お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

煩悩

今、私は「女性とお付き合いしたい」「癒されたい」「寂しさから逃れたい」などといった『煩悩』??とでも言えばよろしいのでしょうか、そういった感情・欲求が激しい状態でして、非常に悩まされています。

そこで私が今考えているのが、現在、悩まされている『煩悩』を理性で律したいというものです。

以前、どこかで聞いた話なのですが、『煩悩』=『欲望』だとして、それがある状態から無い状態に変わったとしても、「有」への執着が、「無」への執着に変わっただけで、本質は何一つ変わっていない、というお話を聞いたことがあります。

ですので、私はそういった『欲望』を無くすのではなく、理性で律していきたいと考えています。

そこで、皆さんにご質問なのですが、私のこの悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?どう対応したらよいのでしょうか?

また、このような悩みに対してアドバイスをしてくださる埼玉県内のお寺などはないでしょうか?
私の希望としては、プチ修行のようなものを体験してみたいです。

どうぞ、宜しくお願い致します。

追記:車は持っていないので、電車で行ける所でお願い致します。また、住んでいる所は春日部市です。

有り難し 21
回答 2

質問投稿日: 2015年9月20日 9:38

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

まず、それは煩悩ではない
心情です。
そういう欲求です。
純粋なものですよ。
そう知ることが「理性」ですよ。

『煩悩』=『欲望』ではありません。
そういう風に説く仏教はいんちき仏教です。
そういう人の教えは悟っていないから信じちゃダメです。迷うばかりですよ。
何故なら、欲望はエネルギーだからです。
欲望=煩悩ならば、「生きたい」も煩悩ですかい?
チガウでしょう。
ぶっちゃけ「欲望」=「煩悩」だと思っている、僧侶は多いと思いますが、厳密には違うという事をよく見抜いてください。

『「有」への執着が、「無」への執着に変わっただけで、本質は何一つ変わっていない』
この話も、まるでシロートさんです。
理屈は一見するとご立派ですが、邪法極まりない。
何でもかんでも執着ではないのです。
あなたがこの画面をスマホ、タブレットでみている。
そこから他に目を向ける。それは執着でしょうか?
また別のところに目を向ける。前の事がすっかり残っていない。執着でも何でもありません。
仮に執着だとしても、すっかりその執着が断たれている。それは、人間の行為に何でもかんでも「執着」というラベルを張り付けただけの思考で、そういう縛られた小さな思考をこそ執着というのですよ。
煩悩という事が分かっておられずに、何でもかんでも煩悩にしてはいけません。
あなたを煩い悩ます思い。
それがしたい、欲せられたときは煩悩ではないはずです。
それが、かなわないことが苦しい。そのギャップが煩悩として生じているはずです。
そこを見極めてください。

3年11ヶ月前
回答僧

大慈

煩悩の定義は学派や宗派、お坊さん個々人によって多少の広さ狭さがありますが、『煩悩』=『欲望』というのは誤解を生みがちのように感じております。十二縁起でいう煩悩とは『無明』と『愛』、そして『取』とされています。

どういうことかと言いますと、「女性とお付き合いしたい」「癒されたい」「寂しさから逃れたい」と感じた段階ではまだそれは『認識』ですが、それは生物の進化の結果ですから当たり前なのです。そういった認識の全てを解決してしまったら植物人間です。仏教はそんな境地を目指してはいません。

そうではなく、認識を追いかけ回して膨らませてしまうことによって苦が生じると考えるのが仏教です。その膨らんでいくものが『煩悩』です。具体的に『愛』は『渇愛』とも言い、「もっと欲しいもっと欲しい」(もういらない、嫌だも表裏一体)の『もっと』の部分に当たります。『取』とは取捨選択の取といっていいでしょうが、愛からさらに一歩進み「これは良い(悪い)物」のような評価をつけたり、あるいは「いらないから壊す」「あいつはクソッたれと悪口を言う」のような行動です。そして『無明』とは根本的な仏教的無知のこと。煩悩が何物かもわからず「煩悩反対!煩悩は辞任しろ!」と叫んでも結局は煩悩(愛・取・無明)をもう一周、活性化させているだけです。

さて、じゃあどうするか?

実はこれはトレーニングあるのみなのです。身体の行い・言葉の行い・意識の行いに正しい精進を繰り返し繰り返しさせて正しい癖をつけるしかありません。理性で律っするとおっしゃっていますが、水(心)の流れを律するのに水(心)をバシャバシャやってもどうにもならんのです。土(身体)なり木(言葉)なりで水の流れ道を作ってやる…そうすると自然と水は真っ直ぐ流れます。だから我々僧侶は修行するのです。理性でどうにかなるなら出家など必要ありません。

埼玉県内のプチ修行のできるお寺さんにつきましてはページ最上部の「お寺」一覧や「お坊さん」一覧をご参照ください。各宗派の違いは水、土、木のどれをとっかかりにして修行を始めるかという点に過ぎませんが、結局、向き不向きでシックリきたり来なかったりするので色々試してみられると良いでしょう。最終的には良い指導者に出会えるかどうかですしね。

3年11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答ありがとうございます。
私は現在、「女性とお付き合いしたい」「癒されたい」「寂しさから逃れたい」などといった感情・欲求が激しい状態で、非常に悩まされているということは、大慈さんのおっしゃられてる「認識」を追いかけ回して膨らませている状態なのだと思います。

大変、参考になりました。ありがとうございました。
プチ修行の件まで、アドバイスいただき、ありがとうございます。

また、せっかくの大慈さんのご回答の半分ぐらいしか理解できなく、勉強不足を感じます。
申し訳ありません。

また、機会がありましたら、ご回答のほど宜しくお願い致します。

丹下 覚元さん、ご回答ありがとうございます。

『煩悩』=『欲望』じゃないということは、よく分かりました。
ただ、その他の部分が私には難しく、よく理解できませんでした。

分かりやすくいうと、どういうことなんでしょうか?
私はどうすれば、よろしいのでしょうか?

理解できずに、本当に申し訳ありません。

「煩悩」問答一覧

  • 煩悩も欲も消そうとする必要はない。この世の理(ことわり)だから。 煩...
  • 乗っけから乱暴ですみません。 ここでしか言えないので。周りの人は、 ...
  • 私の煩悩について 男性 20歳代
    こんばんは、いつも質問に答えていただきありがとうございます。 2つ伝えた...
  • 人の煩悩を 女性 40歳代
    いつもありがとうございます。 ハスノハで相談するようなって、人間にはいく...
  • 煩悩 無回答 50歳代
    煩悩がいかによくないことであるかは解ったのですが、人生苦しむことなく、つま...
  • 煩悩 女性 40歳代
    煩悩とは欲の事を示すのですか?自利? それなら「ひとの役に立ちたい」「優...
  • 煩悩とエゴ 女性 30歳代
    仕事の相談でメールや電話をしても無視するくせに私のメールの返信が少しでも遅...
  • 私の中学生の時の「将来の夢」は、「動く植物を開発すること」でした。 一番...
  • 初めてhasunohaを訪れた際、アカウントに『私の煩悩:』を記す欄があっ...
  • 煩悩とは 女性 40歳代
    煩悩を無くすように努めると、喜怒哀楽等の感情も薄れるように思います。 煩...
「煩悩」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ