お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

アカウントの『私の煩悩:』の変更

初めてhasunohaを訪れた際、アカウントに『私の煩悩:』を記す欄があったので、何となく、ふと思い付いたことを書きました。
私が書いたのは、『よく「未来は自らの手で切り開くもの!」と言われるが、未来に希望が見出だせないでいる。』というもの。
ただ「解答用紙に、何か書かないと」というような思いだけで書きました。いい加減な書き方をして、すみません。
しかし、訪れて10日ぐらい経った今、「何か違う」「なら書き直そう」と思いました。ある投稿を読んだのがきっかけです。ここからが、私が未熟であるからこそ生まれた煩悩になります。

新しい『私の煩悩:』
(来世なるものを自ら決められるのだとしたら)次は男に生まれてみたい、という煩悩が生まれたこと

変更理由:①私が今、女であるから。②私は男として生きたことがないから。③なってみなきゃ分からないことがあるはずだから。

以上。

しかし、来世に、また人間として生まれてくる可能性も確率も分からぬまま、容易くそんなことを言えた義理じゃありません。もし人間になれたとしても、今の、現世の「女」の記憶が残っているものでしょうか。
以前、私は『プチトマト』というタイトルの質問を致しました。「私の前世はプチトマトだ!」と小2の私が直感的に思ったことを書きました。ですが、残念ながら「プチトマトの記憶」はありません。ただ「ハッ!」と閃いただけだったのでしょう。
今は、煩悩も「心境の変化は日常茶飯事」と同様の仕組みではないかと感じております。
哀しくも、女の私には、男のことは分かりません。それと同じように、男の人も、女のことは分からないのではないでしょうか。
「どちらが有利・不利」など、両者を経験した者にしか分からないことです。つまり、「そんなこと言っても仕方ない」「誰にも分からないのではないか」と思っています。
そんなことに腹を立てているから、「怒という煩悩」が生まれてしまうのではないか、と、只今感じております。
しかし、まず性別が「男と女しかない」と思っていること自体、『無知』であり『偏見』『差別』ではないでしょうか。
この時代に「男になりたい」「女になりたい」というのは、短絡的過ぎるような気がしてなりません。それなのに、私の頭にムダな煩悩が浮かびました。
どんなご意見でもご批判でも、受け止めます。皆様のお心の内をお聞かせ下さい。

心構え・生きる智慧
有り難し 13
回答 2

質問投稿日: 2018年7月25日 13:37

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

猿侯の枝に伝うがごとし

拝読させて頂きました。
そうですね、私達の心はあなたがおっしゃるとおり様々に煩悩が渦巻いています。

法然上人は「心は物に従いて移り易し。譬えば猿侯の枝に伝うがごとし。実に散乱して動じ易く、一心に静まり難し。とおっしゃておられます。
私達の心は人の言ったことやあれこれと周りをみて常に振り回されています。例えば猿が枝から枝を渡っていくようにいつもばらばらにあっちいったりこっちいったりと動き回っているのです。一か所に静かにとどまっていることはなかなか難しいとういことです。

その様な煩悩や迷いだらけの私達だという事を認めることかと思います。

今思っているあなたの望みはあっという間に移り変わっていってしまいますからね。
その様な儚い愚かな私達なのです。

その様な私達ではありますが仏様は必ず正しくお導きなさって下さいます。

逆にその様な愚かな私達だからこそ仏様は余すところなく救い摂って下さるのです。

あなたもどうぞ仏様私を救い導いて下さいね、と心から仏様にお願いなさり「南無阿弥陀仏なむあみだぶつと」とお念仏おとなえなさって下さいね。

仏様はいつ如何なる時でも私達をお見守りなさってくださっています。そして必ず私達を正しくお導きなさって下さいますからね。

これから生きていく中でまた新たな迷いや煩悩が数限りなくあなたの心に湧いてくるでしょう。それをじっくりと見つめながらあなたの人生をしっかり生きていってください。その中であなたは必ず成長なさっていかれます。

そして必ずあなたは仏様が救い導いて下さいますからね。そしていずれは一切の迷いや苦しみや煩悩から離れて円満な心となるでしょうからね。

あなたがこれから仏様のお導きを受けて心お健やかにその人生を生き抜いていかれます様心から仏様にお願いさせて頂きます。

南無阿弥陀仏なむあみだぶつと

8ヶ月前

来世で男性に生まれる事を望まれるのであれば、なおさらのこと、現世では女性としての楽しみ、喜び、苦しみ、悲しみ等様々なことをしっかりご経験されて、貴重な女性としての人生を最後まで全うしましょうね。

8ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

Kousyo Kuuyo Azume様、お返事ありがとうございます。煩悩に翻弄されそうになりながらも、
今ある煩悩から目をそらさず、向き合いながら、成長していければと思います。瞑想は、自分に自信がない時や自分に煩悩が生まれた時に、「ちょっと、しばし」と行うようにしています。これからは、「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」と繰り返し唱えることにも試みたいと思います。そうすれば、仏様をより身近に感じるようになれるような気が致します。精進して参りたいと思います!

三宅聖章様、お返事ありがとうございます。性別、年齢、人種、宗教、国境等々…はじめから
境目になるものなどないというのに、人間は直ぐに「壁」を造ってしまうものです。どこからが女で、どこからが男かも定かではありませんが、私の煩悩に「男に生まれたい」という産物が湧いてきたのなら、三宅様がおっしゃる通り、今は「貴重な女性としての人生を最後まで全うしたい」と思います!女を楽しみます!

「煩悩」問答一覧

  • 人の煩悩を 女性 30歳代
    いつもありがとうございます。 ハスノハで相談するようなって、人間にはいく...
  • 煩悩 無回答 50歳代
    煩悩がいかによくないことであるかは解ったのですが、人生苦しむことなく、つま...
  • 煩悩 女性 40歳代
    煩悩とは欲の事を示すのですか?自利? それなら「ひとの役に立ちたい」「優...
  • 煩悩とエゴ 女性 30歳代
    仕事の相談でメールや電話をしても無視するくせに私のメールの返信が少しでも遅...
  • 私の中学生の時の「将来の夢」は、「動く植物を開発すること」でした。 一番...
  • 煩悩とは 女性 40歳代
    煩悩を無くすように努めると、喜怒哀楽等の感情も薄れるように思います。 煩...
  • お坊さんは怒ったり、嫉妬したり、だれかを嫌いになったり、ぜんぶめんどくさく...
  • 私は欲をあまり持てません。 ただ勉強する事が好きで精神医学を勉強して楽し...
  • お坊さんの煩悩とは何ですか? 煩悩が生じた時にそれをどう対処されますか?...
  • よく回転寿司に行くのでそこで気づいたことを質問です。 煩悩とは何でし...
「煩悩」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ