hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

宗教が嫌いです。

回答数回答 5
有り難し有り難し 125

ブラック企業に勤めていて一身上の都合で退職し
転職活動を半年程度長く行っていました。
現在は、晴れて転職に成功し在職中です。

転職活動を始めて数ヶ月
誰もが知る一流企業に内定をもらった際、断るか迷いました。
3年間という期間限定ではありますが、危険域での作業が伴うからです。
自分の命か家族の生活の安定か
はてまた辞退したところで次の転職先は決まるのか生きていて一番悩みました。
結果、一時の収入は上がれど、健康を害し入院すれば無収入になれば意味がないと自身で納得し辞退をしました。
 その時、義理の父に『その企業の内定を蹴ったら、お前なんかどこも就職できない。いつまでも学生気分でモラトリアムに夢を見ているんじゃない。』と言われました。
0歳児を抱え無職、見れる夢なんてありません。
不安で寝てみる夢さえ観れない時期でした。

そして、妻の義理の父は、浄土真宗のお坊さんでした。

私は
今は、ココでも将来設計事務所を開き生涯出来れば現役で働きたいという夢をずっと見続けています。
誰にも汚されたくない私の生き甲斐です。

 そして、妻側の両親の全てが嫌に成りました。
それを否定もせず、私の肩を持つでもなく、ただ『今まで我慢していた。』と言う妻への愛情は限りなく0に近くなりました。
しかし、子供は、とてもかわいいです。

でも、一緒にいる妻を見ると鼻に付き、嫌な気持ちに成ります。
最初は、何とか家族として再構築して行こう!と必死に頑張りました。
しかし、上記の忌まわしい記憶と努力を水の泡にするような妻の無関心な態度を見ると
最近は、『離婚しよう』と思います。
もう、頑張れません。

つらつらと経緯を書きましたが、本題です。

そこで疑問です。
『仏教は、なぜ仏様の教えが正しいと説くのですか?』
全て知っているかの様に、上からの目線で物を言うのは何故ですか。
教えてください。

2016年11月4日 1:58

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私も「自分は正しい」とかいう変な宗教は大嫌いです。

かわいそうにねぇ。
自分でいっぱいいっぱいになってるんだよ。
一生懸命頑張ってきたのに、評価されない報われないって、悲しいですよねぇ。
ですが、あなたの一番の悩みの原因、源は、本当は、自分が強すぎるってことです。
アナタこそ、一番自分だ正しと思っちゃってるから、周りが全部悪者になるのです。
毎週日曜日の朝のヒーローものの番組を悪役目線で見てみましょう。
何か感じるものがあるかもしれません。
その前に、あなたがもしホントにほんとーに正しかったらすでに奧さんもみんなも幸せでしょうに。
奧さんはずっと我慢してきたのは何だと思いますか。
あなたを否定されたことでカチンときてちゃんと会話もできていないのじゃないでしょうか。
それはあなたが「オレは正しい」というナルシストに似たプチ・自分だけはだたしい思想に陥っちゃっているのです。一度それを全部捨ててみましょうよ。素直に、奧さんに苦労かけてごめんなさいという所をなんで逆切れしちょりますかいな。
あなたは「あなた」をずっと握っている。
「これはオレの夢だ!」「オレの一番大切なことだ!」といって売れないロックミュージシャンをやり続けているようなものです。本当にいい曲ならとっくに売れてるんです。
「30年間、ずっと温め続けてきた、オレの最高傑作なんです!」
「いい曲だねぇ。もう30年、温めてきてくれるかな。」
イスラム国が「自分の中で正しい」っていったって、厳密に女性や子供、多くの人を泣かせて苦しませている。
そんな「ただしい」は誰も正しいなんて認めちゃくれません。
それを叱ってくれているのが、あなたの義理の家族や、仏教なのでしょう。別に上から目線ではないです。
ニベアじゃないですが「まもりたい」自分が強すぎるのです。それは自分の弱さカモよ?です。周りは底まで言っちゃくれないでしょうから、ザクザク申し上げますが。
「正しい」ということは危険思想の一種です。みんな俺が正しいと言ったら戦争になるのですよ?
そこにこだわりが強すぎるように感じます。
あと、人のせいにしたりしない方がいいです。
妻がわるいとか、そういうの無しっす。
散々コテンパンにされてきたのに、またしてもコテンパンにされたと感じましたか?
だとすれば、まだあなたの「我」は抜けていません。
実はアナタの奧様も義理の家族もあなたの味方だったと思えるまで寺で我を抜いてきましょう。

2016年11月4日 7:21
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

自分の正しい心が決して真実ではありません!

読みながら感じました。宗教が嫌い!でなく義理のお父さんが嫌いの様に感じます。
何故嫌いか貴方の心を理解してくれないから。
貴方の正しい心と義父と奥さんの正しい心がぶつかれば互いの心が壊れてしまいます。

壊れかけているは貴方の心だけではありません。

何が正しいのか比べても答えは見出せまっせん!重さと長さは比べようが無いのです。

何の仕事でも懸命に勤める事です!明日の命は誰にも分かりません。だから懸命に目の前の今を只生きるのみです。

もう一度角度を変え良くお子さんと奥さんを見つめて下さい。
本当の事が見えるかもしれません。

分かってくれと思うより分かろうとしょうとする心が真実の道にの様に思います。

2016年11月4日 3:28
{{count}}
有り難し
おきもち

仏様は正しい

仏様を敬い慕い私もそんな仏になりたいと信仰しているのが仏教徒です。
だから仏教徒にとっては仏様の教えは常に正しく尊い教えです。

しかし、その教えを信仰している人が正しいことを言い正しい行いをしているかと言えば、そうではありません。
人間は都合よく仏様の教えを利用します。
自分の都合のよい所だけを使いあたかも仏様がそう言っているかの如く相手を説き伏せようとします。

私はお義父さんと同じ浄土真宗の僧侶です。
お義父さんを嫌いになっても仏教は嫌いにならないで欲しいと願うばかりです。

2016年11月4日 2:10
{{count}}
有り難し
おきもち

始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

仏縁に恵まれていないのでは?

拝読させて頂きました。私は仏教がすべて正しいかは解りませんが素晴らしい教えであるとは思っています。なぜなら、本来の仏教では自己鍛錬により、安心を得るための方法を説いているからです。そんな現実的な宗教はあまり有りません。仏教と並んで三大宗教と言われているキリスト教やイスラム教のように神様に救って頂くというスタイルでは有りません。(日本の仏教は大乗仏教というお釈迦様の死後に出来たもので、お釈迦様が開かれた仏教とは教えに大きな開きがあります。)質問者さんは本当の仏教をご存知ないのではないでしょうか。
お坊さんとは社会に依存して生きています。そのため、本来は謙虚でなくてはなりません。そうでないと社会からそっぽを向かれてしまいます。たまに少しばかり修行をしたからといって、「自分は普通の人とは違う。偉いのだ。」と勘違いして傲慢な方も散見しますが、それは大きな間違いです。
質問者さんは仏教、お坊さんをすべてひと括りにされていますが、本当の教え、素晴らしいお坊さんと出会われていないだけではないでしょうか。良き仏縁に恵まれる事を祈念申し上げます。

2016年11月4日 9:33
{{count}}
有り難し
おきもち

臨済宗寺院の住職です。皆様の良き御縁となる事が出来れば幸いです。

正しくないのは

本文拝読しました。
まずは夢と現実の狭間で苦悩されたとの事、お察し致します。
誰しもが理想を追う中で現実を突きつけられると戸惑いますよね。

義理のお父様から色々と心無いことを言われたとの事、同じ浄土真宗の僧侶として申し訳なく思います。傷つけるつもりはなくても傷つけてしまうことがあるのですよね。

さて、仏教(特に我々浄土真宗)では何を説いているかと言えば
『いかに人間が正しくないか』
を説いています。
人間に真実はあり得ないのです。ひいては坊さんにも真実はありません。どんな偉い坊さんだって人間です。人間が正しいはずはありません。仏教を学べば学ぶほど人間は救いようのない、『話にならん奴』ということがわかって来ます。いや、中々そうも思えないかもしれません。人間は正しくないはずなのに正しいと思い込んでいるだけなのです。
mum-yoさんが嫌いなのは、上記のお坊さまの回答にもありますが、宗教者ではなく義理のお父様なのではないかと拝察致しました。

浄土真宗のお坊さんにも色々といます。
機会があれば他のお寺やお坊様とお話しする機会があれば少しは違ったイメージを持たれるかもしれません。

2016年11月7日 12:48
{{count}}
有り難し
おきもち

新潟県小千谷市にある真宗大谷派・浄照寺の小林と申します。 寺に生まれ、寺...

質問者からのお礼

皆様の真摯な御回答厚く御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

>丹下覚元さん
僕は、建築士でもありちょっととしたミュージシャンでもありましたので言います。
30年と30年足して60年になって売れなくてももいいんじゃー無いですか?
ミュージシャンは、日々売れる事を考えていません。
いい演奏した後のお客さんの笑顔、いいライブした後の打ち上げのビール、大きいフェスでライブした後に増えるミュージシャンの友達
そんなんが楽しくてやっていると思いますよ。
100回入滅させても足りない位のクソ野郎が、ライブだけは、いい演奏する。
そんな思い込みと気の迷いで生きてる奴らが、僕は大好きです。
建築は、100年後を考えて設計してます。今現在は、いい感じに使えても、100年後は時代に合わず矛盾だらけのものになります。
モノ・ヒト・カネの矛盾を整理して一番いいもの設計してますが、大地を掘って杭打って建てている以上、本当に戦っている相手は、自然なので基本的に完璧はありません。

こーゆーのわかりますか

>山口秀徹さん

>柳原貫道さん

>小林智光さん

書き直します。
皆様の真摯な御回答厚く御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

>丹下覚元さん
僕は、建築士でもありちょっととしたミュージシャンでもありましたので言います。
30年と30年足して60年になって売れなくてももいいんじゃー無いですか?
ミュージシャンは、日々売れる事を考えていません。
いい演奏した後のお客さんの笑顔、いいライブした後の打ち上げのビール、大きいフェスでライブした後に増えるミュージシャンの友達
そんなんが楽しくてやっていると思いますよ。
100回入滅させても足りない位のクソ野郎が、ライブだけは、いい演奏する。
そんな思い込みと気の迷いで生きてる奴らが、僕は大好きです。
建築は、100年後を考えて設計してます。今現在は、いい感じに使えても、100年後は時代に合わず矛盾だらけのものになります。
モノ・ヒト・カネの矛盾を整理して一番いいもの設計してますが、大地を掘って杭打って建てている以上、本当に戦っている相手は、自然なので基本的に完璧はありません。

こーゆーのわかりますか

ISISと一緒に括らないで下さい。
僕は、万引きはした事ありますけど犯罪は犯してません。
という様に、個性的な人間なので、なるべく1人で生きていきます。
今は、建築で何者かになる為、自分しか出来ない方法を見つけたいのです。
我を捨てるのは、自殺行為に等しいです。
間違って、間違って進んで行き、その先に我を捨てるという解が最適解になる日が来そうな気もしてはいるのですが
今は、ごめんなさい!
光はいらない水を下さい。

>山口秀徹さん
正しい心と正しい心がぶつかれば、お互いの心が壊れてしまう。
そうだな!と思いました。
本音で生きるそれが良いという家庭で育ったので正しいと思っていました
ただし、好き勝手やっていたら世の中廻りません。
ドラえもんの世界にも のび太、ドラえもん、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんがいて、
キャクターに役割があり話が進む様にその人間関係の中で、役割を演じ自我を隠そうと努め様と思います。
死ぬ事は、一回も考えた事無いので分かりません!

>柳原貫道さん、釈心誓さん
正直、そんなに浄土真宗が嫌いなわけでは無いのです。
でなければ、この様な機会に皆様に意見を聞いてもらおうとも思わないわけです。
僕には、同年代位の浄土真宗の若いお坊さんが居ます。
彼の若い時は、酷くイケナイ薬の中毒、不倫不貞離婚、何でもござれのクソ野郎でした。
彼は、自分が愚か者だと知っています。
その彼の信仰心は、真実がある様に思えます。
彼を受け入れた浄土真宗は好きです。

>小林智光さん
『いかに人間が正しくないか』 を説いている。

また、浄土真宗に対して疑問が解け胸がすく思いがします。
人間は、理性を持ったとしても、所詮獣であると思っていました。
僕は、お義父さんが嫌いなんですね。
宗教家の彼に、少し憧れがあり、この迷いにいい事言ってくれるだろうと、どこか期待していました。
結果に残念だったんだと思います。
しかし、それも自分が蒔いた悪い種が芽吹いただけ、いっぱい考えます!
ありがとうございました。

「宗教について」問答一覧

信心するしないは、幸せに関係しますか?

いつも、ありがとうございます。 時々、疑問に思う事を質問させて下さい。 私の母は、昔から凄い信心する人で、私が思うに母が若い時に死ぬような病を祈願してもらって助かったことから、信心するようになったのかもしれません。 私が小さい時、お地蔵さんにお参りなど一緒に連れて行ってました。お寺や神社、お地蔵さん、ほんとによく通ってました。 私達が無事に過ごせますように。とのお願いをしていました。よく聞きますが、自分が年をとって人の手を取らなくていいように…のお願いもしていました。 そして、現在は私に依存しきってます。どんな時も私にです。人の手を取らなくていい!なんて有り得ません。とにかく私は、母の依存に疲れてます。年取ったから仕方ないとは思ってますが、仕事も忙しく、家事もして実家のことまで…それに適応障害の弟の事まで。 信心して、あれ程祈ってたのに。なので私が思うに人の手を取るとかは、自分の心の持ち方で変わると思います。そんな母の幼稚さ?になんだか悲しくなったり… 母は今では全く信心の気持ちは無くなってます。なんで、あんなにお参りしたんだろう?何もならんかった。と言ってます。 それに比べて私の友達の家は全くの無信心です。お父さんが亡くなって初盆でも和尚さんも呼ばずにお経もあげてません。 けれど、お母さんは、いつも前向きで 一人暮らしですが楽しく生活していて、娘(私の友達)に依存する事なく自立しています。 生きていくうえで信心していれば幸せになる、無信心だとご先祖様からも応援してもらえない。 なんて事は、関係ないのでしょうか? それは私の小さい頃からの思い込みでしょうか? 母からの依存は年だから仕方ない、後何年生きるかも分からないから、色々不満を持たずに接して行こう!とは思う時もありますが、ほんとにほんとに疲れます。 体が不自由になった訳でもなく、歩く速度は遅くなりましたが何でもできるのに、ヘルパーさんの仕事に買い物を頼んでるのに、週1は必ず私が買い物に連れて行かなくてはいけない事、それを母は当たり前と思ってる事も…ほんとに疲れてます。 母が亡くなるまで、こんな事が続くのかと思うと何とも言えない気持ちになります。 そんな気持ちを母に言っても何とも思っていません。 こんな私に何かお言葉をお願いします。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

新興宗教の人に業が深いと言われたのですが

おはようございます。 業が深いと言う言葉を昔から聞くのですが、結婚前にしつこく新興宗教に勧誘してくる女性がいました。 私は生まれつき持病がありますが、薬を飲んでコントロール出来て普通に生活をしています。 ある日突然新興宗教の女性に(近所に住む方)会ってしまい、また勧誘されました。 私は仏教徒ですとお断りしていたら「あなたのお母さんは業が深い」と言われました。突然言われ意味を聞くと「あなたのお母さんは前世から悪い行いをしてきたからあなたに持病などがでるんだ。だからうちの宗教に入信すれば大丈夫」など普通他人に言わないであろうことを平気で言われました。 最初は腹も立ちましたが今は母親のことをそんなふうに平気で言われたことが悲しいです。そういう宗教の人なので気にしない様にと思っていますがやはり自分自身が病気をしているのに何故母親のことを言うのか… そして、この方には散々勧誘されつづけ、引っ越してからやっと勧誘が無くなりました。今は自宅や、お寺などでご先祖さまに手を合わせたりお寺でも感謝の気持ちと共に自分の家族をよろしくお願いしますなどお参りさせてもらっています。 そして肝心な仏教では「業が深い」から家族が病気になるや、苦労するといったことはありえますか?よく前世の行いなどで来世で苦労するとは昔から聞くのですが、そうなると病気をしている方は前世で悪い行いをしていることになりますよね…? 肝心な私の母は昔からも何も問題なく暮らしています。私の持病にも普通に前向きですが… そして勧誘してきていた女性の新興宗教はまず神社に行っては行けない、他の仏教や宗教は全て邪教であるのでダメ等など… 業が深いの本当の意味やお坊さん達の解釈はどうなのでしょうか?

有り難し有り難し 60
回答数回答 4

私の信仰について

今の現状について私なりに答えを出してみました。家族の新興宗教のせいだと思ってきましたが、私が仏教に興味を持ったのもその新興宗教に対する対策がきっかけでした。 全ては仏縁なのかな。そう思えるようになりました。すべてを否定する。それでは新興宗教と一緒ではないかと。仏教を勉強してきて思えるようになりました。 以前、hasunoha様で浄土真宗から日蓮宗への改宗を考えているということで相談して、その縁で近くの日蓮宗のお寺に行き法話などを聞かせていただいております。 改宗や墓じまいなどの未来のことで暗くなって急がなきゃと焦ってしまっていた自分を見つめ直せました。hasunohaのお坊さま方、ありがとうございます。 前置きが長くなり申し訳ありません。ようやくここで質問に入らせていただきます。私は南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経を同時に信仰しているというような状況になっているのですが、この状況は問題ないのでしょうか? 日蓮聖人は南無阿弥陀仏を唱えると地獄に落ちると仰られており、親鸞聖人は念仏をして地獄に落ちても後悔はないと仰られたと歎異抄にありますが、 日蓮聖人や親鸞聖人は今の私の信仰の有り様にどう思われているのかなと思い、不安というか、こんな不安定な信仰をしている人間でいいのかなと思ってしまいます。以上まとまりのない文章ですが、お坊さま型のご意見お伺いさせていただきたいです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

〇〇宗のお墓の前で、無宗教の人がお経を唱える意味は何ですか?

今や自分はともかく親が何を信仰しているかも分からない場合が多いと思います。そして特定の菩提寺を持たない場合において、祖父母の墓参りなどで直面する、お墓の前で唱える言葉の意味についてどう考えたらよいのか悩んでいます。 基本的には自分が信仰する宗派において、自分自身のために唱えるのは理解できるのですが、故人のために唱える場合は、どういう意味があるのでしょうか。 そもそも故人は自身の信仰によって成仏されていると思うのですが、それに対し後世に他人(親族です)が言葉を唱えることの仏教的な意味を知りたいです。 また、〇〇宗を信仰された祖父のお墓の前で、▲▲宗を信仰している(もしくは何も信仰していない)孫が唱える言葉は何が良いのでしょうか? 一般的には〇〇宗のお墓の前では、〇〇宗の言葉(例えば南無阿弥陀仏など)と教えられたのですが、よくよく考えていくと自分の信仰していない宗派の言葉を「形式的」にだけ唱えるという事になってしまい意味があるのかな、と思い始めました。 浄土宗などは念仏を唱えることに意義があるという点では、形式上であったとしてもある程度は理解できるのですが、浄土真宗やその他禅宗などにおいては意味があるようには思えないのです。 今まで深く考えず、親に教えられた通りに唱えていたのですが、勉強すればするほど分からなくなってきてしまいました。 迷える子羊をお救いください。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る