hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

仏壇作法と感情について

回答数回答 3
有り難し有り難し 18

先日父が81歳でなくなりました。私は昔から父を傷つけてきたうえ5年前から3年間無視し続け父に土下座をさせる程の親不孝をし父は認知症になり2年前からやっと少しずつ話ができるようになりましたが素直になれずやっと素直に一緒にいたいと思い仕事をやめ話をしたり笑ったりこれから何年もできると思っていたところ検査入院で胃がんがみつかり2週間でなくなってしまいました。生きてる間にごめんなさい。ありがとう。がいえずどうしても仏壇に向かってお父さんごめん。ありがとうをいいたい感情になります。浄土真宗の仏壇作法と感情に混乱してしまいます。長々と申し訳ありません。生きてる間傷つけ続けてきておいていまさらですがなくなった父に今からできることを教えて頂きたくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お父さんが気付かせてくれた思い、大切にしてください。

この度はお悔やみ申し上げます。

お父さんの死を通じて、もりかさんに沸き起こってきた「思い」「感情」は、言い方を変えますと、
お父さんが、自らの身をもって、もりかさんに与えてくれた「思い」「感情」です。
お父さんが、自らの死をもって、もりかさんに授けてくれた「思い」「感情」です。

浄土真宗のお念仏(南無阿弥陀仏)は、仏恩報謝(ぶっとんほうしゃ)の念仏と言われています。
仏の願いが私に届いていた(与えてくれた)こと、授かっていたことに気づき、その恩に報いて、そして感謝する、お念仏です。

寂しく辛い現実ではありますが、この娑婆の縁が尽き、新たにお浄土へと往き生まれたお父さんの願いが、確実にもりかさんに届き、もりかさんはその願いに気付かれたという事だと思います。

ぜひお仏壇の前で、素直に「ごめんね」「ありがとう」との思いを込めて、「南無阿弥陀仏」とお念仏してください。

そして、お父さんの「死」をきっかけにして、ぜひご自身の「死」を想像してみてください。
残していく家族、大切な方へ、もりかさんなら、何を願いますか?

「もっと迷え!」「もっと悲しめ!」「もっと苦しめ!」と願うでしょうか?

亡くなったお父さんに対して、もりかさんがこれから出来ること・・・。

それは、それぞれのご縁の中で、それぞれの分野で、もりかさんが、輝いて精一杯生きること、もりかさんが「しあわせ」に生きることではないでしょうか?

ぜひ、仏壇で手を合わせ、お念仏申しながら、お父さんのためにも、もりかさんのこれからの日常を精一杯お過ごしください。

まずはご縁のあるお寺さんで四十九日法要をすること、仏壇の作法をお聞きになることをお勧めいたします。

{{count}}
有り難し
おきもち

非作法なことである❝自分❞をやらないこと

作法の「法」とは、さんずいに去ると記します。
無限の水が流れてさっていく。
熱せられれば蒸気になり雲になる。
冷えれば雨になり、雪、みぞれ、あられになる。
器に入れば、水は器に従うもの。
それが法であり、そのように「あるべきようを」なすことが作法です。
人が作った作法は、人が作った作法。
法を知った人が定めた作法は、おのずから「あるべきよう」にかなった作法です。
仏教は、自分の作法をやるものではありません。
たとえば、最近では戒名はいらない、自分で戒名を考える、など人の作ることがありますが、それは法にかなっていません。自分をやっているから、死んでまで自分であり続けようとする姿勢です。
あなたは自分の作法(自分のやりたいようにやろうとすること)をやっていませんか?
お父さんを苦しめてきたのは自分の作法、自分のルールを押し付けてきたからでしょう?
死しても尚、それをやってはいけませんよ。
仏法にかなった生き方、すなわち心が安楽で居られるように処する事。そういう生き方をすることが、穏やかな生き方になります。
そうすればお母さんも安心され、お父さんもきっと喜ばれるでしょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

供養することです

もりかさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

お父さんを亡くされて寂しくなりましたね。お悔やみ申し上げます。

もりかさんにできること、それは供養することです。お父さまの冥福を祈り、一心に供養することです。
ただひたすら、もりかさんはお父さんに手を合わせてあげてください。
それだけで十分だと思います。もりかさんが懺悔している心で罪は消えているのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

ありがとうございました。父の子であったことに感謝し朝晩にお念仏を唱えさせていただきます。

「位牌・仏壇」問答一覧

位牌の移動

父が自死いたしました。単身赴任で地方にある実家で生活していました。 精神的にまいっていたのと、近くに住んでいる兄弟が協力してくれないと常々話していました。 コロナでなかなか会えず、会う直前に自死していました。 20日ほど過ぎようとしていますが、私は何で早く帰ってくるよう言わなかったのか、悔やんでも悔やみきれないです。 亡くなった場所を見たせいか、毎日、目を閉じると自死する姿が映像で浮かび上がり、本当に苦しいです。 お葬式は地方で家族葬を行い、その後 49日まで遺骨を預かって頂いています。 父の弟が祖父(父方の父)墓を管理しているため、父が管理し、毎月お墓参りしていたの祖父(姓が異なる)のお墓に納骨する予定です。父は父の祖父のことを尊敬し、父の祖父も大変可愛がっていたと聞いております。 父は都内の自宅に帰りたがっていたので、納骨は一周忌に行い、それまでは東京の自宅で供養しようとおもいます。 質問は、地方での49日法要の後、位牌と遺骨を都内に新幹線で持って帰るのですが、 その際、位牌や遺骨の正しい県を跨ぐ移動を教えて頂きたいです。 また、姓の違うお墓への納骨は問題ないでしょうか。 都内には仏壇はありません。 納骨後に小さな仏壇の購入を考えています。 それまでの正しい供養の方法が知りたいです。 宗派は、西山浄土宗です。 よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

内縁の夫の位牌について

皆様、はじめまして。 自ら色々調べてみたのですが、思うような答えにたどり着かず困っていた時にこちらのサイトに出逢い、思い切って相談してみることにいたしました。 数週間前に内縁関係にありました夫が急逝いたしました。通夜・葬儀とも多くの皆様のお陰をもちまして、滞りなく執り行うことができました。 夫と私は前述した通り内縁関係であり籍は入っておりませんでしたが、夫の御家族のご好意で後飾り祭壇を共に住んでいた自宅に飾らせていただくことができ、現在は四十九日の法要まで、できる範囲の供養をしております。 夫と私は年齢が離れていたこともあり、夫の御家族からはいつまでも拘っていないで次の幸せを見つけてほしいと言われております。 我が身を案じて下さるお気持ちは有難く思っておりますが、現段階ではそのような事は考えられずにいます。 私は、四十九日の法要が終わった後も夫が気に入っていた今の住まいで小さな仏壇を用意して供養したいと考えておりますが、 現段階では四十九日が終わると必然的に夫の実家にある仏壇に位牌を納めることになります。 内縁だった私が後飾りまでさせてもらっており、今後のことまでも案じてくださっているのにも関わらず、これ以上を望むことはおこがましいと思うのですが、位牌を私のもとへもわけてもらうことは可能でしょうか。 宗教や宗派で、そのようなことは言語道断とあらば別の方法で供養していこうと思っております。 何卒、ご回答の程宜しくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

無宗教の場合の仏壇について

主人の実家は学会です。 主人は長男ですが非学会員で特に信仰している宗教はありません。 . 半年前に絶縁状態だった義母が 亡くなりました。 入院したことや亡くなったこと 義姉は親族の誰にも言わず全て学会で終わらせてしまいました。 そのことはもう諦めています。 ただ、入院する1ヶ月前まで 娘が間に立ち主人と義母の雪解けを 探っていました。義母の頑なな心も 少しずつ変わってきていて、主人にも 和解するよう説得していたのに 突然連絡が取れなくなってしまいました。 心配で義姉にも連絡しましたが 着信拒否の音信不通になってしまいました。 この時点でもっと強く行動して どれだけ遠方でも乗り込むぐらいのことを すればよかったと後悔しきれません。 . 和解のチャンスを握り潰してしまった 義姉に対しての憤りが消えるまでは かなりの時間を要しそうです。 . 自宅で仏壇を用意して ご本尊と先祖代々の位牌を 用意して御供養するのがいいと 聞きましたが無宗派の場合は どのように用意すればよろしいでしょうか? . 私個人は般若心経の教えに 共感することが多いのですが 宗教の知識は無いに等しいので どう選べばいいかわかりません。 仏壇を用意したあとのことを お教えください。 . 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

2つの家のお位牌等は共存できる?

 私、自分が生まれてしばらくしてから父が婿養子に入ったので姓が子供の頃に変わっています。で、母方の家の祭祀継承者としてお墓も仏壇もあって、そこに問題はないのですが、父方の家が近く叔父の死で途絶える予定です。そうなると、父の実家のお墓とお位牌はどうなるの?と気づきました。叔父は離婚しており、これまた名字の違う子供は居るのですが、叔父個人はともかく叔父の実家のことなんか知らん、というまあ今どきの人です。どうも位牌なんかはポイして、墓は放置しそうです。お墓は寺内墓地なので強制撤去されると私達がお参りで困るからちゃんと永代供養墓に移しましょうよと話すつもりですが、問題はお位牌です。  姓は変わってても自分にとって祖父母やもっと前のご先祖のものです。適当に捨てるぐらいならうちで祀るからくれ、と言いたいのは山々なんですが、「じゃああげるよ」と言われたとして、母方の家の仏壇に一緒に置いていいものなんでしょうか?実は自分自身も結婚の予定がないため、死後に叔父と同じ問題を抱えそうです。嫁に行った姉妹に自分の家の位牌を頼んでいいんでしょうか?  というか、世のみなさんは家が自分で末代になりそうな場合、どうしてるんでしょうか?私の場合、父方も母方も、姉妹の嫁ぎ先も偶然全部同じ曹洞宗です。だから、宗旨が矛盾する的な理由で駄目ってことは多分ないと思うんですが、「家」を単位とする仏壇や祭祀で、複数の「家」をまたいでよいものかどうなのか、教えてください。うちの話は独立した位牌の場合ですが、繰り出し位牌や過去帳の場合についても、家を混ぜていいものなのか解説願えますでしょうか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る