お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

病気を患うということ

はじめまして、私は、高校生から難病を患ってます。最近では、この病気になってしまったのはどうしてなのかと考えるようになりました。何か使命があるのか?御先祖様の怒りを買ってしまったのか?年を重ねるにつれて、悪いところかでできてしまい、悩みになってしまってます。 私は、病気を受け入れてるつもりでしたが、段々弱気になってしまい。おもいっきりなにかをしてみようということをセーブするようになりました。何か分かりやすいアドバイスありましたら、よろしくお願いいたします。意味がわかれば何か変わるかもしれないと思い、メールさせていただきました。

有り難し 21
回答 3

質問投稿日: 2015年8月15日 21:12

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

病への対処法

これは私自身の病への対処法でもあります。
「病である自分を特別視しない」事が有効です。
ああ、病気なんだ、病なんだ、と思うと余計に病気ラベルの重圧が重さをまし、精神的任のし掛かってきます。
「失礼ですが、今、おいくつですか?」
え?突然なに?と思われるかもしれませんが、たった今まで、年齢の事なんて忘れていませんでしたでしょうか?
「今、何時ですか?」
こちらは9:37です。
時間なんて、時計を見るまでは忘れているものです。
忘れられているものです。
それが良いのです。
いちいち毎回取り上げなくとも、自分が病気であっても難病であってもそれを忘れられている時間があるはずです。そして、その時心は軽やかであるはずです。
病気の原因は、別に先祖様の怒りを買ったのでも何でもありません。
過去の様々な因と縁の巡り会わせで、たまたま結果的に、因果の法則的に今のようになっているだけです。そして、現在あなたは、それを悪くお考えになっておられるわけです。
そして、私がそこに今、よき花を咲かせて頂きたいと、縁を加えています。
その縁の働きかけによって、そして、それをあなたが正しく享受して頂くことによって、心は救われることができます。
自分を自分の思いで病ませてはいけません。
体の病は避けられないにせよ、心の病はいくらでも回避することができるし、より良い心になることもできるのです。どうか、心が晴れやかになれるまで縁を加えてください。(^<^)
病気は、病気の直後、悪く考えると、その悪い思いによってさらに悪化してしまいます。
これも一つの授かりだと思って頂きたいと思います。反発をしてしまうとこの状況が変えられない故にもっと苦しくなってしまうからです。

2年9ヶ月前

因縁生起の理は、この世の無常を知らしめてくださっています

はじめまして。亀山純史と申します。

一体、人生の価値はどこに見出せばよいのでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんにも、寝たきりになってしまったご老人にも、そして障がいを持って生まれた人にも、みんなに価値はあるのです。仏教では、人は人として生まれてきたこと自体に価値あるとみています。原始仏教の経典の一つである『法句経』の第182番目には「 人として生(しょう)を受くるは難く、やがて死するべきものの、今命あるはありがたし」と説かれています。毎朝、目をさまし、「あー、今日も目を覚ますことができた。」ということ自体が、有り難い価値あることなのです。

しかし、そうはいっても、「人と同じような生活、人生を歩みたい。」と思い、何か不幸なことが起これば、「なぜ、この私だけに。」と考えてしまいます。そしてそれを合理的に説明できる何かを求めようとし、時として不幸な出来事には何かしらの意味があるのではないか、と考えたくなるものです。でも、仏教ではご先祖様の怒りなどによって不幸が起きている、などとは申しませんし、その不幸な出来事に何らかの使命(仏様が何らかの目的で試練を与えたなど)も与えません。すべては因縁によって起きること(因縁生起)として仏教ではとらえます。そして、この因縁生起を私は次のようにとらえております。

【この不幸な出来事の根底に働いている因縁生起の理(ことわり)は、この私にこの世の無常を知らしめ、やがては死するべきものでありながらも、今このように多くの命の中に生かされている私の命は有り難いことを教えてくださっている。】

以上が私からの回答になります。少しでも前向きな人生を歩んでいただければ幸いです。

追記:決して、この世の無常を知らしめるために、因縁生起の理は不幸な出来事を起こしているわけではありません。物事が因縁によって生じていること自体が、この世が無常であることの証しなのですから。ですので、私からの上記の回答では、「この不幸な出来事の根底に働いている因縁生起の理」とし、単なる「この不幸な出来事」とはしておりません。

2年9ヶ月前

すでにお答えしたもののなかから

あなたとケースは異なるものの参考にしていただけると思われるhasunoha上での私のお答え示します。

留学の夢をお理不尽な理由で断念なさった方への回答です。
http://hasunoha.jp/questions/1621

災害の意味についての問いに対して、キリスト教牧師様のラジオ番組をおすすめした回答です。
http://hasunoha.jp/questions/1500

一見すると、病苦のなかにあるあなたの問いと直接は関係ないように思われるかもしれません。だまされたと思ってのぞいて(聴いて)みてください。

2年9ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ