hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

謝らなければいけないのか、どう生きていったらいいのか

回答数回答 7
有り難し有り難し 67

13年前、幼稚園の近所の店舗の駐車場に駐車させていただき、送迎をしていました。迷惑なので停めないようにと運動をしていた頃で、しかし、記憶も飛ぶほど疲れていたので必ず買い物をして停めさせて頂きました。知り合いだった人にそのことを咎められて、勿論いい事では無いが、その駐車のひと時だけが息抜きの時間になっていた友だちがいたのと、他にも停めさせて頂いてる人もいたし、自分も疲れが酷くどうしようもなかった状態でしたので、その友人の気持をも考えて、停めさせてもらってる。と答えた。相手は訳も聞かず急に、どなりつけた。
後日、人のプライベートなので細かい事を話す訳にもいかず、どなった人をまだ友人と思っていた気安さから、そんなに悪意を持ってしていたわけじゃないから理解して欲しい気持を、私はいい人だと冗談めかして言った。その後、学年中のPTA、近所、様々な所で誹謗中傷され、知り合いは関係無いのにヘイトされ、対人関係もズタズタにされ、外で知り合いに会えば顔を背けられ、人間が嫌いで信じられなくなりました。死のうと思いましたが、家族を考えるとそれもできず、今は生きる喜びも無く、心を殺された状態です。私は昔から人の嫌な所は見ずに良い所を見て慈しみあいながら生きて行こうと決めて生きて来ました。誰にもひどい事は言ってもしてもいない。何故、子育ても終え、自由にお友達と老後を楽しみたいとしてる矢先に、真反対の孤独に苦しめられなければいけないのか。相手は色々とひどい事をしている。全くの誤解から。でも、13年も他人を巻き込んで誹謗中傷した人に、今更言っても余計また酷い中傷されるのでは無いかと思う。公的機関に相談したらそれは明らかにいじめだと言われた。辛い毎日から救って下さい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

子どもの成長で保護者同士の付き合いもなくなる。新たな楽しみを

私の息子が通っている小学校でも、送迎の際 近所のスーパーの駐車場を利用したり、待ち合わせ等で使う保護者もいるようですが。。。やはり近隣で利用する買い物客や企業側からのクレームがあるようです。みんなもやってる!では、なんの解決にもなりませんものね。

だからといって、その人の人権を否定するような、誹謗中傷はやりすぎですから、あなたも、辛い思いをされたでしょう。そこまでのことをするのも、労力がいります。駐車の一件だけで、そんな行為にでるのでしょうか。。。他に心当たりはありませんか?

話が大きく膨れあがり、あの人はこんな人!と勝手な見方をされてしまっているのですから、これからも お付き合いを続けていきたいと思われるのであれば、誤解を解いていくしかないでしょうね〜もともとの種は自分だったのですから。

子どもの保護者繋がりなのであれば、もう 子どもさんも成長され、保護者同士のお付き合いもあまりないでしょうから、趣味等を通じて 新たなお友達を作っていかれたり、夫と旅行などを楽しまれる生活に切り替えてみては。あまり、気にならなくなってきますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 教善寺 住職として、母親として...
このお坊さんを応援する

曇りなきマナコ(眼)

コシバさま
はじめまして

仏教は「曇りなきマナコで観」て(正見)、「執着」をはなれることが「苦しみ」から離れる最善の道とされています。

そこで、「曇りなきマナコ」で観たときに、コシバさまに非がないわけではないことが気になります。

どんなに言い訳を重ねても13年前の駐車の件は、悪いとはわかっているけれど。。。と素直に謝り相談すべきだったかもしれません。

そのうえで、その後の相手の対応で「死のうと思いました」と思うほど追い込まれたことは、悲しいことだと思います。

その相手や周りの関係者から、離れることはできない人間関係なのでしょうか。
離れられるのであれば、離れて新しい人間関係を築いたほうが楽だと思います。
しかし、離れられないのであれば、せめてまわりの知り合いの方に素直に思いをぶつけてはいかがでしょうか。

そこでしてはいけないのは、自己弁護の言い訳です。
悪いことは、どんな理由があれ悪いと認めたうえで、あのときは精神的に余裕がなかったと謝罪すればいいのではと思います。

厳しいことを言うようですが。
自分に自己弁護しているうちは、どのような謝罪も言い訳も、だれにも聞いてはもらえません。

自分の悪かったことは認めて、関係を改善したいことを、知り合いの方などの関係を取り戻したい第三者に訴えてみてはいかがでしょうか。

これは、コシバさまの期待した答えではないと思いますが。
「曇りなきマナコ」の先にしか、苦しみをこえた世界は難しいと思います。

南無阿弥陀仏

{{count}}
有り難し
おきもち


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...
このお坊さんを応援する

仏さまに謝り、自信を持ってお過ごしください

13年間、本当にお辛い日々だったことでしょう。記憶がとぶくらい疲れていた日々のことですから、仕方が無かったと私は思いますよ。それですのに、心を殺さた状態、公的機関に相談せねばいけないほどの苦しみ、、、これまでご家族の事を考え、よく耐えて来られたと思います。

どなった本人に謝るというのも、気が重くお辛いのではないかと想像します。
そもそも、その方に謝るのは変な話で、どちらかといえば謝るのはお店の人に対してではありませんか?お店の人にとっても13年前のことを、という感じでしょうから、ここはぜひご近所のお寺にお参りいただき、仏様に対してコシバ様が心の奥からの懺悔(さんげ)をなさってみてはいかがでしょうか。

そして、「心の一番奥底から自分自身を反省する事ができた」という事を確かな支えとして、自信をもって日々を歩まれてください。大人になってから、自分自身を見つめなおすことはとても難しいです。それをできたのは素晴らしい方だという証拠ですから、ぜひ顔をあげて毎日をお過ごしください。

いつしか、コシバ様をどなった方や、周囲の方たちとは違う人生のステージにたっていることと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...
このお坊さんを応援する

新しいコミュニティ

コシバさま

13年もの間、苦しみの中にいらしたのですね。
もし自分だったら、その苦しみに耐えられるだろうかと想像し、悲しい気持ちになってしまいました。

買い物以外の目的で、近所のお店に駐車をしていた。
もちろん良いこととは言えませんが、買い物もしていたとの事ですし、そこまで責められる事柄なのかと考え込みました。

コシバさんのお住まいの地域がどんな様子か分かりかねますが、車社会なのではないでしょうか。もしそういった地域であれば、幼稚園が駐車場を用意したり、近隣店舗と交渉したり、方法はあったのではないかと思います。
車で来るしかない保護者が多いのに「近隣の迷惑ですので車で迎えに来ないで下さい」と言い放つのは、どうなのかな、と思いました。

…でも、今さら言っても仕方のないことですね。
今後どうしていくか、それが大事だと思います。

ひとつは、その相手と徹底抗戦して、共通の知り合いの信頼を取り戻す方法です。
でもこれは、精神的にも肉体的にも大変なことだと思います。
「争いからは何も生まれない」と説く仏教の立場からも、あまり勧められないような気がします。

もうひとつは、新しいコミュニティを作り、その「相手」を相手にしないことです。
趣味のサークルでも良いですし、菩提寺の婦人会とか、ケア施設のボランティアとか…

私の浅い知恵では大したことは思いつきません。
それでも辛いお気持ちをお聞きすることぐらいは出来そうです。
何かありましたら、hasunohaでも直接でも、またご相談下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

コシバさんは忍辱の力を持った方ですね。

 13年間人から誹謗中傷や無視もされたことでしょう。家族や親せき、近所の方も多少ながら巻き込まれたと思いますが、そのことに耐え忍んできたことは、仏教の『六波羅密』の「忍辱」(耐え忍ぶ心、実践)があったからではないでしょうか。
 まだそのようなことでいう人とは距離をおいて、「嫌な所は見ずに良い所を見て慈しみあいながら生きて行こうと決めて生きて来ました。」と思うなら、何を言われようと続けるべきです。武田信玄の格言に「百人のうち九十九人に誉めらるるは、善き者にあらず。」とありますが、好かれるか、嫌われるかにこだわり過ぎては自分の信念が貫けないですよ。コシバさんは本当に自分でいうほど周りの人から嫌われているのでしょうか。
 実際のところはわかりませんがそんなに13年間もそんなことで言われた本人以外の人が気にしているのか?というのが私の疑問です。自分の生活もあるのにそんなことかまってられない。ましてや幼稚園の駐車場のことで・・・。それは幼稚園側にも責任があるのでそれは改善されたのでしょうか。  
 老後は隣町、都心にコミュニティを広げて離れたところに仲間を求めることも1つの方法と思います。
 

{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

善徳行の実践

コシバ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

この度は、おつらい心の内の程、誠にお察し申し上げます。

些細なこと、取るに足らないと思われていたことが、後々に思いも寄らない結果となって苦しむことになってしまう・・

煩悩による悪い行為の積み重ねもこのようなものであり、できる限りその都度に対処していくことが必要となります。

草取りも、芽が出始めの頃であれば、簡単に手で抜いて取り除くことができますが、サボってしまっていると、伸びて、大きくなってしまい、やがて手では抜けずに草刈り機を使わないといけなくなるように、取り除くのに多大な労力、時間を要することになってしまいます。

もちろん、コシバ様の行為が悪い行為かどうかは別として、この度は相手が悪くて、初期の対応がまずかったところによる誤解や偏見も重なって、以降の苦しみに繋がってしまったのではないかとも思われます。

しかし、今更そのことを後悔しても、もはや過ぎ去った過去のことですから、現実の今、実際にどうすればよいのかが大切となります。

近隣周囲の人間関係の改善へと向けては、なかなか誤解や偏見が解けない現実をコシバ様自身が努力することで変えていくことが望ましいのではないかとは存じております。

そこで一つの提案として、例えば地域活動・自治会活動に積極的に関わっていくことで、地域でのお手伝い・ボランティア・奉仕活動を実践なさられていくことなどはいかがでありますでしょうか。

コシバ様は、「人の嫌なところは見ずに良いところだけを見て、慈しみあいながら生きてこられた」と述べられております。このことは非常に大切なことでございます。

そのお心がおありでありましたら、きっと人のために役立つことを今まで以上になさられることもできるのではないかと存じております。

時間は掛かるかもしれませんが、地域の人々のために善徳の行いを積まれて参りますことで、きっと周囲のコシバ様を見る目も変わっていき、そうしますと誤解や偏見も自ずと解けていくのではないかと存じております。

もちろん、仏教においても当然に善徳の行いのありようが、迷い苦しみを超克していくためにも大切となります。是非、この機会にお考えを頂けましたらと存じます。

無事安穏、平穏に日々を地域にて暮らせて参れますことを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


こうなってしまったら

コシバ様へ

13年もの間、お疲れ様です。

こうなってしまった以上
まず場所を変えるのはいかがでしょうか。

それが無理なようであれば
自分のことをわかってくれる理解者をつくるのはどうでしょう。
きっとどこか、そして間近にいるのではありませんか。
合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございました。人の心が恐ろしく、積極的に関わることがまだ出来ません。しかし、少しだけ前が向けたように感じました。

ありがとうございます。冗談めかして言った事が、相手の怒りを買ったのだと思います。元々私は反モラルを良しとする人間性ではありません。それが、相手の悪意によって真反対の人間性として誹謗中傷されている事実。地域も狭いです。時間と共に、相手も穏やかになり話しが出来るかとも思っていましたが、状況は変わらず。自分は、他の人と何も変わってない、本当の自分を否定されたまま、悪意にまみれたこの土地で生きていかなければならない。私のまいた種はそんなにひどいものだったのでしょうか。お詫びをしながら、理解を得ながら、少しずつ刈り取らなければならないのでしようね。

ありがとうございます。狭い地域で悪意の蔓延している中、顔を上げて生きて行く事はとても大変な事ですが、それだけ反省しなければいけない事なのでしょうね。きっと、その先に救いの意識は待っていてくれるのでしょうね。少しずつ変えていかないといけないのでしょうね、、、。

ありがとうございます。皆様のお話しをじっくりと読み返しますと、心があたためられていくような気がします。色々と辛い思いをしましたが、少しずつでも前向きな気持で、自分の人生に用意されていた宿題をこなして行かなければならないのだと理解しました。仏様の手のひらはとても広くて参りました。

ありがとうございます。確かに、私の愚かさに反省を促しつつ、それでも不憫と思って下さったり、人なんて皆未熟なんだから、とおおらかに寄り添ってくださったり、人を思いやっての事だからと暖かく考えてくださり、受け入れて下さる方がいらっゃいます。本当にありがたく、自分が生きている意味は、きっとここにあるのだろうとおもいます。 駐車の件は、あの怒鳴られた後、しっかり反省したつもりです。同じような事をしている方にもご注意しました。私自身はモラルに敏感になり、後は普通の人だと自分では思うのですが、やはり誹謗中傷されてしまってはその場所で以前の様に暮らすのは辛いです。かといって引越しが出来る状態ではないのです。

「これからの人生どうしたらいいか」問答一覧

これからの事

2度目の鬱から2年以上社会復帰が出来なかったが、ようやく働く決意(と言うか必要性)が出てハローワークに出ていた求人に応募し、面接・実技試験を終えて採用の流れとなりました。 ただ、自分の中に社会復帰への喜びはほとんどなく、恐怖と緊張しかありません。 50近いオッサンが他社を受ける事なく1回目で正社員で採用された事に拍子抜けしたのもあるでしょう。 それよりも、2度目の鬱の時に気分が沈むどころか、心が崩壊していくのを感じたので、また次に鬱が酷くなり自分が壊れる事への恐怖しかありません。 そもそも、今現在も鬱の薬や睡眠薬に頼る生活なのに社会復帰なんて無謀なギャンブル以外の何物でも無いような気がしてます。 どんな職場でも慣れるまでが大変だったり、どんな職場でも新たな人間関係を構築するのに労力を使う事は十分に理解してます。 こればっかりは新しい職場環境が自分に合う事を願うばかりですが、あと数日で出社となりますが緊張と不安に押し潰されそうで、鬱の薬を処方以上の飲み方をしています。前向きに生きる事は諦めていますし、自分が崩壊する恐怖を抱えたまま生きて行く自信も無いです。 もし、また自己崩壊を起こしたら次の社会復帰は無く、自殺をする事としました。 人間、死ぬ気になれば何でも出来るなんて事はウソで、自殺するならそれも良いかと思ってます。 今後、どうなるかは未知数ですが、このサイトにはお世話になったので、一応お礼の意味も含め投稿させていただきました。 私がこのサイトを利用する事が無いのと同時に他の方々の利用が1人でも少なくなる事をお祈りします。

有り難し有り難し 25
回答数回答 1

何をどうしたら生きていけるのか

27歳、無職6ヶ月目です。苦しいです。 自分が何者で何をして生きていくのか見当もつきません。趣味も興味もなく、残り60年ほど明るく楽しく生きていけません。アラサーで親に養ってもらっているなんて人から信頼されることなく不気味に思われ嫌われ、また経済的に困窮して孤独死餓死するか窃盗して捕まるかで終わる孤独で暗い人生だと思います。 自分の人生なのに、自分の本性がバレないように、これまで知り合った人に気づかれないように全く誰にも知られない世界で生きないといけないと思っています。 どう言う考え方や心構えで前を向いて生きていけるでしょうか? このように思う理由はいくつかあります まず 仕事が何も続かず、これまで3職種経験しましたが、頑張ってやっていきたいものはないです。おそらく自分の精神面か思考に問題があると思います。 また性格?人格にも問題アリのようで、SNSで「私は〜に全く同情しない/甘えと優しさは違う/この仕事(当時やっていた)は人の品格を鑑賞できる崇高な仕事/今後色々発信していきます、発信して人にどう思われても良いです、自分の時代が来た、NPO作りたい」等過激で摩訶不思議な発言をしていました。 当事誰かを強く批判したり、意見を主張したりしていたこともあります(自分でも理解不能)、SNSのため人の目にも晒されていて何人か友達にもフォロー外されていたりもしました。 SNSはこれまで何かしらのご縁があって知り合った方の目に触れるプラットフォームで、自分の社会なのに、27歳でそんな発言をしていて危険でへんな人間だと思われていると思いますし、自分でも怖いです。自ら自分への印象や信頼を壊してしまいました。 崇高な仕事していたのに今は無職? 同情しないとか偉そうなこと言っていたのに無職? 自分の時代が来たとか発信するとか言ってたけど無職? 自分でも簡単に私と言う人間の矛盾点、不可解な点を指摘できます。この状況に混乱しています。 仕事、お金、人、信頼も全て失っている上に、これからの先も全く見えません。生きていく道はどのようにしたら見えるのでしょうか。助けて欲しいです。自分がこんなに幼稚で、歪んだ、とんでもない人間だと今まで全く気づきませんでした。 自分に対しての信頼もなく、今後この人はどうやって生きていくんだろう 人生完全に終わったなと思います。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

過ちの多い人生、老いて今後どう生きる?

人生の半ばを過ぎました。 思えば、過ちも恥も苦しみも多い人生でした。 そう意図したわけではありませんが、生きているだけで周囲や人様に迷惑をかけてしまいます。 子どもの頃から疎外感、自分という存在への違和感が強かったです。 不器用で運動神経が極端に鈍く、パニックになりやすい子どもでした。 普段は大人しかったので極端に目立ちはしませんでしたが、 子どもというのはそういう異質なものに敏感なので、小学生の頃はいじめられっ子。それからは普通に見えるよう、うまく立ち回る方法を何とか見つけようと努力するのが人生の第一義になりました。 大人になるとますます社会に適合するのが難しくなりましたが、 何とか職場では誤魔化したり繕ったりしながら潜り抜けてきました。 とんでもないヘマや判断ミス、ちょっと人に言えないような過ちも多かったです。 ただ一つ、自分でも賢明だったと思うのは、結婚も出産もしなかったことで、 親には申し訳ないですが、不幸の連鎖や再生産にならずによかったと思います。 今は孤独で、荒涼とした世界の一人ぼっちでいるような気持ちです。 普通の人間に生まれたかったし、普通の人のようにに生きたかった。 周囲の、同じような社会からはみ出したような生きづらい人たちは、 30代ぐらいで自死された方が多いです。 それぐらいが限界なのかもしれません。 しかし、私は小狡く生き延びてしまいました。今となってはそういう方たちの方が「正解」だったのかも。 もう今さら過ちを償う方法もなく、人生をやり直せる年齢ではなく、苦しみと孤独は深まるばかり。しかし、これも因果応報として受け入れるべきなのでしょう。 老いていくこれからは、ますます厳しい人生となるでしょう。 このまま無明に生きて、無明の中で死ぬしかないのでしょうか。 ないのでしょうね。 もうこれ以上人様に迷惑をかけないように、世捨て人のように生きるのが一番なのかとも思います。 こんな愚かな人生にも意味はあるのでしょうか?

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

自分の夢を追いかけたいけど

私は小学生から中学生にかけて、他人の解答をカンニングしたり、人を傷つけたり、いじめや怪我・体調不良などを自作自演したりと最低で身勝手な事ばかりして生きてきました。しかし、中2でいじめにあった(完全に自業自得です)事がきっかけで完全に目が覚めて、もう二度とこんな生き方はしないと心に誓い、これまで生きてきました。 そんなクズ人間な私ですが、生き方を変えてからは、ありがたいことに友人などにも恵まれ、前よりも幸せな生活を送れています。そして日々を過ごしていく中で、最近ある夢を持ちました。具体的には言いずらいのですが、表舞台に出る夢です。20歳を過ぎた頃から行動し始め少しずつ実現へと進んで来ました。 ですが、時折ふと過去に傷付けた人や行動を思い出しては、自分には夢を追い、幸せに生きる資格などある訳ないと考えてしまうのです。もちろん夢を諦めたくないし、本気で人生かけて叶えたいと思っています。でも最近は、夢を追う努力をしたり、何気ない幸せを感じるたびに、こんな事して許される人間ではないと自己嫌悪に陥り、ただただ途方にくれ過去を後悔し続けています。 また、今仲良くしてくれている、過去の私を知らない友人達のことも騙しているような気分になり、申し訳なさでどうにかなりそうです。 私はこの先どう生きていくべきなのでしょうか?回答して頂けると幸いです。何卒よろしくお願いします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

たまに誰かに頼りたくなるけど居場所がない

過去に何度か質問させていただいております、現在海外で芸術活動をして5年近くが経過しました。 大変お金のかかるこの世界でアルバイト掛け持ちで全部やってきました。学費までは回らず、借金でやりくりしましたが、成績優秀で学費免除や賞もいただきました。音楽仲間も海外にはいます。 親から生活資金の援助は一切もらっていません。退路がない中、大きな助成金もいただけるまでになり、お陰様で数年海外活動をすることができました。 たくさんの人に応援してもらいましたが、最近30歳になり、ふと周りの女性の友人たちは結婚したり、ほぼパートナーがいる状態です。 よく話を聞くと30歳近くでもまだ親が海外生活にお金を払ってくれている人などが多く、自分みたいな泥臭い生き方をしてきた人は、この高尚な芸術の世界に少ない現実も見えてきました。 彼女らのお金の不安などを聞くと、自分が否定されたような気持ちになることがまだあります。 彼女らは、助けてくれるパートナーや家族がいて、私は全てを自分で死に物狂いで勝ち取ってきたのに、いまだに一人です。 もともと誰かに依存するのは嫌で、そうすると自力で生きていく力が失われてしまうと思います。かといって一人で生きていけるとも思っていないので、困った時には人に話すようにはしています。 しかし結婚やパートナーのおかげでお金の心配もない、滞在の資格もある私の友人に対して、私は自分でやっていかないと、海外で築いたものも全て置いて帰国してなにもない日本にいなければならないかもしれない。 その不安と、なぜ私は頑張っているのに残れない、という気持ちがたまに湧いてきます。 そんな私もたまに誰かに頼りたい時がありますが、安心を手に入れた友人からは「ある意味自業自得」というような空気をたまに感じます。そして「すごいね、応援しているよ」の一言で終わってしまうのです。 ふと思ったのですがもしかしたら、私が自分の人生を歩んでいくことに勇気がなくて、そうした「私を傷つけない」人にやや、依存してしまっている気がしました。 私は彼女たちに執着してはならず、安心を自分で獲得しなければならない身として、いちど彼女たちと距離を置くべきでしょうか。 私は社会では非常に男性的な気がします。なぜ頑張っても誰も居場所をくれないのでしょうか。頑張っても貧乏人は永遠に貧乏、一人は永遠に一人なのでしょうか。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺