hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

義母の死

回答数回答 5
有り難し有り難し 230

はじめまして アメリカ人の夫と子供のいるアメリカ在住の日本人女性です。

義理の両親が車で30分の所に住んでいまして、週末は一緒に食事やお誕生日のお祝いをしたり関係は良好で、特に義母とは本当の娘の様に可愛がって頂き、私もアメリカの母と慕っておりました。

その最愛の義母が3年に及ぶ闘病の末、昨日午後に自宅で家族が見守る中、眠るように息を引き取りました。

私にとって身内の死は初めての事で、(日本の両親は高齢ですが、とても元気で私との関係は大変良いです) 今朝起きて義母の事を考えてしまい、寂しくて涙が止まりません。

敬虔なカソリックである、義理の家族、親戚、夫、子供達は「神の元に行かれ、苦しみから解放されたので良かった」と理解しているようですが、カソリック信者でない私には到底理解できません。

日本の家族や周りに日本人のお友達もいるのですが、「いつもエネルギッシュで明るい人」というイメージがあるので、メソメソして心配させたく無く、この寂しさをどうしたら良いのか、心の整理がつきません。

義母の死を受け入れることが出来なくて大変苦しいです。
アドバイスをどうぞよろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

枝葉にはとらわれないで下さい

ガーデンさん

国際結婚を決意してお嫁に来てくれたガーデンさんを受けて入れてくれたお義母さんが亡くなり、とてもおつらいことと思います。

まず「メソメソして心配させたく無く」についてですが、それは抑制せず、悲しんで欲しいと思います。決して、悲しむことを否定しないで下さい。また周りの方には素直に「しばらく義母の死を悲しみたいの」とおっしゃってみてはいかがでしょうか。詳しくは以下のページをご覧下さい。
http://hasunoha.jp/questions/107

そして、アメリカのご家族が「(お義母さんが)神の元に行かれ、苦しみから解放されたので良かった」と理解していることについてです。

弔いは、人種や国や宗教によって考え方が違うものです。ちなみにガーデンさんご自身はどのように考えていらっしゃるのでしょう? あるいはどう言われれば、しっくりと来るのでしょうか?
ガーデンさんがしっくり来ることは、アメリカのご家族は残念ながらピンと来ないと思います。

21世紀は、宗教の相互理解の世紀と言われています。
枝葉の違いに目を向ければキリがありません。ここは、細かい表現の違い(天国・極楽・あの世…などなど)にとらわれず、亡き人を大切に思い、偲ぶ思いをご家族と共有していて頂ければよろしいのではないでしょうか。

いずれにしても一朝一夕に悲しみが消えることはありません。
その悲しみも、大切になさって下さい。

ー追記:お礼を受けてー
お義母さんが亡くなった後のご家族の行動をお聞きし、「弔いは、人種や国や宗教によって〜〜」と書いておきながらも驚いてしまいました。決して冷たいワケではなく、アメリカではそれが通常なのでしょうか。

日本とはかなり雰囲気が違いますね。こちらだと「四十九日が過ぎるまではレジャーなどは控えるべきだろう」と考えるのが一般的だと思います。文化の違いだと受けとめるしかなさそうですね。

これからもガーデンさんなりに、時には悲しみ、時には喜び、時にはバーベキューをしながら受けとめていって下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

日常がかえってくる

ガーデン様、こんにちは。すでに”お礼”が書かれていますが、回答いたします。
義母さんのこと、お悔やみ申し上げます。とともに、悲しいことですね。

さて、悲しいことですね・・と書きましたが、人によって違ったりします。家族の中でも違うでしょうし、本人のなかでも違います。
そして、時間によって等等。時と場合によって心もちは変化すると思います。

さらに言えば、これからも続く人生のうえで、なにかがキッカケとなり、また悲しくなるときがあるかもしれません。
アップダウンの幅は人それぞれですし、トリガーとなる時節もそれぞれです。

”本当に何も感じない”場合は、カウンセラーなどの医療関係に頼るのがいいでしょう。
でも、たぶん、たとえ悲しくてもお腹は減るし、トイレも行くし、お風呂も入るし、やらなければならないこともあると思います。
日々の暮らしの中で、ふと笑ってしまったり、心や頭がべつのことが浮かぶ時があるはずです。

たとえ辛くとも、悲しくとも、日常はかえってきます。

それはきっと、ガーデンさんが多少なりとも「事実を受け入れる」ことが出来てきている証拠、とも言えるかな。そう私は思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

キリスト教と仏教

ガーデン様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

義母様のご逝去、誠にお悔やみを申し上げます。謹んでご冥福をお祈りさせて頂きます。

カトリック信者の皆様による義母様の死への捉え方とガーデン様の捉え方とでは大きく異なっているところがあり、やはり信仰する宗教の違いによって、ある程度戸惑いが生じるのは仕方のないことであるかとは存じております。

キリスト教の教義にはあまり詳しくありませんが、下記の「カトリックの死生観」の内容は少しく参考となるのではないだろうかとは存じております。

カトリックの死生観
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2696/mors.html

カトリック信者の皆様は、義母様は、死後、永遠の「幸福」へといざなわれたと信じておられるため、「良かった」と思われているのではないかと推察致します。

拙生はキリスト教と仏教の教義の違いを細かく挙げれる程にキリスト教の教義に詳しくはないのですが、仏教では、創造主・絶対神を認めない点、死後永遠なる霊魂の存在を認めない点などが代表的なものとなるのではないかとは存じております。

更には、仏教では、「輪廻解脱論」、キリスト教では、「信仰救済論」など、色々と教義における相当な隔たりもありますが、一つ言えるのは、どちらも「善い行い」を勧めるというところがあるのではないかとは考えております。悪業を積まないため、罪を積まないためということであります。但し、キリスト教において洗礼による「罪の赦し」の後において犯した罪についてはどのように扱われるべきであるのか、その犯した罪の報いはどうであるのかについては拙生自身あまり理解することが今のところできてはおりません・・

もちろん、色々と議論の余地はあるでしょうが、永遠の「幸福」へといざなわれたことを、仏教的に捉え替えて、悟り・涅槃(永遠の幸福)を目指されるために御仏浄土(神の国・天国)へと修行に向かわれた(いざなわれた)として、亡き義母様のこれまでの御恩に感謝致し、ご冥福をお祈りし、ご慰霊をなさられて、その御恩に報いられる善い行いに努められることをお勧めさせて頂きたいと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

自分に素直に

ガーデン様へ

素直に泣きましょう。
メソメソしてもいいではありませんか。
他者の抱いているイメージを崩してもいいのでは・・・
それこそ人間らしいではありませんか。
自分の本当の気持ちを隠しているほうがつらくないですか。
いつも明るくばかりでなく、悲しいときは泣きましょう。

やはり心配させたくないので泣けないのであれば、ぜひ周りの人に一言、「さみしい」と訴えてみてはどうですか。
きっと手を差し伸べてくれる人が周りにきっといるはずです。

最愛の義母様はきっと向こうでそんなあなたを心配していますよ。
                                      合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

ガーデン様。

先ずは、義母様のご冥福をお祈り致します。

さて、浦上哲也 師も仰られておられますが、今は悲しんで下さい。
今は悲しんで当然ですし、其れを堪える事はしないで下さい。
確りと今悲しまないと、後で其れが体調を悪く変化させる恐れも有りますから…
また、周りの方に配慮為さる事も今は必要有りません。
素直に「しばらくの間義母の死を悲しみたいのです」と仰って何等構いませんよ。

なお、詳しくは以下のページをご覧下さいませ。
http://hasunoha.jp/questions/107

宗派や教義の違いの云々よりも、今は亡き義母様への思いを大切に、偲ぶ思いをご家族と共有為さって頂く事が宜しいのではと存じますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...

質問者からのお礼

迅速なアドバイスありがとうございます。

そうですね。 義母が亡くなって1時間後には夫は「天気が素晴らしく良いから」と子供達を連れて動物園に行ってしまうし、義兄も「今夜は庭でバーベキューにしようか」と言い、義父は「月曜日の絵画教室は出席出来るな」とか話していて、絶句でした。 本当に仲の良い家族で冷たい家族だと言うわけでは無いのです。 でも、すぐに日常生活に戻れる変わり身の早さに上手く溶け込めず、苦しく、寂しい思いをしていました。

でも、それが彼ら流の死に対する捉え方と尊重して、私も義母を想い涙を流してもいいのだと思えるようになってきました。

義母は亡くなるまえに葬儀屋さんや、自分の遺影に使う写真、棺桶に入る時に着るワンピース、参列してくれた方々に振舞うお料理のメニューまで決めて逝ったので、全然ドタバタもしていなくて、義母は数日旅行で家を空けているだけの様に思えます。

今日は母の日なので、これから実家に行って私と義母の為にお祝いをしてくれるそうなので、楽しんできます。 まだまだ夜などメソメソしてしまいそうですが、悲しみも大切に思えるようになれば良いなと思います。

本当に心救われるアドバイスありがとうございました。
送付して頂いたページもこれから観てきます。
ありがとうございました。

沙門密富様 川口英俊様 向井真人様

まとめての御礼で失礼いたします。
一昨日、昨日とお通夜、葬儀を無事に済ませることが出来ました。

教会で歌われる讃美歌から、棺桶の色、墓石、葬儀後に参列者に食べていただく食事のメニューまで事細かに自分で決めて逝った義母の配慮されたお通夜、お葬式に混乱も一切無く沢山の親戚や友人に見送られた素晴らしい式でした。

私は地元の小学校で教師をしているので、葬儀の次の日には職場へ戻りました。 子供達からエネルギーをもらい、忙しくしているのが幸いです。 アメリカ人や日本人の友人にも気をかけていただき本当にありがたい事です。

日本の両親、姉も急遽日本からお葬式に参列するため渡米してくれました。

義母は生前誰にでも分け隔てなく人々に接し、いつも感謝の気持ちを忘れなかったので、私も空から見守ってくれる義母に恥じないように、日々感謝しながら生きて行こうと思います。

皆様の心に沁みるアドバイス、お言葉本当にありがとうございました。
辛くなったら又皆様からのご回答を読んで心を落ち着かせる事にします。

ありがとうございました。
ガーデン

鈴木光浄様

励ましの御回答ありがとうございました。
最近義母の夢を2回ほど見まして、亡くなった時と同じかなり痩せてはいましたが、棺に入るのに義母自身が選んだピンクのワンピースを着ていまして、私と普段通り会話を交わしました。 目が覚めてとても嬉しかったです。
だんだん日常が戻って参りまして、先週は親しいお友達数人でランチをしながら私の気持ちをじっくり聞いてもらいました。
まだ義母が旅立ったと言う事実は受け入れられないのですが、義母との楽しかった思い出を毎日反すうさせて心を落ち着けています。

ありがとうございました。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

82歳の母の急逝を受け止められません

はじめまして。 先日、母が亡くなりました。 元気だったのに、誤嚥による肺炎で、入院からわずか5日目でした。 点滴を受けるため大事を取っての入院という心持ちでいたのに、具合が急に悪くなったと電話を受け今夜が山だと言われ、昨今のコロナ禍により病院にも入れないと言われました。 結局、母が暮らす街に入った途端、病院からかなり悪いので病院に来てくださいとの電話。駆けつけると、既に亡くなった後でした。 母一人子一人、あれだけ苦労して育ててくれた母なのに、最後に声を掛けることも手を握ることもできませんでした。 せめてもの救いは、とても安らかな眠ったような顔だったことだけです。 私は子もなせず、母に孫を抱かせることもできませんでした。 ありがとうを伝える時間も、ごめんねと言う時間もありませんでした。 私自身が病気の治療中で高リスク者ということもあり、また高齢の母に万一にもコロナをうつさないよう、正月すら帰省しませんでした。 そうまでして感染リスクを減らしたのに、コロナ禍の中で病院にも入れず、対面できたのは冷たくなり始めた母とでした。 何度も会いに行くべきだった。もっと電話をするべきだった。色々と話をするべきだった。 地元に帰って、母と一緒に暮らせば良かった。 母はきっと生を全うして楽になっているのだと思います。だから私がメソメソと引き留めてはいけないとわかっています。 でも、私を一番愛してくれて、唯一の絶対的な味方だった母がもういないことに耐えられません。 こんな悲しみや喪失感が無くなる日は来るのでしょうか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

落ち着く言葉を知りたい

妹を約5年前に亡くしました 交通事故でした それからと言うもの、メンタルがすごく弱くなりちょっとしたストレスで夜寝れなかったり寝れても夜中に目が覚めて、ソワソワして不安な気持ちになり寝れなくなります。 前はこんなことなかったのに、ほんとにビックリするほど弱くなって、ショックです...これくらいのことで弱くなってはこれから先、生きていけない!とほんとに思います。 もしまた身内がなくなったら...私は壊れてしまう気がして不安で仕方ありません 妹がなくなって1回心療内科に行きましたが「妹さんが亡くなって、そういう症状が出るのは自然なことです」と言われ、ほんとに辛いときはこの薬を飲んで、お守りかわりと思ってと言われ薬を貰いましたが何かあったら薬があると言う安心感からか薬は飲みませんでした。 あれから5年近くたち、子供や仕事のことなどいろいろあります。 その度に自分が壊れそうになる不安感が出るのはかなり心配で穏やかに暮らしたいと思いますがそうもいきません。 自分が壊れそうになる時に自分に言い聞かせるような言葉などあったら教えていただきたいです。 限界だと言う時が来たら精神科に行こうとは思ってます。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

兄を亡くしました。

私の家は両親は離婚し父、兄、私で住んでいました 兄は無職でしたが父が働いているので無職でも困ってはなかったのですが 私は自分が将来は兄の面倒を見なきゃならないのかと 兄とは仲も良かったのに心のどこかで 父より先に居なくなってくれないかと思ってしまった事もありました 私は父に相談し将来の不安から逃げる様にひとり暮らしを始め3ヶ月が経った最近 兄が急死しました 亡くなる前日の夜に兄は父にLINEを送り具合悪くヤバイと送っていましたが早く寝る父には届かず深夜1人で亡くなりました 父にLINEした後に友達と30分やり取りがあり少し落ち着いて眠りにつき 苦しい顔でも無くそのまま寝た姿で発見されたのが私には少し救いの様に感じました 父は出張が1日早まってしまって家に居なかった事やLINEに気づけなかった事に後悔しながら兄と住んでいた家に1人で住み 母は私のアパートに1週間滞在し兄を警察に迎えに行く所から葬儀からと母親として参加しました 私は30年近く離れて暮らしても産んだ母の方が悲しいだろう! 私より兄と住んでた家に1人暮らす父の方が悲しいし気付けなかった後悔で悔しいだろう! と思って私は両親の前で感情を思いっきり出すことが出来ません まだ母がアパートに居る事で1人になりたい 思いっきり泣けないストレスもあるし 両親が心配で一緒に居たいのに離婚しているから3人で過ごす訳にもいかず 父の方が心配なのに母をアパートに置いて父の家に泊まる事も出来ず全てがもどかしい状態です 私が家を出なきゃ助けてあげれたのかもしれない気持ちもある反面 無職の兄には生き辛い世界だったのだろうと思う気持ちもあります もっとこうしていれば良かったの後悔は 自分が楽になりたい為の懺悔なだけで 私は好きでは無い感情なのでしたくないんです 父にも後悔は色々あるだろうし先に息子が逝ってしまうのは親として悲しい事だけど 父が先なら残された兄の心配で心残りがあっただろう事や 父が見送った事は良かった事なんだと言いました 私は冷たいんでしょうか 将来は父に家の処分をしてもらい一緒に住みたいのが私の理想ですが 父は後3年は働くから1人で大丈夫だと言います 長男だから仏壇やお墓を自分が守らなければってあるんだと思います 私は古い家に戻りたくないのが本心ですが アパートを引払い家に戻るべきなんでしょうか

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

母の死から立ち直れません

今月、母が亡くなりました。今年に入ってから離れて暮らしはじめたので、仕事帰りに、毎日電話をかけるのが日課でした。自分では出られない母に父が電話を繋いでくれて、具合が良い日も悪い日も、声は聞けたのに。もう、それができないということが、苦しくて、苦しくてたまりません。実家に帰っても、母の着ていた服、使っていたものが、あの日からすべて遺品と言われるのにも、改めて母が他界してしまったのだと感じてしまい、辛くて仕方ありません。皮肉にも、遺影は素敵な笑顔でほほえんでいて、見るたび、もう楽になれたかな、痛みから解放されたかな、良かったのかな、、と思っては、そこから明るく話す声が聞こえず、亡くなったあの日の、まだ少しあたたかかった肌のぬくもりを思い出し、涙が止まらなくなってしまいます。決して高いものではなくとも、残された指輪やネックレス、これはどこで買ったものなの?誰に貰ったものなの?写真に一緒に写っているこの人は誰?生前気にもならなかった小さな事が沢山積み重なり、本人しか答えを知らない情報を、生きているうちに聞いておかなかった自分を責めて苦しくなります。頭では、そんなことを言ったところで生き返るわけでもなく、答えてくれるわけでもないと知りながら、やはりこの現実とのギャップに胸が潰れてしまいそうです。昔から、割と信心深い方でしたので、人が亡くなった後はこうなる、ああなる、等死後の世界のお話は全て信じていました。今も勿論信じてはいるのです。でも、母が亡くなってしまってから、心のどこかではなんだか全てが綺麗事としてしか捉えられなくなってしまい、遺影を見ながらお経を唱え、実際には食べれるわけでもない、飲めるわけでもない、母の好きだったものを仏壇に備えながら、私はいま、何をしてるんだ?と考えてしまうことが多くなってきてしまいました。スーパーに行けば、母の好きだったお菓子を手に取っては悲しくなり、昔一緒に行った店に行っては、母とこんな話をしたなと思い出して悲しくなり、お母さんと並んで歩く子供と街中ですれ違っては、心を引き裂かれたような気持ちになってしまいます。まわりの方は、優しく声をかけてくださいます。自分が精一杯生き抜くことが最高の供養だ、母が必ず見守ってくれているのだと言われても、今、とても、とても苦しいのです。呼びかけても母が返事をしてくれない現実に、頭がおかしくなりそうです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る