hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

本尊開眼、父の供養を僧侶の方にお願いしたいです。

回答数回答 2
有り難し有り難し 16

父の法要の際、ある事情で僧侶を呼んで葬儀を執り行えず、また仏壇の本尊を新調する際、僧侶を呼んで開眼供養を行えませんでした。数年経ってからおかしなことが起こり、非常に今苦しんでおります。

現在の宗派を辞めて、平安時代の伝統仏教に入信して、修行を積んだ僧侶の方に、父の供養を執り行っていただきたいと、切に望んでおります。

しかし、親戚に現在の宗派の盲目的信者がおりまして、やめようとするならば、私ではなく、私の母を責めます。母は、何も悪くありません。
むしろ、献身的に家族、親類に尽くしてくれました。母を苦境に立たせたくありません。

しかし、現状のまま仏壇の本尊を開眼供養せず、亡き父も僧侶に供養していただかないと、あの世で浮かばれずに苦しんでいると、視える方に言われました。

最初は、別の困り事で相談したのですが、何をしても解決せず困り果てて、藁にもすがる思いで偶然相談に乗っていただいた方の話によりますと、原因が本尊の開眼供養をしていない、僧侶を呼んで法要を執り行っていないことなどを告げられ、宗旨変えするしかない状況ですが、親類のからみもあり、うかつに行動に移せません。

私は真言宗に変えたいのですが、ご祈祷で親類と争い事無く、開眼供養のない本尊の危険性を伝え、理解して欲しいのですが、凝り固まってしまって理解させるのは到底無理だと思います。

密教の縁切り術で親類との縁を切ろうかとも思いましたが、母はそれも
心苦しいと縁切りも拒みます。

普通の話し合いが通用する連中ではありません。

父を救うために僧侶の方に供養してもらう、その為には宗旨替えを行う必要があります。

また、本尊の開眼供養を行わないと、様々な問題が起きてくるので早目に手を打ったほうが良いとも言われました。(私はうつ病の手前にいると言われました。)

密教の縁切りに頼る私は親戚に対して薄情で、仏教の慈悲の心から、掛け離れているのでしょうか。考え方が安易なのでしょうか。私なりに半年以上考えぬき、苦しんで考え抜いた結果です。

朝から晩までこの事ばかり考えてしまい、頭がおかしくなりそうです。

できれば、真言宗、天台宗の僧侶の方に、回答して頂きたいと思います。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

密教の加持祈祷

hannnyasinngyouさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

高野山真言宗の寺院として回答いたします。

hannnyasinngyouさんが困っていることをまとめてみると、
1.仏壇の開眼供養ならびに亡き父の供養をしたい
2.親戚に某宗派の盲目的信者がいて、宗旨替えができない
3.できることなら密教の縁切りをしたい
4.縁切りすることは薄情で慈悲のないことなのか
となります。

私が感じたところでは、亡きお父さまの供養をしたいと言うことですね。それには開眼供養がどうしても必要だと、hannnyasinngyouさんが考えておられるのですね。
視えると言う方のコメントも気にかかります。仏教は、本来安心を説くものです。相談者を不安にさせるようなコメントは、どうなのでしょうか。
開眼は、御本尊の眼を開くだけでなく、拝む者の眼を開くという意味も込められています。開眼供養したからといって、ほったらかし(口の悪い人は、仏さんならぬ「ほっとけさん」と言います)では何の意味もありません。逆に、開眼供養しなくてもhannnyasinngyouさんが手を合わせ続けることによって、御本尊の眼は開かれていくものです。

hannnyasinngyouさんは親戚の対応に苦慮されておられるようですね。
縁切りを含む密教の加持祈祷は、呪術ではありません。信者の願いと仏さまの願い、宇宙の願いが重なったときに願いが成就するものです。

結論として、hannnyasinngyouさんが心静かにお父さまの供養をされることを祈念しております。hannnyasinngyouさんが、仏壇の御本尊に毎日手を合わせ、心を込めていってください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

お盆でお忙しいようですので

こんにちは。
宗派の隔てや宗派根性無しに仏教を語っている丹下と申します。('◇')ゞ
うちの宗祖の道元さんも自分の死後、隔ての無い宗派を設立したのだから自分の死後は曹洞宗とも呼ぶなとで説いておられた、ただの僧でしたから、別に私自身も曹洞宗だとも思っていませんのであしからず。別の宗派野郎が回答してきた思われてしまうかもしれませんが、ただの一人間としてお節介ながら一言申し上げます。
ウチは親戚はそれぞれ別宗派、別々のお寺です。
それでいいんじゃないでしょうか。
あなたの家はあなたの家の宗派でいいのだと思います。
お墓も今や個別墓時代ですし。
あなたが単にその親戚さんに押されてしまっているだけではないでしょうか。
改修されるとその親戚さんにとって「都合が悪い」というだけではないでしょうか?
都合は宗教ではありません。思想です。
今や宗教を語った実質平和を阻害するへんてこ思想もあちこちにありますから、あまりそういうたぐいなのは表面的な付き合いだけにして、深く関わらない方がいいでしょう。
開眼等の問題抜きにして、あなたは心が迷いの状態にある事は事実です。
親族を問題にされたり、お母さまを案じられたり、さまざまな不幸を問題にされるなど、大変であろうと思います。ですが、それらを問題になされているのが、自分の心ひとつであると思ってみてはいかがでしょうか。
そのあらゆる出来事を問題視、問題化する、我がこころに目が向いて、そこに問題の根源ありと見極められ、その迷いから覚める心の目を持つことをこそ、本来、本当の開眼ともうします。ご参考までに。
あの人が、アイツが、あれが、あそこが、というの此処でござる。
此処とは、自己、自分の心でござる。
そこに目を向けて頂ければ、あらゆる問題も宗派の隔てを起こすのもみな一心であることに眼が開かれてきます。
真言宗天台宗のお坊様方のご回答をお待ちください。失礼しました。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

質問者からのお礼

安穏寺様 丹下覚元様
ご回答、誠にありがとうございました。確かに親戚に押され、私どもが改宗すると親戚は都合が悪くなるだけです。とにかく難解な仏法用語でまくしたててくるのですが、その様子はもはや仏法ではなく、ご指摘の通り思想に凝り固まっているとしか言えません。確かに己の心の有り様で、問題の捉え方も変わってきますし、囚われからも開放されるかもしれません。それが本尊よりも私自身の開眼ということにつながってきますし、本来その為に仏法が確立されてきたのかと考えが改まりました。
今、質問の内容を読み返してみますと、かなり切羽詰まっており、真言宗、天台宗の僧侶の方~と
指名したのは、それこそ宗派に囚われており、浅はかなことであったと、恥ずかしく思います。
見方を変える良い機会を与えて下さったことに感謝いたします。ありがとうございました。

觀音寺様 中村太釈様
ご回答いただきまして、誠にありがとうございました。
仏壇、本尊の開眼を行い、亡き父の供養を執り行いたい。これが私の願いなのですが、親戚への
対応に苦慮しております。

視える方も僧侶の方ですが、電話で私が相談しようとした内容を、こちらが何も伝えていないのに、次々に言い当てられ、実際にお会いしてからも一切伝えていないことを次々に言い当てられたものですから、確かに視えているとは思います。但し、不安を煽る言い方は腑に落ちない部分もございました。困り事の原因が、本尊の開眼、及び、父が僧侶によって供養されていないということでしたので、思わぬ事態に発展してきたという訳であります。

親戚とは穏便に話を進めたいのですが、話を切り出せばどういう事態になるか想像がつかないため、密教による縁切りも視野に入れて考えたわけですが、本尊の開眼に囚われて、本来の目的である父の供養が疎かになっては、本末転倒ですし、やはり私自身が落ち着きを取り戻し、心静かに
父の供養を続けていこうと考え直しました。一歩間違えば私自身が閉眼するところでした。
この度は、お忙しい中ご回答して頂きまして誠にありがとうございました。

「供養全般」問答一覧

亡くなった母の供養

昨年末に母が亡くなりました。 私は一人っ子で母親っ子だったので、いつか母が亡くなったら、その時自分はヤバイだろうなぁ。自分を保てるのかな?なんて物心がついてから考えたこともありました。別にマザコンで母がいないと何もできないとかじゃないけど、親父含めて自分を育ててくれた両親に親孝行してやりたいと思い、たまにご飯に連れていったり旅行に連れていったりしてました。自分で言うのは変ですが、回りを見ても親孝行してきた方だと思います。 でも喧嘩もたくさんしました。詳細は省きますが、携帯メールの迷惑メールとか詐欺的なメールを信じて金を取られ、家族に無心するようになり、拒否するとヤミ金に手を出すようにもなってしまいました。目を覚まさせようと何度も対話や説得を試みましたが、元々気や自尊心が強い母は騙されてることを認めるはずもなく、それどころか何故金が必要なのかとか詳細は一切話してくれなかったので、自分の思いが伝わらない母をぶん殴ってやりたいとか、家から出て行って欲しいと思うことも多々あったし、ここに書けないような低俗な言葉とともに何度も母にぶつけたこともありました。 それ以外の時は仲いい親子関係だったと思うのですが、そんな母が急に亡くなったとき、とても悲しかったのに、取り乱すこともなく、物凄く冷静な自分がいたのです。親戚付きないもほとんどなかったこともあり葬儀は葬儀というほどのものでもなく、親父と妻と妻の両親や兄弟だけのものでした。もちろん人前だから気をはってた部分もあったのですが、よくツラいと聞く火葬の最後の場面でも毅然としていました。 何が言いたいかというと、私は私自身がわからないのです。実母に対して思い入れがなかったのか?もしかしたら無意識に母の死でヤミ金の取り立てから解放されると喜ぶ自分がいて自分が冷酷なのかもしれないと思う自分がいるのです。もちろん涙を流したり、泣き崩れたりが個人に対する思いの尺度ではないことは理解しているのですが、母が自分を見たとき悲しまないか不安な自分もいます。 死語の事には懐疑派というより否定的だった自分ですが、父の実家の宗派の僧侶に葬儀、49日、新盆を依頼し、朝と帰宅後には母のお内仏に手を合わせるのが日課で、それは純粋に母に対する感謝、あるとするならあの世でみんなを見守っててねという思いからです。 私って一体なんなのでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

母の供養について(浄土宗西山禅林寺派)

母が62歳で亡くなりました。 「通夜も告別式も不要」「自分と父(私の祖父)は永代供養にして、祖父のお墓も終わりにする」と今年に入ってから言っており、ご住職にも伝えていたそうです。 母の永代供養については淋しいからと保留にしていて、相談が進まないうちに亡くなってしまいました。 母は金額的な負担とお寺までの距離を気にしていたんだと思います。 ---- ---- 私の気持ちとしては ・母を亡くして淋しい ・お寺が遠いので、頻繁に通うことは出来ない ・永代供養にするとしても、母の遺骨の一部だけ小さな骨壺に入れて、位牌と一緒に家に置いておきたい ・孫の事が好きだったので、私が母としていたように、命日や誕生日、お盆、お彼岸の他、ふと思い立ったタイミングで好きだった物をお供えしたりして身近に感じたい ・母が祖父のお墓参りを小まめに行っているのを見ていたので少しは大好きな母に何かしてあげたい ---- と思っていて…四十九日に母と祖父を永代供養にする前に小さな今風の仏壇の購入を検討しているのですが、以下の質問にお答え頂けないでしょうか。 ※母は浄土宗西山禅林寺派で戒名も頂きました。おそらく数代前からずっと同じお寺にお世話になっています。(母方) 私は長女で兄弟は無く、母の兄はキリスト教になってしまいました。 私の主人は仏教ですが、別宗派だと思います。 (相談できる親戚がおりません) 無知過ぎて、菩提寺の住職に相談前に少しは知識を付けたく。 ---- ・永代供養をした後でも、お家に仏壇と母の位牌、ほんの少しの遺骨を置いておいて良いのでしょうか? ・小さい今風のお仏壇でも、仏壇とお位牌を置くならご本尊は必須ですか?(仏壇のお店で聞いたら無しでも良いのではと言われました。) ・仏壇を置いたらご本尊の有無に関わらず、定期的にご住職をお呼びする必要がありますか? ・ご本尊が無く、母の位牌だけの場合お呼びする必要はないのでしょうか? (むしろご本尊が無いのにお呼びするのは失礼にあたりますか?) ・ご住職をお呼びする場合、お彼岸に亡くなったので毎年の命日とお盆の年2回と思っているのですが、回数が少ないのでお仏壇を置かない方が良いですか? ---- ご住職は仮祭壇しかない状態でしたが、初七日の法要にも着て下さいました。 七日ごとの法要はやめたため、次は四十九日となっています。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

旦那が死去、供養する気が起こらない。

今年の2月に旦那が自殺しました。それもたわいもない夫婦喧嘩で私が子供を連れて実家へ戻り4日後に家に行くと自殺していました。遺書などはなく突発的に思えました。なぜならその4日後には私の両親、おばあちゃん、妹夫婦に私の家族で旅行の予定だったからです。 旦那が自殺後にいろいろなことが発覚し、夫婦で貯めていた貯金が全て使われ、さらに子供の将来のためにと夫婦で貯金した分、子供の児童手当も使われてしまい約200万ほど使われていました。さらに子供の手当てはお義母さんへの仕送り(携帯代をお義母さんが家族分を払い、月々携帯代として仕送りをしていました)として使われて手元に残ったお金は5万程でした。それに借金も出てきました。 旦那は30歳すぎてから社会に出てそれまで司法試験の勉強のために実家暮らしでした。 初めて入った会社がハードな仕事であり夜間にも急な呼び出しがあるような職業でした。そして、私が妊娠中に休職をしました。診断名はうつ状態でした。そこから約1年家で何もすることなく初めは起き上がることもできませんでしたが徐々に活動する様になりました。その間私は今後の不安もあり仕事を掛け持ちしました。うつ状態で休職していることは旦那からお義母さんには黙っていて欲しいとのことで黙っていました。そして、私も出産し子育てに追われて産後クライシスにもなりました。その間旦那は一日中動画を見てお酒を飲み寝ての繰り返しでした。私は産後3ヶ月で子どもを実家に預けてほぼ毎日仕事をしました。 私も子育ても家事もしない旦那に対してキレること多々ありお義母さんへ愚痴も言っていました。その頃お義母さんはまだ休職していることは知りません。さすがに私も誰にも言えないことがストレスになり、もうお義母さんには休職して約10ヶ月経った頃に全て打ち明けました。始めに言われた言葉がなんでもっと早く言ってくれなかったの!それなら息子を実家へ戻すこともできたでしょと...私が一人でずっと子育てに家事、旦那の面倒も見て...だったのでお義母さんからはご迷惑をかけてすいません。って言われるかと思いきや、そんな言葉は一切なく旦那の心配ばかりでした。 今回の件でさらにお義母さんには私が旦那を殺したと言われました。それで旦那に対しても怒りの気持ちが大きく供養する気持ちがもてないです。今年初盆ですが、どのような気持ちで迎えたらいいですか?

有り難し有り難し 45
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る