お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

あとどれくらい

あとどれくらい悲しい気持ちになれば、涙は止まるのか。自分の病気、うまくたちまわれず役立たずな私。会社でもお荷物。自営業だから、いつも主人に嫌みを言われ、従業員にもなめられ、義理の両親にもあきれられ。
いろんなことをがまんしてきた。
子どものため。

でも、そんな子どもも反抗期で、いつも私に怒る。
あと10年、子どもに、お弁当が必要。
もう、10年したら、生きてる意味ないかな、、

母が元気なら先には逝けないけど。

毎日そんなことばかり考えてます。

やりたいこと、ほしいもの、いきたいとこ、。
なんにもない。からっぽです。

なぜ生まれたのか、なぜ子どもたちは私のとこに生まれてきてくれたのか、

こんな母で、こんな妻で、こんな嫁で、こんな娘で、ごめんなさい。

私がちゃんとした、頭がよい人なら主人はモラハラしなかったかな、、、

子どもたちも、幸せだったかな。

有り難し 23
回答 3

質問投稿日: 2015年11月18日 12:35

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

家族の理解と協力を得て、仕事の段取りを工夫してみよう


自分の病気、うまくたちまわれず役立たずな私。会社でもお荷物。自営業だから、いつも主人に嫌みを言われ、従業員にもなめられ、義理の両親にもあきれられ。

  こういうお気持ちの日々を送っておられると言うのは、つらいですね。残念ながら、個人個人の能力の差というのは現実にあります。他の方々が100メートルを15秒で走れるのに、自分は20秒でしか走れない。陸上競技の短距離走だけだったらあきらめもつくけど、長距離走も跳躍もうまく出来ない、球技も体操もうまく出来ないとなれば落ち込んでしまいますよね。
  仕事や家庭生活はスポーツとは違います。スポーツは同じ条件で速さや上手さを競います。しかし、仕事も家事も同じスタートラインに立って用意ドンで競争するものではありません。仕事も家事も段取りとチームワークの勝負だと思います。100メートルを走るなら、先に30メートルの場所に行って居てスタートすれば、先にゴールに着きます。100メートルで勝てなくても、相手が一人で1000メートル走るところを3人でリレーして走れば、勝つことが出来ると思います。スポーツではルール違反ですが、仕事や家事では「段取りが良い」「チームワークが素晴らしい」と称讃されます。
   「速く走れない選手」が、仕事も家庭も完璧にこなそうと思っても無理です。ます家事では、家族の協力です。「あまり器用では無く、持病を抱えている」ことを旦那さんもお子さんも知っている筈です。次のように、腹を割って旦那さんやお子さんと話し合っては如何でしょうか?

  仕事も家事も全部完璧にこなすことは、今の自分には出来ない。無理がきかない体だし、何とかしたいけど、仕事でも迷惑を掛けてしまっている。経営者である義父、従業員、そして取引先等の評価と信頼を得るためには、仕事の準備と段取りを工夫して行くしかない。今よりも仕事に時間を取られてしまうけど、自分が出来る範囲では家族のために、家事も一生懸命やりたい。あなたたちもわかっていると思うけど、私は両方を完璧に出来るほど器用じゃない。ごめん、家事の中の此処と此処は手伝って欲しいの。

 旦那さんもお子さんもあなたの泣き顔を見たいわけでは無いと思います。家族の力を借りてチームワークを発揮しで、笑顔の多い家庭に変えて行ってください。

2年11ヶ月前

「私はこの瞬間を生きている!」

…、と言ってみてください。
そして、本当にそれを実感してみてください。
そして、ついさっきまで、5秒前まであなたが生きていたのは完全にインサイド、アタマの中、インナーワールド、自己の牢獄、お池にハマってさあ大変状態であることを自覚してください。
そっちを「思量」の世界と言います。
仏道は、そっちのインナーワールドではなくアウトサイド、リアルの現実。目前の現実、「事実」の世界にガッツリ目を開いて生きることです。
多くの人はその「現実」が辛いと言います。
それは現実ではありません。
現実を切り取って、あなたの好き嫌いなどを評価した方の現実です。2ndなのです。
私の目の前では、子供がせっかく掃除したところを外からはだしで入ってきて土砂だらけです。多くの人が「辛い」と思う現実は、その後からの事を観て切り取った評価された現実の方なのです。
そのまえのリアル現実は「ただの土砂」土砂であるとも知らない。ドシャ―
そういう現実に出逢うことが仏道です。
そのためにも今さっきまで自分が考えワールドにドップリハマっていたことを自覚して、にどとそこに陶酔しないことです。
死にたくなったら電話してください。
人とマトモに関わることが無さすぎるんじゃないでしょうか?
「あなたは今、この瞬間を生きている!(自分をそっちへ行かせてはいけない)」

2年11ヶ月前
回答僧

願誉浄史

他のことを考えましょう

同じことばかり頭のでグルグル考えていても、悲しみが増幅されて苦しいだけでしょう。
誰に何を言われようと、ただの音声、つまりは空気の振動の波が聴覚に入っただけなのです。
音はその時にしか発生していないのに、頭の中でそれを何度も繰り返すと、悲しみが増えてしまいます。
無理やりにでも、別のことを考えたり、鼻歌でも歌って、気持ちを入れ替えましょう。

2年11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

願誉浄史さま
回答ありがとうございます。
そう、受けとる私にも問題がありますね。
同じことを、いわれても流せる人もいますよね。私は、深く深く掘り下げてしまうのです。

無理やりにでもべつのことを考える。

難しく感じますが、努力したいとおもいます。
本当は、笑っていたい。子どもにも。
ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ