お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

過去を忘れられない

こんにちは。
最近、過去を思い出して独りで悩むことが多くなりました。しかも、実際に失敗したり後悔した経験ではなく、“あと一歩で”恐ろしいことになっていたであろうことに対してです。つまり、ギリギリで困難を回避できていたことや危なかったが周囲の助けでなんとかなったことであるにも関わらず、
「もし、あのときこうなっていたら…」
「もし、あのとき対応が遅れていたら…」
と考えてしまうのが今の自分であるということです。
“そんなのは明らかに無駄”、“過去のことは割り切って、今をしっかり生きればよい”、“妄想はただの幻” 
などは分かっているつもりではありますが、なぜか思い出しては悩み、一人で苦しんでしまいます。
こんな時、どのような気持ち、もしくは心構えをすればよいですか?また、日頃このようなことが起きたとき、どうすれば落ち着くことができますか?

※以下は質問とは関係ありません※
思い返せば、命に関わる事故に遭いそうになったこと、自暴自棄になったこと、悪人に騙されそうになったことなどがありましたが、結果としては全て回避もしくは対処できています。奇跡の連続のように思え、人生って不思議です。

後悔・自己嫌悪
有り難し 10
回答 2

質問投稿日: 2018年4月7日 1:21

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

金積寺

常足庵

日々是好日

「過去を追い求める事なく、また未来を願いゆくことなかれ、過去はすでに過ぎ去りしもの、未来は未だ来ぬものゆえに」というお釈迦様の言葉があります。

これはタイトルに挙げたお経の中の言葉です。
今の現状は過去の集積であり、未来に起こる出来事は過去並びに現在の影響を受けます。

つまり、自分に出来ることは今現在の事しか無く、過去・未来は憂いても悩んでもしかたないという考え方です。

ということは、未来はただ悩むのではなく良い未来にするため今現在の行動を考えるために使い、過去は未来につながる今現在の行動を失敗のないように考えるために使うという事です。

使い方一つで過去も変わります。
何故かと言うと、過去とは、思い出すたびに今の気持ちで脚色編集して新たな過去にアップデートしているためです。
端的に言うと、記憶の増強は今の脳で行うからです。

1年5ヶ月前

あなたが守られているからです

拝読させて頂きました。
あなたは様々なご縁の巡り合わせの中で様々な方々やものごとに守られていらっしゃるからです。
どうぞ安心なさってこれから守られていることに感謝なさりながらこれからの自分のことや人生や人のことを大切になさって下さいね。
そしてあなたがこれからめぐり会う様々な方々とのご縁も大切になさりある時は助けて支えてあげて下さいね。

繰り返しますがあなたは様々なご縁に恵まれて守られていらっしゃるのですからね。

どうか心安らかに皆さんと共に生き抜いて下さいね。

1年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

有難いお言葉の数々、ありがとうございます。
周りの人と共に今を精一杯生きようと思います

「過去にとらわれる」問答一覧

「過去にとらわれる」問答一覧をすべて見る
関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ