hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

繰出し位牌の件(その2)

回答数回答 2
有り難し有り難し 2

私の書き方が悪かった用で、繰出し位牌、白木の戒名は開眼供養は、しているのですが、今回あらたに黒板に先祖代々霊位を作り,繰越し位牌の,一番前に入れました、その黒板,先祖代々霊位,に開眼供養をしなければ、いけないですか。(すみません)


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

供養はあくまでもお一人お一人に対して

墓石や、仏像と違い、お位牌は、一霊一霊に対して開眼供養を致します。
まずそもそも繰り出し式の位牌で「ない」場合、(繰り出し式の位牌は仏壇の中で場所をとるために便宜上に生まれた位牌であることをお忘れなく)一霊一霊、個別の位牌の場合は、葬儀告別式を終えた49日の大練忌供養法要において、白木の位牌から塗りの位牌に変わる場合は、開眼供養を勤修致します。
よって、繰り出し式の位牌であるからと言って、しなくてよいということはありません。
開眼供養はするべきであろうと思います。
供養は、あくまで、故人さまお一人お一人に対して、一霊一霊に対してなされるものです。
位牌に対して、供養をしている訳ではありません。
あくまで、位牌を御霊屋(みたまや)として、祀られている故人様に対して行われるものですから、きとんとお一人お一人にご供養をなさっていただくことをお勧めいたします。
先祖様、祖霊様に対しては、便宜上・利便性・合理性という人間の都合をあてはめずに、生身の一人の人間が一人の人間に対してご供養する、ということを重んじられることが、祖霊を重んじる宗教性、宗教心というものであろうと思います。
よって、繰り出し式の位牌に新たに、今までのご先亡の方々を新たに一つの位牌に祀られるわけですから、そのお位牌は繰り出し式の位牌であるにせよ、遷位の供養をして頂くべきであろうと思います。
このご質問に関しては、厳密にはわたしどもが答えるべきことではありません。
祖霊が祀られている菩提寺様にご連絡をされて、きちんとお伺いを立てるべきであろうと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

繰越位牌

何度も書いていただきまして、ありがとうございます。
前回の記事に、追記させていただきましたが、白木の板に名前を書いた時に開眼供養をしているのであれば、表書きに先祖代々と書いたからといって、また開眼供養される必要はないのだと思います。
住職さんによって考えは様々だとおもいますので、確認はしてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

質問者からのお礼

ありがとうございました、これで 心が楽になりました。

「位牌・仏壇」問答一覧

宗派が違う位牌を仏壇に 御本尊様は?

今年の2月に母が亡くなり、私は嫁いだ身ですが 私の家に母の位牌と仏壇があります。 (父と兄と主人に頼み、快諾してもらいました) 父は2年前に老人ホームに入居して、母が一人で住んでいました。 母が亡くなり、今実家は誰も住んでいません。 私が1日おきに実家に行き、掃除など風を通しています。 実家には祖父の位牌と祖父の先祖代々の位牌があります。 祖父は真言宗です。 (父方の祖父母は、父が10代の頃に離婚しており、 その後は全く音信不通でしたので、 母も兄も私も、お棺の中の祖父が初対面でした。) 母は浄土宗です。 初盆供養に来て下さるお坊さんに相談させて頂き、 祖父と先祖代々の位牌を私の家に持って来て、先祖供養もして頂きました。 祖父にこのまま私の家に居て貰おうかなと思っていますが、 仏壇には阿弥陀様がいらっしゃいます。 祖父の御本尊はどうすれば良いのでしょうか? そのまま実家の仏壇に居て頂いても良いのでしょうか? 祖父は来年三十三回忌です。 来年閉眼供養をして頂くつもりですが、せめてその時まで 誰もいない実家よりは私の家の方が良いのかなと思っているのですが、 孫とはいえ、生前会った事もない私の家じゃ居心地悪いかなとも思い どうするべきか考えています。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

仏壇について

こんにちは、この度新たに自宅に仏壇を持とうと思ってます。 家は両親が離婚をしたため、ご先祖とは疎遠であったため、今まで自宅に仏壇らしきものは一切ありませんでした。そこでこの度、仏壇をもち先祖供養をしたいと思っております。 父方の菩提寺は、北海道にあり永代供養のような方法でお寺に納めされて頂いております。(真言宗湯殿山弘周寺) そこで質問ですが、新たに仏壇を購入するにあたり、仏壇、仏具を購入した後、位牌やご本尊 (大日如来)の魂入れなどは、どのように行えば良いのでしょうか?現在、大阪住まいなのですが、位牌、巻物(大日如来)のご本尊、過去帳を大阪で購入し、それを持参して、北海道の菩提寺に行って、菩提寺で魂入れをしてもらい、持ち帰って自宅の仏壇に納めれば良いのか、また、位牌と巻物、過去帳を用意して、大阪の自宅にお坊さんを呼んで、直接仏壇の前でお願いしたほうが良いのかどちらが良いのでしょうか?仏壇や仏具等は通販で小さいものを購入予定です。 どちらにしても北海道には行って、過去帳を記載してもらう予定です。その時に、ついでに魂入れをしたほうが良いのかと思い、ご相談させて頂きました。 また、母方の先祖も同時に位牌を用意して、祀ったほうが良いのでしょうか? 因みに、ご位牌は、特定の戒名ではなくて、「XX家先祖代々」とする予定です。 全く仏壇のや先祖供養のことはわからないので、恐れ入りますがご指導頂けましたら幸いで御座います。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る