hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

五色の糸の意味を知りたいです。

回答数回答 2
有り難し有り難し 25

わたしは、子どものときに、藤原道長様が亡くなられる前に、五色の糸を手に繋がれて極楽浄土へ旅立たれていったという話を本で読んで、わたしも死ぬ前に、五色の糸を手に繋いで、極楽浄土に旅立ちたいと願うようになりました。
そこでお尋ねしたいのですが、五色の糸にはどういう意味があるのですか?
すごく知りたいです。
よろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏様の救いを現しています

まずは五色の意味から。青黄赤白黒(しょう・おう・しゃく・びゃく・こく)の五色のことを指します。青は緑色、黒は青色というややこしい名前ですが、昔ながらの色の名前です。ただし名前そのもの、名前の読み、実際の色、色の組み合わせ、それぞれの色の意味合いもいくつか種類があるようです。私自身もいまいち把握し切れておりません。ウィキペディアには以下のようにあります。

>五色(ごしき)は、仏教において如来の精神や智慧を5つの色で表す。青・黄・赤・白・黒が基本となる五色だが、青・黒の代わりに樺・紫・緑などを含める場合など差異がある。

今の日本ではお寺の大法要の時に五色の幕として目になさることが多いでしょう。
http://www.kyoto-ranzan.jp/news/090325c.html

あるいは国際仏教旗としてご覧になることが多いかもしれません。
http://www.jbf.ne.jp/interest/symbols.html

意味は国際仏旗のリンクに書いてありましたね。面白いのが最後の「樺は仏さまの聖なる身体を包む袈裟の色で、〈中略〉インド、タイ、ビルマ等のお坊さんがこの色の袈裟を身につけています。」とありますが、樺色は黒とされることもありますので黒衣、あるいは青とすれば厳密には群青ですので紫衣にも通ずるのですねぇ…う〜ん深い…さらには木蘭のお袈裟にも通じると…

南方ではタルチョと呼ばれる旗として見かけることが多いでしょう。
http://nepaling.zening.info/kathmandu/Dscn1331_m.htm
これは檀信徒さんがお寺に奉納するものです。日本でもたまにエスニック雑貨店で売っています。

幕にせよ旗にせよ、この五色が風に揺れるほど世界に仏教が広まり、人々が幸せになるとされています。

さて、次に糸は救済の象徴であり、結縁の象徴です。平安時代ごろには仏像や仏画の手から糸を伸ばし、それを私たちが手にとってお祈りすることで、仏菩薩の救済を願いました。
http://blog-imgs-44.fc2.com/s/e/i/seikadou/img04.jpg
今でもお寺の本尊さまから本堂の外まで伸ばすことがたまにありますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み)。仮面系お坊さんYouT...
このお坊さんを応援する

臨終行儀ですね

西方極楽浄土への往生(阿弥陀仏が臨終の瞬間に迎えに来てくれて極楽浄土に生まれさせてくれる)を願って、臨終のときに特別なセッティングをして、念仏しながら看取られて死ぬ方法があります。
「臨終行儀」と言います。
日本では平安時代から流行っていたようです。
臨終を迎えようとする患者は北枕、顔を西向きに(右側を下に)寝て、患者の西側(患者が見ている方)に阿弥陀仏の像を安置し、その阿弥陀仏像の左手に結んだ五色の糸を患者の手に結ぶ。
阿弥陀仏と患者がつながっているイメージを持たせるのです。
なぜ五色なのか、私も勉強不足ではっきりとはわかりませんが、
五という数と手で思い浮かぶのは、五大です。
仏教では、手の五本の指に、小指から順番に地・水・火・風・空という五大(物質のもつ5つの性質)の名前をあてることがあります。
たとえば、人差し指を「風指」と呼ぶなど。
また、お盆のときの施餓鬼という儀式で、五智如来、五如来という五体の仏様を意味する五色の幡を立てる習慣があるので、五色の糸も五如来に関係するのかもしれません。

臨終行儀は、臨終のときに念仏するのを励ます効果があります。
しかし、そのようなセッティングをしなくても念仏すればよいのです。そもそも、いつ死ぬかはわかりませんから、今日の平生の念仏(普段の念仏)が最後の念仏(臨終の念仏)になるかもしれない。
今・ここの念仏が、生き延びれば平生の念仏になり、念仏の次の瞬間に死ねば臨終の念仏になります。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

五色の糸の意味がすごくよくわかりました。
素敵な意味があるのですねぇ。
ご紹介してくださったサイトも素敵なものばかりで、とても感動しました。
大慈様。ありがとうございます。

五本の指に、地・水・火・風・空っていう物質の名前をあてるっていうお話を聴いたとき、とてもうれしくなりました。
なんていうか、いつも自然と一緒っていう気持ちになって、ワクワクします。
わたしは、地指(さっそくあてた名前を使いました)が好きです。
それと、平生の念仏を大切にしますね。
願誉浄史様。ありがとうございます。

「仏教全般」問答一覧

離檀について

私の実家の菩提寺との関係にについてご相談です。 昨年末に実父が亡くなり葬儀を行いましたが、お布施の金額や住職の振る舞いが納得できるものではなく、離檀を考えております。 お布施の金額についてお伺いをたてたところ、60万円。お車代2万円×2人分を請求されました。お布施とは、そもそもお気持ちであり、金額を提示されるものなのでしょうか、また葬儀は30人ほどの小規模のものでしたが、脇導師もいらっしゃいました。菩提寺ではない近隣の寺からいらしたようです。2人必要なのでしょか? 戒名は一番下のランクで葬儀社の方も驚いていました。実家周辺の同じ宗派の寺の中でもかなり高額とのことです。 今までにも、年期法要など毎回、かなり多くのお布施を要求されています。お布施をお渡ししたときに私たちの目の前で、お布施の中身を数え確かめたこともありました。 住職として信頼できないこと、菩提寺には墓がないこと(自宅近くの公共の墓地に墓はあります)今後、これからもかかるであろう高額な費用を捻出することも難しいので離檀を考えています。 離檀の際にお気持ちはお支払いしますが、離檀料として30万円もの金額を支払う必要はありますか? (先日、49日の相談をした際に〝今後のお付き合〟と書かれた用紙を渡され)盆暮れの付け届け○〇円、年季法要お布施〇〇円 等と書かれている用紙に離檀料25~30万円との記載がありました。 嫁ぎ先もたまたま同じ宗派ですが、もっとこちらの話に耳を傾けてくださいます。地域が違えば色々と違ってくるとは思うのですが、どうなのでしょうか

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

病弱でもボランティアがしたい

私は病弱で、精神も患っていますし体も患っています。臓器もボロボロで、28歳でそこそこ若いのに身体能力はもう老人のそれです。いや、下手をすれば健康な老人の方がもっと体力があるかもしれません。けれど、そんな自分でも人助けがしたかった。そして私はある結論に辿り着きました。 それは、今の現代を支配している「ゲーム」という文化を使ったものです。自動演算(わかる人に言えば連射コントローラー)をしてくれる機械(ちゃんとアマゾンでも発売されている正当な品でゲーマーなら愛用者も多く、違法性のものではありません)を使い、寝ている間にオートで作業を行ってもらい、長い作業時間に対して確率1%を下回るレアアイテムを入手したら、それをSNSを使って無償で誰かに配布する行為です。 これならば「自分の得」を削って誰かに譲ることそのものをボランティアにしているため、体力を使わなくて済みます。つまり、私は人に譲るためだけにこの作業を黙々と続けているのです。人を喜ばせることに、何か自分の魂の行き先に必要性を感じ、それを行うことに自分も喜びを感じているからです。 これは仏教的に言ってなんらかの「行」にちゃんとあてはまっているでしょうか。また、己の中の仏をちゃんと育てることができているでしょうか。なまじ、ゲームというエンターテイメントを使ったものなのでこの質問をすること自体に対して不安はありますが、よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

奉仕活動で解脱を目指すこと

私はバガヴァッド・ギーターというインドの聖典が大好きで、その中に「奉仕活動によって解脱ができる。それは行よりも有効な手段」という記述があります。私の夢は解脱とみんなが幸せな世界であり、そのためにボランティア、人助け、世界のためになる選択肢を選ぶことが大好きです。 しかし、達磨大師はこう言われました。功徳(つまり私でいう、解脱を目的としていること)のために寺を建築したり写経したりしても新たな煩悩を生むだけであり無功徳であると。これは、解脱という利己的な目的を持って人を助けたり救ったところで自分は何も得られるものがない、ということなのでしょうか。 奉仕活動によって解脱を目指すというのはシク教やヒンドゥー教的な考え方のはずで、確かに私は若い頃にいっぱい罪を犯したためその分、誰かを助けたり誰かの役に立ったりよりよい世界を作るために努力することは損得を抜きとして心から大好きです。しかし、その先で自分も解脱したいという利己的な抱きがあるのもまた事実です。 私のしていることは、解脱を目指す上で無駄なのでしょうか? 私の行いで誰かが喜びを味わったり救われたりしているので、それは決して無駄なことではないのは確かなはずです。しかし、やはり達磨大師のおっしゃられたことにも一理あるので、そこがずっと引っかかっているのです。例え自分に得が無くとも、奉仕活動自体は好きなのでそのスタンスは崩さないつもりです。 私はちゃんと正しい方向へ進めているでしょうか? よろしくお願いいたします

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ