hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

交通事故に遭った子供のことを引きずっている友達

回答数回答 3
有り難し有り難し 24

以前自分が少し眼を話した隙に、車の事故で子供を亡くした友人がいます。今でも苦しんでいるようなので、どのように声をかけて励ませばよいか悩んでいるのですが・・・
魂や輪廻転生といったもののお話ができて、説明できると少しは気が楽になるのではと思うのですが、お答えいただける方、いらしたらご回答をよろしくお願いいたします。

2015年6月26日 4:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

懸命に祈る。それがいま出来ることではでしょうか。

とても難しい問題です。ただ、言葉は時として
こちら側の思いとは別な思いで相手に届くことがあります。
おなじ「辛いね」という言葉でも、相手が同意として受け取る
時もあれば、「上から目線」と受け取られる事もある。
とてもむつかしいのです。

輪廻のはなしや魂のはなしは、おそれいりますが、お寺さんに
おまかせした方が宜しいのではないかと思うのです。

いまはただ、一緒に亡くなったお子様への、尊い祈りを
共に捧げて下さることを、お寺側としては、あなた様に
お願いしたいと思います。

輪廻も魂も、へたをすれば、そこに「執着心」というものを
生みかねません。執着心とは留まる心です。
お子様の喪失に留まったまま、輪廻や魂のはなしをしてみても
場合によって苦しみを増やすことにもつながりかねません。

一歩進めるには、御自身の不注意でお子様を失ったことも
ぜんぶひっくるめて、供養の祈りをささげることです。
どうか、お子様の行った世界が、安らかでありますように。
いずれ行くであろう、私たちが、必ずまた、お子様と
逢えるように。ただ、ただ、ただ、ただ、
その祈りを、あなた様はご友人と一緒に祈って頂きたいのです。

それはあなたにしか出来ないことです。
以下は私が聞いた、とあるお子様を失ったお父様に向けて、
ある高僧がお話なさった言葉です。
「わたしたちは、明日の事がわかりません。
だから、天気予報を見ます。それは、明日が来ることを
信じて疑っていないからです。
誰もが、明日は善き日となるようにと、願って生きている
ということです。
死はわたしたちにとっての明日です。
わたしたちは、誰もが死に向かって歩んでいます。
死はわたしたちにとっていつ来るかはわからない世界です。
明日の世界、そこは亡くなった人の世界でもあります。
ならばその明日の世界が、愛する人の死した後の世界が
善きところとなるように、私たちは信じて祈り生きることが
大切なのではないでしょうか。
いつか、御子息と出会えると信じてその日まで、
懸命に「今日」を生きる。懸命に、今日を善き日として
生きねば、明日は、善き日にはなりません。
懸命に生きて、懸命に死ぬこと。これが、亡き人と出会える為に
私たちが今出来ることです。」

以上、御参考となれば幸いです。
さちあれ、さちあれ。合掌

2015年6月27日 17:40
{{count}}
有り難し
おきもち

誰のせいでもありません

フジイさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈です。

質問の文面を拝見した感じですが、フジイさんがご自身を責めておられるのではないでしょうか。交通事故により幼い命が消えてしまったことは悔やまれますが、もしフジイさんが目を離さなければ交通事故に遭っていなかったとも言い切れません。別の場所で、別のタイミングでそうなっていたのかも知れません。

誰のせいでもないのです。
今は、ただ手を合わせるしかないように思います。時間が解決してくれます。

弘法大師空海も、最愛の弟子を若くして亡くしました。普段なら流暢な文章を書く弘法大師空海が「ああ、哀しいかな、哀しいかな。重ねて哀しいかな」という文しか書けませんでした。それほどに深い悲しみの中にいるときは、祈りしか通じないのです。

心静かに手を合わせてあげてください。合掌

2015年6月29日 15:27
{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

子供と 一緒になれない 別々にもなれない ならば 共にあゆむ

喪失感
被害者意識
自責
後悔
フラッシュバック
この5つにそれぞれ向き合って頂くか、
参禅をして自分の思いから救われることが望ましいです。

まず、自分が救われるためには、二つを選択してもらうことです。
「あなたがいつまでも悲しんでいて、周りの人や、自分を苦しませることが、本当にその子の供養になると思うか?」
悲しいですけれども、私達の人生は続いています。
その中で、苦しみの綱を頼りにのぼっていっても、自分を責めることで、それを無かったことにしようとしているようなものです。ですが、それは無かったことにはならない行為です。
「ではどうすればいいか?」
お子さんが亡くなられたことは事実。
加害者であっても、罪を償わなければならない。
相手にも家族があったはずです。相手もおそらくは予期せぬことだったはずです。
どちらも、本当に悲しい事故でした。
極端に申し上げれば、どちらも被害者… でも、どちらも加害者・被害者になるべきではなく、なってはいけない。事故のケースは、故意ではないのですから、どちらも被害者とは言えません。
だから、誰かを責めるというのは、誰も救われないから、相手も自分を責めることはやめる。

失われた、という面ではなく、ただその通りであったという事実に目覚める。
今も、その子との関わりは続いているはずです。亡くなったその子と、今、どうかかわっていくかが彼女の人生。
そこに、色々な思いを重ねすぎて、ご自身でも分からなくなっておられると思います。

自分を責めても、後悔してもいいです。
でも、いつまで、それをし続ける「べき」であるか。
そんな事をいつまでやって心の中で繰り返していても、人生は何も変わらない。

だからこそ過去を取り扱う自らの思いから自由になり、自分自らを本当に生きる。
一心同体だったお子さん。それでもそれでも、命は別存在なのです。
そして今与えられている機縁、仏縁を大切に生きてゆくことで、必ず救われます。

2015年6月30日 8:59
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

「事故」問答一覧

天罰はありますか?

仕事中に足をケガした為、労災で通院しています。 休む程ではないので出勤していますが、痛みが引かず、病院に行く為 早退しました。 食堂にタイムレコーダーがあり、お昼で帰る場合は どうしても全員 揃っている場に一度 顔を出さなくてはなりません。 挨拶は いちいち しなくてもいいらしいのですが(皆 遅刻・早退の時は挨拶しません) 、私が 足を引きずって食堂に顔を出した途端、私を虐める人達がニヤニヤと笑い、周りも「何 笑ってんの(笑)」「いやいや(笑)」という遣り取りをしました。 面倒なので相手にすまいと無視して出てきましたが、人がケガした時に「大丈夫か」の一言もなく、足を引きずるのを見て笑うのかと呆れました。 悲しい気持ちは ありますが、腹は立ちませんでした。 それより本当に呆れて、心の底から「なんて可哀相な人達なんだろう」と思いました。 職場の人達は私を虐める中心人物のM君や、パワハラをする男性Tさんに合わせて優しくなったり虐めてきたりとコロコロ態度が変わります。 私が入社したばかりの頃は他の人の悪口を私に言ってきましたが、聞き流して参加しませんでした(私が入る前に、事実無根の噂を広めるのが好きなオバさん社員の息子さんが自殺したらしいのですが、「バチが当たった」と笑っていた程です) 。 あるスピリチュアル系のブログで、「神仏は人間にバチを当てたりしない」という記事を目にしましたが、本当に そうなんでしょうか? 皆が自分に合わせるのを承知の上で1人の人間を孤立や退職に追い遣ろうとする人 強い人に逆らえなかったり、その人の ご機嫌を取る為に虐めに加わる人、きっかけは ご機嫌とりでも途中から積極的に虐めをする人などにバチが当たらないのは納得できません。 といっても人間の私が、神仏が怒らない事に対して とやかく言えるものではないのでしょうが…。 僧侶の皆様は 天罰はあると思われますか? それとも、ないと思われますか? 私は自分の苦手な人が相手でも、ケガや病気の際は助けたいと思います。 でも同じ課の人達に関しては、自分が この様な状況に置かれている時に笑う人達なんだから助けなくてもいいかなとも思ってしまいます。 助けなかったら、私は この人達と同類になるのでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

危険運転をする人にどうしたら反省してもらえるか

先日、主人が運転している車で車どうしのすれ違い事故がありました。事故は坂道で起きたのですが相手が上りで車をよける場所があったにも関わらず前に突進し、主人が怒って注意したことに腹をたて、幅寄せし、すれ違いの際お互い進んでいれば接触しなかったのを、嫌がらせなのか何故か少し進んで止まったことにより起きたものでした。 警察を呼びましたが、相手が上りであったことと、うちが止まっている車にぶつかったということで、うちの過失を指摘されました。危険運転をしたのは相手なのに納得できません。 もちろん主人が怒らなければ事故が起きなかったかもしれませんが、相手が危ない運転したから事故につながったのであって、警察もちゃんと現場を見て対応してもらわないと危険運転をする人は減らないと思います。 今はお互いの保険会社との連絡になってますが、どうすれば危険運転をしている人に自分が悪かったところを反省してもらえるのでしょうか。またどのように対応すれば警察の人も親身に相談に乗ってくれるのでしょうか。また普段からどう注意して運転すればこのような事故に巻き込まれず済むのでしょうか。 過失割合など最終的には弁護士さんに相談しないといけなくなるかもしれませんが、なるべく争いたくないのでいいアドバイスがありましたらお願いします。(質問が多いので、どれか一つでも構いませんので、よろしくお願いします。)

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

貰い事故

宜しくお願い致します。 貰い事故を起こしました。最初はとにかく気が動転してしまって、追突された方への憎しみ、私の出発が前後していれば…というどうにもならない後悔、愛車が破損した悲しみなどでいっぱいでした。 しかし段々、誰も怪我はしていない、保険屋さんなども精一杯対応してくれた、お金はかかるが愛車も直せる、追突された方だってやりたくてやったわけではない、世の中には交通事故で亡くなる方が悲しいけど沢山いて、そう考えればこれは良い勉強だった。平和ボケしていた自分のお尻を叩く、良い事故だった。などと冷静になっていく事が出来ました。 冷静になれた事は良かったのですが、また怖くなってきました。車を運転していれば、いつだって加害者になり得る。また愛車を壊してしまうかも。被害者になる事だってあるかも。最悪、自分や周りの大切な人を亡くす可能性も…。悪い妄想が止みません。 地域柄運転無しでは生活出来ませんし、それ以前に私は運転が大好きです。今まで以上に安全運転に努めるのは当たり前なのですが、運転が怖くなってしまいました…。この悪い気持ちを、良い方向へ持っていく事は出来ますでしょうか? いつも頼りにして申し訳ありません。どうか宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る