hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

義母の死

回答数回答 5
有り難し有り難し 229

はじめまして アメリカ人の夫と子供のいるアメリカ在住の日本人女性です。

義理の両親が車で30分の所に住んでいまして、週末は一緒に食事やお誕生日のお祝いをしたり関係は良好で、特に義母とは本当の娘の様に可愛がって頂き、私もアメリカの母と慕っておりました。

その最愛の義母が3年に及ぶ闘病の末、昨日午後に自宅で家族が見守る中、眠るように息を引き取りました。

私にとって身内の死は初めての事で、(日本の両親は高齢ですが、とても元気で私との関係は大変良いです) 今朝起きて義母の事を考えてしまい、寂しくて涙が止まりません。

敬虔なカソリックである、義理の家族、親戚、夫、子供達は「神の元に行かれ、苦しみから解放されたので良かった」と理解しているようですが、カソリック信者でない私には到底理解できません。

日本の家族や周りに日本人のお友達もいるのですが、「いつもエネルギッシュで明るい人」というイメージがあるので、メソメソして心配させたく無く、この寂しさをどうしたら良いのか、心の整理がつきません。

義母の死を受け入れることが出来なくて大変苦しいです。
アドバイスをどうぞよろしくお願いします。

2013年5月12日 23:44

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

枝葉にはとらわれないで下さい

ガーデンさん

国際結婚を決意してお嫁に来てくれたガーデンさんを受けて入れてくれたお義母さんが亡くなり、とてもおつらいことと思います。

まず「メソメソして心配させたく無く」についてですが、それは抑制せず、悲しんで欲しいと思います。決して、悲しむことを否定しないで下さい。また周りの方には素直に「しばらく義母の死を悲しみたいの」とおっしゃってみてはいかがでしょうか。詳しくは以下のページをご覧下さい。
http://hasunoha.jp/questions/107

そして、アメリカのご家族が「(お義母さんが)神の元に行かれ、苦しみから解放されたので良かった」と理解していることについてです。

弔いは、人種や国や宗教によって考え方が違うものです。ちなみにガーデンさんご自身はどのように考えていらっしゃるのでしょう? あるいはどう言われれば、しっくりと来るのでしょうか?
ガーデンさんがしっくり来ることは、アメリカのご家族は残念ながらピンと来ないと思います。

21世紀は、宗教の相互理解の世紀と言われています。
枝葉の違いに目を向ければキリがありません。ここは、細かい表現の違い(天国・極楽・あの世…などなど)にとらわれず、亡き人を大切に思い、偲ぶ思いをご家族と共有していて頂ければよろしいのではないでしょうか。

いずれにしても一朝一夕に悲しみが消えることはありません。
その悲しみも、大切になさって下さい。

ー追記:お礼を受けてー
お義母さんが亡くなった後のご家族の行動をお聞きし、「弔いは、人種や国や宗教によって〜〜」と書いておきながらも驚いてしまいました。決して冷たいワケではなく、アメリカではそれが通常なのでしょうか。

日本とはかなり雰囲気が違いますね。こちらだと「四十九日が過ぎるまではレジャーなどは控えるべきだろう」と考えるのが一般的だと思います。文化の違いだと受けとめるしかなさそうですね。

これからもガーデンさんなりに、時には悲しみ、時には喜び、時にはバーベキューをしながら受けとめていって下さい。

2013年5月13日 0:24
{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

日常がかえってくる

ガーデン様、こんにちは。すでに”お礼”が書かれていますが、回答いたします。
義母さんのこと、お悔やみ申し上げます。とともに、悲しいことですね。

さて、悲しいことですね・・と書きましたが、人によって違ったりします。家族の中でも違うでしょうし、本人のなかでも違います。
そして、時間によって等等。時と場合によって心もちは変化すると思います。

さらに言えば、これからも続く人生のうえで、なにかがキッカケとなり、また悲しくなるときがあるかもしれません。
アップダウンの幅は人それぞれですし、トリガーとなる時節もそれぞれです。

”本当に何も感じない”場合は、カウンセラーなどの医療関係に頼るのがいいでしょう。
でも、たぶん、たとえ悲しくてもお腹は減るし、トイレも行くし、お風呂も入るし、やらなければならないこともあると思います。
日々の暮らしの中で、ふと笑ってしまったり、心や頭がべつのことが浮かぶ時があるはずです。

たとえ辛くとも、悲しくとも、日常はかえってきます。

それはきっと、ガーデンさんが多少なりとも「事実を受け入れる」ことが出来てきている証拠、とも言えるかな。そう私は思います。

2013年5月13日 12:24
{{count}}
有り難し
おきもち

「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

キリスト教と仏教

ガーデン様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

義母様のご逝去、誠にお悔やみを申し上げます。謹んでご冥福をお祈りさせて頂きます。

カトリック信者の皆様による義母様の死への捉え方とガーデン様の捉え方とでは大きく異なっているところがあり、やはり信仰する宗教の違いによって、ある程度戸惑いが生じるのは仕方のないことであるかとは存じております。

キリスト教の教義にはあまり詳しくありませんが、下記の「カトリックの死生観」の内容は少しく参考となるのではないだろうかとは存じております。

カトリックの死生観
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2696/mors.html

カトリック信者の皆様は、義母様は、死後、永遠の「幸福」へといざなわれたと信じておられるため、「良かった」と思われているのではないかと推察致します。

拙生はキリスト教と仏教の教義の違いを細かく挙げれる程にキリスト教の教義に詳しくはないのですが、仏教では、創造主・絶対神を認めない点、死後永遠なる霊魂の存在を認めない点などが代表的なものとなるのではないかとは存じております。

更には、仏教では、「輪廻解脱論」、キリスト教では、「信仰救済論」など、色々と教義における相当な隔たりもありますが、一つ言えるのは、どちらも「善い行い」を勧めるというところがあるのではないかとは考えております。悪業を積まないため、罪を積まないためということであります。但し、キリスト教において洗礼による「罪の赦し」の後において犯した罪についてはどのように扱われるべきであるのか、その犯した罪の報いはどうであるのかについては拙生自身あまり理解することが今のところできてはおりません・・

もちろん、色々と議論の余地はあるでしょうが、永遠の「幸福」へといざなわれたことを、仏教的に捉え替えて、悟り・涅槃(永遠の幸福)を目指されるために御仏浄土(神の国・天国)へと修行に向かわれた(いざなわれた)として、亡き義母様のこれまでの御恩に感謝致し、ご冥福をお祈りし、ご慰霊をなさられて、その御恩に報いられる善い行いに努められることをお勧めさせて頂きたいと存じております。

川口英俊 合掌

2013年5月13日 13:30
{{count}}
有り難し
おきもち

自分に素直に

ガーデン様へ

素直に泣きましょう。
メソメソしてもいいではありませんか。
他者の抱いているイメージを崩してもいいのでは・・・
それこそ人間らしいではありませんか。
自分の本当の気持ちを隠しているほうがつらくないですか。
いつも明るくばかりでなく、悲しいときは泣きましょう。

やはり心配させたくないので泣けないのであれば、ぜひ周りの人に一言、「さみしい」と訴えてみてはどうですか。
きっと手を差し伸べてくれる人が周りにきっといるはずです。

最愛の義母様はきっと向こうでそんなあなたを心配していますよ。
                                      合掌

2013年6月26日 17:23
{{count}}
有り難し
おきもち

鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

ガーデン様。

先ずは、義母様のご冥福をお祈り致します。

さて、浦上哲也 師も仰られておられますが、今は悲しんで下さい。
今は悲しんで当然ですし、其れを堪える事はしないで下さい。
確りと今悲しまないと、後で其れが体調を悪く変化させる恐れも有りますから…
また、周りの方に配慮為さる事も今は必要有りません。
素直に「しばらくの間義母の死を悲しみたいのです」と仰って何等構いませんよ。

なお、詳しくは以下のページをご覧下さいませ。
http://hasunoha.jp/questions/107

宗派や教義の違いの云々よりも、今は亡き義母様への思いを大切に、偲ぶ思いをご家族と共有為さって頂く事が宜しいのではと存じますよ。

2013年5月13日 10:01
{{count}}
有り難し
おきもち

色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...

質問者からのお礼

迅速なアドバイスありがとうございます。

そうですね。 義母が亡くなって1時間後には夫は「天気が素晴らしく良いから」と子供達を連れて動物園に行ってしまうし、義兄も「今夜は庭でバーベキューにしようか」と言い、義父は「月曜日の絵画教室は出席出来るな」とか話していて、絶句でした。 本当に仲の良い家族で冷たい家族だと言うわけでは無いのです。 でも、すぐに日常生活に戻れる変わり身の早さに上手く溶け込めず、苦しく、寂しい思いをしていました。

でも、それが彼ら流の死に対する捉え方と尊重して、私も義母を想い涙を流してもいいのだと思えるようになってきました。

義母は亡くなるまえに葬儀屋さんや、自分の遺影に使う写真、棺桶に入る時に着るワンピース、参列してくれた方々に振舞うお料理のメニューまで決めて逝ったので、全然ドタバタもしていなくて、義母は数日旅行で家を空けているだけの様に思えます。

今日は母の日なので、これから実家に行って私と義母の為にお祝いをしてくれるそうなので、楽しんできます。 まだまだ夜などメソメソしてしまいそうですが、悲しみも大切に思えるようになれば良いなと思います。

本当に心救われるアドバイスありがとうございました。
送付して頂いたページもこれから観てきます。
ありがとうございました。

沙門密富様 川口英俊様 向井真人様

まとめての御礼で失礼いたします。
一昨日、昨日とお通夜、葬儀を無事に済ませることが出来ました。

教会で歌われる讃美歌から、棺桶の色、墓石、葬儀後に参列者に食べていただく食事のメニューまで事細かに自分で決めて逝った義母の配慮されたお通夜、お葬式に混乱も一切無く沢山の親戚や友人に見送られた素晴らしい式でした。

私は地元の小学校で教師をしているので、葬儀の次の日には職場へ戻りました。 子供達からエネルギーをもらい、忙しくしているのが幸いです。 アメリカ人や日本人の友人にも気をかけていただき本当にありがたい事です。

日本の両親、姉も急遽日本からお葬式に参列するため渡米してくれました。

義母は生前誰にでも分け隔てなく人々に接し、いつも感謝の気持ちを忘れなかったので、私も空から見守ってくれる義母に恥じないように、日々感謝しながら生きて行こうと思います。

皆様の心に沁みるアドバイス、お言葉本当にありがとうございました。
辛くなったら又皆様からのご回答を読んで心を落ち着かせる事にします。

ありがとうございました。
ガーデン

鈴木光浄様

励ましの御回答ありがとうございました。
最近義母の夢を2回ほど見まして、亡くなった時と同じかなり痩せてはいましたが、棺に入るのに義母自身が選んだピンクのワンピースを着ていまして、私と普段通り会話を交わしました。 目が覚めてとても嬉しかったです。
だんだん日常が戻って参りまして、先週は親しいお友達数人でランチをしながら私の気持ちをじっくり聞いてもらいました。
まだ義母が旅立ったと言う事実は受け入れられないのですが、義母との楽しかった思い出を毎日反すうさせて心を落ち着けています。

ありがとうございました。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

病気の治療を拒み亡くなった元夫の気持ち

元夫はアルコール依存症、うつ病で、最後は肝臓が機能しなくなり亡くなりました。私が関わったのは亡くなる2ヶ月前からでしたが、もうすでに身体は弱っていました。何年も肝臓を患っていたようですが、うつ病もあり治療はしなかったようです。 亡くなる2ヶ月ほど前にはなんとか病院まで連れて行きましたが、絶対に病院には行きたくないという本人の強い拒否があり受診にはいたりませんでした。 うつ病なので、死にたいと言うこともありましたが、やはり子供もいることですからきちんと治療をしてほしかったです。 元夫ですが、やはりまだ何かしてあげられたのではないかと思ったり、どうして命をもっと大事にできないかという怒りがこみ上げたり、また、これから子供に関する相談はできる人が居なくなってしまったという喪失感があったりで、私自身とても混乱しています。 せめてもの救いは亡くなった後の柔らかい表情でした。全てから解放された安堵の表情をしていました。 元夫なのにこれほど喪失感が強くなるとは自分自身も思っていませんでした。 本人が希望しなかったとはいえもう少し体を大事にして子供のためにも長生きしてほしかったです。 私が少しでも楽になるにはどういう風に思考を変えれば良いか。これからどんなふうに元夫が亡くなったことを自分で納得していけばいいのか。 助言していただきたく相談しました。 また、亡くなった元夫の気持ちというか、今どんなふうに残された私たちに言いたいのか、教えていただきたいです

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

父に話しかけて受け入れてくれるかな

いつも回答ありがとうございます。大変参考になります。 以前にも申しましたが、今年1月に父が亡くなりました。 私は父の事があまり好きでなく、自ら進んで会話しませんでした。話し掛けられても「うん?」とか「ハイハイ」と言った程度の返事しかせず、ろくに目も合わせませんでした。挨拶もろくにせず、一言二言でした。 去年末母が「お父さん、長生きようせんかもしれん。優しくせんと、後悔するよ」と言い、その約3時間後に父の容態が悪くなり、緊急入院となり、その40日後に帰らぬ人になりました。 今私は、父に毎日線香をあげ、「お早う」や「行ってきます」「お休みなさい」と言った挨拶をしています。 そして「今日こんな事があったよ」とか、「ほら、今日のご飯持って来たよ」等々話し掛けています。 然し私は父の生きている間、殆ど言葉を交わさなかった親不孝者。こんな私が写真に向かって色々話し掛けて、父は受け入れてくれるか不安です。 私の話を「そうか、そうか」と聞いてくれたら良いんですが、もしかしたら「何を今さら」と怒っているのでは無いかと感じてしまいます。「こっちが話しても、ろくに返事もせんかったやないか」と思われているのではと思います。 私としては、父を大事に出来なかった分、母と仲良くして、その姿を父に見て貰い、今の日常の色々な事を報告したいと、色々話し掛けていますが、父には不快感を与えているのでは?と思います。 実際の所、どうなのか判りませんが、父が私の話を怒らずに聞いてくれたら嬉しいなと思います。 「今更話しても遅い」と、思われている場合、私は父に色々話しかけるのをやめるべきでしょうか?

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

死にたいと思い続けています。

こんばんは。 私は19年前に、長女を不慮の事故で亡くしました。主人とお風呂に入っていて、目を離したのか、その一瞬で溺れてしまったのです。1歳になったばかりのとても可愛い時期でした。 私は娘の死を受け止められずらにいました。お葬式の日に泣いてばかりいました。そんな私に主人の親戚達が言いました。 泣いていたら、主人を責めてるみたい。 誰も悪くない、事故なんだ。運命なんだ。 泣くのはやめなさいと。 運命?こんな可愛い小さなこの子が死んでしまうのが運命?私は泣き喚いて叫びたかったのですが、できませんでした。 暗く閉ざした部屋で、泣きながら死にたいと思っていましたが、私には4歳の長男も亡くした長女と双子の次男もいて、この子達の為にも頑張る、頑張らなきゃと前を向いたつもりでした。 次男の1歳半検診の日に話しをした、保健婦さんに「ちょっと心が疲れているようだし、頑張り過ぎてるみたい。気持ちを押し込めてるでしょ?」と言われ、専門医に主人と行くといいとアドバイスをして頂きました。 私は、勇気を出して長女を亡くした日から自分の心が辛いって叫んでいる。無理して頑張っている。本当は、あなたのせいで、あなたが目を離したからって責めている。何であの子が死んで私が生きているのかわかない。私も本当は死にたいの。 今後の為にも一緒に受診して欲しいって話しました。答えは無理でした。そんな時間はないと言われました。行きたいなら1人で行ってと。それから、19年間私は心の奥底で主人を責めているのです。そんな自分が嫌で嫌で、その更に上から自分を責めて貶しているのです。死にたい気持ちで心が溢れているのです。時々、そんな自分が崩れて、過呼吸を起こしたり、死にたいと口にしたりするのです。そんな私を主人や子供達は面倒くさそうに、遠くからみているのです。 生きるってなんだろう?19年も経つのに、心が前に向かない私は家族が思うように面倒な人間なんでしょうか?死にたい気持ちが消える日は来るのでしょうか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

悲しみから抜け出せない

20日の日にとても大好きな父が亡くなりました。 自分は母を4年前に病気で亡くしてます。 その病気の介護のときからの15年間父親と生活していました。 母の死後、父と2人で田んぼをやってコレからはもっと2人で田んぼ大きくして行こうとしていました。ところが去年の4月頃に父に前立腺癌が見つかり、父は入退院を繰り返す様になりました。 それまでは父と2人で楽しく作業していた事が自分1人になり苦痛の作業になり、自分でもどんどん自分がすさんんで行くのがわかりました。 そして12月になり病院から「これ以上治療は出来ないので、緩和治療になります」と言われました。頭が真っ白になりました。そして泣いて泣いて泣きました。 家に戻る事も無く年を越し、1月10日に転院しました。そして改めて父を見て見るとがっしりとしていた身体はヒョロヒョロで、色は白く、お腹の両脇からは尿を出すための管が出ている、そんな身体になりながらも自分が行くと「ちゃんとご飯食べてるか?」「無理はするなよ」と私の事を気遣ってくれます、私は家に帰ると毎日泣きました。1月19日、父は大分弱って起き上がる事はなく、だか問いかけると目を開け「うん」「ちがう」などの返答をしていました、そして夕方に父に「どうする?今日俺、病院に泊まる?」と聞くと、とても嬉しそうに「うん、うん、」と答えてくれました。次の日の朝、「おはよう」と問いかけると目を閉じたまま、何の反応もありませんでした、先生が来て「今日は危ないかもしれないです」と言われました、それからは、父の耳元で「俺は親父が大好きだよ」「親父俺を1人にしないでくれよ」「反応してくれないとわかんないよ」「ほら一緒に田んぼいくべ」など色々言ってました、そしてお昼になり、父の呼吸は止まりました…67歳でした。 それから私は喪主として御葬式を務めあげました。 そして今は大きな家に自分1人となってしまい、家の中、納屋の中、田んぼ、すべてにおいて私が大好きだった、元気だった頃の父の姿が重なって見え、涙が止まらなくなってしまいます。本当に大好きなのです。 また一緒田んぼをやりたい、会いたい、他愛無いことで喧嘩したい、会いたい、話したいです。 ツライ、ツライ、ツライです

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

父親の死と子供の心のケア

初めまして。つい一週間ほど前に父親の葬儀を終えました。私は遠方に嫁いだため、最期会うことができませんでしたが一ヶ月ほど前に入院していた父の所へ会いに行っており、その時最後かもしれないと意識はしていたつもりです。が、生前とても可愛がってもらい気にかけてもらっていたし私も父が色々あっても大好きだったので最期会えなかったのを申し訳ないと思ってしまいます。頭の中では、受け入れなくてはならないと分かっているのにもう自分が死ぬまで父に会えないという事実がなかなか受け入れられません。また、今まではあまり深く考えなかった自分の死というのも強く意識してしまい怖さを感じます。時間が流れれば、全て受け入れられる事だとは思いますが、頭の中が色んな感情でゴチャゴチャしてしまい混乱しています。こんな事では優しくて時には厳しかった父に怒られてしまいそうです。 ただ、こんな感情の今の私を支えてくれる家族は勿論います。主人と子供たちは優しく、理解してくれて助けてくれ支えとなってくれています。その中で中学生の長女が初めての身近な死を経験し私以上に悲しみを感じていたようで、体調を崩したり精神的にもやや不安定になっています。私は自分の感情を優先していた事に気付きハッとしました。娘へのケアも考えなくてはいけないと、今になって感じています。娘は祖父の死によって、いつかは親の死が訪れる恐怖もやはり感じているようです。どのように話をしてあげればいいでしょうか? 私自身も、今はまだ辛いし娘と同じように先の事に恐怖も感じています。私も娘も今を乗り越えるために是非ともアドバイスをお願いします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

おじいちゃんの死

4日前に大好きなおじいちゃんが亡くなりました。91才でした。 いつも笑顔で本当に優しかったおじいちゃん。 もう会えないことが寂しくて仕方ありません。 亡くなる前日病院に会いに行ったときはまだしっかり意識はあり、最後に見たのは私が病院から帰る時 「またの またこいのう」という優しい言葉と笑顔でした。その時直感で、これが最期かなという気がしたした。 悲しくて寂しくてふいに涙が溢れます。 そこで、いくつか教えて頂きたいことがあり、お応え頂けたら幸いです。 おじいちゃんの息子(私の伯父)は28才という若さで自死をしてしまいました。 優しい伯父でしたが、きっと色々なことがあり鬱から抜け出すことができなかったのだと思います。 母の弟なのですが詳しいことは聞けませんが、幼い子を残し旅立ちました。 私の伯父も天国にいるのでしょうか? そしておじいちゃんは伯父に会えますか? 私もこれから生き抜き、生涯を終えた時、またおじいちゃんに会えますか? 会えるのは一瞬ですか?一緒に過ごせたりしますか? 残された高齢のおばあちゃん一人の為に私が出来ることは何でしょうか? おじいちゃんが私へ伝えたいメッセージがあれば知りたいです。 沢山質問してごめんなさい。ひとつでも知りたくて、おじいちゃんとの繋がりを確信したいのです。 よろしくお願いします

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

母の突然死 後悔ばかり

母が突然死しました。起こしに行くとすでに冷たく死後5〜6時間が経過している状態でした。 元から精神的な病気がちで寝ている事が多く同居している家族も気づかなかったそうです。その顔は本当に眠っているようにいつもの寝ている姿勢のまま綺麗でした。 近所に嫁ぎ妊娠中に急遽体調不良になり入院し出産してからはたまに顔を見せに行っていました。 その度に喜びいつもなら自分の体調の事ばかり話す母が私や子供の事ばかり気遣ってくれ喧嘩もする事なく平和に過ごしていました。 最後に、孫の体調の心配やまた遊びに来てねと電話で話し3日後亡くなり全く気持ちが整理できません。まだ孫は3か月。 第一発見者は私でした。いつもならわざわざ寝室に入り身体をゆすったりしないのですが何故かその日は体が動き母を発見しました。色んな偶然が重なりの発見でした。 母はあの世で幸せに暮らせますか? 中々子育てや家事や自分の体調に追われて会いに行けなかったから寂しい中で死なせてしまい悲しんでいないでしょうか? また私は母に呼ばれて 遺体を発見したのでしょうか? 母にまた会えますか? 夢に母がよく出てきてくれますが未練があるのでしょうか? 質問ばかりで申し訳ありません。

有り難し有り難し 40
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る