お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

精神病の彼について。

2年前から精神病を患う彼について、ご相談いたします。
会社で上司と折が合わず、2年前に会社を退職し、
その後、突然倒れ意識不明でICUに入院していましたが、回復し今は病院に通いながら療養しています。本人からは、検査をしても倒れた原因ははっきりわからず、体調が良い時は外に出かけられますが、悪い時には一切の連絡がなくなります。
そのような繰り返しで、私も見守り続けて3年目になります。 毎日顔を合わせるのであれば、彼の様子がわかるので私も安心できるのですが、ずっと遠距離恋愛のため、見えないなかで、待ち続ける日々です。 現在も、11月の季節の変わり目で体調が良くないと連絡がありそれから、一切の返事がありません。 私も、会社までの通勤が片道2時間かかるため、日々の生活にクタクタで精神的にもキツイなと感じてきました。 願望成就の本に書かれてるような、未来の生活を楽しくイメージなんてする余裕もなく毎日いっぱいいっぱい1日を過ごし、休日は体を休めるだけで終わるような日々です。
どうか、私のこの心をお救いいただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

有り難し 19
回答 3

質問投稿日: 2015年3月18日 22:42

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

うん、別れちゃいましょう。

これはあなたの今の状況に対してのみ、お伝えすることで、万人に共通することではありませんが、ざっくり、メスで患部を切り除く為にはっきり申し上げます。
・彼の病は彼の体の中でしか治せナイ。
・彼を気遣うがあまりに、あなたが病んでしまっては共倒れになるから、心配するにしてもあなたがカラっぽになる程、意を注ぎすぎはイカン。
・場合によっては、別れたってイイ。
・あなたにももっとイイ男や自分の幸せを選択する権利がアル。
・願望が実現しなくたっていい。求めるモノを持つから得られない時に苦しいのDA。
・え?11月が最後の連絡ということ?クリスマスも無し?今何月でしたっけ?サクラ咲きましたヨ?
・通勤距離往復4時間×20日勤務=もっと近い所で働いた方が楽だし交通費かからんし親孝行もできる
し、自分の時間が持てるべー。です。アナタ、もっと幸せ上手になりまショウ。
ですが、これらのアドバイスを読んでも「でも、でも」と思っちゃいませんか?
その「NOと言ってはいけない思考」は会社やらで洗脳されちゃったのでしょうか?その願望成就できないのにそれが願望成就のためだと思わされてしまった思考スタイルこそアナタを一番苦しめているのです。ここが分かれば即解決!です。
「そうだよなー、確かにー、うんうん、和尚さん成程ー♡」と肯定的に受け止めて、まずリアルな自分を取り戻しましょう。
アナタ、元気だったころはもっとハツラツとしていたはずでしょう?
まず、思いの雲が自然に流れていくまで、自分の中で「ああしたほうがいい」「こうすべきだ」という思いの雲に触るのやめましょう。(これを坐禅という)ちゃんとした現実が見えてきますよ。
※願望成就、自己実現本系の多くは、遠くに夢を観させて、夢を与えるかわりに目の前の❝幸せ❞を奪う内容です。棄てちまいなさい、そんな読んでも幸せになれない本。
まず、一度でも別れた方が、結果的にどっちも幸せになれる❝場合❞だってあるんスよ。
「ゴメン、マジ超ムリ。アタシにも人生あっから。自分のことは自分で解決して」
↑ダメ男とあっさり別れるマントラ
※この回答はanna^^様が笑顔(^<^)を取り戻すため薬効成分を濃くしてありますので、他の方が迂闊に服用されますと気分を害される危険性があります。服用には注意が必要です。

3年4ヶ月前

仏様はあなたも彼も守ってくださっています

亀山純史と申します。私は岩手県の僧侶ですが、遠距離恋愛で思い出したこと、それは忘れもしない2011年3月11日に発生した東日本大震災での私の経験です。地震発生時、私は盛岡市の勤務校(普段は、高校の教員をしております)の職員室で、年度末の整理に追われていました。そしてあの震災を経験したのです。三陸海岸のあの悲惨な状況、特にも陸前高田市の壊滅状態には、この世の出来事とは思えませんでした。今から25年前に私が新米教員として赴任した地が大船渡市で、そこで出会った先輩女性教員のひとりが陸前高田市の方でした。彼女は震災当時、すでにご退職されており、穏やかな第二の人生を歩まれていたと思うのですが、果たして、今回の震災で無事であったのか、まさに私自身、遠距離恋愛にも似た心境でした。幸い、その先生はある避難所にいることが、かなりたってから、避難者名簿で確認されました。
私たちの人生は、数限りない人たちとの繋がりで成り立っています。ですから、今、会いたいと思っても会えない人は、数多くいます。しかし、このような状況にあっても、仏様(私の宗派の場合は、阿弥陀如来)の知恵と慈悲のはたらきは、あらゆるものを照らすのです。そして、今ここにいる私に降り注がれている仏様の知恵と慈悲のはたらきも、遠く離れた場所にいる人たちに降り注がれている仏様の知恵と慈悲のはたらきも同じであるということです。
あなたは、今すぐには彼に会いに行くことが出来なくても、ともに、仏様の懐の中にいるということ、あるいは、仏様に今、あなたもあなたの彼も救いとられている、ということです。

私自身、あなたに具体的なアドバイスはできませんでしたが、少しでも心が癒されればと思っております。そして、病で苦しんでいる彼が一日も早く健康になり、あなたと幸せな日々が送れますことを祈念いたしております。

3年4ヶ月前

必ずモノ・コトには、その因縁がある

anna^ ^ 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

彼氏が精神病にて苦しまれておられて、何とかしてあげたいけれども、なかなか思うようにどうにもできずにつらいお気持ちをお抱えの程、お察し申し上げます・・

何とか彼氏が頑張られて立ち直ってもらえると、将来のことも色々と見えてくるかと思いますが・・現状では厳しいですよね・・

酷なようですが丹下様のご回答も確かに一つの良いご提案であるかとは存じます。でも、本当に心底から好き、愛しているならば、どうにかしてあげたい、見捨てられないのも当然のこととなります。

彼氏の状態がどのような程度の具合であるのかは医師やその専門家ではないので分かりませんが、そのようになられているのには必ずや原因があるはずです。

この世では何も原因がないのに、何かが生じる、滅するということはあり得ません。必ずモノ・コトには、その因縁(直接的原因と間接的原因・条件)があると仏教では考えます。

倒れたのにも、体調が悪いのにも必ずその因縁があるはずです。その因縁さえ分かれば、解決させるための因縁へと向けた手掛かりにもなるはずです。

原因不明と諦めずに、もう少しネットででも情報収集して、これまでの経過や細かい症状なども併せて、治癒へと向けての前向きな取り組み、例えば、病院や検査方法を変える、可能性のある治療法(あまり根拠の無い、エビデンスの無いものは度外視して)を試していくことも必要ではないかと存じております。

拙生も過去に精神病、精神障害者の皆様を支援させて頂く活動に関わったことがございますが、とにかく原因不明で諦める、何をしても無理というような、どうしようもない現実に苦しんだことがございます。

しかし、本当に原因不明なのだろうか、何をしてもダメなのだろうか・・と今でも疑問に強く思います。

鬱病や統合失調症など精神病には、生体的な問題が控えている場合もあります。最近、良く聞かれるようになった副腎疲労症候群、慢性疲労症候群がその典型例です。体内での何かのバランス関係が崩れていることが複合的な要因と共に精神病を引き起こしてしまっている可能性があります。

精神病だ、障害だと一辺倒に決めつけて諦めてしまう前に、必ずあるであろう解決の糸口へと向けた因縁をもっと詳しく調べてみることをお勧めさせて頂きます。

川口英俊 合掌

3年4ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ