hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

「葬式仏教」批判について

回答数回答 4
有り難し有り難し 47

こんにちは。「葬式仏教」批判についての質問です。
時々ネット等で「お釈迦様は葬式をしたりお墓を作ることを否定した。だから日本の仏教は本来の仏教からかけ離れている。」といったコメントを見かけますが、お釈迦様は本当に葬式やお墓を作ることを否定したのでしょうか?

この話の根拠とされる涅槃経(現代和訳)を読んだのですが、お釈迦様は自身の葬式について非常に細かく指示をだしており、さらに「遺骨は塔を作ってそこに収めよ」などお墓を連想させる記述もあり、少なくとも葬式やお墓を否定しているようには思えませんでした。

以前からこういった「日本仏教は本来の仏教じゃない!」といった批判に疑問を抱いていたので、この場をお借りして質問させて頂きました。
よろしくお願いいたします。

2021年2月4日 20:26

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

どういう立場で「批判」しているか、が大切

こんにちは。
前回もご縁ありましたね。

これは、よくある質問の一つですね。
「葬式仏教」批判とは、そもそもある大学教授が述べ始めたものです。その論拠は、釈尊が未だ悟りに達していないお弟子に対して、遺骸の処置をする時間があるのだったら、それを修行の方に振り向けなさいと説かれたことを論拠にしています。

しかし、これを根拠に葬儀を否定した、というのは理屈の飛躍です。
あなたも指摘しているように、釈尊はむしろ肯定しておられる箇所が多く見受けられます。その多くの記述を無視して一か所のみを殊更強調し、釈尊は否定していたというのは理屈の組み立てからしてどうかと思います。

先の修行者に対する言葉も、正しい目的に向かって怠らず励むことを促すためです。それは、その修行者が本来自分が歩むべき道から脇道にそれてしまっていることを見抜いたうえで、本道に戻れという意味です。葬儀を否定するためではありません。

そもそも「日本の仏教」をどういう立場で「批判」するのでしょうか。
無宗教の立場、仏教徒の立場で全く違うはずです。

お釈迦様の教えがインド、中国、日本と伝わっていく中で、それぞれの地域の思想、文化、文字に変換されて、その地域ごとの色合いと混ざりながら仏教は日本まで伝わってきました。そもそもお釈迦様の説法自体は口伝で伝わり、後に数百年後に文字化され、その土地・民族の様々な色合いと混ざりあいながら中国、日本へと伝わっていたのです。

むしろ、もしそのお釈迦様の「本来の仏教」が、異文化、異思想は全く交わらなかったら、仏教はきっと歴史のはざまに消えていたでしょう。どこかで異質なものと排除されたでしょうから。そもそも、「本来の仏教」を論ずることができるのは、仏教が本質を保ちつつも表面的な種々の融合・変化・発展を成し遂げて伝わったからこそです。

「日本仏教」は「日本」の文化、思想と交わって安定的に継承された独特の良さがあるのです。仏教徒の立場なら、それを有難いことだと思う、どう継承されていったかを有意義に学べます。もし、無宗教の立場で否定ありきで批判するとしたならば、それは一体何が目的なのでしょうか。その批判自体、我田引水に過ぎない可能性を考える必要があると思います。

2021年2月5日 11:05
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...

「葬式仏教」批判の根は・・

つくしさま

日本の仏教は、本流(インド)からの派生(変遷していった教え、伝わらなかった教えもある)である面がありますが、仏典を典拠とした釈尊の教えを扱わせて頂いており、仏教は仏教であります。

ただ、仏典自体が、それぞれにそもそも釈尊の直接の正しい教えであるのかどうかの問題、また、かなり後世になってからのインド、中国撰述の仏典もあるため、真に釈尊の教えが何であるのかは、色々な説論が生じ、また、教義、宗旨における違いにも繋がるところとなっています。

もちろん、共通の真理、論理に基づいているものもあり、特に四聖諦、四法印は仏教であるならば当然に大切な共通の教えとなります。

また、日本の仏教は仏教でない、(教えが形骸化していての)葬式仏教だ、という批判の大元は、正式に受戒した僧侶がいないということが一番のネックになっているものであると考えます。そもそも正式な戒壇が無いのです。(日本の僧侶は各宗派の規定したものを満たしたものに僧籍が与えられるというものとなっています。その規定もバラバラです)あと、やはり世襲制によるところもあり、本気で志があって僧侶になっているということが少ないのもあります。

僧侶の資格、葬儀の導師としての資質ももちろん、その求められる本来像と掛け離れてしまっているところがあるのは否めないため、批判が生じている、それがひいては仏教への不信等にも繋がっているものがあるのではないだろうかとは推測しております。

まあ、しかし、テーラワーダの国々であろうが、チベットであろうが、中国、韓国であろうが、どこの国の仏教においても、それなりに大なり小なり似たような問題はそれぞれで抱えています。日本だけがというわけではないのであります。

日本のお坊さんはとにかく俗事のことも含めて、色々と忙しすぎるのです。静かに精神修養、修行する環境では無いのですよね。

川口英俊 合掌

2021年2月5日 12:05
{{count}}
有り難し
おきもち


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究 この度、仏...

ご質問ありがとうございます。
もしも葬式をする僧侶と葬式をしない僧侶のどちらかを選びなさいと言われたら、私は前者を選びます。
家族の死はとても悲しいことです。その時に遺族に寄り添い共に涙を流す僧侶に私はなりたいです。
ですから葬式仏教批判など私にとってはとるに足らないどうでもいいことです。
南無阿弥陀仏

2021年2月5日 13:21
{{count}}
有り難し
おきもち


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

仏教は、様々な形がある宗教です。

日本の仏教は
日本に合うように独自の変化を遂げました。
だからインドとは違う仏教になったのも
ある意味仕方が無かったことと思います。

日本では各々の宗旨宗派が
各々の経典をよりどころに発展してきました。
檀家制度が確立して以来
布教して信者を増やすのでなく
お葬式をしっかり勤めて
檀家をつなぎ留めておく方に注力してきました。

現在では
お葬式を機縁として
仏教やお寺に親しんでくださる方がほとんどでしょう。
それゆえにお葬式こそしっかり勤めようと思っています。

2021年2月5日 20:57
{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

質問者からのお礼

皆様丁寧な回答をありがとうございます。
今後も仏教についてご質問することが多々あると思いますが、
その時もまたよろしくお願いいたします。 合掌

「お釈迦様・ブッダ」問答一覧

釈尊の教えについて疑問があり悩んでいます

人生がつらいので少しでも楽になりたくて仏教の勉強をしているものです。 お釈迦様の説いた教えについて質問です。 最近、初期仏教の経典スッタニパータを読みとても感動しました。 その結果お釈迦様はこの世の全てが縁起によって繋がっており結局は全てが同一の価値ある存在である事を理解すれば最終的には自己に囚われることもなくなり現世の苦しみをなくすことができると説いているのではないかと自分なりに解釈しました。 しかしそう考えるといくつかの疑問が浮かびました。 スッタニパータでは父母や我が子に対する愛執を捨てる事を悟りへの道とする一方で、父母に従うことが幸せであり老いた父母を養わない者は卑しいと書いてあります。 しかし無我の境地を目指すのであれば血縁関係に固執してはいけないのではないでしょうか?何故父母に限定して言及したのでしょうか?目の前で父母と知らない人が同じ様に病気や貧困や老いに苦しんでいてどちらかにしか手を差し伸べられない状況の時、知らない人を切り捨てて親子だからと特別扱いして父母に手を差し伸べるのは果たして正しいのでしょうか?両親が仏法を汚す人間であってもそれに従うことが幸せなのでしょうか?  私の父親は酒に溺れた非常に暴力的な人間で犬や猫に対して無益な殺生もしていました。母も暴力的な人間でしたし噓つきでした。私はこの両親に従うべきだったのでしょうか?老後の面倒も見なくてはいけないのでしょうか? また怒りや嫌悪についても疑問があります。 スッタニパータでは怒りや嫌悪を煩悩とし捨てることのできないことをなまぐさと言い汚らわしいことだと言う記述があります。 しかし世の中ではしばしば想像を絶するほど卑劣で残忍な事が起こります。  例えば女子小学生に乱暴して殺害した犯人をたまたまニュースで見て犯人に怒りや嫌悪感を覚えるのはなまぐさなのでしょうか?実際に知り合いの僧侶はその事件について犯人を殺してやりたいとまで言っていましたが彼は僧侶失格なのでしょうか? 自分の周りでより強いものによって不当に傷つけられている弱者を見ても怒らず苦しみも感じないことが美徳なのでしょうか? 他の記述が自分の人生価値観を根本から変える素晴らしいものだっただけに、私はこの二つの疑問に苦しみ悩んでいます。 悟りを目指す僧侶の方々にお話を聞きたいです。

有り難し有り難し 38
回答数回答 3

真言宗と浄土真宗の中のお釈迦様

はじめて質問させて頂きます。 プロフィールに記載しておりますが、家族の問題を抱える中、昨年暮れに仏教の教えに出会い、本当に心が穏やかになれた体験を得る事ができました。 それまでの私は、実家が高野山真言宗のお寺とご縁があり、結婚後も実家の仏壇を預かり、月参りや納骨堂のお参りをはじめ、いろんな関わりを持ってきて、仏教と深く関わってきたつもりでした。 しかし昨年暮れ、心身共に行き詰まり疲れ果てた時に出会った教えは浄土真宗(真宗大谷派)の教えだったのです。 その時はじめて、今までずっとお寺に関わってきたつもりだったのに、「仏教の教え」についてほとんど何も知らなかった事がわかったのでした。 それから改めて今求道中なのですが、今まで聴いてきた真言宗のお経と、浄土真宗のお経がまったく違うのにびっくりして、元は同じお釈迦様なのに、どうしてこうも違うのか。 両派ともご本尊がお釈迦様ではないとはどういう事なんだろう。 両派の中の、お釈迦様の教えと、各ご本尊様(大日如来様と阿弥陀様)の関係性って何なのだろうと、今切実に知りたく質問させて頂きました。 私にとって真言宗は小さな頃からずっとずっと触れてきた大切な宗派であり、また浄土真宗は昨年暮れ、本当に行き詰まってどうしようもなくなっていた時に、私の心を救っていただいた大切な宗派なのです。 どちらも私にとっては大切な宗派なので、どうしたらいいのかわからない状況になってしまいました。 ただその中で、元はどちらもはじめはお釈迦様だったのでは?と思い至り、タイトルにある質問をさせて頂きました。 どうぞよいお導きがあればよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

漫画 聖☆おにいさん

私は「聖☆おにいさん」というブッダが出てくる漫画が大好きなのですが、愛読されているお坊さんいらっしゃったらこの質問に目を通して頂けたら嬉しいです。 作中で梵天と帝釈天が出てきますがブッダに対して「シッダールタ」と悟る前の名前で呼び、ブッダは敬語を使っています。シッダールタ時代に苦行している時にも「おー、頑張れよー!」とか言っていますよね。ブッダをプロデュースしてるみたいな場面も沢山出てきます。 私は手塚治虫の「ブッダ」も読んだのですが(フィクションもだいぶ盛り込まれているようですが)、その中で梵天はシッダールタの前にここぞという時に現れるので(迷っている時や悟った時など)、シッダールタの背中を押す師匠のような存在、と思っているのですが、 梵天や帝釈天はそもそも人間ではない存在なのですか? シッダールタが誕生する前から存在してるという事ですか? この漫画は私の仏教への興味を広げてくれた大好きな作品です。 初歩的な事と思いますし、ネットで調べればすぐ出てくるのでしょうが、ハスノハという場所があるのでお坊さんに質問してみようと思いました。 (帝釈天のスーツはアルマーニ、梵天のスーツはコナカというのはツボです)

有り難し有り難し 71
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る