hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

嬉しいことなのに、地に足がつかないです。

回答数回答 2
有り難し有り難し 9

先日は、錯乱状態で質問してしまい申し訳ありません。
6月末に発達障害だと検査結果が出ました。障害宣告前はこちらの利用で救われていた部分あり、今自分が前に進めることを回答くださったお坊さんにご報告したい部分もありましたが先日は失礼いたしました。

今日相談したいことは
障害診断が嬉しいのに未だに地に足がつかない自分がいることが苦しい、何かお言葉をいただきたいと思います。

診断は私にとっては泣くほど嬉しいことでした。今までの対人関係のつらさが親や精神科医すらも伝わらず誤解され、傷つく言葉を山ほど言われました。原因の解明の嬉しさが一つ。原因の解明で具合が悪くならず生きられる方法がわかることが2つ目の嬉しさ。自分の進路(医師になりたい・理由ありある大学に行きたい)ということを周りが否定しなくなったどころか、強く肯定し始めました。私が進学希望の大学・職業は発達障害者が多いからです。発達障害者の中で生きれば、生きやすくなるという説明でした。そのために治療と特性生かした勉強法などの指導全ていただけることが3つ目の嬉しさ。今まで周りに溶け込むための努力をしてきたことがはっきりと明示され、その努力ができる知能を持ち合わせること故に障害発見が遅れた。悪化させるための治療を受けていた。治らない原因、傷つく原因もきちんと説明されたことが4つ目のうれしさです。普通ではないという観点で悲しさはなかったです。見える希望があまりにも多すぎたからです。

両親も、その他の医療関係者も、教育関係者も、友人にも、理解してくれて、支えてくれている、そんな毎日が私には今も信じられないです。親や医者すらも理解してくれなかった、ひどい言葉を浴びせそれがトラウマになっていた。
貶されて、ゴミ屑以下の扱い受けて当たり前だったはずの人間が、ある日を境にしっかりと理解され、守られ、支えられ始めた…まるでVIP待遇受けている気分です。10冊以上の本を読んでも、何しても発達障害だとわかっている。だからこそ、この急激な変化について行かれていない自分がいます。希望していた医療を受けられる、サポートが周囲から受けられる、そしてそれをしっかりし初めてくれているのに、周りがしてくれていることに私がビックリし続けていたら、なんとなく、周りに失礼な気がして、どう感謝してよいのかわからないです


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

良かったですね

 こんにちは。先日は、あて推量で回答したりして、済みませんでした。その後、以前の問答を拝見したり、コメントを読ませていただいて、「あの時はよっぽどだったのだ」と感じました。また、今回の投稿内容を拝見しても、「良かったなぁ」と思います。
 6月に診断があって、まだ3ヶ月ですから、学校で言えば一年生の1学期でしょう。まだ地に足がつかない、と感じるのも無理からぬことだと思います。どうぞこれから、存分にご活躍されることと思います。
 また、改めて知ったのですが、「診断がつく」ということがものすごく大きな影響を及ぼすのですね。実際のサポート面でも、気持ちの面でも。それこそ人生の方向転換になると。
 医師を希望されているということは、きっと多くの方の人生に関わることになる(研究者の道だとしても)でしょう。その重みを知っている方にこそ、その立場にはついて欲しいと個人的に思います。

追伸
さっそく、私の回答を読んでくださったのですね。ありがとうございます。この時間ですと、お彼岸のお参りの方もほぼお帰りになりました。
さて返信をお読みして、「あて推量でも返答してよかったな」と思いました。「私は、あなたの言いたいことを汲み取れていますか?」という最後の一文を、あなたに贈りたかったのです。しかも、その直前の「理解して欲しい」というのは、貴女の問いかけ(原文)にはなかったこと。私が付け加えた空想です。「そこは違うよ」と教えてくださいました。ありがとうございます。
私は改めて、「アナタの言いたいこと、私は汲み取れてる?」という言葉を、あなたが使いこなせるようになって欲しいなぁと思います。人と関わる以上、とても大切な言葉(つまり態度)です。
あなたの世界が広がり・深まりますように。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

周りに失礼」なんてことはありません

ご自分の個性について理解できたことでスッキリされたことは良かったのではないですか。ご自分を受け入れる第一歩だと思います。周囲の方のサポートに感謝の気持ちを持ちつつ、良い意味で図々しくなれることも大切だと思います。
しかし、一方でご自分の「障がい」という名に甘え、できることすらやらないで逃げるようなことがないよう、謙虚さも忘れずに生活なされてください。
まずは、はっきりとご自分の様子が見えるようになって良かったですね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

質問者からのお礼

邦元様

お言葉いただき、ありがとうございます。
「障害」ということには絶対に甘えないように、精進したいと思います。できるだけ早く、社会適応したいと思います。
「障害」というのも、他の身体障害や知的障害とは違い、社会適応すれば障害ではなくなるというものです。ですから世の中、活躍されている方もいらっしゃる。医師や研究者の中にはたくさんの私と同じ障害を持つ人がいます。発達障害は脳構造の違いがあるだけなので、その特性を生かせば、電気を発明したり、iPhone発明したりした方のようになれる可能性もあります。
普通ではできないような発明や発見、上記の彼らのような偉大なことではなくても、どんな小さいことでも社会の役に立てるような人間になるために試練があったと思ってこのつらい経験すらも糧にして成長していきたいと思います。

佐藤様

こちらこそ、先日は大変失礼いたしました。本当に悲しくてパニックになってしまい、それが原因でこちらへの投稿すらも上手くできなくなってしまったのです。語弊・誤解を与えてしまうことはこの障害の1つの問題点ですので、つらい時などでパニックになってもきちんと上手に伝える練習は絶対にしなければならないです。パニックになって上手く伝えられなくなることで周りに誤解を山ほど与えてしまっていました。特に会話だと、大錯乱状態ではなくても難しくなってしまうことがあるのです。
治療でも最終段階になれば、そのような練習することも出てきます。それまでは家庭内や予備校などの環境調整から入りトラウマ治療がメインです。最終段階前にトラブルが起こったときは困る気もいたしますが、やらなければならないかなり精神的負担のある治療が多すぎてしまい、それを同時並行でやることがまず難しいです。

佐藤様のお言葉しっかりと胸に刻みました。先日は両親すらも「あやちゃんよりも倍以上長く生きてきた俺たち親よりも、あやちゃんはつらい経験しているんだ。今だってまだ無意識のうちにとてもひどい言葉を言ってしまっているかもしれない」と発言があり、その発言にはあまりにも嬉しいビックリ、という感じでしたのでその日は朝5時まで眠れなかったです。

私自身は本当につらいことばかりでしたし、特にトラウマ治療はかなりの精神的負担があるそうです。時々は辛すぎてくじけそうになることもあると思います。ですが今はしっかりとした周りの受け皿もあります。受験勉強の前にその試練に近いものを再び越えなければならないですが、専門家の指導を仰ぎながら、頑張り続けたいと思います。

「心・体の障害と向き合う」問答一覧

障害を受け入れられない主人

はじめまして。 約3年前に結婚をし、結婚してすぐに主人が免疫系の難病と診断されました。免疫が暴走すると自分の筋肉を攻撃し、破壊してしまうという厄介な病気です(筋肉痛が続くようなかんじ)。幸いなことに、肺炎などの合併症などにならなければ死に至る病気ではないのですが、よくなったり悪くなったりを繰り返す病気のようです。 昨年は筋肉が弱ったことにより転倒してしまい、腰椎にヒビが入り、そのまま約半年間入院となりました。 リハビリのため、約1年休職をしていたのですが、この春から職場復帰を目指しています。車椅子からようやく立てるようになりましたが、今は筋肉のバランスが悪いためまだまだヨチヨチ歩きといった状況で、歩きにくい場所や初めていく場所には必ず杖を使って歩くようにしています。 ここからが相談なのですが、主人が「周りに変に同情されたくない」と、杖を持っていくことを拒否しているのです。主人の職場は私立高校なのですが、段差などもあり、完全なバリアフリーではないため、私は心配で仕方ありません。 主人は元体育教師ですので、過去のバリバリ動けていた自分と、今の障害を持った自分とを受け入れられないのかもしれません。 特に、教え子の前で杖をつくことを強く拒んでいる様子で、杖をつくくらいならもう一年休職したい、と言っています。 もちろん、もう少し休めば完全に良くなるのであればそうしたらいいと思いますが、難病のため絶対に良くなる保証もありません。 わたしとしては、今後長く付き合っていかないといけない病気ですので、はやくプライドを捨てて、杖を使い安全な状態で復職して欲しいのですが、 頭ではわかっていても、心で受け入れる、ということができていない主人の姿をみるとなんと声をかけていいのかわかりません。 お坊様であれば、どうやって説得をするか、アドバイスをいただけないでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

自身の強迫性障害による罪の償いについて

https://hasunoha.jp/questions/44463 約半年前にこのようなご相談をこちらでさせて頂きました。(あまりに文章が長くなってしまうため、こちらにURLを添付させて頂きます。申し訳ございません。) ここで言うお地蔵様に対する残忍で残酷なイメージ(強迫観念)とは、強迫性障害によるものですが、ただ本当に思ってしまったことはまるで殺人者のような事でした。 「死ね」や「殺す」などを何度も心の中で叫びながら、何度も何度もお地蔵様に残酷な事をしているのです。本当にイメージの中では、自分はまさに殺人者のようでした。 最初はまだ軽いイメージなのですが、そのイメージを掻き消したい!自分は違うと思いたい!と思うが故にその残忍なイメージは膨らんでいき、それを再び掻き消そう(強迫行為)と思うと、"その"イメージの自分に一旦同化して、これは違う!(自分ではない)と思う必要があるため、どんどん悪化していき、最終的には手に負えない程の残虐なイメージとなってしまいました。 その後も、何故いつもこうなんだ、なんでこんな事になってしまったんだ、と思うと(これも強迫性障害のせいか分かりませんが)、何故かお地蔵様に怒りの矛先が向いてしまい、お地蔵様の死のイメージが一瞬浮かんでしまい、本当に自分は人として最低最悪な人間なんだと思いました。 そこで、本当にお地蔵様に謝りたいと思うのですが、それがまた強迫行為につながると思うと怖くて出来ず、自分でもこのまま行くと強迫性障害の地獄の輪の中から脱することができないと思い、思い留まりました。 そこでこちらで親切なお坊さんにオンラインで何度か個別相談させてもらい、 「それは優しいお地蔵さんだから思っても良いんだよ」 「それはお地蔵さんが一緒に苦しもうと言ってらっしゃるんだよ」 と言って頂き、この半年間強迫行為をせずに必死に耐えてきました。 その甲斐あってか、今まで一生背負っていくとさえ思っていた強迫性障害がほぼ完治と言って良い程に良くなりました。 ただやはり自分が殺人者のような気持ちが未だ拭えず、また、あの時にお地蔵様に思った事が許せず、許してもらえているとも思えません。 毎日心の中には靄がかかったようで、心の底から笑う事ができません。 本当に、僕はどうすればこの地獄の輪の中から脱する事ができるでしょうか? 僕は、どうすれば良いでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

これからどうするか

今回、朝起きるのは相変わらず遅く、一人暮らしする人の起き方ではないと言われてしまう。 元三人姉妹の次女だった妹と母と今の妹と楽しんでいる夢を見ましたが、その頃には二度と戻れません。私のせいで母と実の妹が仲が悪くなった。 怒られる自分も悪いですから嫌だと言える立場ではないですよね。 今の自分には、一人暮らしは、無理だと言われました。お金を使いすぎたり、学費を無駄にして、嘘までついて、態度も悪いし。 精神科では、適応障害が見てもらいたいけど先生がやめられ、なかなか難しいところ。 まだ、大人として働いておらず、あんたこれからどうするの?同級生はみんな働いてお金をためていると。 グループホームに入れお前がいると母さんが悩むし、うるさいし、迷惑だから 私には一人暮らしも稼ぐことも、人として生きることもできないのでしょうか お聖天様のおみくじのメッセージには、たまを磨かずば光らん(自分を磨いて、かわりなさい)と去年と同じことをいわれました。 私には、グループホームの道しかないのかもしれないです。 お母さんは、許してないのに私が裏切っても信じてなんとか一人暮らしさせようと思っていて、母の先輩方もいつも相談に載ってくれて、私を応援しておりました。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る