お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

どう受け止めたら良いのか…

父の病気の事で、どう受け止めたら良いのか悩んでいます。

父は、一昨年に胃ガンと肺ガンが発見され、手術を受けました。
経過は良好でしたが、毎月の検査で腫瘍マーカーが上がっていると医師から伝えられました。
原因は不明、精密検査をしても、何処が悪くて腫瘍マーカーが上がっているのかも分からないとのこと。

肺ガン、胃ガンの手術をした病院はそれぞれ違い、定期的に2箇所の病院に通っているのですが、今日、その一つの病院から「再来年(2017年)のお正月は迎えられるか分からない、来年(2016年)のお正月は家族でゆっくり楽しんで過ごして下さい。」と言われたそうです。
もう一つの病院からは特に何も言われておらず、経過観察となっています。

私の前では気丈にしていますが、父はショックだったようで、「再来年の正月はいないかもしれないな」と力なく笑いながら話していました。
母も「お父さんが居なくなったらどうしたらいいのか」と不安そうに話していました。

まだ、何が原因なのか、はっきり分からない状態で再来年の正月までは持たないかもしれないと言った医師の言葉をどう理解したら良いのか分かりません。

私からすると、「何故まだ原因も分かってないのに、余命宣告のような言い方をしたんだ!」と思う気持ちで、医師の言った言葉にモヤモヤしています。

父にも励ましの言葉を掛けたいし、自分自身の支えとしても、何かお言葉を頂けると幸いです。

有り難し 9
回答 2

質問投稿日: 2015年12月20日 2:22

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

立正寺

常在

余命宣告後も長く生きられる実話

ご尊父はお若いようですね。
僕ですが、原因不明の病状を相談された場合、まず医学的原因を探るようお答えし、それでも原因がわからない場合に限り霊的原因を探ることにしています。
----------
南無妙法蓮華経を唱えて治した例
40歳末期癌が完全に消滅(全国例)
失われた聴力を完全に取り戻す(僕の信者さん)
----------
法華のお寺ですから南無妙法蓮華経で治すということをしていますが
宗教を信じない方には次の実例はいかがでしょう。
----------
FB 癌を自力で治そう会 
「言葉の力により余命2ヶ月から完治」
「笑いにより余命3ヶ月から現在も生きる」
いずれも抗がん剤を拒否しています。
そもそも薬で病気は治りませんからね。
症状を抑えているだけ、原因を取り除くことはしません、それが薬です。
あと、癌の栄養は糖質です。
糖質制限をした食事を摂ることで癌の活動を停止、消滅に向かわせます。
人体の病気の原因はすべて糖質の過剰摂取にあります。
米、玄米、小麦、果物、根野菜を完全に経ち
かわりに肉、魚、バター、チーズ、塩、葉野菜をお腹いっぱい食べてください。
ポイントはお腹いっぱいなるまで食べることです。
特に塩は腎臓を働かせる上で欠かせないものです。摂りすぎた塩分は尿といっしょにでるので全く心配いりません。
----------
にわかに信じられないでしょうが
今の常識は薬品会社、医師の金儲けを起源としています。
糖質制限はダイエット方法だと勘違いされていますが、本来は健康体に戻すための食事療法なのです。
----------
長文、ごめんなさい。

2年5ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

病気であったもそうでなくても

病気であってもそうでなくても、人との出会いは、今この瞬間しかありません。小さいころから一緒に暮らした両親との別れは、いつどんな形で訪れるか誰にも分かりません。それをいつまでもいるものだと勘違いして私たちは生きています。

いつか死ぬことは分かっていてもそれが、いつも通り仕事に出かけたある日に突然起こるかもしれないなんて考えられません。しかし、本当はそういうものです。

ですから、今一緒に居られる時間を、精一杯大切にし愛を伝えることしかないでしょう。もちろん治療により治ることができるのであれば、それをサポートすることもその一つになるかもしれません。

これから、そういうことがもし起こっても対応できるようにしておくことは大切なことの人すだと思いますが、そこにおびえ、びくびく生活していても仕方ありません。とにかくできるだけたくさんの愛情をもって接するだけです。

2年5ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ