hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

今後の供養、御寺様との付き合い方について

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

長文失礼致します。
3週間前、実家の母が亡くなりました。末期癌で、あっという間の事でした。
祖父母の法事等でお世話になっている菩提寺の和尚様に葬儀のお願いをすべきだったのですが、生前より葬式はしないでほしいと繰り返しておりました為、葬儀社の方にご紹介いただいた御寺様にお経のみあげていただく形で私と2人の妹、父で送りました。
母は生前、祖父母や私の伯母達に散々苛められ大変辛い思いをし、家を出て伯母や祖母との関わりを一切断っておりました。祖母の葬儀、年忌法要も参加しておりません。
しかし、父(長男)は家を出た母を追い、後日同居をした為、祖父母の仏壇は家にありました。お盆等は和尚様がお経をあげに来てくださり、母も応対していたようです。
ただ、今回菩提寺にお願いすると、よく菩提寺に行く伯母達に母の亡くなった話が伝わり、また悪口を叩かれるであろうと懸念したのです。伯母達は今でも嫌味を言い続け、貶しておるような状態ですので、とにかく関わりたくないのです。
菩提寺の和尚様には何の不満も無いのですが、ただただ伯母達との関わりを避けたかったのです。亡くなってまで陰口を叩かれるのは可哀想でなりません。
ところが、四十九日を前に、父親が法要と納骨(墓は菩提寺内にはありません)を菩提寺にお願いすると言い始め、先日お願いに行ったようなのです。
当然ながら和尚様はとても驚かれたようで最終的に、母に戒名をくださった御寺様にお願いされた方がいいと思いますよ、と仰ったようです。父は、上記のような家族間の問題は伝えておりません。
和尚様には何の問題も無いのに、不義理をしてしまい大変申し訳ない気持ちでおります。
母の法要は、戒名をくださった御寺様が行ってくださると聞いておりますが、先祖墓に納骨すべきかどうかも悩んでおり、今後祖父母の法要、後々父親が亡くなった場合に菩提寺の和尚様とどうお話させていただいたら良いのかがわかりません。

私が物心ついてから、母が幸せであった事は無かったように思います。父親の放蕩で金銭的に亡くなるまで困窮し、祖父母、伯母達との事で苦しみ、贅沢も旅行も病院に行く事さえも我慢した母に、もっと何か出来たはずなのにと今となっては後悔ばかりです。
せめて亡くなってしまった後、母が心から安らげるよう、母の思いに沿える供養がしたいのです。どうしたら良いのでしょうか。

2015年10月29日 15:16

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

大切な家族を失った時、冷静な判断はできないんもんですが

  この度は御愁傷様でした。生前の御母堂様の御労苦を振り返りつつ、故人の要望を尊重しようと考え、お見送りしよう。そういうお気持ちが伝わる質問です。
  結果的には、狭い意味での「家族葬」で御母堂様を送られたということのようです。結果論ですが、菩提寺の住職に事情を説明し、「御母堂様と舅姑小姑との関係を説明し、故人の気持ちに少しでも寄り添うような形で送ってあげたい。」ということをお伝えすれば、良かったのじゃないかと感じております。

 そうは言っても、大切な家族を失った時、冷静な判断をして的確な行動をするなんて、なかなか出来ないもんです。5年前、実家の父が亡くなりました。実家の寺の住職と私で、「どうしよう、どうしよう。」とあたふたしておりました。檀家さんの葬儀の導師を勤めている住職が二人雁首揃えて居ても、そんなもんです。結果論で言えば、外野の者は「初めから菩提寺に相談するばよかったのに。」と言えますが、当事者は多かれ少なから「あの時あうすれば良かった。」と悔やむもんです。後からなら、何とでも言えます。まわりは、当事者の大変さをなかなかわかってあげられないもんです。

 御実家の墓地が菩提寺所有の墓地の場合ですと、最悪「納骨拒否」という事態が生じる場合もあります。「菩提寺所有の墓地では無い」というなら、そういう問題は無いと思います。問題は、今後どちらのお寺にお願いし、墓所をどのように守っていくかということになると思います。

 一つ注意しておきたいことがあります。また、俗世に生きる私たちは、故人の生前の人間関係を戒名をいただいた後まで引きずってしまいがちです。「お墓の中で喧嘩するんじゃないか?」なんてことを言いだす方が居ますが、「喧嘩する」というのは人間の世界の話です。亡くなって仏様の世界に行かれた方々をそんなレベルに貶めては、失礼です。このことは肝に銘じておいてください。

 今後のことですが、お父様が亡くなった場合はどちらの御寺さんにお願いするのか?そして、その後あなた方御兄弟はどのように供養を行い、どのようにお墓を守っていくのか?この点をよく考えて、結論を出してください。

2015年10月30日 0:14
{{count}}
有り難し
おきもち

何も考えず全て話してしまうのが一番

そのお寺さんに全て話してしまってください。そうした悩みを聞くのもお坊さんとしてのつとめであります。
どう話そうとか、何から話そうとか考えなくていいですから、全て話してしまえば、きっとすっきりしますよ。

2015年10月29日 20:12
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

この度は、お忙しい中御返事いただきありがとうございます。

邦元様
ご助言いただいたように、一度全てお話しし、どうする事ができるのかご相談してみようと思います。
ありがとうございます。

吉田俊英様
もう少しよくよく考えて、菩提寺様に相談すべきだったと、改めて反省致しております。
また、お墓の中で喧嘩になるかも…はお恥ずかしながらまさしくそのように懸念しておりました。
お答えを拝見し、胸を突かれる思いでした。
妹と、父とよく相談して今後を考えていこうと思います。
ありがとうございました。

「供養全般」問答一覧

結婚後の父母の供養

いつもお世話になっております。 こんな歳になって私が結婚をすることになり(同居で義父の介護のお手伝いをするため)、お墓と仏壇を、遠方の兄に託す事になりました。 兄は、お墓の祖父母と父を恨んでおり、直ぐにお墓と仏壇を終わりにして、その後の供養もしないそうです。 父は生前、お酒の依存で暴力が酷く働かず、貧乏だった事を、兄は未だに許せずにいます。そんなお墓をそのままに亡くなった母をも許せないらしく、納骨もできずにいます。 お寺さんにも相談しましたが、「貴方(私)は、嫁ぎ先のご先祖を大事にしなさい。こちらの事は全て置いて出なさい。写真に手を合わせるだけで十分です。」と私の立場を気遣ってくださいました。 そうは言っても、母はまだ一周忌が終わったばかり。母と私は、父の暴力に怯えながら、互いを置いて出ることもできずに、ずっと一緒に生きてきました。母に執着しているのかもしれませんが、この先、何もしてあげられないのが悲しくて辛いです。今はまだ一人なので、写真にお供えとお線香で手を合わせています。 先日、久しぶりに菩提寺の本山の奥の院へお参りしてきました。そこで写経セットが目にとまり頂いて帰りました。作法やお経の意味を調べつつ、母の写真の前で写経をし、心を込めて無心になれたようなスッキリした気分に恵まれました。 命日に奥の院へ納経し、御首題帳を頂いて母の写真に供えました。 仕事が朝方終わることもあり、車を使えば朝のお勤めにも間に合うようなので、次回は朝お参りにもと思っています。 こういった事でも、父や母の供養にはなるのでしょうか? 祖父母は弔い明けをしていますが、父は次が三十三回忌です。兄に託しておきながら、私がお年忌をするのも兄の顔を潰すようで申し訳なく思います。 それでもお年忌はお願いした方がよいでしょうか? 宜しくお願い申し上げます。 それから、、 前回の私の質問の直ぐ後に、他の方への回答で「恩返し」ではなく、「恩に報いる」生き方をと、お坊様がおっしゃっていました。私、質問で何度も恩返しと、、。顔から火が出ましたが、とてもためになりました。他の方への御言葉もいつも拝読して、私にとって、沢山の気づきがあり感謝しております。 いつも長くなり申し訳ありません。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る