繰出し位牌の件(その2)

私の書き方が悪かった用で、繰出し位牌、白木の戒名は開眼供養は、しているのですが、今回あらたに黒板に先祖代々霊位を作り,繰越し位牌の,一番前に入れました、その黒板,先祖代々霊位,に開眼供養をしなければ、いけないですか。(すみません)

有り難し 2
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

供養はあくまでもお一人お一人に対して

墓石や、仏像と違い、お位牌は、一霊一霊に対して開眼供養を致します。
まずそもそも繰り出し式の位牌で「ない」場合、(繰り出し式の位牌は仏壇の中で場所をとるために便宜上に生まれた位牌であることをお忘れなく)一霊一霊、個別の位牌の場合は、葬儀告別式を終えた49日の大練忌供養法要において、白木の位牌から塗りの位牌に変わる場合は、開眼供養を勤修致します。
よって、繰り出し式の位牌であるからと言って、しなくてよいということはありません。
開眼供養はするべきであろうと思います。
供養は、あくまで、故人さまお一人お一人に対して、一霊一霊に対してなされるものです。
位牌に対して、供養をしている訳ではありません。
あくまで、位牌を御霊屋(みたまや)として、祀られている故人様に対して行われるものですから、きとんとお一人お一人にご供養をなさっていただくことをお勧めいたします。
先祖様、祖霊様に対しては、便宜上・利便性・合理性という人間の都合をあてはめずに、生身の一人の人間が一人の人間に対してご供養する、ということを重んじられることが、祖霊を重んじる宗教性、宗教心というものであろうと思います。
よって、繰り出し式の位牌に新たに、今までのご先亡の方々を新たに一つの位牌に祀られるわけですから、そのお位牌は繰り出し式の位牌であるにせよ、遷位の供養をして頂くべきであろうと思います。
このご質問に関しては、厳密にはわたしどもが答えるべきことではありません。
祖霊が祀られている菩提寺様にご連絡をされて、きちんとお伺いを立てるべきであろうと思います。

2年8ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

繰越位牌

何度も書いていただきまして、ありがとうございます。
前回の記事に、追記させていただきましたが、白木の板に名前を書いた時に開眼供養をしているのであれば、表書きに先祖代々と書いたからといって、また開眼供養される必要はないのだと思います。
住職さんによって考えは様々だとおもいますので、確認はしてください。

2年8ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございました、これで 心が楽になりました。

関連する問答
このページの先頭へ