hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お彼岸に仏様に手を合わせたいです。

回答数回答 2
有り難し有り難し 12

お坊様にはいつも大変お世話になっております。

今年89歳になる実家の母についてご相談させてください。
母は認知症とは診断されていませんがかなり妄想が激しくなりました。
・私が母の服を勝手に3着持って行ったまま返していない→現実は私は母の服をさわってもいない。母の妄想です。

お彼岸なので「仏壇に手を合わせに行きたい」と実家の母に電話をした所、「あんたが家に来ると大事な物がどんどん無くなるから来ないで!」と言われました。→私は今までに勝手に実家の物を家に持って帰った事は一度もありません。それをしていたのは私の姉です。私ではありません。

今回実家の仏壇に手を合わせる事ができなくなりました。悲しいです。子どもの頃からお彼岸、お盆にはお墓参りを欠かさずしていました。恐らく母が生きている間は私は実家の仏壇に手を合わせる事はできないと思います。
お墓参りをすれば良いのでしょうがお墓は姉が掃除をしていない為、荒れ果ててしまいました。私がお墓掃除をすれば良いのかもしれませんが実家から電車、バスを利用して一時間以上かかる場所に住んでいる為ホウキやバケツ等を持って電車に乗るのは難しいです。
姉とは縁を切っております。

今後、どの様に仏様に手を合わせたら良いのでしょうか?どうか教えてくださいませ。

2022年9月19日 14:31

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「遙拝(ようはい)」という方法があります

こんにちは

 お盆やお彼岸など、折に触れてご先祖様に手を合わせたいものですね。手を合わせると心が落ち着きます。

 過去のご質問からも、無理にご実家とのおつきあい(わざわざ実家に行ったりお姉様管理のお墓の掃除をしたり)をする必要もないかなという印象を受けました。心を落ち着かせるために、わざわざイヤな思いをする場所に行っては本末転倒でしょう。
 方法としては、「遙拝(ようはい)」という方法があります。「遠くから拝む」という事で、はるか昔から行われていた方法です。やりかたとしては、ご自宅から心静かにお墓やご実家のお仏壇の方向に向かって手を合わせる拝み方です。これでしたらお彼岸だけでなく、思い立ったときにできて良いですね。天気にも左右されません。今はネットの地図サービスなどがあるので、それを利用すれば、正しい方角も導き出しやすいと思います。

2022年9月19日 18:40
{{count}}
有り難し
おきもち


・曹洞宗/静岡県/50代 平成27年鳳林寺住職。平成28年hasunoh...
このお坊さんを応援する

お墓を掃除してください。

大変でしょうが
あなたが気になるのなら
あなたがするしかありません。
年に数回だけと割り切れませんか?

ピカピカに磨く必要もなく草むしりで充分です。
きっと充実感の中お参りできると思います。

2022年9月19日 21:40
{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

光禪様、ご回答どうもありがとうございます。
遙拝という方法を教えて頂きほっと胸を撫で下ろしました。
あんな家に行きたくもないのですがどうしてもお彼岸のお参りが気にかかっておりました。
遙拝をさせて頂きます。

光禪様、ありがとうございました。

和田隆恩様
ご回答どうもありがとうございます。
お墓にお花だけでもお供えしたいという気持ちはありましたがお盆にコロナ対策の為実家に行かずに仏壇にお供え用のお花を送りましたが母から「お花届いた。」の連絡すらなかったのでとても無駄な事をしてしまった気持ちになり悔いておりました。
よく考えてみます。

「お盆・お彼岸」問答一覧

お盆について。

いつもご相談を聞いて頂き、ありがとうございます。今回は、お盆の事について教えて頂きたいのですが…. 我が家は本家の為、仏壇があります。 お盆は、12日夕方にお墓参りに行き15日にご先祖様を送って行きます。 お盆の間は、朝に精進料理を作りお供えします。 おちゃと?茶湯をしに、親戚の人も必ず我が家に来られます。 このおちゃとが、私には嫁いでからの経験でした。主人の祖母が言うには、おちゃとをすればする程良い。お盆は、おちゃとを何回も何回もするのだと… 祖母が生きていた時は、皆のおちゃとの回数をチェックしていました。あの子は、今回はおちゃとが足りないとか。 私にも、あんたのおちゃとの回数は、少なすぎる!とか… 祖母が亡くなってからは、親戚の人も、お盆中に一度程度おちゃとをしにくらいになりましたが… そんな事もあり、私はおちゃとが苦手で好きではありません… 長男嫁の私は、お盆は本当に忙しく、ゆっくりおちゃとなどしている時間はないのです。 しかし、義父や主人は、おちゃとをしない私を罵ります。今にバチが当たる!と。 本当に私はバチが当たるのでしょうか?笑笑 また、お盆中はずっと精進です。肉魚を口にしてはいけません。若い食べ盛りの子供がいるので、正直精進は無理です。 愚痴っても仕方ありませんが、毎年お盆が苦痛です。ご先祖様には申し訳ありませんが、私なりに出来る事をする事で供養になりませんか? やはり、最後には、バチが当たるのでしょうか…

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

お盆の墓参りを7月から8月に変更すること

東京で生まれ、暮らしてきました。菩提寺は曾祖父以来、23区内の浄土宗のお寺です。母が亡くなって以来、命日やお彼岸、お盆にはお墓参りを欠かさないようにして三十年以上過ごしてきました。 今年のお盆は、結婚した娘夫婦を墓参りに誘ったところ、7月は都合がつかないとのことでした。8月の旧盆の時期であれば、家族の都合がつきそうです。しかし、さして信心深いわけでもないのに、長年の習慣を変えて8月に墓参りすることに多少の抵抗があります。これまで親戚も皆、当たり前のように7月に墓参りをしてきました。お寺のお盆の行事も、やはり7月です。ただ、そうした行事が気になるわけではありません。 お墓参りはいつでもよいといった話は聞きますので、8月に新しい家族ともども墓参りをするのがよいのだろうと思いつつ、やもやした気分が残っています。普段は、割り切って生きているほうだと思いますが、割り切れない自分が不思議です。 おそらく東京でも8月にお墓参りする人が少なからずおられると思いますし、そうした実態を知らないからスッキリしないのだろうと思っています。 なにかアドバイスを頂戴できますと幸いです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ