釈尊と非我 龍樹と無我

凡夫の浅はかな疑問で有りますが、皆さんのお知恵を拝借させて頂いても宜しいでしょうか?

釈尊は「人間が認識出来る範囲の世界に於いては、一切が諸行無常であり、恒常不変なるアートマンは見当たら無い」
と仰られただけで、
人間には認識出来無い、凡そ形而上学的な範疇(死後の世界)に於けるアートマンを否定された訳ではない、
というのは本当なのでしょうか?

確かに釈尊は霊的な事物に関して肯定も否定もされておらず、さながらヴィトゲンシュタインのように
「語りえぬ物には沈黙を守る」という態度を一貫されていらっしゃいます。
その事も踏まえると、釈尊が「ātmanを肯定も否定もされていない。」と云う説には一理あるように思えるのです。
ここで一つの疑問が小生の頭に沸いて出てきたのであります。

後世の仏教(中観派)に於いては明確に「全てが無相であり、何処の世界にもātmanは存在しない。」と定義されております。
龍樹は「無我は釈尊の教えである」という前提に従って、
形而上学的な存在の実在を説いてきた仏教の各宗派をことごとく論破されていきました。

畏れ多い事でありますが、小生には龍樹が「語り得ぬものには沈黙を守る」という釈尊の態度に反しているように見えます。
もちろん形而上学的な不変の存在を仮定した当時の仏教は、なおさら釈尊の態度から逸脱しておりますが、
はたして龍樹の「中観思想」が釈尊の考えから逸脱しているのかどうかは、小生のような凡夫にとって図り難い問題であります。

そこで皆様に質問させて頂きます。
形而上学的な範囲におけるātmanに対して釈尊が不可知説の態度を取られていた場合、
形而上学的な範囲におけるātmanを否定された龍樹の思想は、果たして釈尊の教えから逸脱しているのでしょうか?
それとも補完しているのでしょうか?

宜しくお願い致します。

有り難し 15
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

それは誰の説?かワカランですが、それも❝説❞に過ぎんのです。

簡単な答えを申し上げますと、ぶっちゃけあなたは竜龍樹の教えで救われないでしょう。それでいいんです。それが答えなのです。
龍樹竜樹とヨイショされて神格化されている部分もありますが、結局その真意を価値ある薬として現代に子供でも分かるように解いて溶かして説ける人もほとんどいません。しかも「中論」にしたって、解釈する人によって、バラバラ。誰も手を付けられなっている。
事実は一つ解釈は無数。
真理は一つ解釈が無限。
ここでいう解釈とはダメな意味で読んでください。
シャカが説いた真理を、後学のフォロワーが勝手に解釈に解釈を重ねて、無茶苦茶にしている面があるという事を知っておいた方が良いと思います。実際仏教の大学でも、意見が分かれる。学長の論に同意、支持しないと出世にも響くという愚かしいことがウラでは行われているのです。
大切なのは❝論❞じゃないのです。❝解釈❞の方じゃないのです。
「あの薬が、作られていく背景にはこういくことがあったのではないか?」という推論などに用はないのです。❝あの薬❞(仏陀の悟り)であなたが救われなきゃいけない。
多くの人が、シャカの薬を❝論じている❞ばかりで、救われていないでしょ?
それじゃ、生きた薬、生きた悟りにならないのです。
何を言わんとしているか、何となくお分かりいただけると思います。
ご参考までに。あなたが❝論❞や、人が後から解釈した救われの無い❝説❞の世界から抜け出して、実のある、実りのある、キチンと舌救いのある仏教に出逢えるようになることを首をナーガルージュナにして待っています。

2年3ヶ月前

安心してください。逸脱していませんよ。

akbcde様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

あまり難しいことを申しましても混乱するだけになるかもしれせんので、この度は、少しまず端的にお答えさせて頂きます。

(とにかく明るい安村さん風に)「安心してください。逸脱していませんよ。」

冗談はさておいて、、

龍樹大師は、主に帰謬論証を用いて、実体への囚われを起こす我々凡夫のあり方、特に言葉の世界におけることでの実体への囚われについて問題とされ、言葉による言葉の否定により、言葉を超えた世界、つまり、悟り・涅槃・勝義の世界へのいざないを目指されたのであります。

明らかに射程は、釈尊の悟りの内実へと向けられているかと存じます。

もちろん、確かに釈尊は「無記」は「無記」として徹底した態度を取られたところがございましたが、釈尊在世時においては、それである意味、弟子たちを教化することができ、十分に納得させられることができていたと考えるのが妥当でありますでしょう。そこは如来である釈尊の善巧方便のなせるところであります。

しかし、龍樹大師の時代では、もはや釈尊、如来は不在となり、弟子たちの中でも釈尊ほどの善巧方便を用いられる者もおらず、様々に部派が乱立するようになり、その上で実体論者までもが蔓延りだしてしまっていた事情もあって、「無記」では済ませられない状態となり、そこで、このままではいけないと、仏教の行く末を案じられた龍樹大師が、言葉を使っての徹底した言葉による言葉の否定によって、釈尊の悟りの内実へと、できるだけ言葉を用いて近づけられるようにと努力なさられたのではないかと存じております。

中論「観四諦品」(第二十四・第八偈~第十偈)

『二つの真理(二諦)にもとづいて、もろもろのブッダの法(教え)の説示〔がなされている〕。〔すなわち〕、世間の理解としての真理(世俗諦)と、また最高の意義としての真理(勝義諦)とである。』

『およそ、これら二つの真理(二諦)の区別を知らない人々は、何びとも、ブッダの教えにおける深遠な真実義を、知ることがない。』

『〔世間の〕言語慣習に依拠しなくては、最高の意義は、説き示されない。最高の意義に到達しなくては、ニルヴァーナ(涅槃)は、証得されない。』

中論、是非、深く学ばれて下さいませ。

川口英俊 合掌

2年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答有難う御座いました。

私めのような凡夫が畏れ多くも龍樹大師を侮蔑する言葉を言ってしまい、
改めて小生の人間としての程度の矮小さに恥じるばかりであります。
ここにいらっしゃられるお坊様方に対して、失礼極まり無い態度を取ってしまった事に対して深くお詫びを申し上げます。
皆様のようなお坊様方のように、これからも一層研鑽させて頂きたい所存であります。
大変失礼な質問を伺ってしまい、申し訳ございませんでした。

関連する問答
このページの先頭へ