hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

夫の心を楽にしてあげたい

回答数回答 5
有り難し有り難し 60

はじめまして。
私は47歳の主婦です。夫とは去年再婚同士で結婚しました。夫は歯科医で、普段はどうしたらちゃんと診てあげられるか、など家でも話してるような真面目な人です。
ただ、人に対して不信感が強くて特にお酒を飲むと、周りの人間はみんな敵、というようなことを言います。しかも、たくさん飲んだときなどはひどく荒れて大声を出します。そんなときは必ず私に対して悪意むき出しで罵ります。一つ例えですが、夫と実家から帰宅するときカーナビで「自宅へ帰る」とセットした夫に、「いつもセットしてるね」と何気に言ったことがありました。それはもう何か月も前のことです。一昨日、また夫がお酒をたくさん飲んだ時、「何年経ったら道を覚えられるの?」と言って私が夫をバカにした、という話に夫の中で変わっていました。
先日、私が長く飼ってたネコが亡くなったとき夫はまだ短い付き合いだったのにひどく悲しんでくれました。でも、お酒を飲んだら、そのネコと長くいっしょにいた私の悲しみに比べたら自分の悲しみなんて薄っぺらいと思ってるのだろう、と荒れて言いました。
夫は、みんな敵なのに普段は頑張って耐えてる、という意識があまりに強くて酔ったときにそういう気持ちを私に当たるしかないのだと思います。
ひどく私を罵ったら翌日は、ごめん、と言って数日は全くお酒を飲まずに過ごしています。
あまり飲まないで、と言ってたこともありました。素面のときは承諾してくれるけど飲み始めたら、そうお願いした言葉も夫を怒らせる種になったので、とにかく私は「酔ったときに怒りの原因になるような言葉を普段から言わない」と最近は決めています。それでも、本当に何の深い意味もなく発した言葉が夫の中で自分を責める言葉に変化して残っているのです。
夫が周りの人間はみんな敵だと思う考えは変えられないけど、私はそんな夫にどう接したらいいかわかりません。
私が何か意見を言うと、まず否定することから返事が返ってくるのです。
私と居ることで心が楽になる、って思ってもらいたいです。
今はただ、夫がお酒を飲んで気持ちを爆発させる時間がきたら何を言われても黙って聞いてることしかできません。
夫には体を大切にしてほしいのですが、今のままではいつか夫の体も壊れてしまいます。
夫の心が楽になるために、私にできることはあるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

悲観・否定・批難という3つの火

かしらにみんな“ひ”が付くので、これを私は三つの火と呼んでいます。
悲観…暗い考え マイナス思考
否定…打ち消し ダメ出し 拒絶
批難…悪くいう ケチつける 責める

これらを、あなたがしない・させない事です。
これらのマイナスエネルギーは人間を苦しめるネガティブな意識、心の悪玉菌まさに煩悩の炎。

その反対の善玉菌修行が
①楽観する②肯定する③称賛する
これを最終的に本人がお一人でもできるように奥様がまずは、何気無い会話の中でキャンドルに火を灯すように継続的に続けられることです。

具体的に、会話の中に後ろ向き発言があった時に前向き発言に切り替えて差し上げることです。
「ああ、どうせ、結局…、またか…、」
楽観①“大丈夫だと思うわ”“良かったじゃない”“まだまだよ”
肯定②“ハイ・なるほど・確かに・そうよね”( でも、だけどの否定は厳禁)
称賛③“凄いじゃないですか・さすがあなた・あなたのおかげ、助かってます、一緒になれて良かった”(^.^)
などの元気になれる発言を奥様も増やし、不断の愛情を表現を注ぎ続けて差し上げることです。
ご主人はおそらく
Aご家族・愛されるべき人から称賛・承認された経験が少ないか、
Bご自身の高い理念のせいで小さな完璧主義に陥っておられると思います。

A劣等意識・コンプレックスの根源は恐れ、不安です。
自分が誰かと比べて劣るような嫌な気持ちをもうこれ以上味わいたくないのです。
自分だけは一生あなたの味方よ、という事をハッキリと伝えて差し上げてください。
B完璧主義とは99点でも自分を許せないのです。思考回路が減点方式で、減ってしまうことが問題になるのです。理想の高さがそこそこに下がれば穏やかになるものです。

これもできた、あれも出来たじゃないという0からポイントが上がって行く加算方式になっていただけるように、獲得できたところ、学べたところなどに気持ちを注いでいただけるように励ますべきです。
励まし、褒める一番の方法は感謝です。
お見送りの時や帰り際に感謝の気持ちを伝え続けて差し上げることです。
プラス思考の基本は、マイナス意識の撲滅が基本です。
自分をいじめること、自分を卑下すること、悲観・否定・批難のマイナス意識を本人が抑制し、周りの方が楽観、寛容、肯定、称賛、承認をつづけることで徐々に“考え方”が変わっていかれると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

これから人生をつくりあげていきましょう。

なまんだぶつ。
とうこ様
私の近くにも似た事例がありました。

日々、患者さんのことをちゃんと真面目に考えていらっしゃるご主人様ゆえのしんどさもあるかと思います。
ネット相談の限界もあり、参考になるかどうかはとうこ様が判断くださいませ。

とうこ様の真剣な思い、聴かせていただきありがとうございます。
大事にしたい点がいくつかあります。

人間不信についてはとうこ様もお察しの通りなかなか変わるものではありません。
ですが、再婚生活当初は喧嘩ばかりの夫婦でも7,8年たつとそう言いながら不信度100%が不信度80%位まで下がることもあります。少しづつの改善を願えたらと思います。

お酒については、禁酒をすすめるより、「酒の上で嫌なこと言われるのは嫌だけどあなたへの愛は変わらない」「そんな程度で動揺する気持ちで再婚を決めた訳じゃない」と伝える覚悟があるとありがたいです。

ご主人様も人を信じたいけれどそれができない辛さ、気を許すことと心を許すことのバランスをとるのは得手でないため不安が強くなってしまう。そんなことってございませんか。

患者様への診療は完璧を求められていますが、夫婦の場合はウイークポイントを互いに補える関係になるのが楽なんじゃないでしょうか。

私の近くにも似た事例がありますが、ご主人様へ気を配るあまり、とうこ様ご自身が振り回され過ぎないことを念じております。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


大事にしていることが理解されないと悲しい。 必要とされないことも悲しい。...

アルコールを別のものへ

何気ない言葉が全て、そのように受け取られてしまうなんてお辛いですね。ご主人の身体も心配ですが、とうこさんの気持ちが折れてしまわないかも心配です。
一番の解決法はご主人がお酒を止めることだと思いました。
「大人なんだからお酒くらい…・」と思われるかも知れませんが、アルコール中毒は覚醒剤中毒より遥かに辞めるのが難しいことは生体実験でも証明されています。ご主人にとって仕事が終わった後の唯一の楽しみなのかも知れませんが、なぜお酒を飲むのかが分かれば、別のものに代えることもできると思います。
・ストレス発散
・おいしいものが飲み食いしたい
etc.
ストレス発散なら体を動かしたり、おいしいものなら別のものもあるでしょう。
よりよい歯科診療の為にもいいことだと思います。とうこさんから断酒をすすめることが難しい場合、周りの方に協力をあおげればよいのですが。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

とうこ様。

僭越ながら、旦那様のお歳と、再婚までの期間がどの位有ったかが不明ですが、
此れ等が長ければ長い程、またお仕事柄、患者様に気を使う事もあっての反動かと…

一度心療内科を受診為されてはと存じますよ。
先ずは其処からお試しに成られてはと存じます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...

不飲酒戒

とうこ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

仏教の戒律において、在家者が特に守るべき戒として、五戒がございます。

不殺生戒・・みだりに生き物を殺めない
不偸盗戒・・盗むことをしない
不邪淫戒・・不倫しない
不妄語戒・・嘘をつかない
不飲酒戒・・酒を飲まない

拙生も増田俊康様がおっしゃられますように、アルコールは控えめにすべきであるのではないかと存じております。

アルコールの飲み過ぎは身体を壊す原因となり、また色々な煩悩を制御できなくなって正常な判断を誤ることもあり、それで人生そのものを台無しにしてしまうことさえもあります。他への迷惑行為としても飲酒運転による事故や喧嘩による傷害事件など色々と挙げることができます。

アルコールの飲み過ぎは、煩悩を誘発し、悪業を積むことに繋がりかねないため、仏教においても「不飲酒戒」を定めて守るようにしなければならないことになっていると考えることができます。

旦那様は、アルコールが入ると極端にでは無いにしても性格が変わられるご様子ですので、程度の差はあれどもやはりアルコール中毒ではないかと思われます。

アルコール依存症
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルコール依存症

おそらくご本人には当然にその認識は無いでしょうから、時間を掛けて、特にとうこ様が中心として、周囲の皆様のご協力を得ながら、少しずつでも治療に当たられるのが良いのではないかと思われます。まずは適切な治療へ向けて、保健所にご相談なさられるのも一つかと存じますし、断酒会という当事者や家族同士が互いに相談しあって、断酒をサポートし合う自助グループへ参加されるのも良いのではないかと存じます。

断酒会
http://ja.wikipedia.org/wiki/断酒会

あとは、アルコールに頼らずにいかにしてストレスを発散してプレッシャーや不満などから解放してあげることができるかどうかも大切なこととなります。そこは伴侶であるとうこ様のサポートが欠かせないものになるのではないかと存じます。

とにかく旦那様の中毒自覚の受け入れや気持ちの問題、旦那様の性格的なこともありますから、焦らずに時間を掛けて改善へ向けて取り組んでいかれましたら良いのではないかと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「夫・妻を助けたい」問答一覧

夫が働かなくなりました

以前にも相談させて頂きました。 夫が8年くらい前にうつ病を患い、復帰と退職を繰り返して来ましたが、ここ2年間は引きこもり状態です。私はアルバイト掛け持ちして何とか貯金を続けてきましたが、夫は今後の計画もしてないらしく話し合いたくてものらりくらりかわされてしまいます。夫の両親は亡くなっていますが、私の両親が大変心配し、離婚を勧められています。 結婚前うつ病だった私を選んで結婚してくれた夫を支えたいのですが、先が見えずこのままでは自分も共倒れしそうです。 以前相談した時は、私が夫というものは働くべきという執着心を持っている事を反省するようお諭しいただいたので、自分に出来る限り夫を見守り働いてきたのですが、私が無知故、ここまで落ちてしまったような気がして不安と自責に苛まれております。 お話聞いてくれるだけで嬉しいです。何か明日から頑張っていけるようお言葉を下さい。お急ぎの方の後で構いません。まとまりない文章で申し訳ございません。 追加 すみません。上の投稿後に鬱鬱とした表情でこっちを見る夫に、 離婚してもいいって言ってるじゃん!死んだら楽になるよ!等の言葉をぶつけてしまいました。 最近時々こんな暴言を吐いてしまいます。一緒に頑張ろうよ、って言うと嬉しそうな顔をしてくれるのにそれが続かない、改善しようという素振りもない事に苛立ってしまいます。 治療もして体質改善の為運動したり栄養にも気をつけています。うつ病に寛解なんて、本当にあるのですか?私が間違っていたのならもう命はいらない。治してやれないのなら今までもこれからも一緒にいる事は時間の無駄ですよね。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

夫に夢を諦めて欲しい

夫の夢を応援しきれず、つらいです。 夫は小さな離島の出身です。彼は幼い頃から、大好きなこの島を無くしたくないという変わらぬ夢を持ち続けています。生活があるので本業は別にありますが、地域再生のため事業を立ち上げたり勉強に励んだりとても努力しています。今は島の対岸の本土で生活していますが、ゆくゆくは島に移りこの地域再生事業を生業としていくつもりのようです。 彼が熱心に活動していても過疎化は進む一方で、島にはもう小学生以下の子どもがいません。我が家には去年第一子が生まれましたが、このまま島に移れば同級生どころか同年代の子もいません。夫にこの不安を伝えても、小さい頃からずっと変わらず持ち続けた夢とそのために続けてきた努力があるためか「住んでみて、実際にもっと行動してみないとわからない。もしかしたらこれから子どもが増えるかもしれない。というかそうなる為に今事業を立ち上げ働きかけている」と言います。 夫が努力しているのは知っています。休みもなく働いて、少しでも時間が出来れば勉強漬け、今までの進学先も就職先も全て夢の実現の為に選んで来ました。ここまで努力出来る夫を尊敬しています。 しかし、もう子どもが生まれ、その子の人生が始まってるのです。住む家、住む地域、通う保育園・学校…小さい子どもは、親の決定が全てです。正直、島で生活するのは難しいと思います。というか、子どもにはごく「普通」の日常を送って欲しい。同年代もいない土地で幼少期を過ごすなんて考えられません。夫にもこのことは伝えて何度も話し合っています。ずっと平行線です。 夫の姿を見て来たからこそ、「夢を諦めて欲しい」と面と向かって言えず辛いです。 応援したい気持ちは山々です。側で支えたい、力になりたい、私も島に人が戻って来て欲しい…しかし現実問題、自分達の生活があるのです。夫が、自分の意思で夢を諦めてくれたらどんなにいいだろうと思ってしまいます。狡い考えだともわかっています。はっきり言えない自分が嫌です。 家族にとって何が1番幸せなのかわからなくなってきました。私はどう気持ちを持てばいいのでしょう?

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

辛い仕事で折れそうなパートナーを支えたい

もう10年以上の付き合いになるパートナー兼親友のような人がいます。 過去に仕事のことで悩んでいた私の心の支えとなってくれた大切な相手です。 現在は立場が逆で、彼女が辛い仕事で折れそうなのを支え続けたいと思っていますが、どうするのが正解なのか段々よく分からなくなってしまいました。 パートナーは今年度から職場内の異動で業務も人間関係もハードな部署に配属されたようで、その頃からとても辛そうにしていました。 コロナ禍の影響も大きく、仕事の関係者内に感染者が増えるたびに彼女の業務は増える一方です。 いつも遅くまで残業し、休日も関係なく電話がかかってきて心が休まることがないと言っています。 彼女から辛い気持ちを打ち明けられるたび、以前自分がしてもらったように相手が落ち着くまでひたすら話を聞いています。 ときには退職を勧めたり転職先を紹介したり、相談窓口を探してきて教えたり、感染リスクのない範囲で息抜きになるようなことを計画したり、できる範囲で支えてきました。 それで一時的にはパートナーの気持ちも落ち着くようですが、彼女自身で大きく状況を変えようとは思わないようです。 毎日仕事は増える一方で何も解決せず「消えたい」「もうだめ」などほのめかしのような内容のメッセージも増えてきました。 なぜそう苦しんでまで今の職場に拘るのかと聞くと、他の職場をほとんど知らないまま長年勤めてきたため転職がこわいとのこと。 また彼女自身芯が強い部分もあるため、逃げ出す選択肢を自分で許せず耐え続けるしかない部分もあるのでしょう。 これからどうしたいのか、また、私にできることがないか尋ねても疲れていて何も浮かばないようで、 毎日ただ苦痛を訴えてくる彼女をどう支えていいのか分からず、私自身も途方に暮れ始めています。 彼女を失う夢を見て泣きながら目を覚ますことが近頃度々あります。 今にも心折れそうな彼女を突き放す事だけは絶対にしたくありません、今後どうあっても辛抱強く相手を支え続けるための心構えを教えていただけないでしょうか。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

新しい生活

先日は真摯で、参考になる回答をいただきありがとうございました。 その後の話になるのですが、アドバイス頂いたように夫のストレス解消について考えた結果、仕事のストレスが大きい結論に至りました。 現在夫は営業職で働いているのですが、小さく、古い体質の会社のためパワハラは日常茶飯事、世間ではコロナで自粛が呼びかけられる中でも、変わらず出勤、強制の飲み会が続けられていました。 私も夫も疑問に思う中で働いてくれていましたが、さすがに将来を考え長く続けていれる環境にはないと考えております。 ただ、夫は転職歴が3.4度あり、以前の会社も現在と同じように所謂ブラック企業、パワハラを理由に2年続かず辞めています。(現在もあと数ヶ月で2年というところです。) 2度続いてしまうと転職への希望も薄れてしまうようで、夫も自信を失っている状況です。 このまま我慢して夫婦生活に影響するほどのストレスをかかえても、お給料の安定を優先し働き続けるのか、別の会社へ挑戦するのか(年齢的にもなかなか難しくなってくるのではと考えています。)はたまた夫婦で全く別の新しい生活を考えるのか、(脱サラ・田舎へ移動など) どれにもこれといった自信がなく、迷っています。 助言を頂けますと幸いです。 宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

妻にとっての本当の幸せとは

同じ質問で5度目となってしまいました。 これまでお答えくださったお坊様の回答は毎日繰り返し読んでおります。心より感謝しております。 妻に過去の2度の全く同じ過ちを隠し続けています。妻との仲はとても良いです。幸せも感じています。隠さずに告げることが解決だとのご意見も頂き悩みましたが、言わぬままです。 いつか、自分がこの世から静かに去れば誰も傷つかずにいられる、と思い続けた結果なのでしょうか、入院することになり、そのことで妻に迷惑をかけてしまっています。お見舞いに来てくれる妻を見るたびに、思わず目をそらしてしまったり、ごめんと謝りたくなったり、不安定な気持ちになります。後ろめたさもあると思いますが、病院のベッドで毎夜考えるのは、果たして妻にとっての本当の幸せとは、何なのだろうか?自分に尽くしていることは不幸なことではないか?自分にできることはなんだろうか? 過去は消せません。自分の弱さが原因です。でも、ここから残りの人生を、どうにか妻のため、家族のために生きていくならば、誠実と言える生き方、考え方、とは、どのようなものになるのでしょうか? 妻にとっての本当の幸せが何なのか、自分にとっての幸せを優先していないか?起きている間は常に考えています。 入院前から同じようなことは考えていました。 頭の中の堂々巡りがもう何年も止まらないです。生き方、考え方が定まりません。 どうか、どうかご教示願います。

有り難し有り難し 38
回答数回答 1

旦那と結婚しましたが…

先日大好きな彼と入籍しました。彼はバツイチで子どもも2人いました。前科持ちである事も重々承知でした。彼はかなり短気で理不尽に怒ってくることも多々ありました。多分周りからしたら本当になぜ結婚した?と言われてもおかしくないと思います。入籍してから知ったことが、元嫁の後にも子どもを作りまた、金銭トラブルで捕まっていた事を知りました。元嫁との養育費、別の女性との子の養育費や、借金の問題。旦那はお金はあるから大丈夫だ、と嘘をついてきます。結局は私のことも好きなのかよくわかりません。何度も何度も私の過去の恋愛を引っ張り出してキレて別れようと言われたこともありましたがそれでもなんだかんだここまできました。旦那の方が遥かに隠してることも多いし、ダメなこともしてきたと思いますが…それでも私は愛しています。罪を償う気があるのなら私も一緒に償っていこうと思うのですが、多分旦那はどうにかこうにか逃げようとしています。でもきっと私がそれらを知っていると知ったら逆に怒って話にもならないでしょう。月日が経てばこういう事を理解してくれるのでしょうか。それがとても気がかりです。私は何があっても支えてあげたいと思っています。 旦那が更生することは難しいのでしょうか…。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

夫が死にたいといいます

夫が「電車に飛び込んで死にたい」と言ったり、ずっと暗い表情でだんまり、といった日々がここ半年ほど続いています。 原因は会社にあるようで、自分よりも年下で、尊敬できずに嫌っている社長から、今までのキャリアや立場を無視した配属替えを言われて落ち込んで居ます。 今までは落ち込むだけですぐ趣味の落語などを聞きに行くと機嫌が直って居たのですが、今回はひどく長引いて挙げ句の果てには「死にたい」発言が多くなって居ます。 そんなに辛いなら会社辞めたら?他に良い勤め先があるんじゃないの?と言っても、離婚した家族への養育費(月20万ほど)があったり、現在浪人1年目の次男へ今後必要となる学費などのプレッシャーで、働かないわけにはいかない状況なことから、言えば言うほど感情的になって話は進まずいつも「死にたい」で終わってしまいます。 夫は頭も良く世間的にはエリート扱いだったと思いますが、今の勤め先における状況はそんな扱いでは無さそうです。 すぐ怒る、通りすがりの人とぶつかっただけで恫喝する、人の好意を利用する、お金に汚い、色々欠点を挙げたらキリがありませんが、仕事の評価は良いものと思って来ました。 話を聞こうと思って「あまり無理しないでね」と言っても、「無理しないでは今後生活していけない」と言われまた不機嫌になります。私が17も年下なこともあり、あまり聞く耳を持ってもらえないのです。 共働きですが家事はほぼ全て私が担当し、食事もお惣菜は買わずに毎日夫の好きなもの中心のご飯を作って居ます。 毎日弱音ばかり聞いて居たらご機嫌取り中心の夫婦生活となってしまい、私も疲れ果ててしまい、相手の良さも良く解らなくなって来た所でした。 今は夫に対して愛情を感じることは少なくなり、なんとなく平和な毎日が続くなら今後も一緒にいて最後は看取ってあげたい、夫がさみしい思いや辛い思いをするのは嫌だから、もし別れたとしたら夫が浮気でもしてくれて良い再婚相手をみつけてくれると安心できる、という変な考えになっています。果たしてこれは愛情なのでしょうか?自分でもよくわかりません。しかも最近では「死にたい」と言われ途方に暮れて居ます。 私の考えはおかしいのでしょうか?また、「死にたい」と言う夫になんと言ったたら良いのか教えて頂ければ幸いです。 今後夫とどう接すれば良いのかわかりません。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

妻を「救う言葉」とは

  27歳男性です。1年間遠距離恋愛をしていた女性と先月入籍しました。  1年半ほど前、私は会社から本社へ半年間の出向を命じられそこで彼女と知り合って交際がスタートしました。出向期間が終わって支社へ戻る際、私は彼女に対し結婚の意思があることを伝えました。  その後、交際は順調に続いたため晴れてプロポーズし、彼女からもOKを貰いました。今思えばそこで冷静になってよく話し合うべきだったのですが、あまりの嬉しさに私が舞い上がってしまったのと、遠距離のため直接会って話す機会が少なかったのも相まって、お互いの将来をよく話し合わないまま、私主導で両家顔合わせ、入籍を済ませてしまいました。  ところが先日、彼女から泣きながらに電話があり、「入籍したことを後悔している」と告げられました。既に半年後に彼女が私の支社へ異動することも決まっていたのですが、「私はもっと自由でいたかった。正直あなたとの結婚に前向きになれない。しかし、もう私には選択肢がない。できることなら入籍前に戻りたい。」と涙ながらに言う彼女に私は何も言えず、ただ話をうんうんと聞くことしか出来ませんでした。その後も何度か話し合い、「私はあなたを愛しているし、なんとか前向きに考えていこう。」と言いましたがうまく気持ちが伝わらず、ついには「どのみち私にはもう選択肢がないのだから、これ以上話し合っても仕方ない。あなたは話を聞くばかりだったが、私を救う言葉を言ってほしかった。あなたを好きかどうかもよくわからなくなってしまった。」とまで言われてしまいました。  私は生来臆病なところがあり、自身の発言によって相手に嫌われるかもしれないと考えるあまり自分の意見を素直に言えないところがあります。このような性格が話し合いの中で彼女を不安にさせ、彼女を傷つけたことを悔やんでも悔やみきれません。なにより、自らのせいで心から愛する人が苦しんでいるのに何も出来ない自分が腹立たしくて、情けなくてたまりません。現在離婚はお互い考えていませんが、彼女を『救う言葉』とは一体なんだったのでしょうか。私はこれからどう彼女に向き合っていけばよいのでしょうか。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る