hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

理想が高く我の強い父との会話に悩む

回答数回答 4
有り難し有り難し 29

しょうもない悩みにて失礼いたします。

父は私が自分の気に入るような言葉を言わないのが気に入らないようです。父は宗教が好きで色々な本を読み勉強してきたからか、理想が高いようです。
ここ数年、仕事場での悩みが大きく多かった時期にぼやく事があった私のイメージが強いらしく普通の表現すら文句と受け取られます。
あと、自分が勢いで言った私への悪い言葉も言ってないと嘘をついたりします。
あと、「(私が)モノになってないから、オレは120まで生きるぞ」というありがた迷惑な言葉を頂いてしまった時もあります。

やはり、私が折れて太鼓持ちみたいに気に入る言葉を言わなければ幸せになれないのでしょうか?それはあまりに気持ち悪く神仏を欺いてるかのようで嫌です。

どうしたら、よいのでしょうか?

2015年7月26日 8:12

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

また言ってる、はいはい。

shirakoさん、はじめまして。

いきなりですが、お父さんとお話ししている自分を想像してみて下さい。

最近、あなたがお父さんとお話しする時、ひょっとして語尾が上がっていたりしませんか?

「うるさい」とか「面倒くさい」とかの感情は、自分では気がつきませんが、知らず知らずのうちに語尾に現れることがあります。

自分ではわからないものでも、他人から見ればよくわかるということもあります。
友達と話していても「なんか嬉しいことあった?」とか「今日はご機嫌斜めだね」とか、気が付くことがあるのと同じです。

お父さんに何か言ったら「また文句を言われる」「また言い返される」といった感情があなたの中にあるなら、もしかしたらそうなっているかもしれません。
「そんな言い方してないのに」と思う前に、一度、自分から離れて外野から自分を見てみて下さい。
ひょっとしたら、自分でも気が付かない間に語尾がキツくなっているかもしれませんよ。

120歳まで生きられては、確かにありがた迷惑(^^;かもしれませんが、そこまで生きてでもあなたの面倒が見たい優しいお父様です。

押し付けたいのではなく、自分の自慢の娘を他人にもっと自慢したいがために、お節介がしたいだけかもしれません。

仕事で行き詰まった時にぼやいたことが尾を引いているということは、お父さんの前でぼやけるということですよね。
父親にぼやける娘なんてなかなかいないですよ。
素晴らしい父娘関係じゃないですか。

お父さんに何か言われたら、「また言ってる。はいはい。」くらいのおおらかな気持ちで取られてみては如何ですか?

大事な話でないなら、腹が立つより、気に障るより、お茶を濁した方が、あなたも、もしかしたらお父さんも気が楽かも知れません。

自分で言った汚い言葉を言ってないと言い張ってみたり、120まで生きると言ってってみたり。

もしかしたら、お父さんは、冗談の通じない頑固者ではなくて、冗談を言うのが苦手な、優しい言葉の使い方が下手なだけの、可愛いお茶目な人かもしれませんよ。

2015年7月26日 16:43
{{count}}
有り難し
おきもち

日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

人生、一生自分しか生きられないもの

shirakoさま

お父様はご自分の思った通りにshirakoさまをしたいのでしょう。きっと家族だから、自分と同じように捉え、成長を願うあまり、そのような言葉をかけてしまうのでしょう。

人を変えることは難しいものです。お父様の言葉の勢いに負けてしまいそうになるのかもしれませんが、あなたが少し大人になって、お父様を冷静に見てあげてください。「成長をねがうあまり、私を自分と同じ存在に考えてしまっているのだな」とみてあげてください。
何もそこに思いを付け加える必要はありません。嫌な父親だな、とか父親なのに私のことを理解してくれないとか、変わってほしいとか、そんなことは付け加えずにただその存在ののみを見てあげればいいのです。

テクニックとして、お父様の前ではマイナス発言はしない。ネガティブな話をしたいときは他の人に聞いてもらう。ということもできるだけ衝突を減らすことにつながるでしょう。

家族の間では、相手に「こうなってほしい」という願いが強く、強制的になってしまうことがあります。
人生、一生自分しか生きられません。この体でしか生きられないのです。他の人を生きることができないということに、shirakoさまが気が付き、穏やかな日々を過ごせるようになってください。

2015年7月26日 8:48
{{count}}
有り難し
おきもち

変えたければ自分が変わる。

shirakoさん

自分も父が大嫌いでしたが、今ではある程度良好な関係です。
その時の私の気付きと実践は下記です。ご参考までに。

嫌いな人がいるとする。
一度嫌いだと思うと、「嫌い」であることが前提となり
「嫌い」であるということに固執していく。
そして、「嫌い」である分析を行い
その分析内容に同調してくれる誰かを探し
その誰かが見つかると安堵をして
自分の居場所を見つけた気になる。
しかし、残念ながら一向に事態は変わらない。
同調がある分、更に「嫌い」という前提は強固になり
事態は深刻になるばかりだ。それでは何も変わらない。

そうではない。
やるべきことは、自分を変えること。
1.心の持ち方
2.言動
この2つ。
分析するところまでは問題ない。その分析内容の使い方が問題である。
”嫌い”な理由は、実はシンプルだ。
”自分と違うから”
考え方、指針、行動、態度、癖、スタンス、評価、人望、拠り所…
自分と違うから嫌いになる。イライラする。
しかし、違うからイライラするということは
”我”の押し付けに他ならない。
”嫌い”が前提にあるのではなく、”違い”が前提にあるのだ。
”嫌い”の上位概念である”違い”に着目することで違うことによる感情も変化する。
つまり、心の持ち方をもっと寛くすること。
これによって、”嫌い”というバイアスは軽減される。

次に言動。
”嫌い”という前提に立った上の言動は、悲惨である。
”嫌い”であることを助長させる言動になりがちだからである。
1でバイアスを拭い、フラットな状態のまま言動に移してみる。
あたかも初対面のように。
”やっぱり嫌い”だと確信する場合があるかもしれないが
それは実は、”違い”を確信することにも変換できる。
そうすれば、”違い”を”嫌い”と同等にする必要がないことも分かる。
そうすると、あら不思議。
「あれ、なんで嫌いだったんだっけ?」 となる。
そして、いつの間にか違いを楽しむ事ができる。
人は変えられない。変えられるのは自分だけ。
その結果、人が変わったらラッキー。
世界全体は変えられない。変えられるのは自分の世界だけ。
その結果、世界全体がちょっとでも変わったらラッキー。

神仏を欺くことというのは、我に執着して戒を破り悪いことをすることなので
決して欺くことにはならないと思います。素敵な関係になれますように!

2015年7月27日 9:39
{{count}}
有り難し
おきもち

比叡山延暦寺 行院にて満行。 天台宗 高龍山明王院普賢寺 僧侶。 一般...

お父さんからのプチ出家 & 互いの尊厳の埋めあい

(´-ω-`)出家といってもアタマ丸めて坊さんの衣を着ましょうということではありません。
お父さんからの心理的距離を上手に取りつつ、つかず離れずな形で安全地帯を確保するのです。
家族というのは、家族ではありますが、それぞれが生命体的にも独自の存在です。
最終的には、それぞれが、それぞれ自分を生きる他ありません。
ですが、親にとってはわが子はカワイイ、我が子、我が子、わたしの子。
自分の、自分の、わたしの、わたしの、大事な子♡
「親には責任がある」というしばられ故か、我が子可愛さゆえか、子供に対する執着は時と場所と場合によって、過剰になります。
適度な距離感。心配されない距離感。
過干渉で占有的な家族の私的ルール、統治下によって「わたくし」されないようにするのです。
私のざっくり単独おおざっぱ捜査のデータによりますと(適当)娘を持つ日本の24・3%(←信憑性なし)の父親は娘にたいして非常に独裁的で支配的で結婚は自分の気に入った男(←ほとんどいない)でないかぎり認めません。
これは息子さんの場合、反対に64・7%(←こりゃまた適当、信憑性なし)の母親が自分の息子に対して大変、支配的で、結婚後も子離れが出来ないといわれています。(埼玉田舎ッぺ伝説)
自分の自由を上手に主張し、お互い尊厳を認め合うのです。
対話だけは逃げてはいけません。
些細な言葉でいいのです。
会話、対話の中で、感謝、受用、肯定、尊重を表現できるようになると良いと思います。
(ありがとう、なるほど・たしかに、そうだよね、そう思う、さすが…これらの言葉がスッと出てくるためには、自分自身位ゆとりがないといけません。あなた自身も1800歳くらいまで生きて、その宗教の教祖様になる勢いで大きくなってください。)

2015年7月27日 10:50
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 坐禅会 法話・提唱会 毎週...

質問者からのお礼

たくさんの有難い回答を頂きましてありがとうございました。
これから、どうあるべきかの指標を指し示して頂けたような気がします。
日々、その事を心がけながら生きたいと思います。

「父親のこと」問答一覧

性転換を望む父と周りの目

お久しぶりです。 父が女性になりたいと本格的に格好もスカートなどを履くようになりこの前もミニスカートを履いていて一緒に出かけました。 私も母も特に気にしてはいなかったですし、特に周りから何かあることも無く、みんな普通にそっとしておいてくれましたが、通りかかりの女性(若くはない)が驚いた様子というか、あまり心地よくない目で父の格好を見るのをたまたま認識してしまい、現実を叩き付けられたと同時に、もしこのまま何か戯言を言われて、それに父が反応してしまったらトラブルになるのではないか、と途端に不安になり苦しくなってしまいました。 私は父がどう生きようが知ったことではないし性別や格好なんて好きにすればいいと思ってます。 周りの人が全てを受け入れられるとも思ってません、だからせめてお互い干渉せず過ごせればそれでいいと思っていました。 実際今回の件もちょっと特異な目で見られたというだけで何かアクションがあった訳でもないし父も気にしていない様子でした。 ですが、ああこれが現実で、こういう人もいて、これからそれを乗り越えて行かねばならないんだと、もしトラブルにでもなったらどうしようかと思うと息苦しくて、父と外に出るのが怖くなってしまいました。 私は本人の好きなように生きるべきだと思いますが、周りはそういう人ばかりではないということも知っています。無理に受け入れるのではなくああそういう人ねふーん、と流してくれればと他人に期待してしまった自分が愚かだったことも、考えが浅はかだったことも分かっています。 ですが、どうしても、どうしても怖くなってしまいます。知り合い(友達)にこれを知られること、周りのアクションに本人が気付いてトラブルになること、好奇心や悪戯で話しかけられたりモラルのない行為をされたり干渉されることが怖いです。 やはり慣れるしかないのでしょうか。 堂々と過ごしてやろう、所詮戯言だ、と繰り返し言い聞かせていますが相手からのアクションはどうすることも出来ませんし私自身も周りの視線を意識してしまい息が苦しく、つい人目を避けてしまいがちになり申し訳なく思います。 苦しいです。あの時のえも言われぬ視線が怖くて忘れられません。 今度あったら次こそ耐えられなくなりそうでそんな弱い自分も嫌いです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

生き別れた後に亡くなった父

4歳の時に両親の離婚によって父と生き別れました。 それからは一切関わり無く生きてきました。 父の痕跡を知りたいです。 最近、私が結婚をし、夫がとても良い人で、私たちにはまだ子供はいませんが、父の愛というものは存在しそうだな、ということを初めて知りました。 父は3年ほど前に病死したということを弁護士からの連絡で知りました。その際に私と姉は遺産を頂きました。 父は再婚しており、子供はいないということがその時分かりました。 夫の影響で、最近になり、父の痕跡を知りたいという気持ちが高まっています。 父の出身地は私の住む場所からはとても遠いですが、この度夫と旅行でその地方を訪れています。 そして、今日ネット版の電話帳で調べた父の実家の前にまで行ってしまいました。 そして、夜に電話を掛けてみました。夫が電話で話してくれました。 私の祖母にあたる人が出て、父の墓参りをしたいといったら、墓はここには無い、といわれ、嫁の方にある、との事でした。そして、お墓は父の実家からは遠い、私の住む地域にあることが分かりました。 しかし、場所は嫁のこともあるので教えられないとの事でした。 電話はそこで終わってしまいました。 しかし、私は父の痕跡を知りたいです。 もう一度、電話を父の実家にしてみても良いでしょうか。 迷惑ですか?? これ以上関わるべきではないか、それとも自分の父親のことを知りたい、という気持ちに従い勇気を出すか、迷っています。 がっかりする結果になるかもしれないということは承知です。 どうか教えていただきたいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

父の臨終の席で。

お坊様にはいつもお世話になっております。 やっと今、言えます。 父が亡くなり三回忌法要も終わり暫く経ちました。 実は父の危篤の知らせがあり、病院に駆けつけた時に父の妹も来ました。 父が息をひきとり、病室で私は父の妹に父が私にだけ言い残した、父の妹に対するマイナスの思い出を叔母(父の妹)にぶつけました。 私は仕返しのつもりでした。 実は祖母が老衰で87歳で亡くなった時に祖母の遺体にしがみつきながら叔母が何を言うかと思えば「おはあちゃんが亡くなったのは○○ちゃんがおばあちゃんに優しくしなかったせいよっ!!」と大声で言い放ったのです。 私は20歳でした。今でもその時の自分の様子を覚えています。キーンと耳鳴りがしました。 祖母はうそをついていて叔父と叔母に私から苛められていると言っていたのです。叔父と叔母は私がいくら「暴力を振るわれているのは私で苛められているのは私だ。」と言っても信じなかったのです。 最終的には人殺し扱いでした。 祖母は老衰で87歳の天寿を全うしたのです。しかも病院で亡くなりました。手厚い看護も受けています。 それから暫くして私は仕事のストレスと家庭での虐待が原因で病みました 中学生の時には祖母の言いがかりについ言い返してしまったらアルミ缶で顔を殴られ、眉間から血が流れました。それでも黙って耐え、一人で病院に行きました。夕食の時に父に「人に怪我をさせておいて謝らない年寄りを何とかしてくれ。」と言ったら父は「相手が年寄りなのによけられないお前がバカだ。」と言われました。 悔しくて涙も出ませんでした。 それでも学校には行かなくてはなりません。気持ちを切り替えて学校に行きました。 父が亡くなった時に叔母に仕返しをしましたが、、気分がスカッとした訳でもなく、落ち込む訳でもなく淡々としていました。 もうこれで叔母との決着はつきました。 お坊様、私は小学校低学年から家で泣くような出来事があっても学校に行くときには自分で自分をなだめて気持ちを切り替えて、学校に行っていました。普通は親が子どもをなだめるのですよね。一般的な人は大人になってから気持ちを自分で切り替えて、、をやると思うのですが、、。 乱文、長文失礼しました。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

父の移住について。

また質問させていただきます、宜しくお願いします。 私の実家は公団で、二年後に建て替えが決まっています。 現在父は現役を引退し、国の制度の「お試し移住」というものを使い、知人の女性と北へ南へ数ヶ月単位で暮らしています。 その父が、二年後を機に北海道へ移住するかもしれないと言ってきました。 私は現在精神を病んでいて、生活保護で暮らしています。 元々五人家族だったのですが、16年前に母が癌で亡くなり、五年前には末の弟が自死し、現在は3人家族です。 次男とは半絶縁状態で、連絡は取り合っていません。 ですから、家族と呼べるのはもう父しか残っていません。 ですので、父が北海道へ移住するかもしれないと言った時、私も付いて行きたいと言ったんです。 北海道に移住して、酪農家の手伝いかなにかで雇って貰えるんじゃないかな、と思っていました。 しかし、父にそう言うとあまりいい顔はしませんでした。 確かに、今現在生活保護で、地元しか住んだことが無いのにいきなり移住なんて現実味がないのかな、とも思いました。 しかし、父が居なくなるともう本当に一人ぼっちなのです。 今現在一人暮らしでも寂しくて具合悪くなるのに、父まで居なくなったらどうしていいか分かりません。 「甘え」であることは分かっています。 しかし、三男のようにこのまま死んでしまうのかな、と考えると怖くて仕方ないのです。 私はどうするべきなのでしょうか?

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る