つからないんだと言ってきます。これをほぼ毎日言ってきます。
父親はお坊さんと昔からの知り合いなのですが、そのお坊さんから言われているらしいです。そのお坊さんは、金取り主義ではないらしく、なにかあると父親の電話にかけてくるらしいです。しかし、いくらお題目をやってもまだ足りないといってくるらしいです
なので、祖母は毎日お題目を唱えています。
祖母は父親を信じているので、宗教否定派の祖父と必ず父親のことで喧嘩になります。
私も毎日お題目を唱えているのですが、しょっちゅうそんなことを言ってくるので頭が痛いです。信じていないわけではないのですが、父親の全て親が悪い主義にはうんざりしています。
少なくとも祖父は父親に対して、生活費をあげたり、車をかってあげたりなどで何千万とお金をやったりしていたのですが、父親は祖父を不信心といい、罵っています。
これってどちらが正しいのですか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私が学ばせて頂いている教えに、供養不足などはありません

ご質問は、あなたのお父さんとお祖父さんのどちらが正しいか、ということですが、(あなたも含めて)あなたのお父さんは、ある特定の宗教を信仰なさっているようですので、その信仰を無責任に批判することは、一宗教者として、私は避けたいと思っております。ただ、あなたのお父さんが信仰している宗教が仏教であったならば、私が学ばせて頂いている教えとはかなり異なるものに思いましたので、今回、私が学ばせて頂いている教えとの違いをご紹介させていただきます。

先ず、水子供養や先祖の供養をしていないから、あるいは、お題目の唱え方が不十分だから、仕事が見つからないという教えは、私が学ばせて頂いている仏教には見当たりません。たとえば、もしプロスポーツ選手が自分の成績不振の理由を、先祖の供養をしていないからとか、お題目の唱え方が不十分だったから、と考えるでしょうか?あるいは、あなたが学校の学業成績を上げたいときには、勉強ではなくお題目を唱えることに専念するのですか?私が学ばせて頂いている仏教では、仏法を学べば学ぶほどに、自分自身がいかに自己中心的な存在であったかが明らかにされてくる教えです。学業成績を上げたければ、精一杯勉強をするのみです。

次に、お祖父さんが宗教否定派とのことですので、私の宗教の見方を述べさせていただけば、宗教は私たちの生き方(人生に対する価値観)を明らかにしてくれるものだと、私は思っています。もちろん、ある特定の宗教を持たなくても、私たちは生活できます。でも、正しい信仰心があれば、より良く自分という存在を知ることができます。私たちには、2つの眼がついています。これは、私たちの外部にあるものを知るためのセンサーのひとつです。それに対して、宗教は私たちの内面を照らしてくれる鏡です。

以上が、私からの回答です。あとは、あなた自身が、どのように判断するかです。一日も早く、お父さんが就職されることを、そしてあなたにも落ち着いた日々が来ることを祈念いたしております。

{{count}}
有り難し
おきもち


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...
このお坊さんを応援する

「御先祖様」は遺されたものの「安らぎ」を一番に思っている

大変難しく、またご不安な日々を送られていることと、
心よりお見舞いを申し上げます。

小生は、ものごとに正しいも間違いもないと思っています。
すべてはそうなった原因があり、いまその結果として
表れているのだと思います。

正しいか間違っているかは、だれにもわからないと思います。
本人たちには、「それが正しい」のです。

小生は、あなたさまが、祖父母様にも、お父様にも、なにより、
お母様にも安らかであって欲しいと、こころから願われている、
その尊い思いを感じ、ただただあなたさまの安らかなることを
祈るばかりです。

恐れながら、
小生の思いを申し上げれば、あなたさまは、あなたさまの
夢に向かって、まず一心に勉学なり、お仕事なりを務めるのが
宜しいのではないかと思います。

ひとりの一生懸命なる姿は、やがてまわりを変えていくものです。
小生はそれを信じています。
あなた様の懸命に夢に向かう姿は、希望でもって皆様の
ご両眼に映るはずです。

小生は、御先祖様の安らぎとは、
「今生きているものが安らかに、希望に満ちて生きていてほしい」
という思いに叶えるところにあると思うのです。
供養を「した・しない」は関係ありません。
ものを供えたり、題目を唱えたから供養ではないからです。
「せずにはおれない、感謝と報恩のこころ」を供える、
それが供養の本来だと思っています。

お父様のお電話がつらいときは、逃げてもいいのです。
そのことを申し上げたらよろしいと思います。
大事なのは「わたしはこうおもう」という思いを知って頂くことです。

どうか、おこころのやすまる日が、早く訪れますよう、心より
祈ります。あなたさまと御家族皆様に、さちあれ、さちあれ。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


本当に与えるべきものを与える

「おじいちゃんごめんね、ダメなパパだね(笑)変なお坊さんに騙されて…」
まず、おじいちゃんにこう言ってみましょう。
それだけでお互い心の負担が軽くなると思います。
さんざん手を焼いた息子(パパ)でしょうから、この世を去られるまで厳しくしつけてちゃんとしてもらいたいと思っているはずです。だからこそ、おじいさまから本当に与えるべきものの・中身・内容が大切なのです。亡くなってしまったら遺産にすがるだけの働かないダメパパになること確実です。
人は与えるもの中身が大切です。
お父さんは要は自信がないのです。
50過ぎてダメパパ&おじいちゃんとケンカ状態。本当に困った状況。
今までも今も父であるお爺さんが、しっかりさせようと、甘えか、叱りか、さとしつけを与えておられると思います。
厳しさも、叱りも、お金も、時には与えないことも、奪う事も与えることです。
おじいちゃんからパパにあげるものは認めてあげることや息子としての自立、独立。
おじいちゃんからお金をあげなくても良いように自分で働いてもらう。
そのために、お父さんに自信をつけてもらうためにおじいさんと、あなたとの話し合いと励ましが必要です。
「パパに仕事して前みたいに格好良くなってほしい」「おじいちゃんのせいにするのは大人としてずるい」「パパならできるよ」と、やさしくタイミングを見計らって言ってみてください。
不機嫌な言い方やイヤイヤむくれ顔でいう事は男性には禁物。
およそ、娘からそこまで言われて奮起しない父親はいません。
それでも、変化をしないのであれば、よかっらたおじいちゃんにもこのページを見てもらってください。
目的は、お父さんをしっかりさせることですから責めたり、叱ってはいけません。
ケンカの為に話し合いをするのではなく、怠惰なのお父さんにしっかりしてもらって、ケンカもさせないために、おじいちゃんにも優しく言ってもらうようにお願いしましょう。
ウチのお寺では私がレフェリー役を務めて家族間で話し合いをしてもらうという事が良くあります。
第三者を交えれば、家族観の困った状況が変わります。
おじいさんにも良かったら話をしてみてください。
数時間で、今後の人生が大きく変わります。
事前に御連絡いただければお手伝いができるかもしれません。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お二人ともご回答本当にありがとうございます。こういうご回答を待っていました。これで、父親を説得できそうです。本当にありがとうございました。

私も一生懸命勉強をがんばりたいと思います。

うちには遺産というものがないので大丈夫だと思いますが、人のせいにするなとは今まで言ってきました。ですが、あんまり耳に入っていなかったようでした。
父親が変われるようになってほしいです。ちなみに、父親のことをパパと呼んだことは生まれてから一度もないです笑

「父親が嫌い・苦手・喧嘩・関係がよくない」問答一覧

家族に振り回され続ける人生、これからも?

25歳女性です。長年の家族(特に父親)の問題に心が疲弊しているのでご相談させてください。 小学校中学年の時に母と実父が離婚し、 その数年後に母が再婚しました。 家族構成は、実母・養父・私(長女)・次女(母と実父の子)・弟(実母・養父の子)です。 養父は、私や妹のことを娘として愛してくれています。教育費を惜しまず(行きたい高校・大学に奨学金も一切使わず行けました。)養父のやり方で私達に愛情を注いでくれていることは分かっているし、今こうして生きていることは養父のおかげだと感謝しています。実父とは一切関係が切れており、今後も関係を持つ気持ちもありません。私にとって父親=養父です。 反面、養父には一緒に過ごしてきた10数年ずっと悩まされ続けています。 端的に表すのはとても難しいのですが、養父はとても家族に過干渉で、大きな声を出して、いわゆる悪質クレーマーのような 自分の思い通りにならないと気が済まない人です。 私はずっと養父の顔色や機嫌を伺って生活してきました。それは他の家族も同じで、 妹はもう父のことを嫌い、家の中でも一切話していない状態です。 高校・大学と父親との関係に悩み、カウンセリングを利用していました。 幸いにも、その都度周りに相談できる大人がいたこと等これまでは何とか乗り越えてきました。 天職と思えるような仕事と出会い、自立し今は一人暮らしをしています。 しかし、ここ数年コロナになったこともあり家の中はめちゃくちゃになっています。 今一番悩んでいるのは、母が外で不倫しているかもしれないということを父が私に相談してくることです。 父は母や家族にとても依存していると思います。仕事が在宅勤務になったこともあり、余計に干渉が酷くなりました。(位置情報を調べる等) 母は外での仕事があります。その同僚の中に、親しくしている人がいるようで私もその人の話を聞きます。 仕事以外でも連絡を取っている様子で、私も怪しいなと感じたことがあります。でも真実は分かりません。 父親は強く疑い、信用出来ないそうです。 とにかく家族に疲れています。これからも父が死ぬまではずっとこうやって気持ちを振り回されるのかと思うと絶望感が凄いです。死にたくなります。もっと酷い家族問題に苦しんでいる人は沢山いると思います。父が死ぬまで振り回されるのは我慢するしかないでしょうか?心の持ち方を教えてください。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

父親を嫌っていてもいいでしょうか。

普段は優しい部類の父親ですが、キレると手がつけられなくなります。 またキレるポイントがわかる場合はとても少ないです。私は父親と過ごすことを地雷の埋まった平野を歩くようだと思っています。 私はなんとかその地雷を踏まないように身を低くして少しずつ進むように父親の顔色を伺って生きてきました。それでも幼い頃はまだ父親を尊敬していました。 思春期になると父親の嫌な部分が目立つようになってきました。しかしそれを口に出すことは地雷を踏みに行くことと同じこと。世間一般のように「お父さんと一緒に洗濯物洗わないで!」なんて軽々しく口にはできませんでした。私は思春期でも父親を嫌わないかわいい娘を演じていました。 そのせいか思春期が終わっても父親嫌いは直りませんでした。むしろ悪化しました。父親は言うだけで家では何もせずテレビばかり見るような人で、自分はできない(本人いわくできるけどやらない)ことを棚にあげて母に暴言を吐くような人間です。 母には父嫌いを告白していますが、(怒られたりは)私が悪いのは事実だから、そんなに嫌わないであげて。と言います。 母も私も父の感情に任せて怒られるまま。会社は立場が上で怒る側。仮に会社で何かあってもそのストレスを私達にキレることで解消するだけ。親戚付き合いは薄く友達もいない。 父を正す人は誰もいないのです。 だから横暴になっていくんだと思います。 それでも父がいないと生きていけないのは事実です。今も父のお金で大学へ行っています。そこに感謝をしなければならないと思うからこそ私は父親嫌いを隠してさまざまな理不尽に耐えながら父の都合の良い娘を演じてきました。 しかしついに限界が来てしまいました。 キレている父には触らないことが1番なのですが、母に対するあまりに横暴すぎる発言につい反論してしまいました。 父から出た言葉は、調子に乗るな、甘えやがってでした。 私は少しだけ父に期待していました。私の言葉で冷静になってくれる。自分を改めてくれると。 けれどそんな言葉を吐かれ睨まれ、私の父に対するわずかな尊敬もすべて失くなりました。 一月経った今でも、もうあの人を父と思うのはやめよう、就職してお金を返したら本当に親子の縁を切ってしまおうと思うほどには父が嫌いです。 その反面、本当にそれでいいのか?とも思います。 ご意見よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 23
回答数回答 3

父親の死について

父が余命僅かな状態です。 元々厳格な性格の父でしたが、心の病を患った事により、引きこもり、家族に対して理不尽な暴言や暴力を奮うようになり、家族を完全に支配していました。 幼少期より父に対して恐怖心があり、思春期の頃には毎日死んで欲しいと願っていました。父の言いなりの人生で、父が死んだ後、本当の自分の人生が始まると思っていました。 大人になってからは、さすがに毎日死を願う事はなくなりましたが、それでも苦手意識は変わらず、同じ空間にいると怯え、吐き気がする状態でした。 人に言えば、いい歳なのだから親のせいにするのはおかしい、自分の人生なのだからと言われてきましたが、どうしても父に対する恐怖心が拭えず、怒られない・バレない選択をしてしまい、思うように生きれませんでした。普通とは違う、自分の家庭が嫌で嫌で仕方がありませんでした。 歳をとり性格が丸くなり、父がこちらに歩みよろうとしている事は分かっていましたが、受け入れる事はできませんでした。父から受けた人格否定や暴力、辛くて毎日死にたかった過去の日々をどうしても水に流す事はできなかったのです。 そんな父の病気が発覚し、想像していたような開放感はなく、悲しみや、父の不遇な人生が可哀想に思いました。しかし、父をただただ心配し悲しむ家族の中での疎外感も感じてしまいます。 私も父を許し、最期の時を過ごすべきなんだろうと思います。父が悪人ではなく、病気がそうさせていたのだと、分かっています。しかし、納得できない自分もいます。 結局は、私が全て飲み込むしかないのかと。 長年連れ添った伴侶を亡くす母の気持ちも痛いほど分かっており、できる限り助けたいと思っていますが、当たり前のように支援を求めてこられると腹を立ててしまいます。私の心の葛藤にも目を向けて欲しいと思ってしまいます。 父に対して、穏やかに、できる限り苦しむ事なく最期を迎えて欲しいという気持ちは本当です。仏教ではどのように考えるのか分からないのですが、次の人生があるならば、次は幸せな人生を送って欲しいと願っています。私には関係のないところがいいですが… まとまりのない文章になってしまい、申し訳ありません。私は自分の心をどのようにもっていけば良いのでしょうか。父の最期の時にどのように接すればよいのか、どうかご教示下さい。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

父親が怖いです

私は今年4月から地元を出て東京の大学に通い出しました。(ちなみに、編入学をしたので、大学3年生です。)それと同時に一人暮らしも始めることになりました。 小さい時からよく両親に叱られていました。母親には物置にいれられたこともありました。特に父親はとにかく怖くて、小学校低学年の時にアニメキャラの喋り方を真似しただけで「なんだそのばかみてぇな喋り方は」と怒鳴られたり、箸の持ち方が変になっていた時に「箸が持たないやつなんて日本人じゃない」と言われ、正しく持てるようになるまで目の前にある昼ごはんを食べてはいけないとされたり、事あるごとに「おめぇなんて親に感謝の気持ちとかないんだべ」と言われたり。立ちっぱなしで怒鳴られ続け、貧血になってしまったこともありました。あげるとキリがありませんが訛りがきついこともあり、怒ったときの口調がとても怖かったです。また私はいけない子供だったのか、怒られたことは覚えていても、どうして怒られたのかはほとんど覚えていません。とにかく怖くて傷ついた思い出だけが鮮明です。 大人になっても父親が怖い気持ちは変わらず、むしろどんどん恐ろしい存在のような気がしてきました。 一人暮らしを始めたことで、父親から物理的に距離を置き、ひとりで気持ちが休まる時間が出来たことで楽になったと思ったのですが、父親からLINEで連絡が来たりすると、別に怒られているわけでなくても、怖くてガクガク震えてしまったり、過去の怒られた記憶を思い出して一人で泣いてしまったりします。この前は何故か私が父親に怒鳴られて、私は号泣しながら「ごめんなさい。許してください。」と言い、ずっと土下座をしているという夢をみました。夢から覚めた時にはまくらが涙でベチャベチャになっていました。 父親のことがトラウマになっている今の自分の状態が辛いです。他の全然関係ない男の人に対しても、父の姿を重ねて「また怒られるんじゃないか」と考えてしまうこともあります。実家に帰省するのも憂鬱です。 でも、こういう風に親を好きになれない自分が罪を犯している気分で、もしかしたらこれが一番辛いのかもしれません。 助けて欲しいです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

烈火の如く怒る父。母がとても辛そうです。

初めてご相談させていただきます。40代の女性です。 相談させていただきたいのは、実家の両親のことです。 父は昔から些細なことでカッとなりやすく、本当にびっくりするようなことで怒り、大声を上げます。 私は高校卒業してから大学、就職で県外に出ており、最近ではあまり普段の様子を垣間見ることはなかったのですが、先日母と話していて、相変わらずの状況であることに悲しくなった次第です。 普段は冗談なども言い、ピリピリした雰囲気はないのですが、突然キレて大声を出すので、母は常に自分の言いたいことは言えない状況のようです。ずっと否定されてきているので、自己肯定感が低くなっているように思います。 また、父は好き勝手出かけたり、自分の親戚周りの面倒ごとを母に押し付けるのですが、母が自由にするのはどうも気にくわないようですし、母方の親戚の行事などには参加もしていないようです。 大切な話をしようとしても、完全に無視してテレビの方を向き、全く取り合いません。それなのに、勝手に物事を進めようものなら、烈火の如く怒るのです。 母はとても優しいので、そんな父に対しても優しく対応しています。そこまでしなくても。。と思うくらいに気を利かせ、自分の体調が悪くても一生懸命に家族を優先していると思います。 現在、母方の両親が住んでいた家(既に無人)の今後のことが、母を悩ませているようです。母は自分が動けるうちになんとかしたい、どうするのか方向性だけでも決めないと不安、管理も母が一人でしているので、肉体的な負担も大きいという状況のようなのですが、私から父に話をしようとしても、やはり無視をして、全く取り合ってくれません。 ただただ悲しく、残念です。 実家が面倒で、帰りたくないと思ってしまいます。 普段遠く離れて住んでいることもあり、母のためにも父と話をしなくては、と思うのですが、心が鉛のように重く、口も利きたくないのが本音です。 父個人として考えれば、さほど嫌な感情はありませんが、母に対する態度を見ていると、怒りすら湧いてきてしまいます。 親も高齢になり、きちんと向き合わなくてはと思います。私は逃げてばかりで、子どもっぽいな、とも。 今後どのような心持で両親と対峙していけば良いのか、どうかご指南ください。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺