hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

自分に甘くて何も続かない

回答数回答 4
有り難し有り難し 52

私は8月に新しいバイトを始めたのですが8月いっぱいでやめてしまいました。理由としては、
・やりがい、モチベーションがない
・先輩バイトが苦手
・仕事のやり方がきっちりしていて細かく指摘されるのがウザい。
・マニュアル通りの仕事が合わない
と言ったような感じです。

自分でもこんなことで辞めるなんて甘いと思っています。辞める時にも店長に「責任感持って働いて」と怒られました。
さらには後日給料を頂きに行くと交通費が含まれておらず、再度頂きに行くと「こっちは制服代も払ってんだからふざけんなよこの野郎」と交通費を放ってキレられました。
私は1ヶ月でやめて迷惑もかけてるし怒られて当然と反省しています。

しかしこのことを友達に話すと「最初に制服代も交通費も出すって言ってるからそんなの当たり前でしょ!なんでそんな言い方!?」と怒ってくれました(;_;)

友達の言ってくれたことはとても嬉しいのですが、この発想がゆとりなのでしょうか?どちらが悪いか決めて欲しいわけではないですが、みなさんはどういう風に思うのかが気になります。ご意見聞かせてください。

そして、私は今まで習い事や部活も長く続かず継続力がありません。その上忍耐力や我慢もできません。楽しくない、辛いと感じるとすぐやめてしまいます。

次のバイトを始めるにもまたすぐ辞めてしまうかも…と考えると働く気になれず、また迷惑かけるかもしれないと思うと怖いです。怒られたこともあってか、完全に自分に自信をなくしました。

働く気にもなれませんが、お金も必要なので働きたいです。どうしたら次に踏み出せますか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

厳しいことを言います。余裕のあるときに読んでください

私は店員100人規模の小売店で、20人の加工場のリーダーをしていました。店長に近い視点から書きます。

そもそも本当にお金が必要なのですか?バイトしないと家賃が払えないとか、学費が払えない、食っていけないという人はそんな理由で簡単に辞められません。辞めるにしても、次のバイト探しに手間取ってもある程度は食っていける貯えができるまでは我慢します。収入への認識が甘いから続かないし、先輩に我慢できないのです。世の中に「あぁ、楽しい楽しい」と思いながら働いてる人なんてほっとんどいませんよ。みんなそれぞれに理由があって我慢しています。あなたにはその理由が無い、もしくは理由をしっかり受け止めていないのでは?

人事生産性という言葉があります。職場で1人あたりいくらの売上を生産しているかという数値ですが、研修期間も終わっていないド新人の人事生産性は0円でさえありません。マイナスです。制服は上下なら1着1万円前後しますし、面接や採用の手続きにかかる人件費や事務費が発生し、研修に関わる先輩の生産性も半分以下になります。それらに賃金を加えれば、あなたが一ヶ月たたずに辞めただけで職場は数十万円の赤字を出してるのですよ?そんな人間が10人も集まればたいていのお店は潰れます。あなたは「迷惑もかけてるし」とおっしゃっていますが、これだけの迷惑をかけたことを分かっていますか?部活や習い事とは次元が違いますよ?交通費を支給しないのは契約違反ではありますが、店長がキレて当たり前です。

ただ、ここでつまづいたのはあなたがゆとりだからではありません。子供だからです。実際に辞めるかどうかは別として、認識が甘いという意味で、昔から誰もが通る道ではあるのです。そしてみんな誰かに叱られて、大人になっていきます。

お金が必要な理由は高尚である必要はありません。私には遊ぶ金欲しさでハングリーに働く頼もしい仲間がたくさんいました。しかし、あくまで「本当にお金が必要なのか?」という点をしっかり受け止めてください。本当に必要なら誰に説教されずとも、優しくされずとも次に踏み出せます。踏み出さずにいられなくなります。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

自分をやりに行っているからいけない

あなたは仕事の時も完全に自分モードだから仕事にならないだけなのです。
職場なのに、オフィシャルな場所なのに、自分の家にいるような感覚として働いているのではないでしょうか。
これをセルフモード、プライベートモードと致します。
職場ではオフィシャルモードに切り替えるべきなのです。
公私混同はいけません。
公私混同をしないことこそ修行です。
完全な公を生きるという事をあなたはまだやったことが無いだけなのです。
わたくしというプライベート目線であるから、良し悪しが生まれる。
「自分にとって」の「良い悪い」が生まれる。
究極の「おおやけ 公」になってください。
公 は たてに読むとハムです。
ハムづくりも私情がそこに加われば、やれ残酷だ、殺生だ、可哀想、私情がそこに介入されハムづくりどころではありません。
あなたが感じる感情は真実です。
ですが、そこに気持ちを強く注ぎ過ぎるからこそプライベート心情に足を引っ張られるようになってしまうのです。
「自分をやりに行って」いませんか?
そこで為すべき事を「公」に行うのが、プロへの道です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

楽しくないからお金をもらえる、プロのわざを盗める

楽しいことなら、お金を払ってでもやりたい。
バイトは、逆にお金をもらう仕事であり、楽しくないこと、辛いことをやるからこそ、お金をもらえる価値が発生するのです。
楽しくないこと、辛いことがあるときこそ「私はお金をもらえる値打ちのあることをしている」と思ってください。
仕事は、楽しくなくて辛くてもよいのです。
仕事以外の余暇で楽しみをみつければよいのです。
もちろん、仕事仲間や上司と楽しく仕事できる場合もありますが、そのためには長く続けてかわいがってもらえる仲間になる必要があります。
辛い時期を乗り越えて継続すると、余裕もでてきて楽しく仕事できる可能性があります。
続けた者しにか見られない景色、長く続けないと到達できないポジションもあるので、それを期待して挑戦してみてください。
バイト経験は、将来の就職や、家事にも役立つことがありますしね。
架空でよいので、自分の夢をイメージするのもよいです。
たとえば、飲食店でバイトするとき、将来は自分の店を出し社長になると想定して、バイト先から色んなノウハウを盗むつもりで仕事すると、面白いです。
せっかく、プロの仕事を毎日見るチャンスがあるんですから。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

高橋是清、酒井雄哉大阿闍梨も

いろいろ経験を積まれたらよいのではないですか。そんなに悩むことはありません。

お坊さんの世界では酒井雄哉大阿闍梨、歴史上の偉人では高橋是清などなど、確固たる立場を築くまでに辛酸をなめ続けた人は数多くいらっしゃいます。

大きな、致命的なミスさえなければ、「やめてくれ」と言われるまでのことです。真面目に取り組む必要はあるでしょうが、結果がついてこないことは誰しもあるものです。結果として駄目でも経験は残るのではないですか。

仏教は因果(原因があって結果があるという考え)を説くのですが、因果だけを説くのではありません。もう一つ縁もがあるので、頑張ったから、能力があるから、必ずよい結果が出るとはいえないと考えます(逆もまた真なりです。棚から牡丹餅が縁があれば落ちてくるわけです)。

縁という偶発的な条件にどうしても左右されるのが結果なのだから、仏教は、結果についてあまり問わないところがあります。では何が大事かというと、動機です。何をしたかではなく、何をしようとしたかということを大切にします。この部分さえしっかりしていたら、いつか必ずよかったと思える日がきます。それまではうまくいかなくても、努力してください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

「自分に甘い・怠け・厳しくしたい」問答一覧

八方塞がり、、

25歳女フリーターです。 努力をせずに生きてきたせいだと思います。 親に正直な気持ちを伝えられず何も相談出来ず、将来の夢も隠しながら生きてきました。高卒で学歴もなく、なりたかった夢も諦め、自信をなくして、上手くいかないことですぐに挫けて、甘えているんだと思います。同じ役者の夢を持った高校の友達と田舎から上京し、ルームシェアをしていました。ですが全く家事をしてくれない友人が嫌でルームシェアは一年ほどで解消しました。それから2、3年夢をそのまま追い続けましたが、美人だった友人は夢を叶えて成功していることをネットなどで知り、不細工でスタイルも悪い自分は上手くいかないし、結局容姿はどうしようもなくて、ということで諦めました。自分はもう夢を諦めてフリーターをしています。その友人が大きなトラウマで人と比べては落ち込んで自分が情けなくなって人を信じられなくなって誰に対しても本音を言えなくなりました。最近ネットの趣味繋がりで新しくできた友人は自分より勤勉で努力家で大学を卒業し、年下なのにきちんと正社員で働いています。それなのに自分は、と思うと情けないし甘えているし、さっさと田舎に帰るべきなんでしょうが、実家に帰ると全てが終わった気がして堕落して生きていく自分の姿が思い浮かんでしまい、東京にいます。1人の方が自分の世話をしなければならないので、まだ自立している感覚があるのでしょうか。それに縋っているだけのような気もします。それでも1番のネックは学歴だと思い、せめて好きなイラストやデザイン関係で、専門学校をに行こうと一念発起し、掛け持ちをしながら学費を稼いでいましたが、今回のコロナウイルスによる自粛のせいで働いてた勤務先は倒産し解雇されました。学費は払えず入学も断念し、今はやっと見つけた求人でスーパーで仕方なく働いています。 自分が全て悪いのは分かっています。でも誰にも相談出来ずに、もう疲れてしまってすぐ泣いてしまいます。どうしようもなく自分に腹が立ちこの前初めてリストカットをしてしまいました。他の友人は辛いと言いながらも頑張って仕事をして生きているのに私はお金がなくなると親に頼ってしまうし、コロナは仕方ありませんがそれも元はと言えば私が正社員としてきちんとした稼ぎがあり地位があれば問題はなかったのです。もうどうしたらいいかわかりません。何も誰も信じられなくなってしまいました。孤独です

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

好きなことすら習慣化できないです

昔から物事を自主的に長く続けられた試しがありません。計画的にこつこつやる、ということが出来ず何かと後回しにしがちです。 趣味で小説を書いています。ネットで公開したり、同人誌を作り年に1〜2回イベントに参加しています。 最初の何年かはそこそこ順調にやれていました。同人誌作りという慣れないことへの慎重さもあったからだと思います。 しかしこうした活動を続けているうちに、元々の悪癖が出始めました。適当な塩梅にする加減を知ってしまったことで原稿の執筆を後回しにし、〆切直前に慌てて書き上げて入稿。次の本こそはスケジュール通りにと次回のイベントを定めるも、前回はあれくらいで何とかなったしと執筆に取り掛かるまでがまた遅れ出す……という悪循環にはまりました。 あの時さっさと書き始めないと間に合わなくなることは分かっていたのに、それでも手に付かなかった。集中できなくて、ちょっと書いてはやった気になって後回しにしたと、〆切前に半泣きで連日徹夜をする羽目になります。 そうなってくると執筆自体がなんとなく面倒くさいことに思えてきて、〆切のない作品を進んで書くことまで減ってしまいました。ではやはり〆切を作れば、とイベントに参加するとまた悪循環が始まる。 恐らく、物事を習慣化できない自分は、自主的に計画的にこつこつやらなければならない小説には、一番向いていない人間でした。 ですがこうして10年もだらだらと続けてきてしまったので、また書き始めた頃の楽しさを味わいたいという未練があります。それにもし、今度こそスケジュール通りに執筆できるようになれば、他のことだって習慣化できるようになるかもしれないという漠然とした希望もあります。こうしたことを何となく望んでいることもやっぱり良くないのかもしれません。 人が初心に帰るためには、どんなことをする必要があるのでしょうか。この三日坊主で面倒をすぐ後回しにする性質を直すことは、やはりもう無理なのでしょうか。 同人現役者にこの手の話をすると、しばらく遊んでやる気が出た時にやればいいじゃんとか書き始めればなんとかなるみたいな流れになりビール追加で終わってしまうので、しょうもない話ではありますが良ければ助けていただきたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

怠惰な発想を克服する

以下、長文となります。 わたしは、怠惰な人間です、 最低限の効率で、及第点を取れればいいや、という発想が深く身体に根付いており、継続的な努力ができません。 そのくせ、理想に近付きたいという欲求も強いため、怠惰な自分と、理想の自分が激しく乖離しており、悩んでいます。 大学時代は、まだ、性格のコンプレックスや将来不安をエンジンに、仕事への漠然とした憧れをアクセルにして努力できていたので、乖離は小さかったようです。 成功の指針は、わかりやすく、経済的成功でした。資本主義社会なのだから、稼いだ人間こそが成功者であり、強者なのだ、というわけです。 ところが、いまは、①コンプレックスも緩和され、②仕事もある程度流れは掴めたので憧れ自体はなくなり、③金を稼ぐ、ということにも強い動機を見いだせなくなりつつある自分に、気づいています。 金を稼ぐ、という点についてですが、もともと、タワマンに住むとか、シャンパン開けてお姉ちゃんをはべらすとか、ぜんぜん興味ありません。 ふつうに欲しいもの買うぶんには、今の給与で全く問題ない、ということに、気づいてしまった。千円足らずで色々なものが美味しく食べれて、清潔な環境が整備されている日本て、本当に、凄い国だと思います。 FXで稼ぐやり方も、だいたいわかってしまった。トレードも、いったんわかれば、実業で稼ぐより、効率がいいということも、わかってしまいました。 そういうわけで、最近は、ただただ怠惰です。 でも、最低限の効率で仕事こなして、空いた時間はベッドでゴロゴロするのが至高の人生だ、というまでは割り切れないのです。 やっぱり、専門性を追求して、人脈を広げ、実業で成功している人はかっこいい。今の私のように、上から降ってきた仕事をサバいてるだけの働き方は、ラクだけど、このままだと、やはり先々後悔するような気もする。でも強い原動力はなく、身体が動きません。 バリバリ仕事している方の動機付けって、一体何なのでしょうか? 最低限の効率で及第点を取れればいいや、という怠惰な発想って、やはり、どこかエラーがあるとおもうのですが、どう克服すべきなのかも、わかりません。 今後の生き方に、何らかの示唆をいただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

休み癖、サボり癖が治らない

はじめまして。今まで怖くて誰にも相談できなかったので、誰かに聞いていただければ何か変わるかも、と思い質問させていただきます。 タイトルの通り、サボり癖、休み癖が治らず困っています。 中学1年生の時から不登校になり、中学は殆ど行けていません。高校も通信制の高校で登校が自由だった為課題のみを提出しに行くような状態でした。 その後専門学校に進み、その学校は遅刻欠席に厳しいところでしたが数ヶ月に何度か休んでしまうという状況で、今はパートとしてサービス業に就いて3年目になります。 最初の頃は休みもなく働けていたのですが、ある日今日は行きたくないな、と思い突発でお休みを取ってから、ここでも休み癖、サボり癖が付いてしまいました。 月に3日は必ず休んでしまい、最近は多いとき月に5日など休んでしまいます。 おやすみの電話をするたび、社員の方が大丈夫?お大事にね、など声をかけてくださるのが申し訳ないです。社員の方も、もうずる休みだと気付いていると思います。 休んだ日はもう次からは絶対に休まない!と思うのにふとまた目が覚めると今日は行きたくないな…と思い休んでしまうことが多いです。 パートの為、お休みするとその分お給料が引かれることも分かっています。ただ仕事に行くとなるととても気持ちが重くなるのです。行ってしまえば、早退もせず普通に働いて帰ってこられるのに。行くまでが辛いです。 この休み癖、サボり癖は、職場の人間関係も悪くない為、また実家に住んでいるから衣食住は安定しているし大丈夫、と心のどこかで思っている私自身の甘えだということも、なんとなく気付いています。 でも、同じように実家で暮らしているのに毎日きちんと仕事に行けている人もいるのに、なぜ私はそれができないんだろうと凄く悲しくて、情けなくて自己嫌悪が凄いです。 仕事を終えて家に帰ってきた母に、体調不良で休んだと嘘をつくのももう嫌です。全て自分の甘えが悪いことも、理解しています。それでも変わることができなくて困っています。 支離滅裂な文章ですみません。でも、誰かに聞いてほしくて投稿しました。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

"辛い" が癖になってる

特に大きな苦しいことは無いはずなのに ちょっとだけ嫌だったことをなんとなく自分の中で大袈裟にしてしまって 勝手に誰よりも苦しいふりをしてしまいます。 死にたい とか 自分が嫌い って 思っていたいんです "今日は楽だったな"みたいな自分が明るい気持ちになったのに気付くと いや、私は普通の人と違って何事にもネガティブに考えなくちゃいけない 死にたくなっていなきゃ私は心がおかしい子だから って修正したくなって そうするんです。 "今日楽しちゃったってことは明日はとっても辛いんだろうな" とか。 でも そのせいで失敗しちゃうこともあるんです。 ずっと暗くて否定的な考えでいると、 よく人を傷つけるような発言をしてしまったり強く当たってしまったり。またそれで自分を嫌いになれます。 今日 また 人を傷つけちゃった とか 話ができる人は身近にいません。 いないというより、したくないに近いです ずっと苦しく居たいので、あまり話しません。 誰かに話したら 私は苦しくなくなってしまう 本当はちょっとでも苦しんでる私に気付いて欲しいけど 心配なんてされたら 幸せになってしまう 幸せな私なんて 私は愛せない 少し考えて 私は救われたいのかな 今までの苦労を誰かに気付いてもらったとき こんなにこんなに頑張ったんだねって して欲しいのかな と思いました。 なら 誰かに話して肯定されたら 私は苦しく居たくなくなるのかな? とも思いましたが なかなか今の私には想像できません。 辛かった思い出を引きずって生きて その辛さが今まで心を満たしてきた 最近は少し環境がかわって 辛いこともそれ程頻繁に思い出さなくなった でもその代わり なぜか心がからっぽな感じがして 私には 友達もいて 好きなこともあって もしかしたらもう本当は幸せで救われているのかもしれない そう思うことはできても 確かに私の心がその思考を許しません。 死にたいとか自分を愛してないとか この思考のどこまでが本当の気持ちででどこまでが嘘の気持ちなのかとか、いろいろわからなくなっていました。 私は苦しみたいままでも いいのでしょうか? 周りを傷付けずに 自分だけ苦しいふりを続けることは できるでしょうか? すみません、要点があやふやでよくわからないですが、自分なりに頑張りました。読んで下さるととっても嬉しいです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る