ダイエット

こんにちは。
最近体重の増加が著しく食生活を正してダイエットをしようと試みているのですが、目の前にある食べ物につい手を伸ばしては反省の繰り返しです…
気持ちの弱い私です。
食べたいと思う前に皆様方のひとことを心に留めさせて頂けますか?
よろしくお願いいたします。

心構え・生きる智慧
有り難し 330
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

一つ我慢ができなかったら、一つ誰かのわがままを許してあげる

実は僕も夜中のラーメンがやめられません。痩せなきゃ、やめなきゃと思うんですが、なかなかやめられません。
なので食べたい時に食べないようにする一言をお教えすることができないのですが、食べてしまった時のちょっとした心がけならあります。
それは「一つ我慢ができなかったら、一つ誰かのわがままを許してあげる」という心がけです。
ダイエットとは違いますが、天台宗のお坊さんには戒律が授けられています。この戒律、物凄くたくさんあって全部を完璧に守るなんて無理じゃない?と思っていました。するとある先輩からこんな話を頂いたんです。
「絶対に守り切れないから戒律なんだよ」
もし僕が戒律を完全に守れていたら、おごりが出てしまう気がします。守れていない人を見た時、見下してしまう気がします。見下した時点で戒律を破っているのですが、少なくとも守りきれていたら調子に乗ってしまう気がするんです。
戒律は、守りきれません。だけど、どんなに心がけていてもどこかで破ってしまう自分に気付けていれば、誰かが破ってしまってもお互い様です。なので本来の目的とは違うかもしれませんが、僕にとって戒律は「人に優しく、自分に厳しく」するための心がけなのかな、と思っています。
だからもし今度、食べ物の誘惑に勝てなかったら、誰かのわがままを大目に見てあげて下さい。私もこないだプリン食べちゃったし、そういうこともあるよね、わかるわかる。と受け止めてあげて下さい。すると少しだけ心が豊かになります。とはいえ、やりすぎるとお腹も豊かになってしまいます・・・

4年9ヶ月前

上手な理由づけをしていることに気づく

僧堂にいた時に17キロ痩せました。
今振り返ってみると食べたくても、食べ物が近くになかったからなのだと思います。
手を伸ばせばすぐそこに何らかの食べ物🍰があるような状態であったり、食べ物🍖が豊富にあるとその消費に追われてしまい、必要以上にカロリー摂取🐖してしまいます。
僧堂から戻った後は、子煩悩な?母が、10年留守にしていたのでアレもコレも、といっぱい食べさせてくれました。(今も続いています😱)
家に帰れば、家内の作ってくれた食事も残すわけにはまいりませんので全部ペロリといただきます。結果、元通り🐷です(笑)
ですが☝これは我が自分を正当化するための“言い訳”にすぎません🐽

だから、何らかの言い訳を用意しないこと!身近に必要以上に食糧を置かないこと!
これが絶対条件だと思います。
惰性で続いている習慣は環境を思いきって変えないと変わらないものです。
私の場合はもはや母親を姥捨山🗻に連れていくしか方法はありません(笑)
でも、そんなことはできない、、だから、でまた自分なりの正当な理由付で惰性で食べてしまう。

この様に、とかく人間とは言い訳上手なもので、
・緊急事態で食料がなくなったら困るから🐷
・急な来客用にお菓子がないといけないから🐷
・食材が色々あった方が料理の幅が広がるから🐷
・頂いてしまったから👍
などの理由で手元に食料が豊富にあるものです。

まず、自分にブレーキを。
🔵それ、生きる上で摂取する必要性はある?
🔵自分を正当化する理由で塗り固めてない?
🔵食べたいから摂取する? 必要性から摂取するべきでは?

食べないことで得られるメリット
🔴痩せる🔴モテる🔴スリムのままでいられる🔴現状維持できる🔴サイズの大きい服を買わなくて住む🔴節約になる🔴意思の強さを鍛えられる🔴私が食べずに誰かに譲ってあげることでその人を幸せにしてあげられる…etc

まずは上手な言い訳、正当な理由付け、惰性を捨てて、ご一緒に頑張りましょう。

4年9ヶ月前

言葉ではなく、、、ちょっとひと手間。

食べ物に手が行くのはしょうがないです。菩薩じゃなくて人間だもの。手に取った食べ物を口に入れる前に いただきますをゆっくり10回ほど念じてください。時間にして15秒ほどの沈黙でしょうか。食べ終わったらごちそうさまを5秒ほど念じてください。
過食と反省を繰り返すくらいなら、ちゃんと食べきってください。ただ、欲に任せてがっつくのではなく食前食後の作法にも敬意を持っていただく習慣を手に入れると人生変わってきますよ!!

成功をお念じ申し上げます。

4年9ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ