hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

ペットとのお別れを受け入れるには

回答数回答 3
有り難し有り難し 37

我が家の猫が不治の病でお別れが近いのですが、
未だに心の整理がつかず、覚悟もできておりません。
子供がいないので、ほとんど子供のような存在です。

一番つらいのは猫ですが、看病している自分もつらく、
食事はろくに取れず体調を崩してしまい
情けなくなります。

1日でも長く生きて欲しいです。
でも、同時にこんな辛い思いから早く解放されたい、
死んでしまえば、その時は悲しいが後は立ち直るだけ、など
不謹慎な事を考えてしまいます。

動物を飼う時点で、先に死なれることはわかっていましたが、
まさかこんなに早くこういうことになるとは思っていませんでした。
遺伝性の病気です、わかったのは病気を発症してからです。
この子の命は、通常の半分しかありません。

もっとしっかりしなくては、強くならなくてはと思います。
どうすればよいのでしょうか。。。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

思い出を大切にしていくためのアクションを起こしてみては

亀山純史と申します。私は今から20年近く前に、動物霊園を経営している石材店の依頼で一年間(月一回)、その霊園にてお経をあげていました。はじめに全体での読経を行い、その後、個々に読経をしてもらいたいとの依頼があれば、個々の墓前にて読経をいたしました。毎回多くの方が参列し、こうして亡くなってからもお参りに来てもらっている動物たちは何と幸せであることか、と思ったものでした。人間にしても動物にしても、生き物はいつかは死にます。自分より先か後かはわかりません。でも、確かに言えることは、いつかは死ぬということです。そして思い出が多ければ多いほど、悲しみも深いものとなります。あなたが流す涙の量は、その動物を愛していた証です。
もしここに、「これを飲めばペットとの思い出は一切消え去り、ペットが亡くなっても悲しまなくなります!」というキャッチフレーズの薬があったら、あなたは飲みますか。動物霊園に毎月訪れていた人のように、ペットとの思い出をいつまでも大切にしていくことこそが、ペットへの供養に繋がると思います。これは決して思い出に引きずられることを意味してはいません。定期的なお墓参り、あるいは下のサイトで紹介しているペットへの手紙など、思い出を大切にしていくためのアクションを起こすことです。そのようなアクションがあなた自身がペットロスから立ち直っていく力に、やがてはなるのではないでしょうか。
最後に、日本ペットロス協会
http://www5d.biglobe.ne.jp/~petloss/index.htm
という協会があるようです。一度、HPを訪れてみてはどうでしょうか。そこには「ペットを失った悲しみから立ち直るには」と題して、5カ条(1.悲しみを押し殺さず、素直に出す 2.早く立ち直ろうと、がんばらない 3.無理がない程度の作業をする 4.悲しみをわかってくれる人に思いを話す 5.周囲の無理解や偏見を気にかけない)が、また、「ペットとの別れに備える~ペットロスを重くしないために」と題して、4カ条(1.ペットは自分よりも先に死ぬものと自覚する 2.ペットに過剰に依存せずに、ほどよい距離を取る 3.ペットを介して友達をつくっておく 4.ペットロスの正しい知識を持つ)が挙げられています。

以上が私の回答です。少しでもお役に立てればと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

最後まで愛情を注ぎ続ける事

まず、そのペットちゃんはあなたではない。
彼そのものの命を全うしていくよりほかありません。
取って代われないからです。
気持ちを注ぎ過ぎると、❝ツかれ❞てしまいますから、一度上手な距離感を取りつつ、それでいて最上の愛を送って安らかに逝かせてあげてください。
人間の愛情でも、動物は受け取ることができるのですから。
動物たちは、元々大自然の一員です。
それを人間は切り取って持ってきて自分たちのものにしてしまう。
動物を所有することの責任を負うことは免れないものです。
ペットであろうが、最愛の人であろうが、失われても、❝失わせる❞べきものではないのです。
終局、終焉、ピリオドにさせないためにも、あなたの中で、その子にできる限りの愛情を注いであげてください。
愛情を注がなければ、どちらもドライな別れになります。
愛情を注いでいけば、あなたの中にも愛がはぐくまれ、その子の中にも愛が生まれ、安らかに眠っていけるでしょう。
仏教には諸法無我という教えがあります。
そのペットちゃんは、もともとあなたのものでもなんでも無かった。
乾坤ただ一匹、天地にたった一人の生命です。
あなたもそういう存在であり、全ての存在が支え合いながらも、そういう個々の独立存在であることを悟り、あなた自身の人生、生命を最上のありように導くべく、気持ちを自己の精神の向上に向けてください。それを菩提心と言います。
菩提心とは、悟り、心の安らぎを求める誓願でもあります。
亡くなった時、供養として誓願を立ててください。ストゥーパなど供養塔を建てるというのは、菩提心の誓願を立することが中心なのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

依存と愛は違う

ペットを家族のように可愛がるお気持ちよく分かります。私も人生の中で可愛がっていた犬とのお別れが二度ありました。
悲しくて涙もこぼれました。しかし今は、懐かしい思い出ではありますが、悲しくはありません。もし、今でも悲しんでいたらそれは依存といいます。

あなたは最後まで、愛を注いであげてください。先に逝ってしまう可能性が高いのは、間違えない事実。だからこそ愛は伝えて、ください。

一つの大切な命として、全うさせてあげてください。所有物ではなく命として。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

亀山様、丹下様、邦元様
お返事ありがとうございます。
確かに私はペットに対して距離感を持てず、依存しているのかもしれません。
猫には沢山の癒しと思い出をもらってます。
あとどのくらい一緒に居られるのかわかりませんが、最後まで感謝と愛を伝えたいです。

「ペット・大切なものの死」問答一覧

ペットの最期が近いという現実

時々相談させて頂いています。 今回はペットの病気ともう長くはないという現実。私自身も現実を受け入れようとしていますが、ストレスや不安から身体症状も出ています。 ペットが自分の病気をどのように感じているのか考えると、自分の辛さ以上にペットの方がきついんだと考えます。 更に心配なのが主人です。我が家には犬が2匹いますが、病気の犬は主人が自分の犬として、とても可愛がっていたため、ショックも大きく、撫でているだけで、涙が出るようです。 そんな主人にどう声をかければ良いのかわからず、その事に対しても、考えると涙が出て辛い気持ちになります。 こちらのサイトでも、ペットの病気や死について、沢山の方が相談されており、お坊様のアドバイスを読みながら、今を頑張って生きようとしているペットと最期のその時まで一緒に過ごそうと決めています。 ペットとの出会いは運命であり、ペットが私達を選んで私達の元に来る、と書いてあり、更にペットは私達が仏様の元に行かせて頂く時、そこで待っていてくれると、書いてありました。 聞いて頂きたい内容がまとまらず申し訳ありません。 何もしてあげられない自分が情けない事、悲しみに涙する主人を支えることができていない自分。 1番はやはり犬が苦しんでいるのではないか、という思い。 自分が楽になりたいからお坊様にコメントを求めている自己中心的な自分に嫌気がします。 まとまらない内容になり、申し訳ありませんでした。話を聞いて頂きありがとうございました。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

愛犬の死

1週間前に13歳目前の愛犬を亡くしました。今年に入り衰弱を少しづつしてましたがこんなに早くお別れが来るとは思ってませんでした。 愛犬の輝く瞳や、嬉しそうに飛び跳ねる姿を思い出して涙が滲みます。 別れが避けられない運命だと頭の隅に置いて来たつもりです。仔犬の時から手の掛からなかった愛犬は亡くなるときも家族の手を引き止める事なく息を引き取りました。 多忙な家族もちょうど時間が取れてみんなで愛犬のお見送りをする事が出来ました。 小さな缶に入った遺骨を抱きしめて毎晩泣いてしまいます。 亡くなった愛犬の他に1匹おりますが、元気が無くお医者に通ってます。 この子も何か感じてるのだろうと抱きしめてまた泣いてしまいます。 今まで、実をつけた事のない庭の木が今年初めて花が咲き実を付けました。亡くなった愛犬を飼い出した記念に植えた木なんです。 亡くなる年に初めて実を付けるなんて不思議です。単なる偶然でしょうがまだ小さい実の一つ一つが可愛くて仕方ないです。 時間と共に寂しさは薄れて行くのでしょうが、今、この場所に愛犬が居ないのが悲しくて悲しくて辛いです。 愛犬は我が家の飼い犬として過ごして少しでも幸せだったのかなぁ、どうだったのかなぁって思います。 泣いてばかりじゃ愛犬が心配するだろうなって空元気に振る舞ってます。 仕事から帰ると涙が溢れて止まりません。 時間が解決すると思いますが今はだめですね。 まとまらない読みづらい文章で大変申し訳ありません。ありがとうございました。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

亡くなった文鳥のことです

この間もハスノハで相談させて頂いて安心していたのですが、またとても悩んでいるので相談させて頂きます。 2年ほど前に本当に大好きで可愛がっていた文鳥が2歳と少しで亡くなってしまいました。文鳥の寿命は8~10年程なのにとても早く死なせてしまいました。その時肝臓の病気だったのですが私のせいで死んでしまったのではないか、幸せではなかったのではないかと思うようになりした。 薬を最後まで上げきらなかったり、ゲージの掃除を怠って虫が湧いてしまったり、水を変えない日があったり、帰ってきたら遊ぼうねと声をかけて学校に行き、帰って来ても遊ばず寝てしまったりそんな事をよくしてしまい手に石鹸や汚れが着いていてその手で触れては行けないと手を念入りに洗ったり、家を出る前ヘビが入ってこないようにベランダの網戸が閉まっているか確認したり神経質になっていたのに本当に大好きで心配したりしていたのになぜ基本的な世話を怠ったのか当時は命が簡単に亡くなってしまうことを理解していなかったのか大丈夫だろうと思っていたのかわかりませんが今ではありえません。本当に後悔しています。そのせいであの子は若くしてなくなってしまったのだろうか、不幸だったのかなとおもいます。病気にかかって痛かったり辛かったりしたんだろうなと思うと涙が出てきます。死んでしまう時も塾に行っていて、母からゲージを見たら倒れていたと聞き1人で孤独に亡くなったんだろうなと思うと、本当に辛いです。あの子は私と暮らして嫌な思い辛い思いばかりだったのでしょうか。私のところに来たくなかったと思ったのでしょうか。あの子には一緒に遊んだことなど、とても楽しかったことも沢山思い出して感謝しています。あの子には色々な大切なものを貰ったのに私はあの子に辛い思いをさせただけなのでしょうか。 ずっと考えていたら何が本当の事か、何が正しいのか分からなくなってしまっていて普通にというのは変ですが、私のおかしい主観ではわからなくなってしまいました。あの子は不幸だったのでしょうか。あの子は私が今生きていて、幸せでいたら怒るでしょうか。嫌な気持ちになるでしょうか。あの子は何を思っていたのでしょうか。何を望んでいるのでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

夫に猫を捨てられました

私は4匹の猫を飼っていたのですが、そのうち1番上の子は以前住んでいた家の住人に放置されており、一度救ったら押し付けられるような形で飼うことになってしまった子でした。 そのせいかどうしてもあまり可愛がれず、その間にもどんどん保護してしまい4匹に増えてその間に子供も2人生まれたことにより潔癖のようになってしまい、猫自体に愛情が持てなくなってしまっていました。 特にこの上の子は一日に何度も吐いたり、ゴミや食べ物を漁って散らかしたりと、他の子にはない行動がありました。私は私で親との確執があり、心療内科に20年以上通っており怒りが制御できないところがあってその怒りが全てこの上の子に集中するような形で蹴ったり殴ったりを繰り返してしまっていました。このままではいけないと思い私のところで怯えていじめられて暮らすよりは大切にしてくれる人のもとへやった方がいいと思い可愛がっていた子供の反対を押し切る形であるNPO団体に譲渡することに決めました。 その団体に譲渡するには30万かかるので夫と相談して準備し、私では辛くなるだろうから俺が全部やるよという夫の言葉を信用し送り出しました。 それが去年の11月のことで私も罪の意識からこの猫の消息を聞くことができていなかったのですがやっぱり会いに行きたい、なんならもう一度引き取りたいと思いその団体に連絡をとったところそんな猫は来ていないと言われました。夫に確認したところ自営の資金繰りに困っており30万欲しかったために契約して譲渡したフリをして近所の公園のようなところに置いてきて、10日ほど餌をあげていたらいなくなってしまったと言われました。 飼っていた猫が外に放置されたらどうなるか、そしてそんなかわいそうな思いをさせたくなかったからこそ30万というお金を用意し大事にしてくれる団体に譲渡したつもりでいたのにそんなことになっていたなんてと酷いショック受け、それを知った子供も泣き叫びました。15歳の高齢のあの子が冬の寒さの中一人ぼっちで震えてお腹を空かせ、捨てられたと思っていたかと思うと辛くて死んでしまいたいです。夫は後悔もあったようですが今までにも何度も家のお金を資金繰りのために盗んだり嘘をついて借金を繰り返したりしています。 あの子がどうなったのか悪い想像ばかりしてしまい、そして死んでしまったかもと思うと苦しくて仕方ないです。どうしたらいいでしょうか。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

ペットを殺した罪〜子育ての不安

はじめまして、りんと申します。 今から20年程前、小学生だったころのお話です。 親戚から文鳥を譲ってもらったのですが、夏休みで祖父母の家に遊びに行っていたため、実家に帰るまでの間、小さなカゴに入れていたことや、文鳥に構ってもらいたくてちょっかいを出したりしたことで、文鳥にストレスを与えてしまいました。 多分そのストレスが原因で文鳥が死んでしまいました。 実家では、文鳥を飼うための鳥かごが用意されていたため、文鳥の代わりに十姉妹の鳥を飼うことになりました。 十姉妹はつがいで飼っていたため、どんどん数が増えていき、次第に世話をするのが嫌になってしまいました。 その結果、公園で十姉妹を逃すことになりました。親から『お前が殺したようなものだ。』と言われたことは今でも心に残っています。 あれから20年近くたち、今お腹の中には赤ちゃんがいます。 小学生だった当時は、命の尊さや罪の意識が薄かったように思います。 ですが、お腹に宿っている赤ちゃんのことを思うと、なんて酷いことをしてしまったんだろう‥と罪悪感に苦しめられます。 旦那とは、『子育てが落ち着いたら猫も飼いたいね』なんて話もしたりしているのですが、飼いたいという思いと私にペットを飼う資格なんてないという思いに苦しめられます。 そして、ペットの命を奪った私に、子育てなんてできるのだろうか‥と不安です。 来月産まれてくる赤ちゃんのためにも、トラウマを乗り越えたいです。 アドバイスいただければ幸いです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

反芻思考と自責の念に駆られ苦しんでいます

昨日飼い犬を亡くしました。 「元気がない」「呼んでも来ない」「食欲がない」「歩けず座り込む」「涙が出ている」など、様子がおかしいと、明らかなる異変に気付いていたのに、きっと大丈夫と決めつけ、 取り敢えず少し様子を見ようと、 こちらをじっと見つめてくる目を無視して、 仕事に行ってしまいました。 コロナ中で在宅勤務をする事も出来たし、会社を休んで病院に連れて行く事も容易だったにも関わらずです。 また、帰宅後苦しそうに横たわる犬を見た際にも、焦りはするもののかかりつけの病院は閉まっているから、もう少し様子を見ようと。 救急病院に駆け込んだ時には既に手遅れで、 医師に、なんでこんなになるまで放っておいただと、口には出さないものの責められるのを感じました。私には弁解の余地は無く、泣く権利さえないと。 何回も救うチャンスはあったし、何度も飼い犬は私に訴えていたはずです。苦しい、助けてと。 自分がその訴えを軽視し、 死に追いやってしまった事が、許せずに苦しくて、何をしていてもキツイ状況です。 私が仕事をしていた時、飼い犬は苦しんでいた。 私が食事をしていた時、飼い犬は苦しんでた。私がパソコンをたたいていた時、飼い犬は苦しんでいた。 ここの所、転職の事で悩んでいたりはあったのですが、とにかくどんな状況であっても、愛する者には目を向けるべきだっ足し、声に耳を傾けるべきでした。 取り返しのつかない後悔で、 毎日、どうしていいかがわからない。 何をしていても辛いといった状況です。 今日は骨壷に泣きついて謝りました。 私の声は、亡くなった飼い犬に届く事はあるのでしょうか。 とにかく申し訳なくて。 何度も何度も、救えたかもしれない瞬間に戻っては、自分を責め続けています。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

愛犬を自分のせいで亡くした

先日の土曜日の朝愛犬(9歳)を亡くしました。心臓病で半年程内服をしていましたが、状態が安定せず金曜日の夜に呼吸が荒くなり、チアノーゼもおこしていました。心臓からも変な音がしていて横になる事も出来ずずっと呼吸が苦しそうにしていました。餌も大好きなオヤツも食べないため薬だけは飲ませないといけないと思い、薬は無理やり喉に押し込んで飲ませました。それでも改善せず夜も遅くなって、かかりつけ医は閉まっており夜間はやっていない為、家族と話し朝一でかかりつけ医へ連れて行く事にしました。いつもだったら少しの変化でも病院へ連れて行っていたのに、その時に限って、朝まで大丈夫だろう。と思ってしまいました。母がよく可愛がっていた為夜はいつも母と寝ていたのですがその日に限って私の枕元にきて座ったまま呼吸を荒くしていました。私は寝ないと朝病院へ連れていけない、けどベッドから降ろすのも可哀想だなと思い、反対を向いて寝ました。その間もずっと一睡もしていなかったと思います。朝になり急いで病院へ連れて行き、すぐに酸素室へ入れられて、検査を待っていたところ、急変し心臓が止まり、目の前で蘇生処置を見ていましが、命が戻ることはありませんでした。あまりにも衝撃で、受け入れられなくて、名前すら呼んであげる事も出来ませんでした。さっきまで、私に抱っこされて苦しそうにしながらも生きていたのに、目の前で亡くなっていました。夜間やっている病院へ連れて行けばまず助かったと思います。完全に私のせいです。あの子は私を恨んだりはしないと思います。そんな子を私の判断ミスで殺してしまった。しかも呼吸困難という、なによりも辛い死に方をさせてしまった。自分が許せないです。しかし塞ぎ込んではいけないと心掛けて、仕事もちゃんとして、残された犬兄弟を余計にお世話していますが、ふとした合間に思い出しては過呼吸になり、愛犬と同じ苦しみなんだと思うと嬉しい気持ちになってしまったり錯乱してしまって、どうしたら償えるのか分かりません。火葬は済んで、四十九日までは埋葬するつもりもありませんが、私は埋葬するのも嫌です。家族は成仏出来ないからダメだよ。と言います。でもあんなに苦しくて亡くなって、また埋めてしまう事も辛いですし、今は骨だけど確かにその骨は愛犬であって、その子が物理的に居なくなってしまう事が辛いです。どうする事がせめてもの償いになるのでしょうか。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る