hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

反省について

回答数回答 3
有り難し有り難し 17

はじめまして。唯と申します。

私はクリスチャンの両親に育てられ、
形ばかりですが、洗礼も受けました。
今は、教会に行くことも殆どありませんが、
子供の頃は、
クリスチャンとしての躾を受けました。

何か悪い事をすれば、お説教され、
どんなに悪い子だったかお祈りをさせられて、
それからお仕置きを受けました。
好きな物を食べる事を禁じられたり、
外出禁止や、時にはとても痛い思いもしました。
事の善悪を教えて頂いた事には感謝しています。

年齢的に、自分で自分を律する立場になった時、
気が付いた事がありました。
それは、
自分が犯した罪を告白し赦しを乞う事はしても、
十分な『反省』が出来ない、しない、と言う事です。
お仕置きされて、お仕置き嫌さに悪い事をしていなかっただけだと、気付きました。
牧師様に尋ねても『祈りなさい』と言われただけでした。

機会があり、ほんの少しですが仏教の教えに触れる事がありました。
『慚愧』について聞いた時、
益々、反省の出来ない自分に落胆し、それから、
どうしたら反省の出来る自分に変われるかを、
考え続けています。

仏教における『罪』の意味や、『反省』するための考え方など、教えて頂けないでしょうか?

宜しくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏教には罪と罰の概念がありません

私の文章を受け止めていただきましてありがとうございます。このHasunohaで本当に救われているのは私たち僧侶だと感じています。

トマトを食べるのに過去は関係ありません。ただ、今、食べるか食べないかの問題です。またいつでもご質問ください。

思いついた本をご紹介ます。どの入口からでもO.K.です。全て読んでくださいという意図はありません。アマゾンはURLが長いので他の所から集めます。ご了承ください。

〇とりあえず仏教入門なら
古今東西の仏教を歴史から思想まで網羅的に解説されています
http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-253173/

〇お釈迦さまの一生
文調が若干、説明説明しています
http://7net.omni7.jp/detail/1103027391

〇弟子や信者の視点からお釈迦さまを描いたコミック
http://7net.omni7.jp/detail/1106352842

〇お坊さんの世界:活字版
臨済宗のお坊さんによる本です。軽妙な文調で楽しく読めます。文庫版もあり。
http://7net.omni7.jp/detail/1102291948

〇お坊さんの世界:コミック版
臨済宗のお坊さんの妹さんによるコミックエッセイです。全二巻
http://7net.omni7.jp/detail/1102820594

〇日常生活と仏教
臨床心理士でもあるお坊さんによる本。私と同じ宗派です。読まなきゃなと思いつつまだ読んでいませんがアマゾンのレビューが良かったので
http://7net.omni7.jp/detail/1106333453

〇法句経をさらに詳しく読むなら
それぞれの詩のエピソードが紹介されています。高価なのが残念。
http://7net.omni7.jp/detail/1102829448

〇西遊記で有名な三蔵法師のモデルとなった人のコミック
とある青年が志半ばで倒れた兄(僧侶)の後を継ぎ、歴史に名を残す僧侶へと成長する姿を描く。ライトなBL要素がありますが、アレルギーが無ければオススメです。
http://7net.omni7.jp/detail/1101620812

〇もし辞書が必要なら
http://7net.omni7.jp/detail/1101909250

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

生まれながらに救われている

悟りから離れた行為がつまりは「戒」から離れた行為となるのでしょう。しかし、罪となるかどうかと言えば、それはないかもしれません。

例えば悟った人は、感情的に人を殴ったりしません。それは自分と他人を分けて考えず慈悲の心で接しているからです。別の存在としては捉えていないからです。

別の存在でなければ、人のモノを盗もうなって気はおきませんよね。

それを我見でとらえるから人のモノを自分のモノにしたくなり「盗み」という行為になるわけです。とても愚かなことです。
しかし、罰があるわけではありません(法律的にはありますが)仏教は罪人であっても誰もが救われる(救われていることに気付く)宗教ではないかと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

自分の愚かさ(煩悩)に気付く

懺悔(浄土宗ではサンゲと読みます)は、過去の罪をリセットするようなもので、重要です。
自分の愚かさ、心にある煩悩(悩み苦しみの原因)に気付くことが第一でしょう。
「能常念仏者能常懺悔人」(常に念仏する者は常に懺悔する人である)という言葉があります。
罪深い我々でも念仏すれば救われる、という教えが前提にあります。
罪深さをを自覚して仏様に救いを求め念仏(仏様の名前を呼ぶ)するとき、そこには懺悔が伴います。
念仏し懺悔する度に、名号(仏様の名前)という剣で、過去の罪をスパスパ斬ってリセットするのです。
私なんか、毎日、身体と言葉と心で悪いことを行っていますから、毎日懺悔しないといけませんが。
救いを求めることと、自分の愚かさを痛感することは、連動します。
牧師さんの「祈りなさい」も、もしかしたらそういう意味もあるのかも。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

御回答を賜り、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
また、御礼が遅くなり申し訳ございません。仏教について無知でしかも宗教の違う私に、とても解り易く諭す様なお言葉。自らの心の奥と対話する素晴らしいきっかけを頂きました。

願誉浄史 さま
>自分の愚かさ、心にある煩悩(悩み苦しみの原因)に気付くことが第一でしょう。
本当にその通りだと思います。
煩悩に気付くこと。同じ煩悩を何度も何度も抱いてしまう事が少なからずあります。それでも、諦めず向かい合い続け、少しずつでも悪行から遠ざかる事が出来るよう努力したいと思いました。ありがとうございました。

邦元 さま
>生まれながらに救われている
目から鱗、と申しましょうか、とても不思議な、安らかな気持ちになりました。大慈さまも書いて下さいましたが、キリスト教では原罪(生まれながらして罪を持っている)と教えられてきましたので、常に苦痛の中、善き行いを続けなければならなかったからです。
>自分と他人を分けて考えず慈悲の心で接しているからです
悟りとは何かについて、正直何もわかりません。それでも慈悲の心を培いたいと思いました。仏教について、もっと多くを知りたいと思います。ありがとうございました。

大慈 さま
まず、仏教とキリスト教の違いについて、解り易く教えて下さり、ありがとうございました。
>戒は「守る」べき法律ではなく「持つ」(たもつ)べき生活習慣
正直に申します。この言葉を読んだ時、涙が止まりませんでした。これまで自分に何が足りなかったのか、何に囚われ、何故に苦しんでいたのかを、遠回しにではなく毅然と教えられました。
>「あらゆる現象には原因と結果がある」
これまでの自分は、結果しか見ていなかった事を教えて頂きました。原因が分からなければ反省など出来ない。そのまま進めば『悪でみたす』人生を送ってしまった事でしょう。人生も半ばを過ぎてしまった者でも、これから『心ある人』になれるでしょうか?新鮮なうちに、トマトを食べる事が出来るでしょうか?
>友松円諦『法句経』
その他のお釈迦様の言葉に触れ、知ってみたいと思い買い求めました(Amazonは偉大でした)。時間を忘れ、何度も読みました。聖書よりも真剣に読んだ気がします。基礎知識すらない私には、解らないところも沢山ありましたが、序の最後に友松円諦師が書かれたように、『甘露味を二、三滴すいとることができるであろう。』の言葉は真実でした。

他人の邪曲を
観るなかれ
他人のこれを作し
かれの何を作さざるを
観るなかれ
ただおのれの
何を作し
何を作さざりしを
想うべし

誠実に生きたいと思います。
トマトを腐らせないように。

仏教を、もっと識りたい、触れてみたいと思います。まずはhasunohaさまの中で色々と読んでみます。
分からないときには、また質問させて下さい。宜しくお願い致します。

大慈 様

もし、これを読んでみては?と思われる書物がありましたら、教えて頂けませんでしょうか?
今回は本当にありがとうございました。

「仏教全般」問答一覧

仏教とは?

こんにちは。私はとある信仰宗教の元信者です。その宗教ではその宗教のお経を毎日よんで、法名といわれるものをおさめ、つどいと称される会合に参加し、弥勒山という山に登ります。勧誘してきた人は私の20年来の付き合いのある方で、その信仰宗教をとても心から信じていました。しかし、私はこの信仰宗教に違和感を感じていました。職場の方に話してもら辞めた方が良いという回答でした。また、旦那が私には居ましたがその宗教を毛嫌いされ、彼の親族にも激怒され縁をきられてしまいました。私は今実家で幸せに暮らしています。仕事も頑張って居ます。勧誘された方は癌で若くして亡くなりました。彼女は最後までその宗教を信じていましたが、私も彼女もそのお経を毎日読みましたが、私は離婚し、彼女は命を失いました。これのなにが幸せなんでしょうか。私には弟が居ます。まだ若くこれからどうなるか分からないですがきっと結婚するだろうと思います。義理の妹は果たして私の事を理解してくれるかと不安になり、檀家になってるお寺のお坊さんに相談しました。その方は瞑想会をしていて、瞑想すると涅槃の境地に近づけるとの事で、私は毎日するようになり、瞑想会にも参加するようになり、元の信仰宗教は辞めたい。と彼女の旦那さんや支部長に言って辞めさせていただきました。しかし、彼女には本当にお世話になったし、お経を読まないと瞑想出来ない脳になってしまったので、辞めてもお経は読んでいるし、彼女のお墓にお墓参りに行こうと思っています。信仰宗教で出会った方々とはまだLINEで繋がっています。このままいくとまた、戻ってしまうかどうか心配です。私は幸せになりたいからやってるんではありません。ただ、お墓参りして、お経読んで、瞑想して、線香あげて。私は仏教なんて全然知りません。お経の意味も分かりません。でも、これから勉強したいと思います。信仰宗教であげてるのは簡易なもので独自の解釈がされていて本質ではないと思います。瞑想の檀家のお寺のお坊さんも良い方ですが、わたしが涅槃までいけるかどうかは分かりません。こんな私は社会から見ておかしな人間なのでしょうか?仏教ってなんなんでしょうか?お経読む事でしょうか?墓参りする事でしょうか?瞑想する事でしょうか?私は宗教を理由に仕事休んだ事はありません。信仰宗教勧誘は一度しかやった事がなく、家族からも止められてるので今はやってないです。

有り難し有り難し 35
回答数回答 4

最後の言葉「ありがとう、また会おう」

長文で失礼致します。 急ぎの相談ではありませんので、お時間のある際にお話いただければ幸いです。 もう1点、伺いたいことがあるのですが、お坊さま方もお忙しいと思い、別の機会にさせていただきます。 父親のいなかった私たちを、親代わりになって育ててくれた祖父が先日他界しました。 母や叔父と叔母にとっては、優しくも厳しい一面もある父親だったそうですが、孫全員には優しく頼もしく接してくれて、「いい思い出」しか残っていません。 ここ数年は持病が悪化し、コロナ禍ということもあり、楽しみにしていた大勢で食事を楽しむ機会を設けれなかったことだけは心残りです。 入院先の配慮で、最後にお話をする機会があり、駆けつけた祖母・母と叔父・叔母、孫全員と話をすることができたのが幸いです。 「遅くまでいると迷惑がかかる」と祖父に促され、亡くなる前日の別れの際にかけられた言葉が印象的でした。 「じーちゃんが死んだ後、コロナが収まったらな、ばーちゃんに会いに行ってやってくれ」 最後まで祖母を思う優しさ、そして。 「ありがとう……また、会おう」 この言葉は、もしかすると生きて会えるのは最後とわかっていて、「来世」でまた会おうという意味だと私は受け取りました。 葬儀をお願いした元々ご縁のあるお寺のご住職も、「今の別れは、ゆくゆくは浄土で再会するまでの一時的なもの」とお説法をされていたので、受け取り方は違ってなかったのかなと思うのですが、いかがでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

初めて知った事に対して、怖いです

三尸(さんし)とは、道教に由来するとされる人間の体内にいると考えられていた虫。三虫(さんちゅう)三彭(さんほう)伏尸(ふくし)尸虫(しちゅう)尸鬼(しき)尸彭(しほう)ともいう。 60日に一度めぐってくる庚申(こうしん)の日に眠ると、この三尸が人間の体から抜け出し天帝にその宿主の罪悪を告げ、その人間の寿命を縮めると言い伝えられ、そこから、庚申の夜は眠らずに過ごすという風習が行われた。一人では夜あかしをして過ごすことは難しいことから、庚申待(こうしんまち)の行事がおこなわれる。 日本では平安時代に貴族の間で始まり[1]、民間では江戸時代に入ってから地域で庚申講(こうしんこう)とよばれる集まりをつくり、会場を決めて集団で庚申待をする風習がひろまった。 道教では人間に欲望を起こさせたり寿命を縮めさせるところから、仙人となる上で体内から排除すべき存在としてこれを挙げている ウィキペディアからコピーさせていただきました。 こちらの文章を読んだ上でご質問させていただきます。 質問ですが・・、本当に3匹の虫が体の中に入っているのでしょうか? とある小説でこのような事を知りました。 正直、今までこんな事知らなかったので、怖いです。 60日に一度めぐってくる庚申(こうしん)の日に眠ると、この三尸が人間の体から抜け出し天帝にその宿主の罪悪を告げ、その人間の寿命を縮めると言い伝えられと wikiに書かれていますが・・・、 寝ないで1日越した方がよいでしょうか?あまりいい気分がしないので教えていただけると嬉しいです・・。 お坊さんの方々もこの日は何か特別な事はやってらっしゃるのでしょうか?

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る