お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

座禅を始めました

入門書を読み座禅を始めましたが、なかなか呼吸に集中できません。
10を数えるまでに何かしら考えが浮かびます。15分ほどの線香を使っていますが長時間に感じます。
ただ線香が無くなるのを眺めながら考え事にふけることもあります。
それでも、座禅を組まないよりは心が落ち着くので、習慣にしたいと思うのですが継続のコツや上達法などご指導いただけないでしょうか。

有り難し 26
回答 3

質問投稿日: 2017年3月13日 15:45

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

鳳林寺

光禪

近所のお寺の坐禅会を利用する

こんにちは。

 坐禅を習慣にしたいとのこと、良いことですね。

 坐禅は長く感じますよね。考えが浮かぶのは仕方がないです。坐禅はそれにつきあわないようにします。つまり「考え事にふける」のでは坐禅にはなりません。

 坐禅を続ける最も良い方法は、近所のお寺の坐禅会に行くことです。
 ご自宅ですと、電話が鳴ったり来客があったり、なかなかゆっくりできないものです。
 その点、家から離れた所へ行けば、そのような事もありません。気持ちも切り替わります。一緒に参加している人の目もあるので、途中で「今日は集中できないからやめよう」ということになりません。また他の参禅者と一緒だと続けやすく、また励みになります。ご住職から坐禅の心得も教えてもらえます。

 禅宗のひとつ曹洞宗の寺院でしたら以下で検索ができます。
 http://www.sotozen-navi.com/index.cfm
 またこのような活動もしています。
 http://www.sotozen-net.or.jp/asakatsuzen

2年6ヶ月前
回答僧

慈眼

やってみるしかない

坐禅は集中するようなことでも、呼吸を数えるようなことでもありません。そんなことはお釈迦様も道元禅師も言ってません^ ^

足が組めなくてもいい、ただ今の様子にいるだけ、座っている時の様子にいるのです。考えたり思いを追うこともしない。つかまないのです。

掴みようもない現実に気づく教えです。それを目、耳、鼻、舌、身体五感で知るのです。見つめたり観察したりもしないのです。だから呼吸にも意識を向けません。

すると真実は今しかない、そして、自分だと思ってきたものが何にもないことにも気づけます。

そこに救いがあります。

文字だと伝わりにくいことは、実際に坐禅会で話を聞くのが一番です。考え、理解する教えではないことに気づけるといいですね。

2年6ヶ月前

人間を開店休業

有名な禅の老師がおっしゃています。

「坐禅は、人間を開店休業する行である」

生命としては大開店しているが、人間としての考えたり解釈したりする行いはお休み状態、ということです。

解釈したり価値を与えたりする人間的考えが、生命としての自然さ、自由さを押さえ付けてしまっている。ので、それを開放してあげて、自然とのつながりに気付いていくのが坐禅です。そう言う「方向性」で坐禅を探究すれば、間違いはないかと思います。

2年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
一度参加してみたいと思います。

「坐禅について」問答一覧

「坐禅について」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ