hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

明日からどのように生きていけばよいでしょう…

回答数回答 8
有り難し有り難し 152

何度も質問すいません。
地獄の種類など書かれてるのがありますよね。
くわしくこれをしたらこういう地獄でこういうことされるみたいな…
すごく苦しそうな罰が書かれていました。
前の質問の虫を殺すなどではありません。

しないようにとそれらをいろいろ見てたのですが1つ2つこれもうしてしまったんじゃ…といった内容のことで堕ちる地獄が書かれていたのです。

お釈迦様は知らず知らずやってしまった罪のほうが重いなどとおっしゃられたらしいですよね。

てことはもうどれだけ良い行いをしたとしてもすでに許されるすべはないってことですか?

残りの人生私はこの地獄に行ってこういう罰をうけるんだ…と思いながら希望すらなく生きていくしかないのでしょうか?

過去は変えられないことぐらいわかってます。許される方法など存在しないのでしょうか?罪が許されるのであれば出来る限りはなんでもしたいです。
お釈迦様は一度罪を犯した人間がどれだけ悔いてもけして許してはくるないのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 8件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

千手観音行

これから行うべき修行を課題として提供いたします。
まず京都にお住まいでしたら三十三間堂など、千寿観音さまがいらっしゃる御堂をお参りしてください。
そしてそこで願掛け、誓願をなさってください。
「かならずや千の良いおこないを積みます」と。
千手観音さまは、千の手がありますが、身体から手が千本生えている、というより、千の行い、千の仏行を積んだお姿である、と心得てください。人間もそういう生き方をすることでそれがオーラ、後光のように見えるのです。
あなたも百でもいい、二百でもいい、一日七回、一週間で49回でもいいです。
ちょっとしたことでいいので善き事を具体的に実践してみてください。
実はあなたはすでに、勇気を持って質問されたことで、十人以上の方から「有り難し」という評価を頂いています。
これは、あなたの質問が、同じ悩みを抱えていた方のお役に立った、功徳を積んだという事です。
社会的にもあなたの質問が役に立った、功徳を積んだ、善行を積んだという立派な事なのです。
十の功徳で十の手ですから、十手観音行を積んだことになります。
最後まで誰かの話を聞いてあげるだけでもいい。
道や席、機会を譲ってあげるだけでもいい。
優しい言葉を話すだけでもいい。
にっこり笑ってくれるだけでもいい。
それだけで、三手観音、四手観音、五手観音です。
手で行うことばかりではなく、表情、言動、態度、返事、挨拶、心をこめて行えばあれば、どんなことも功徳になります。
ちゃんと、相手のためを思って、させて頂くという気持ちで勤めるのです。
そうして功徳を積んでいけば、今の晴れない心が、必ず晴れてきます。
まずは「できた」と思う事を49までは毎日、数え記しながらやってみてください。
そして、たった今、あなたに必要な大切な一手、
それは「あなたを悩んで苦しめないであげる」事です。
自分で自分を、苦しませないことも功徳でしょうに。
ここで「これ以上、悪く考えて自分を苦しめるのは、もうやめよう」と口に出して念じてみて下さい。
それだけで、一行。実際に暗い事や悪いことを考えなければ二行、三行、性格も変われば大功徳を積んだことになります。
数にこだわる必要はありませんが、今日から千手観音行をコツコツと修してみてください。
かならず心が晴れやかになるでしょう。 あなたが行を達成され、心晴れやかになりますことを祈っています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

阿弥陀さまは、こんな私たちを一番に心配され、喚んでくださる。

先ほどは、阿弥陀さまの お話をしましたが。。。私たちは、生涯終わるまで 無くなることがない煩悩を抱え、まさに地獄へ一直線。もちろん、私もです。

阿弥陀さまは、こんな私たちを一番に心配され、どんなことがあっても救う!と、喚んでくださっています。

今まさに 届いている、その お心を疑わず、おまかせします(南無阿弥陀仏)と喜べるのなら、生きている 今この瞬間に、浄土へ往生させていただけることが決まるのです。
これは、浄土真宗 の教えで、親鸞聖人は このように受けとめられ、この世を安心して 力強く生き抜かれたのですよ◎

私は、僧侶であり、真宗門徒でありますから、阿弥陀さまの 私を喚んでくださる温かい声に、嬉しくて嬉しくて 涙が出るんですよ。ありがとうございますと、自然と お念仏が出るのですよ。ありがたいことです。私も、こうして、御恩報謝の中、生きております。親鸞さまと同じように安心の中で◎

直接、お説法を聴かれるのもいいですよ。せっかく、身近に学ばれているのだもの。学校の宗教の先生にも、聞いてごらん(*^_^*)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、中学生の息子の母親...

お釈迦様は、罪を責めたりはしませんよ。

お釈迦様は、罪を責めたりはしません。
罪を犯した事実は関係ありません。
お釈迦様は、心を問題にします。
なぜなら、仏教では心が世界を作り出すと考えているからです。
のえるさんは、罪を罪として反省してらっしゃいます。
尊い心です。

お釈迦様が知らず知らずにやった罪の方が重いと仰ったのは、
知らなければ、それを省みることが出来ないからです。
その省みることが仏道です。

お釈迦様は、全ての人の行いを許し、認めて、
のえるさんの命そのものを讃えて下さいますよ。

人は、幸せになるために生まれてきたのです。
のえるさんがしあわせを実感したとき、
過去の行いは全て、自分が幸せになるための種だったと変わります。
過去の事実は変わりませんが、
過去をどうとらえるかは、刻一刻と変わっていくものです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


45歳 独身 銭湯通い 浄土真宗の僧侶だけど、「中観派です」って言って...

負けないよ、必ず救う

のえるさん
とても不安な気持ちが強いようですね。

たしかに、罪の種類によって堕ちる地獄が分けられているようです。
そして、仏教では知らずに犯した罪の方が重いとされています。
ひとつの罪も犯さずに一生を過ごすことは不可能に近いことですから、ご覧になった記事のように誰もが地獄に堕ちる条件を満たしているのかもしれません。

けれど、仏には限りない大慈悲があります。
私たちを地獄に堕とすために、戒律があるわけではないと思います。

浄土真宗の正信偈というお経にこう書かれています。

「不断煩悩得涅槃」
『人の煩悩や罪を断たないまま、悟り・救いが得られる』

「雲霧之下明無闇」
『私たちの煩悩が厚い雲のようであっても、仏の救いの光はその雲を突き抜ける』

「大悲無倦常照我」
『仏の大慈悲は飽きることなく常に我々を照らしている』

つまり仏さまは「私は、あなたの罪や煩悩には負けないよ、必ず救う」とおっしゃっているのです。
きっと他の宗派のお坊さまも、安心できる教えを説いてくれると思います。

のえるさん。
地獄を信じるあなたになら、仏さまのお慈悲も信じられると思いますが、いかがでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

南無阿弥陀仏ですよ^^

こんにちは、浄土真宗の者です。

私たちにどうにもできないことは阿弥陀様に任せてしまいましょう。
私はお任せしています、どんな死に方をしてもいいと思っています、通り魔に刺されて死ぬかもしれないですし、病気で苦しんで死ぬかもしれません、地獄に落ちたっていいと思っています、私にはどうすることもできないことを思い悩む時間がもったいないでしょう^^

悩む時間を捨てて人生楽しみたいですからね^^

私にどうすることもできないから、阿弥陀様にすべてを頼むのです。
「頼んでのに思った通りになってなーい」って後出しジャンケンで文句言うようならそれは阿弥陀様を頼りにしていなかった証拠です^^

任せてしまえば楽になりますよ。

それに生き物を殺さずには人は生きられませんよ、私たちが口にするものは水以外、何らかの命ですから、スーパーで買ってきたものでも間接的に殺しているようなものです。
のえるさんは罪悪感を背負って生きるのではなく、食べ物になってくれた命に対して感謝するように意識してみませんか

今まで殺してしまった虫や、何か悪いことを言ってしまった事を悩むなら、仏様が「それじゃだめだよ」って地獄という表現で諭されているのだと理解できませんか

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私達は本当に悩んでいる事は、なかなか相談する事ができませんよね、私も10年...

自分に素直に生きて下さい。

のえるさん、あまり人に言われたことに
惑わされないでしっかりした自分を持ち
素直な気持ちで生きて下さい。
自分で良いか悪いかを判断することも大切です。
一つ一つ人に聞いてばかりではいけません。
自分の心に問いただして下さい。
あなたのその不安になる心の原因は何なのでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

今からが大切です

のえる様へ

残念ながらその後どんな良い行いをしたとしても、その罪は許される、チャラにはなりません。
しかしそのことに気づき、今からどのように生きていくのか
ということが大切なのではないでしょうか。

あとお釈迦様が許すと決めるわけではありません。
お釈迦様はその罪を追求したり、なにかをするわけではありません。

こころを見ています。
罪を感じ、自分を改めてどのように生きていくべきか
その問いに向かって考えながら生きていくことが大切ではないでしょうか。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

私も僧侶の端くれですが・・・

 申し訳ありませんが、のえるさんが書いた話は今まで出会ったことがありません。あなたが出会ったその書物は本当にまともな書物でしょうか?我々の宗派ではそのような極端なことが示された書物が過去に出版された経緯があり、今では差別図書として回収を進めております。ひょっとしたら、それらの書物を参考にして編集された書物かもしれませんので、思い切って捨てることをお勧めします。
 仏教伝道協会から出版されている「仏教聖典」を読むことをお勧めします。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

「これからの人生どうしたらいいか」問答一覧

人に必要とされる存在になるには?

ご覧いただきありがとうございます。 とても大切だった方とお別れしました。理由は、私の年齢が健康な子供を授からない可能性があると、彼のご家族に反対され、説得ができないからというものでした。 私は彼という存在が好きでした。いることが嬉しかった。長い間憧れ続けて、彼から告白されたときには今までの全てが報われたような気持ちでした。 以前に一度、彼からお断りをされていたため、私は別の人とのご縁に目を向けるよう何年も努力をしてきました。でもどなたともご縁がなく、いろいろと諦めていたところの幸せでした。彼との時間は、私なりに精一杯大切にしてきました。 私と関わってくださったこと、彼には感謝しています。 でも、情けないことに気持ちの落ち込みが止められません。心にぽっかりと穴があいたような、とはこういうことなのかと実感しています。体に力が入らず、ふとした時に涙がこみあげてきます。 悲しみに負けたくありません。不安や焦り、孤独に負けたくありません。 私はこれからは、もっと真剣に、人に必要とされる存在になっていこうと強く思いました。そしてできるなら、必要としてくださる方と結婚して、一緒に生きていきたいです。 いつも多くの方々に寄り添ってくださるお坊さま方。皆さまはまずどんなことから始められましたでしょうか?また、そのような存在でい続けるために気をつけていることはありますか? どうかご助言をいただけませんでしょうか? 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

愛する家族のために諦めることも大切なのか

まだ暑い日が続きますが少しずつ秋に向かって時間が経っていることを実感します。元妻にLINEでのメッセージを送っても返事はなく既読になるのも4~5日後くらいしか目を通してもらえず、子供達との連絡も以前にも増して少なくなりほとんどなくなってきました。私にとってはとても寂しいことではありますが、3人の生活から私の存在が消え始め、新たな人生を歩みだした証なのかなと思うようにしています。私自身も孤独な生活にも少しずつ慣れることができ、それと同時に私の心にも少し変化が現れてきました。私が家族のためにできることは、今は経済的支援しかないのだと思えるようになってきました。家族に対しての愛情は微塵も変わっていません。子供達との関係性を保ち、電話での連絡をとりたい気持ちは変わらず強いですが、その気持ちを抑えてあげることも、前科のある父親が家族を守ってあげられる方法のひとつなのではないかと思えるようになってきました。私が思うに、私は存在を消して家族を支えてあげることが、一番家族にとって暮らしやすい方法だと思います。人間何事も諦めず頑張ることが大切です。ですが、時には諦めることも大切なのではないかと思います。 私は元妻の思いや意向を知る術がありません。もしかしたら元妻はそれを望んでいるのかもしれません。元妻の思いは弁護士が一番ご存知だと思います。弁護士に委ねることが家族にとって一番いい方向導いてくれるのだと思います。私の気持ちは以前と変わりはありませんが、電話での連絡が家族を苦しめるのであれば、父親として最後に家族を守ってあげられる方法のひとつだと思い、どういう方向に向かうかは分かりませんが諦める心も作っておくことも大切かと思っています。あとは弁護士さんが私と元妻の意向をどうまとめるか次第ですが、どうなっても受け止められるよう心構えをしておきたいと思います。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

これからの日々を

突然すみません。 どうかよろしくお願いいたします。 私は40代の既婚者です。 既婚者ですが関係が続いている 大切な存在の30歳になる彼がおります。 彼は寺院の跡継ぎで副住職をされています。 父上にはかなり厳しく育てられたと話していました。 彼の心優しい人柄に心惹かれ、3年前から お付き合いは始まっています。 彼は髪を剃髪しなくてもよい宗派なので モテるそうです。私の他にも何人もセフレと言う彼女たちが何人もいますが、その事を聞くと 絶対に認めません。 私は2017年の7月に彼との赤ちゃんを 身ごもりましたが、彼にも、誰にも 言えないまま、昔お世話になった 助産師さんだけに相談し悩みに悩んで、 抱っこはしてあげられない、と一人、病院へ行き命の芽を摘んでしまいました。 彼には半年後伝える機会があり 伝えました。なんで言わないの? おろしたの!? と言われました。 ものすごくありえないタイミングで (彼のが半月もお腹で待っていてくれました) お腹に来てくれたので お腹に宿った時は検査する前から、何か 光を感じて、いると、わかっていました。 仏教では堕胎は殺人と同じだと聞きます。 大切な人の赤ちゃんだったので とてもとても辛い日々でした。今でも自分を許せません。ある人から男の子だったよ。 と言われ涙が止まりませんでした。 命取られる覚悟で産みたかったです。 毎日想わない日はありません。 毎朝お水と手を合わせています。 命日もお盆も過ぎて考えます。 赤ちゃんがたったひとりで待ってるので 早く逢って抱っこしてあげたいにと思ってしまいます。 彼が、どのような気持ちなのかは きちんとは、なかなか聞けませんが お寺という家で父上に厳しく育てられ、 外見や他の人たちには、すごーく、 温厚な人のように見えているようですが 私に対しては酷いです。口調も悪いし 怒ると大きい声で罵声浴びせられたりします。 今、関係はあまり良くないです。 他の彼女たちと上手く行ってるのでしょうかL連絡も無く既読無視されています。 彼の心の中はどういう風に思っているのか、 もう彼を傷つけたくないし、私はこれからどのようにして生きて行ったらいいのか悩んでいます。強く優しい人で居たいんです。 わかりにくい乱文をお許し下さい。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

これからどう生きていけば良いですか

夫と夫の家族を見下してしまいます。これからどういう心構えで生きていけば良いのでしょうか。 つい先日、夫の不倫が発覚し、関係修復に努めている最中ですが、お盆時期なので義父の遺影にご挨拶に行こうとしたところ、義母が私と会いたくないと言っている事がわかりました。直接は聞いてはいませんが、私との関係に疲れてしまったというのが義母が私に会いたくない理由だそうで、夫には、「お前は可愛げ一切ないからな」と言われました。 義理の姉からも数年前から無視されており、ここまで来ると、やはり私に問題があるのだろうと思うようになりました。 いろいろ考えましたが、私の中に、夫や夫の家族を見下す気持ちがあるように思います。息を吸うように嘘を吐きながら自分を正当化してマウンティングしてくる義母や、一般常識を知らない夫(夫は20代後半になって大学、大学院に行きましたが、会話のない家庭に育ったからか、干支を知らないなど、一般常識に欠けるところがあります)のことを、意識的、無意識的に批判したりバカにしたりしてきてしまったことのツケが、自分に戻ってきたように思います。 夫曰く、夫の不倫の原因も私にあるそうで、今更関係修復できるとは思えないと言われました。 今までの自分を反省し、自分を変えたいと思う反面、自分ばかりが悪者になっている今の状況に納得いかない部分もあります。このドロドロした思いを、どうしたら手放すことができるでしょうか。 私は、このまま生きていても、良いでしょうか。ふとした瞬間に、死んだら、楽になれるかなと頭を過りますが、こどもを遺して逝けないため、何とかして前を向いて、生き続けなくてはとも思います。 今のところ私自身は夫への愛情がありますし、子供のことも考えて離婚は選択肢ではないため、少なくとも夫との関係は修復できればと思いますが、どのような心で今の状況に向き合えば良いでしょうか。

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

これからの人生に安心したいです

私は死後への不安があり、死ぬことが怖いです。 というのも自分自身、胸を張って良い人間であると言いきれない、むしろ性根の悪い人間だと自覚しているからです。 そういった人間は極楽浄土、所謂天国には行けないというイメージがあります。 私は昔は明るく元気でいつも人の輪の中心にいるような存在でした。困っている人には進んで助けになりたいと思っていました。 自分で言うのもなんですが、私は子供にしては人望もあり、正義感に溢れていて、またそんな自分の事が好きでした。 ですがいつの間にか堕落し、人と対面するのが苦手で、目を見れない、自分をよく見せようと虚言癖がある、大切だったはずの存在を傷付けて、楽な方へ逃げて逃げて孤独になり今の私はいます。 自分の事が大嫌いになりました。私には人には見せられないどす黒い心があります。 そんな私がこれから何か頑張れば贖罪になるのか、そして何か得る物はあるのか、過去の過ちから死後の行先は地獄なのだろうかと。とても不安にかられます。 今になって思えば善い行いだと、人助けだと思っていたことも自己満足でありもしかすると自分の行動に自惚れていただけなのかもしれないと思います。 こんな私は極楽浄土に行く事ができるのでしょうか?独りになった今遠い先の答えだけが不安です。 人生に安心が欲しいんです。 元々あまりスピリチュアルな事は考えた事は無いのですが、今は極楽浄土に行きたくてお寺で南無阿弥陀と唱えてみたりもしましたが、自分の中での不安は消えません。 簡単な答えでも構いません。どうすれば死後、極楽浄土、天国に行けますか?また、どうすれば過去の過ちを許されるのでしょうか? ご回答お願い致します。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

心を入れ替えるにはどうしたら良いですか

はじめまして 現在20代で1歳の子供がいます。 数ヶ月前に夫が転勤になり関東から田舎の方へ転居致しました。関東に戻ることはないようです。 もともと転勤する予定はなくこれから先もこの土地に住むのだろうと思っていたところ転勤になりました。夫の身内の会社です。 関東にいた時、初めは専業主婦でしたが診断は受けていないものの育児ノイローゼのような状態になりこのままではいけないと 保育園と仕事を探しました。無事保育園も仕事も見つかり職場の方にも恵まれ仕事に慣れてきたころに転勤になりました。 職場が好きだから離れたくない、私の分の収入が減る生活をしたくない(元々夫の収入だけでは貯金もできません)また子供と二人きりの生活になるのが辛い 色々な気持ちがありました。夫には嫌なら着いてこなくてもいいし離婚しても良いと言われました。 ですが私だけの収入じゃ生活できません。子供も夫が大好きだし悩みましたが引っ越しました。 引っ越してから自分で決めたもののお金が無いこと、交通の便が悪くどこにも行けないこと、子供と一緒にいるのが辛い、保育園も空きがない、知り合いも近くにいない、色々なことでいっぱいいっぱいでもう明日が来るのが嫌で死んでしまいたくなります。 もっとちゃんと収入のある仕事に就いていれば 子供を育てられない人間だとわかっていれば 夫と出会わなければ 生まれてこなければ とたくさん後悔ばかり溢れてきて毎日眠れず涙ばかり出てきます。 こんなことばかり考えていても意味が無くもっと前向きに考えなければとわかっています でも心の切り替えができず毎日毎日怒ったり泣いたりもうしんどいです。 心を入れ替える方法はないでしょうか? よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

助言下さい。 生き詰まってます。

1歳なる前に父親と離れ長男として母親の実家で母親の兄家族と祖母と母親に育てられた。 母親の兄は私を実子の様に愛情深く父親として愛情を注いでくれた。 その後、小5から母親と二人で住み、俗に言う不良少年の幼少期を過ごし、甘えに甘えた結果、20歳の時、社会に反した刑事罰の報いを受ける。 それを機に仕事に目覚め学歴コンプレックスを励みに収入を物差しに仕事人間になる。 23歳の時、当時付き合っていた彼女に妊娠が発覚し、いわゆるできちゃった婚で24歳で結婚。 育ち柄ら早く温かい家庭を持ちたかった願望もあり、生き甲斐とプレッシャーの結婚生活をスタート。 26歳で独立、2年間で6000万の借金を完済し、会社を売りその後収入アップの向上心から人生二度目の起業。 結果、2年余りで自己破産。 その後、次女が産まれる。人生の底に気づくも家族の為、這い上がりたい一心でサラリーマンから再スタートし約2年後、とある会社従業員30名の会社を2年で100名規模の中小企業まで成長させ、三年で取締役まで登り上げ、人生の最絶頂で収入も家庭も幸せに登り上げた時に、ふと家族との距離を感じ、自分は何の為に頑張ってたのか?社員や部下との距離まで感じ、社長の指針まで疑いを感じ、『孤独』の絶頂期に鬱病になる。 その時に三人の娘を母子家庭として育てていた女性と知り合いその後、相手の妊娠が発覚。結婚もしていて子供も居る自分を踏まえ中絶を確認するも相手の意思は産むと。 産まれて来る子供を認知する覚悟と自分が起こしてる事実や誤ちを踏まえて、妻との婚姻関係にケジメをつける為にその事実を妻に伝えるも妻は離婚は希望せず、別居もせず同居したまま続けていた。 鬱病が悪化し勤めていた会社を急遽解任。仕事も家族も破滅状態となり結果、離婚もし現在、長女の意思もあり長女と二人で暮らしている。 長女と次女は離れ離れになり、元妻と次女が二人で暮らし、お互いに子供達の事を考え、徒歩10分ぐらいの距離で住んでいる。 認知をした子供の母親とは、お互いに子供達の事を考えて再婚する意思はない。 自身が招いた複雑過ぎる人生に焦りと迷いと後悔が重なり精神的にも体力的にも限界を感じ、責任を果たす為に唯一残された選択肢の生命保険を充てに、自殺しか自分に果たせる選択肢がない。 他に選択肢や生きる意味や意義があるでしょうか? 行き詰まってます。助言下さい。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る