お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

うつ病になって、焦るばかりです。離婚まで考えてしまう自分です

現在、うつ病になり、実家に世話になって半年です。更年期、からの巣症候群からうつを患いました。
嫁ぎ先は田舎で、今だに好きになれず、娘は都会で一人暮らし、息子は結婚して二人子供がいて、近くに別居、同居の予定はありません。娘とは違い、距離があり、寂しくてしかたありません。

田舎での付き合い、介護、土地柄(非常に不便)すべての耐えていたのが爆発してうつ病になってしまったようで、二週間に一度、2日ほど帰りますが、帰るたびに憂鬱になり体調悪くなってしまいます。
実家にも迷惑をかけ、少しでも早く良くなりたいのに、自宅にもどると悪くなるの繰り返しで、先が見えません。
周りは、今は休む時、ゆっくり過ごすようにと言いますが焦るばかりです。

もう年だといえど、人生長く、離婚さえ考えます。うつ病は原因がある以上、たとえ治っても原因がそのままだと再発すると聞きます。じゃあ、私の場合、離婚して田舎を離れるしかないのかとか、、
主人には申し訳ない気持ちでいっぱいで、小さな不満はあれども愛情はありますし、主人から言われる理由はあっても私から離婚など言えません。

どうしたらいいのかと悩むばかりで
アドバイスよろしくお願いします
乱文失礼します

有り難し 24
回答 2

質問投稿日: 2017年4月3日 15:18

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

人とのつながり

お子さんはお子さん。
ご主人はご主人で好きにやっておられると思います。
結婚して家に入ってから子育て、家事に追われご自分のために使う時間がほとんどなかったことでありましょう。
これはむしろようやく家事から解放されたのだと前向きに考えるべきだと思います。
写経会、法話会に来られていた女性の方々はみな、質問者様と同じでやっと自分の時間が持てるようになりましたとお話しなさっておられました。
必ず、あなたと同じ子育てから卒業・解放された方々、境遇の合う方々がおられますから、お寺の集うをはじめ、好きなことを始めてみてください。
あなたの人生の楽しみはこれからです。
家にいなくてはいけないという誰かから縛られているような自分の思いに縛られる必要が無くなったのです。おめでとうございます。
大いに笑ってお過ごしください。

仏道のススメ
「自分を生きる」
人の顔色ばかり気にしていませんか。
やりたくないことをイヤイヤやっておられませんか。
誰かに縛られていませんか。
みんな自分からのシバラレなのです。
あなたはもっと自由です。
誰も縛る人はいません。
女性はこの世に誕生して、娘、恋人、妻、母親、祖母…と様々な立場になっていきます。
ですが、それは誰かその相手がいる時だけのことです。
今は、あなたはあなたで何ものにも縛られずに「ただの自分」になってみてはいかかでしょうか。
わたしは、このメッセージを送っている時、誰でもありません。
誰かとの関係、立場はありません。
「ただのひと」としてあなたと接しています。
人間は本当はいつでも「ただの人」なのです。
ただの人となって、ただ起きる、ただ働く、ただ食べる、ただ過ごす。
人間関係があってもそれに縛られないことです。
私が私でありながら、私の立場を忘れて、ただの人として生きてみましょう。

2年4ヶ月前

これまでいろんなことに耐えてきたのですね。
1人で何もかもやってきたから気持ちの許容範囲を超えたのかな。
慣れない田舎で親しい人も友人もいない、ストレスを発散する所も無い、義理の親の介護を1人でやっている。
無理もないことです。

今一度ご主人とよく話し合ってください。
どうすれば、離婚せずに、そのままそこで暮らしながら、ストレスを軽減できるかを。

例えば、
週一、あるいは月一でも、都会にストレス発散に行く。
介護をご主人にも今以上にやってもらう。
何か趣味とか作ってはどうかな?ご主人と同じ趣味ならいいし、違ってもいいでしょう。
趣味を通しての友人関係をこれから作ってみてはどうでしょうか?ネットを使ってもいいと思います。
お子さんにも相談してもいいと思いますよ。
お子さんももう大人ですからね。

あなたの言われる通り、うつ病が治っても同じ環境では再発します。ご主人と相談して、変えられるところから環境を変えていきましょう。

余談ですが、私の知り合いの田舎のお坊さんの妻が都会出身で、妻の自室に都会の大きな写真を貼ってるそうです。ビル群をみると気持ちが落ち着くそうです。
あなたの落ち着く景色の写真を部屋に飾ってもいいかもしれませんね。

あなたの病が治り、あなた達が良い方向に進むことを願っています。

2年4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

早速のお返事ありがとうございます
何かとマイナスに考えてしまうのも症状なんだと思いますが、幸い主人は前向きなのでもう一度話してみます。
こうしてアドバイスいただけた事で少しですが明かりが見えた気になりました。
打ち込める趣味は以前から、本当に見つけたくて、、
前向きに頑張ってみます

「夫・妻が病気・うつ症状」問答一覧

「夫・妻が病気・うつ症状」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ