hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お盆についてです。

回答数回答 3
有り難し有り難し 22

お盆はご先祖様が帰ってきて子孫とともにすごすんですよね

もし、僕が亡くなってお盆の日になると帰ってきて子孫たちとすごすのですか?

また、亡くなったらずっとあの世ですごすのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたもあなたになる前にすでに亡くなってたはず

仏教では輪廻転生を前提に考えます。
あなただって、あなたになる前に別の生きものだったはずで、そのときに残した子孫が今もどこかにいるかもしれません。
もしあなたが15歳だとしたら、16年前にどこかで亡くなったなんらかの生きものかも。
仮に、あなたが16年前にアメリカのおじいちゃんだったとして、そのときの孫が今もアメリカにいるとします。
だとしたら、お盆のときだけあなたの魂か霊がアメリカにいる孫のもとに会いに行くと思いますか?
実際にお盆のときに幽体離脱でもしましたか?
そんなことは普通、ないのです。
お盆に先祖を迎えて供養するとかは、あくまで儀式であって、現実に別の生きものになっている者がお盆のときだけ帰るわけではありません。
あなたの前世がお魚だったら、今年のお盆にも海に帰ったでしょうか?
そんなことはなかったでしょう?
で、あなたも私も、亡くなったらすぐに別の生きものになって生まれて、また亡くなったら生まれて、それをくりかえします。
ずっと同じ場所(この世やあの世)にとどまるのではありません。
ただし、煩悩がなくなって悟った場合は輪廻をくりかえさなくてよくなります。
悟った場合に、すぐに滅びに入るか、仏様となって色んな生きものを救う活動をするか、どちらかです。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

命をおえると輪廻します

お盆に亡くなったご先祖が帰っておいでになる、というのは微笑ましい習俗ですが、仏教に本来あった考えではありません。ウィキペディアで「お盆」「盂蘭盆」などについて調べてみてください。分かりやすく書いてくださっています。

つぎに、今の命を終えると次のものに生まれ変わるので、「あの世」とは次の生命として生まれ変わった後の世界ということになります。輪廻転生をご存知ですと分かりやすいですね。別の存在を生きているのですからお盆の時だけ、あの世から帰ってくることはないといえます。どこかで何かなさっているわけですから。

私たち浄土真宗では、さきに亡くなった人は仏となり常に私たち迷いの存在を導いてくださるので、「あの世」にはおいでになりませんし、お盆のときだけお暇をもらって帰っておいでになるとは考えません。

繰り返しますが、人間は理屈ばかりで生きているわけではありません。お盆にはご先祖さまが帰っておいでになると喜んで、お迎えしそしてまたお送りするという種族には意味があります。大切に残していきたいものです。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...
このお坊さんを応援する

あの世は仏様の国

まつなかさん、初めまして。
10代ということはもしかすると学生さんでしょうか。

>お盆はご先祖様が帰ってきて子孫とともにすごすんですよね
>もし、僕が亡くなってお盆の日になると帰ってきて子孫たちとすごすのですか?
はい。その通りです。

>また、亡くなったらずっとあの世ですごすのでしょうか?
はい。そうです。ただし、「あの世」というのは人それぞれに解釈の違いがあるので、注意してくださいね。私が言う「あの世」とは、仏さまの世界のことです。仏さまは輪廻から離れた、解脱という悟りを得た人です。ちょっと難しくてごめんなさい。つまり、仏は輪廻をしません。

私たち人間は、先祖や子孫という縦の糸と、友だちや仲間、ご近所という横の糸が織りなす布の中で生活をしています。お盆は、その縦の糸を行き来する時です。布の縦糸は表面には見えない糸ですが、無くてはならない物であるのはご存じの通りです。お盆のこの時にこそ、縦の糸を強く感じながらお過ごしください。

追伸
このような質問をされたということは、もしかすると、質問文には書かれていない心配事があるのでしょうか。どうぞご遠慮なくお願いします。

{{count}}
有り難し
おきもち


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございます!!
とても勉強になりました

「お盆・お彼岸」問答一覧

昨年亡くなった父の初盆について

昨年、持病で亡くなった父の初盆。 どの様に供養すれば良いのか分からず…、相談させて下さい…。   まず、父は離婚しており、親族は私(独身)と兄家族のみです。 兄とは元々折り合いが悪く長年疎遠で、父の葬儀等で会う機会が一時多くはなりましたが、49日法要が済んだ後はまた疎遠に戻りました。 上記で記載した通り兄は結婚しており、兄宅に父の仏壇があります。 私は小さな骨壷に父の分骨を手元供養として自宅に置いています。 そして、父のお墓は作らないと決まっています。   そこで100ヶ日の際も、私は法要をしたかったのですが、結局兄宅に上がれなかった為お供えのみを渡し、仏壇に手すら合わせられずに終わってしまいました…。   その後、亡くなって半年の命日や父の誕生日等、本来であればお墓参りや仏壇にお供えをして手を合わせたい所でしたが、どちらも出来ない為、自宅の骨壷に手を合わせていましたが、どうにも父を想うと心苦しく、辛く、なんとも言えない悲しさが込み上げてきます…。こんなことダケで、大好きだった父の供養になっているのだろうか…と。   そこで、前置きが長くなりましたが、父の初盆のことです。 兄からは何の連絡もないですし、おそらく何もしないのか、法要をするにしても私には参加して欲しくない為いつするのか知らせないつもりなのか、どちらにせよ初盆にお墓参りや仏壇に手を合わせることが出来ません。   その為、お墓や仏壇や位牌が無くても、私の自宅で法要をすることは可能なのでしょうか?(お坊さんにお願いして来ていただく、等。) 初盆に私自身が何もしないことが、自分で許せないと言うか、やはり父に申し訳なくて…。(もちろん自宅の骨壷に手を合わせることはしますが…。)   どうか良い方法などがございましたら、お教えいただけますでしょうか…。 何卒よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺