hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

母の死を乗り越えられません。苦しくて苦しくて耐えられません。

回答数回答 2
有り難し有り難し 124

私は、脳卒中の後遺症のある母と一緒に住み、仕事の打ち合わせに出る以外、毎日母の介護をしておりました。
その母が体調を崩して入院し、合併症で長期入院してましたが、良くなってきておりました。
ですが、新たな合併症を併発してしまい、突然亡くなってしまいました。
いっぱい苦労かけさせてしまいましたので、後十年生きて欲しかったんです。そんな願いも、叶わぬ願いだったことが悲しいし悔しくて。
二十一日参りが良いと聞いて、毎日神社参拝続けましたが、結局このような結果となり、胸が張り裂けそうです。
後追いまで考えそうですし、生きる気力がないし、生きる意味がないと思えてなりません。
この苦しみから抜け出す方法を考えると、おのずと自殺の結論に至ってしまいます。喪失感と絶望感だけが残りました。
お袋一筋で介護してきた結果、こんな結末を迎えるなんて、ひどすぎます。
お袋を見ると、思い出が走馬灯の様に思いだし、咽びなく自分がいます。
母が亡くなったことを受け入れらくて、この苦しみが耐えられなくて、死ぬことばかり考えてます。
私は、どうすれはこの苦しみから抜け出せるのでしょうか。お助けください。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

悲しい時には悲しんでください

愛する、という表現では言い尽くせないほど大切になさっていた母上が亡くなったとのこと、心よりお悔やみ申し上げます。私は五〇代なので肉親の死に何度か出あいました。母を失った父の姿、家内の父を失った時の義母の姿を思い出しながら、この文章を書いています。

悲しいのは悲しいのでこれをどうこうする力を持つ者はいません。また、悲しいのを押し殺すのはよいことでなく、悲しいときに深く悲しむ人の方が立ち直ることできやすいのだと言われています。心から悲しむと母上の後を追いたくおなりになるかもしれませんが、それでは大切な母上を悲しませることになってしまいます。力強く元気に生きることを何より母上は望んでおられると言葉でいうのは簡単ですが、そんなことは少なくともかなり長い時間がたたないと無理な相談です。だから、最悪の選択だけはやめていただきつつ、いまは悲しみにあらがうことなく、悲しみに身を任せることであると聞かせていただいています。

あなたのお尋ねにお答えするため、いろいろ調べてみたら瀬戸内寂聴が同じ悲しみのなかにある人に「日にち薬」ということをおっしゃっています。youtubeで「瀬戸内寂聴」と検索すれば容易に見つかる動画です。また百か日(ひゃっかにち)のことを卒哭忌というのだそうです。40歳の最愛の奥さんをなくされた御主人が、そういえば悲しみが途切れ途切れになったとブログに書いておいでになります。本当に悲しみ悲しみに素直であった人には日にち薬が処方されるのですが、悲しみを押し殺していた人はずっと長く悲嘆に苦しむのだといわれています。

ですから、母上のためにも死のうなどとは思われず、しかし、御自身のお気持ちに正直であってください。

最後になりますが、どうしてもつらいときは、またこのhasunohaに連絡をなさるか、または各種の相談窓口のなか、直接に話を聞いてくれるところか最低でも電話で話を聴いてくれるところで話を聴いてもらってください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

悲しみを癒やすために供養をします

こころさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

介護をされていた大切なお母さまを亡くされたとのこと。寂しくなられましたね。お悔やみ申し上げます。

さて、亡くなってしまったお母さまを思うあまり、こころさんはいろいろなことを考えておられるようです。悲しみを癒やすために供養をします。御霊前に座り、手を合わせて、少しでも早くお母さまが仏さまと出会い導いてもらえるように祈ります。般若心経を唱えるなど、形はどのようなものでも構いません。

大切なことは、心を込めることです。一心にお母さまの冥福を祈ってください。それが亡くなったお母さまが望んでおられることのように思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

藤岡様、ご回答ありがとうございます。感謝いたします。
辛くて辛くてこの辛さから抜け出したい一心なんですが、日にち薬というお言葉を頂き、日にちが経てば救われるのかなと少し思いました。寂聴様のお言葉も拝見しました。
なんとか生き抜きたいと思いました。
この文章を書きながら、思い出に咽び泣いております。

中村様、ありがとうございます。
最愛の母を護ってやれなかった自分を責める気持ちと、失ってしまった寂しさと悔しさで毎日辛いです。
心を込め毎日祈りを捧げておりますが、心が晴れる日はありません。
引きこもり母との思い出に浸り、むせび泣く毎日ですが、母の冥福を祈り続けていきます。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

祖母の死

長文になりますがご了承ください。 先月、母方の祖母を亡くしました。 死因は入院先の病院で食事をとっていた際に喉を詰まらせてそのまま心臓が止まってしまったそうです。 入院は今回が初めてではなく過去に何度か熱が出て高齢のため念のため入院という事はありました。 しかし今回は治療も終わっており退院日も決定していて退院日前日の入院先での食事中の出来事だったようです。 100歳を超えていて自分で食事をすることはできなかったので看護師の方に食べさせてもらっていたんだと思います。 自分で食事をしていて喉を詰まらせてしまったのであれば百歩譲ってしょうがなかったのかなって思えるのですが、看護師が食べさせて喉を詰まらせたということが本当に納得できません。 祖母の食事を担当してくれていた方が注意してくれていれば喉に詰まらせる事はなかったのではないかとつい思ってしまいます。 帰省した際に父と2人きりで話す時間があり、父も死因に納得いっていない様子だったのですが、母は病院を責められないと言っていたそうで本人がそう言っている以上、母の気持ちを尊重しようということになりました。 小さいときからとても可愛がってもらっており、一人暮らしのため県外に住んでしまったのと最近だとコロナの影響もありなかなか会いに行けていなかったのですが、必ず祖母の誕生日には親戚一同、施設に集まってお祝いするのが恒例になっていました。 来年の誕生日会をするのをすごく楽しみにしていたので本当に悲しいです。 母は普段から辛い事や悲しい事はあまり表に出さない性格で、私も似ている部分はあるのでそんな私でも悲しみに耐えられず葬儀も涙が止まらなかったのに亡くなった連絡をくれたときも、霊安室に一緒に行ってくれたときも、葬儀中も母の涙を見ることがなく気丈に振る舞っている姿を見て胸が苦しくなり今も思い出すと涙が出てきます。 ずっと泣いてばかりではいけないしいつかは受け入れなくてはいけない事はわかっているのですが、死因に納得いっていないことが余計に引きずってしまいます。 身近な人の死を経験するのは今回が初めてではないですが、立ち直れる気がしません。 夜になると祖母のことを思い出しては泣いての繰り返しです。 どうしたらいいのかもうわかりません。 ご教示いただけますと幸いです。宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

8月末に母が亡くなりました

8月末に母が亡くなりました。 実家のマンションのリフォームの関係で悩んでおり、私も色々と協力したり、 お金の面でも工面すると話していました。 母は判断力も低下しており、寝不足気味の様でした。 私も話を聞いていて憔悴してしまっていました。 母に安定剤をもらいに病院に行こうと、話していた矢先、 母は「病気とかじゃないんだよ」と言っておりましたが、 父が自宅にいるときに黙って外出し、私も仕事をしていた時に母は川へ行った様で入水し、溺水で亡くなっていました。 あくる日、帰宅していないので、警察に捜索願を出していた所、散策をしていた方に中洲で亡き母を発見されたようです。 生前は一緒に出かけたり、ご飯を食べに行ったりと大変仲が良く、趣味も近く友達の様な存在で、もう一生会えないと思うと寂しくて悲しいです。 解剖の結果、死因は溺水で不慮の外因死ということでしたが、 今も気持ちの整理がつきません。 どうか安らかに眠ってほしいです。 母に寄り添ってあげられなかった罪悪感が拭えません。 この先気持ちを整えていくには何が出来るでしょうか? 母の事、大好きでしたので、母に会えない私の一生なんて、短くて構わないと思ってしまいます。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

友達の死について

先日僕の通っていた学校の友人Aが自らの手で命を断ちました。 その子とは同じ職種であり、良き友人としてこれからも色々僕たちでして行こうと約束していました。 実は学校在学中にも別の友人Bが自らの手で命を断ちました。 この二人も友人同士でした。 Bはもともと心がとても弱く未遂をたくさん起こして来ている子でした。 でも僕とAと接しているうちにだんだん症状が緩和されて来たのでたすが、突然心に負担のかかる出来事が重なってしまい、亡くなってしまいました。 僕とAは自分が力になれなかった事にとても後悔しそんなバカな事するべきでは無いと思いました。 こんな出来事がありAがこんな事をするなんて微塵も思いませんでした。 でもよく考えてみれば、僕とAの職業はとてもストレスがかかり将来の不安が付き纏います。地元からも離れ簡単に帰って来れる場所では無いど田舎に住んでいました。 相談できる友人もすぐ近くにいなかったと思います。 先月にも結婚をし家庭という不安をのしかかり 色々混ざり合っていたかもしれません 今回も色々重なり合っていたかもしれません。 先月に会った時はそんな予兆は感じられませんでした。 でもそれが間違いで何か小さいsosを出したかもせのしれません。 ただ僕がAのsosにBの事もあり勝手な思い込みで拾ってあげれなかっただけでは無いか 僕は何故同じ過ちを繰り返してしまったのか、Bは助けてあげれたのでは無いかと心がとても苦しいです。 この気持ちどう整理をつけたら良いでしょうか?

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る