お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

不安

既に救われてるはずなのに、素直に喜べず将来について不安ばかりな私は一体どうすればいいんですか?

後悔・自己嫌悪
有り難し 11
回答 2

質問投稿日: 2016年12月1日 22:25

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

元気が一番!

禅宗の初祖、達磨大師と二祖、慧可大師の問答で、有名なお話があります。

慧可は中国の人。
神童と呼ばれるほど優秀な人で、数々の経典を読破したのですが、未だ不安の心がぬぐえない、そこへインドから達磨さんがやって来たと聞いて、色々あったもののなんとか弟子にしていただきました。
そして最初の問答で「どうか私を安心させて下さい」とお願いすると、達磨さんは「ならばその不安の心を持ってきて見せてみよ」と言うのです。
慧可さんは熱心に心の在りかを探したあげく「不安の心を見せることはできません」(不可得なり)と言うと、達磨さんは「そうだろう、最初からそんなものは無いんだ」と説き、慧可さんはそこで深く納得なさったそうです。

結局、不安の心というものはどこかモヤモヤしていて実態もない、なんだかよく分からないけど、わからないから不安。そういうことなのではないかな?

そんな、実態の無いものに思い悩んで、貴重な人生の時間を費やすなんて、アホらしいと思いませんか?
結局は「気の持ちよう」なんですよ。
不安の心はあなた自身が創り出した物なんだから、あなた自身が元気を出して振り払うしかないんです。

うまいもん食って、いっぱい遊んで、思いっきり笑って、
不安なんて消し飛ぶくらい元気を出していこう^^

2年6ヶ月前

感謝すること

はじめまして。清香様。お悩み拝見させていただきました。

人間生きていれば悩みは尽きないものです。

それでも自分は救われていると言えるあなたは、大変謙虚な方なのでしょう。だからこそ考えすぎているのかもしれませんね。

以下はおかしなたとえ話ですが、

あなたがアイドルだったとして、ライブ会場には100人の観客が来ているとします。そしてその中のたった一人の客は、実はあなたのことが嫌いなアンチファンだったりします。もしも、そのアイドルが99人のファンではなく、たった一人のアンチばかりを気にしていたら、その光景はどんなふうに映るでしょうか?

救いの中で不安を感じるというのも、同じ状況かもしれません。

上の例えなら、まずすべきは99人のファンに感謝することでしょう。一人のアンチの心配はそのあとでいいのです。

まずはご自身を救ってくれた人々に、力いっぱい感謝してみてはいかがでしょうか。全員に、そのすべての行いに感謝して「ありがとう」と毎日言ってみることです。不安について思い悩むのはそのあとでもいいんですよ。

清香様が不安にとらわれることなく、明るい気持ちで日々を送れるようなることを祈っております。

南無大師遍照金剛

2年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

林さん

深いですね。なんだか納得しました。ありがとうございました。

鈴木さん

はじめまして。分かりやすい例えをありがとうございました。なんだか道が見えてきたような気がします。

「将来・未来・先が不安・見えない」問答一覧

「将来・未来・先が不安・見えない」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ