hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

生きててもいいのか

回答数回答 4
有り難し有り難し 266

消えてしまいたい、消えてしまったほうがいいんじゃないかと思ってしまいます。
私が生きててもなんにもならないような気がしてなりません。
どこにいても、この思いが渦巻いて苦しくなります。自傷も再発してしまい、気づくと手や手首を切っています。でも、これは自分への罰としてなんだとわかっています。こんなことを思ってしまう自分への罰なんです。
本当に消えてしまいたいと思っても、死ぬ勇気なんてありません。
充実した生活を送ったり、楽しんでいる友人たちを見てると、自分がみじめに思います。どんどん置いていかれるような、一人になっていくような思いもします。そう思うとやはり消えてしまいたいと思ってしまいます。苦しいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分のいのちに世界でいちばんやさしくなぁれ

和尚さんも同じような事を考えていた時期がありました。
ですけど、生きてていいのかとか思う前に、生きているし、3,4時間考えたって答えが出ないことは、分らなくたっていいのです。
誰かの期待通りに生きられないことだってあるし、誰かから良く思われなくてチッとかケッて思ってしまうこともあるけど、それも、ひょっとしたら、じぶんがそうしたかったのにできなかったことがくやしいからであって、そもそも、自分がそうしようと思わなければ、レールから外れても、問題にならなくなるものなのです。
誰かに強制されて、やりたくもない事をやるのは嫌だと思います。
嫌な事はイヤでいいのです。
ですが、もっといえば、好きとか嫌い無しに、それはただそれだってことです。
わたしは、わたし。
それ以上でもそれ以下でもない。
どんな顔に生まれたくても、そうでなくても、これが私。
悪く言う人がいれば、言わせておけばいい。
別に、この体も心も、ヘリも増えもしません。
そのひとが、それをダシに優位に立とうとしているだけです。
大切なのは、私自身を本当に優しくして挙げられるのは、あなただけだってことです。
和尚さんは、最近、体を壊しまして、歩くことも、体に負担の無いようにソフトに、やさしく歩いています。今から、ちょっと、世界でいちばんやさしい呼吸とか、表情とか、歩き方とか、してあげてみてください。自分に。
なにも、自分を傷つけなくても、人間って、幸せになれるものなんです。
過去は、もう、どうでもいいですから。
今から、ちょっと、自分自身に世界で一番ソフトに接してあげてみてください。
自分をイジメていたのは自分だったんだってことが分かるかもしれません。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


遠慮なくどうか生きて下さい

ゆら様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は切実なお悩みをお伺いさせて頂きました。

「生きていてもいいのだろうか」、「生きることに意味があるのだろうか」、「消えてしまいたい」・・私たちには、時に耐え難いほどにつらく苦しいこと、悲しいことが色々とありますよね・・非常に厳しく残酷な世界です。

でも、そんな世界であるからこそ、生きていくことは尊いことであり、有り難いことでもございます。

また、私たちは誰も一人で生きていけるような強い存在ではありません。

必ず他のものたちに多くを依存して、そして、支え合って、助け合って、分かち合ってでしか存在できないのでございます。

ゆら様は決して一人ではありません。あまり力にはなれないかもしれませんが、私たちhasunohaの僧侶たちもおります。

どうか、もっともっと上手に他を頼りにしてほしいです。家族、親類、知人、友人、先生・・つらく苦しいときは、助けて下さい、お願いしますと遠慮せずに声をあげてほしいと存じます。

そして、また、きっとゆら様も誰かに助けを求められて、頼りにされることだってあるでしょう、その時にはできることで、できる限り力になって頂きたいと思います。

私たちは「生きている」のではありません、邦元様もおっしゃられていますように「生かされている」のでございます。

人間だけではなく、動物たちや植物たち、大自然の営みにも目を向けてみて下さい。食べ物一つだって、息の一息だって、色々なお陰様で生かされてある己の存在というものをしっかりと捉えていければいくほどに、きっとそう軽々に「死にたい」とは思わなくなっていくのではないだろうかと存じます。

苦しいとき、しんどい時には、海や河原、山などに行かれて、心静かに自然を感じられてみて下さい。風の音、川のせせらぎや波の音、日射しの暖かさ、鳥や虫たちの鳴き声、流れゆく雲・・自分の「いのち」と向き合えるゆっくりとした時間も持たれてみて下さい。そして、生かされている自分というものを少しずつにでも体感なさられてみて下さいませ。

生かされている限り、生きてていいのです。余計な遠慮はいりません。大いに生かされて生きてほしいと存じます。

どうか、ゆら様が明るく笑顔絶やさずに過ごすことができていけますように。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


生きるって簡単じゃ無い

ゆらさん、はじめまして。

自分が生きていることを実感したいのですね。
でも、自分を傷つけていても何も変わりません。

あなたが何をトラウマにしているのかわかりませんが、「自分への罰」と書かれているということは、なにか原因がありますね。
でも、そのトラウマを消そうとしてもなかなか消せない。

人間は過去のことを消そうとしても消せませんし消えません。
そんな便利な能力はありません。

過去のことは消すのではなく、色んな物事の作用で無用になってゆくのです。
左右の天秤に同じ重さのおもりを乗せると天秤が釣り合うのと同じように、それと同じかそれ以上の何かが過去のものごとを必要でないものにしてくれます。
つまり、自分を取り巻く色んな関わりが、それを消してくれるのです。

ただ、今いる場所から動かなければ、それを消してくれる物事には出会えません。

動かなければ、手の届くところに材料はなくなります。
一歩動けば、一歩分また新しい材料に手が届きます。
あなただけではありません。
全ての人はそうやって自分を保つ材料をつかんでゆくのです。

心が行き詰まりそうになったら、何でもいい、手近なことをやってみて下さい。
一度やったからといって変わるものではありませんが、二度三度続けてやってみることで、また新しい何かに出会うことが出来るようになります。
二度三度でダメなら、10回100回とやってみて下さい。
別のことを探すのもいい。

今のあなたには見えていないかもしれませんが、全ての人は、多かれ少なかれそうやって自分を一生懸命に保ちながら生きています。

必要でないものはここに存在しません。
必要でないと思えるのは、自分の目が一方向しか見ていないからです。

乗り越えなければいけないことは、目を瞑ってもそこにあります。
その場は逃げてもまた追ってきます。
例えこの世で逃げ切っても、来世でまた同じ事を繰り返します。

あなたはあなたのために他の誰よりも必要なのですよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

責任なんてものは存在しない

ゆらさま

とってもまじめで優しい方なんですね。わたしも、同じような気持ちになった時期がありました。考えれば考えるほど、一人な気がするのです。わたしの場合、人の輪に入るのが嫌になりました。

でも、それは全て頭の中の世界の話でした。

妄想の世界。頭の中はひたすらに自分を責めて、痛めつけます。無限です。自分に責任があると感じてしまうことも根拠のない頭の中だけの話。責任なんてものは存在しないと思います。人間が作り上げたものでしょう。あるのは因果だけだとおもいます。そんなものに振り回されないでください。

生きていていいから、今もこうして生かされているのだ。ひとりぼっちなんてことはない。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「私は生きていていいのか?」問答一覧

人は生きているだけで尊いのか

自分は愚物です。  「例え傷ついてでも人との関わりを持ち続けて生きる方が素晴らしい」「何かを失ったとしても端から何も得られないよりずっとまし」近頃この様な価値観に触れることが多いです。昔から、そういったご縁に尽く逃げられる自分が情けなく、何だか追い詰められてる気分になります。元来それが私の理想の生き方でしたので、尚更それを無視できません。 また、悩みにも年齢に沿った次元があると思います。「恋人と上手くいかない」「仏教のここが解らない」「友人が羨ましい」「姑と上手くいかない」など、同年代の方は次のステージにどんどん進んでいるというのに、私の人生には何の発展もありませんでした。  というのも、私には知的なハンディキャップがあり、物事を記憶したり深く考えることが苦手です。これが対人関係でネックになっている上(軽蔑されるもしくは相手にされません)、勉強においてもなかなか知見を深められません。お陰で、私は「世間知らず」「取り柄がない」「思考力が無い」という評価をよく受けます。ごもっともだと思います。  自分が情けないです。薬や好きでもない煙草にすがってばかりです。  「他人との比較から煩悩や苦は生まれる」と仏教は説きますが、ならば自分より恵まれない立場の人と比較して「自分はまだましだ」と胸を撫で下ろすのも道にそぐわないのではないかと思います。その人はその人でちゃんと救われるべきです。  人はただ生きているだけでも尊いとは本当でしょうか。私にはそうは思えません。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

生きているのが恥ずかしいです

  タイトルの通り私は小さい頃からふとした時(かなり頻繁に)、過去の失敗やイタい言動、自分の容姿や仕草までもう何から何まで恥ずかしくなる癖?みたいなものがありました。  それが原因で過去に自殺未遂を起こしてしまい親から自殺だけはやめてくれと泣かせてしまう事態になってしまいました。  しかしこの自殺未遂の経験こそが今現在私を最も恥ずかしく感じさせるものとなりそれ以来生きていることに対してそれまで以上に恥ずかしいと思うようになりました。  最近では夢でもそれを体験するようになり本当に苦しくなってしまい、同じような思いをしている人や解決法をネットで漁っていたら当サイトを見つけました。  自殺をしようにも親を悲しませてしまうし、沢山の人達に迷惑がかかるしと私には到底できないです。  かといってこのまま恥ずかしい思いをしながら生きていくのももう心が壊れてしまいそうです。  長くなってしまいすみませんでした。相談したいことは以下の通りです。 ・後々に恥ずかしくならないためにはもはや何も行動しない方がいいのでしょうか? ・もしも自殺をする決心をしてしまったら親と縁を切ったほうがいいですか? またそうして自殺した場合親には私が死んだことが伝わってしまうのでしょうか? ・根本的に自分自身の存在や言動が恥ずかしくならないようにする方法やアドバイスはありますでしょうか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

人でなしの私が生きていることが申し訳ない

こんにちは。身勝手な内容ですが読んでいただけたら幸いです。 離れて暮らしている義母が認知症に。義母と一緒に暮らしている義父が衰弱している様子で、昨日「もうだめだ」と電話があり、主人に一緒に行くように言われましたが、どうしても起き上がれず、行くことができませんでした。主人一人で出掛け、泊まりました。 同居していた長男夫婦が飛び出してしまってから戻るように言われていましたが、私たち夫婦の結婚を許さなかった親戚がすぐそばに住んでおり、私たちが実家にいるときにその親戚が来ると私は隠され、挨拶すら させてももらえないままです。 同居の話が出る度にその親戚とどう付き合えばいいのかを尋ねると 「そんなことは帰ってくればなんとでもなる」の一点張り。 私にとっては恐怖でしかありません。 私の実家が区画整理で立ち退く可能性があったため、一つ小さな家を持っており子育て中は家賃を払いながらそこで暮らしていました。 そのうち、いずれはお前らにやると言ってくれるようになり、怒鳴られなじられ続けても我慢した甲斐があったと思っていました。 ところがいざ区画整理が始まり自分の計画がうまくいかなくなると「お前に家を貸してからろくなことがない。縁を切るから出ていけ」と、突然言い出し、私たちは住み慣れた家を離れました。 今まで必死で役員やら近所付き合いやらで培ってきた人間関係を失くし、引っ越し先では周りに馴染めず引きこもり状態。上の階の自閉症の子の叫び声と地団駄を優しくとらえることもできず。 仕事に就けないどころか、献立が浮かばない、レジで急に不安になる。 涙が出て仕方がない。でも、主人や娘の前では頑張れば笑えるから鬱ではないと思います。 正直、社会にも家族にも何の役にも立っていない私が生きていていいのかと思い、消えてなくなりたいけれど多分死にたいとは思っていない… すごく身勝手だと思います。 人の目が気になるから、出来れば主人の実家に戻ってあげたい。 でも、人の目が気になるから役に立てる自信がないまま帰れない。 こちらで相談されている介護を立派にされている人たちが眩しくてたまらないです。 こんな人でなしは生きる価値がない。でも、迷惑をかけない自殺の方法はないとも思っています。 どうしたら主人の両親のもとに帰る勇気を絞り出せますか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

生きていくには

私は皮膚に疾患があります。そのため、学生時代から同級生や知らない他人にまで悪意のある言葉をかけられたり、態度をとられたりされてきました。 もちろん、疾患は治らないので今もそのようなことはあります。 中には私の存在自体を否定したりする人もいます。そのため、何か新しいことをしたり、楽しいことがあるとふと、言われたことやされてきたことを思い出して、こんな自分が何かをしてもいいのか、楽しんでいいのか、人目に触れずに生きていかないといけないんじゃないのかと、憂鬱になります。 親や友人等には嫌なことは嫌と言いますし、喧嘩したりするときつい言葉も出るのですが、知らない他人に何か嫌なことを言われたりされても何も言えず下を向くか、あえて陽気に振る舞うしか出来ない、出来なかった弱い自分が情けなくとても苦しいです。 私は生きていていいのでしょうか? 生きていいならば、他人の悪意ある言葉や態度にどう対処していけばいいのでしょうか? 人気若手俳優さんが亡くなりましたが、あんなに素晴らしい人が自殺したのに、なぜ私は生きてるのか、ますます死にたくなりました。 この苦しみは死なないと終わらないと思います。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

自分が生きてていいのかわかりません

自分の生きる意味がわかりません。生きていていいのか不安です。 私は何もできません、何もやろうという気も起きません。 プロフィールに散々親のことを書いていますが、そもそも私が受験に失敗したり学校を辞めなければよかったのです。でも私は普通の人ができることができませんでした。 就職をしなければいけませんが、やりたいことが何もありません。資格の勉強をとりあえずやってみたら?と社会人の彼氏に言われましたがやりたくないです。そう思ってしまう自分が本当に嫌です。 常に家にいても家族の顔色を伺って、怒られないかとひやひやしています。 今日も、ただ母が呟いた「サクラのことが不安」という言葉に焦り、でも行動に移すこともせず消えてしまいたいと願っています。 自分が嫌です。嫌いです。 唯一の拠り所である彼氏からも最近マイナスなことしか言わないので煙たがられてる気がします。 何もする気が起きず、ぐだぐだ日々を過ごす自分が嫌なのに変えようとする気も起きません。自分は必要のない人間だと思います。 こんなことすら質問をしていいのか不安で仕方ないです。掴みどころのない変な文章でごめんなさい。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

自信がなくても生きていくには

はじめまして。投稿失礼します。 自分に自信が持てず、自分を介して他者と接するのが苦痛で、人生やめたくなります。 仕事ができる方ではなく、気を張っていないと凡ミスがすぐ出ます。会話の瞬発力や余裕がないので、雑談も疲れます。冗談にもうっかりマジレスや愛想笑いがほとんどで、家に帰ってから良い返しが思い浮かびます。悪口も、自分に関係がなかろうとつらいです。聞き流せません。 「社会人」「人間」として過ごすには、仕事のスキルも人間のスキルも足りません。 少し前からなぜか人生ではじめて交際をしているのですが、男女交際は自分が「女」の役割をすべきという固定観念・強迫観念に似た気持ちがあり、たまにしんどくなります。性交渉も痛くて怖くてできたものではありません。相手は申し分なく、だからこそ申し訳ないです。相手は別に私に女性性を押しつけたこともありませんが、キュートでもセクシーでもなく、「女」として自分は不十分です。料理も掃除も上手くはなく、仕事ができる方ではない、メンタルの浮き沈みもこのように波があるので、「パートナー・配偶者」としても難ありです。「女」「交際相手」として生きるには、外見も内面も相当な努力を要します。 仕事で関わる人たちも、交際相手も、私の人生に良い人は何人もいますが、良い人だからこそ、自分と関わることで時間を浪費してもらいたくない気持ちが溢れて、自分のなかで抱えて苦しくなったりします。いわゆる「いなくなりたい」気持ちです。 透明人間になって、ごんぎつねみたいに相手に気付かれずただただ何かを与えていたいです。 何かを与えようにもスキルが足らず、できたとしても相手に認知される自分が許せない。何かをもらい続けているので、もうこれ以上もらえない。それならいっそ会社をやめたり縁を切ったり死んでいなくなれたらなぁと、日々ぼんやり考えたりします。 それでも、ここに書き込み、何かを得ようとしているのですから、矛盾していますし、少しでも全うであろうともがいているのも事実です。ただ、ぎりぎりです。頑張る気力が折れれば終わりです。 駄文拙文長文ですみません。『自分(人間として・社会人や交際相手(世間でいう『彼女』)など、いわば立場相応として)に自信がなくネガティブな人は、どうやってネガティブを克服もしくは共存できますか』。なにかお言葉をいただきたいです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

私は生きていけますか?

私は二十代中頃に結婚し、子供が授かれず5年で離婚しました。その時から相談相手になってくれてたのが妻子ある彼です。実家にも甘えれず一人暮らしを始め、生活できる収入を得るため男社会・業界での中間管理職になりました。責任あるデリケートな仕事ですが、社内ではあまり理解されない仕事で、やり辛い事が多々あります。 ですが、彼がサポートしてくれたり話を聞いてくれたり、一緒に楽しく過ごす時間があったのでここまで頑張ってこれました。 何より彼にしっかりついていけばいつかは一緒になれると信じていた方が糧になっていたかもしれません。 彼の家庭は、円満です。交際中に第3子が誕生したり、今度家も建てるようです。離れたくないのが本心ですが、9年も一緒にいてくれた彼から離れてあげなければと思っています。 多分彼は私を見捨てきれずにここまできたんだと思います。 最近、諸事情があり会社にもいつか迷惑をかけるんじゃないかと、仕事が行き詰まっており、退職を考えていますが、1人で生活できるほどの収入が見込める転職先がこのご時世ありません。 今まで彼が私の生きる糧でなんとかやってこれたのですが、人生の中で大切な2本の柱が無くなると何が残るのでしょうか。 この先不安でしかありません。あまり言いたくないことですが、今まで考えてもなかった『死』というものが頭によぎるようになりました。 道理に背いて生きてきたのは自覚しています。 全て私が招いた結果がこれならば受け止めなければいけません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る