hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

死期が近くなったのでどう構えれば良いですか

回答数回答 1
有り難し有り難し 35

初めまして。同じ宮城県に住む者です。旦那は39歳、息子18歳、娘15歳。まだまだ手をかけてあげたい特に娘が甘えん坊で置いて行くのが辛いです。今月の8日に極めて深刻な場所に癌が出来てますと言われ、やんわり余命宣告とも取れる話をされました。手術が大変困難で完治ではなく延命治療だと。家族に向けて毎日、自分の思いを日記にのこしています。家族がこれを読んで私がどれだけ家族を愛していたかということを忘れて欲しくないカラです。
それは私が勝手に押し付けた感情ではないかと悩んでいます。逆の私の物や気持ちを置いて行かないほうが良いのでしょうか。仏壇に手を合わせ、お墓まいりに来てもらうだけで有難いと思い満足した方がいいのでしょうか?

2018年3月10日 9:27

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

姿形を超えて

ご相談拝読しました。お気持ち察するに余りあります…。

宮沢りえさん主演の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』はご覧になりましたか?まだでしたらよろしければご覧になってみてください。余命二か月の母が「絶対にやっておくべきこと」を実行していくストーリーです。

さて、死を前にどう構えるか、何を残すかについてこれが正解、これは間違いという事もないでしょう。また、他人がとやかく言える問題でもないでしょう。

りおこさんが生きたいように生きていただきたいと感じます。その生き方こそが残されるご家族の生きる力になるのではないでしょうか。何を残すか、どんな形に残すかというよりも、りおこさんがどのように死に向かい合い、どのように生きたか、その歩みこそがご家族それぞれが本当に満足して生きぬいていけるための教えになるのでしょう。
もちろんそのりおこさんの生の歩みを何か形に残すことに問題はありません。形があってこそ、形を超えたものに人間は出会えるのかもしれません。
日記という形あるものから、その形をこえたりおこさんの気持ち・願いにご家族は出会えるのではないでしょうか。

最後に、ご家族を一番にお考えの事と思いますが、りおこさんご自身の事はいかがでしょうか。本当に満足して死んでいけるものに出会うことができたでしょうか。

今回ここhasunohaをご利用いただいたのは大きなご縁だと思います。残り少ない期間かもしれませんが仏教に触れていただけると生死を超える教えに出会えることと思います。
死では終わらない「いのち」があるのです。
どんな人も生き様・死に様に関係なく、全ての川の水が海に入りて一味になるように、死では終わらずみな等しく帰っていける世界があるのです。

それは「さようなら」ではなく「またね」の世界。それを「浄土」と私は呼びます。

もちろん肉体的に今の姿をもって再開できるという意味ではないでしょう。

ただ、私もあなたも同じ一つの処に帰し、再び出会えるのだというおおきな「いのち」の物語が、物語という形をこえて私の身とこころに、安心や満足という「はたらき」をもたらします。
そのはたらきによって死の不安・恐怖と満足・安心の生が両立し、生死を超えていけると私は感じます。

南無阿弥陀仏

このたった6字の中に姿形を超えた大きないのちとして宿り、ご家族とりおこさんは出会い続けていけるのです。

2018年3月10日 11:21
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございます(*^^*)
今、娘の卒業式を終えたところです。
お式の間は「このような式に出るのも最後なんだな」と湿っぽく思っていましたが回答を頂けたこと、その内容のおかけで自分らしく「いつまでも私を忘れないで。私を傍においてずーっと愛して」と素直に自分自身の気持ちを受け止めることが出来る1歩となりました。
その映画はまだ見たことがなかったのですが映画やDVDを一緒にみたり、した事のない旅行などをしようと旦那さんと話してたので是非鑑賞したいと思います。またねと笑顔で言える日が来るように懸命に生きようと思います!
またお世話になるかもしれませんが、またよろしくお願いします(*´-`)

「癌・末期ガンと向き合う」問答一覧

癌治療で父親が苦しむ姿を見ていられない

以前も質問させていただいたものです。 また質問内容が似てるかもしれませんがお許し下さい。 私の父親は3ヶ月ほど前に胃がんがわかり、全摘出しました。神経細胞内分泌癌というとてもタチの悪い珍しい癌で、抗がん剤治療を待たずして術後1ヶ月で全身あちこち転移してしまいました。 その後速やかに抗がん剤治療をしましたが、治療するたびにご飯がますます食べられなくなり、やせ細り、眠くて眠くてずっと寝てる状態が何日も続きます。今まさにその副作用真っ只中です。本当に可哀想です。こっちが、声掛けたり励ましたりするのをかえって嫌がるようでそっとしておいてほしい感じです。話す余裕さえない感じです。また今までになかった痛みが出てきたりして本人も不安になったのか、寝てる時も涙をためています。可哀想で可哀想で胸が苦しくて頭がおかしくなりそうです。私は結婚して離れて暮らしてますが、側で見ている母はもっとだと思います。もう辛さから解放してあげたい気持ちと、治療耐え抜いて元気になってもらいたい気持ちが交錯しています。 父の気持ちを思うと苦しくて頭がおかしくなりそうで、何か出来ることはないか、あたふたしてしまいます。が、本人は何も望んでなさそうで、ただじっと、ひたすら耐えています。父の為にと思ってする事も煩わしく思うようです。 そんな父に対して、まわりで介護するものはどんな心持ちでいればいいでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

母の癌…

お世話になります。 昨年末、73歳の母がステージ3の肺癌であることが判明しました。 年明けから、抗がん剤治療、放射線治療を行い、不幸中の幸いで、手術出来る段階まで小さくなったのですが… 母が「手術はしたくない」と言い出して、戸惑っています。 手術したくない理由は、「これ以上体力を落としたくない。これからは上手に癌と付き合い、生きていきたい」と。 内科の担当の先生も、「せっかく手術出来るのに」と説明して下さいましたが、本人の意志は固いようで、何やら吹っ切れたように、逆に元気になっています。 親の病、生き方に関しては、本人の気持ちを尊重すべきで、いくら娘でも、口は出せない、母か決めた事だから…と自分を納得させていますが、「このまま母が弱って死んだらどうしよう」と悪い方にばかり考えてしまい、涙が止まりません。 現在、夫の転勤で県外に住み、地元を離れているため、母のお見舞いに行けるのは週に何日かだけ。 それでも自分なりに精一杯やっているつもりですが、「私が母の近くに住んでたら、もっと早く病に気付けたはず」と自分を責める気持ちが治まりません。 老いていく親の大病、やがてくる死、どのような心持ちでいれば、私自身も心穏やかに過ごせるか、ご教示いただけたらありがたいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る