hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

仏画や仏像

回答数回答 3
有り難し有り難し 16

仏画や仏像によくある、仏菩薩の頭上にまた仏菩薩?がいる状態にを何と呼び、また何の意味があるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

飛天(ひてん)のことだと思います

 本尊である如来や菩薩を讃嘆し荘厳するために、仏像の光背や天蓋に天人が彫刻されることがあります。それらの天人のことを一般に「飛天」と呼んでいます。仏画に描く場合は、より自由自在に飛行する感じに描かれていると思います。

 宇治平等院鳳凰堂の雲中供養菩薩が「飛天」の代表作と言われております。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

観世音菩薩の場合

世音を観じるの意味を表しているのだと思います。根拠は以下のとおり。

妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五の冒頭に何故、観世音菩薩はその名を観世音と名付くのかが説かれています。
『世』間の『音(こえ、声)』をよく『観』察するから観世音と名付く。
名の由来の説明の後に、様々な形で道を得せしむための手段を講じるとあります。すなわち、仏の形を見て道を得る者には仏を現し、自在天を見て道を得る者には自在天を現し、婦人、童男童女、魔を見て道を得る者にはそれらを現す。

尊顔がいくつもあるのは様々な世音を観じることをあらわしているのでしょう。
----------
せっかくですから観世音菩薩が叱られるシーンがありますので紹介いたします。

上記を聴いた会座の善男子が観世音菩薩に華の首飾りの供養を申し出ます。しかし観世音菩薩はその供養を断ります。
それを見ていた釈迦牟尼世尊(いわゆるお釈迦様ではなく、久遠実成釈迦牟尼世尊です。)は観世音菩薩を叱ります。
『慈悲を以って受けよ』
観世音菩薩が慈悲に乏しいことを明らかにした重要な部分です。
観世音菩薩が実は僕たち凡夫と変わらない、僕たちは観世音菩薩に近づけると理解したならば、
様々なかたちで世の中でお役に立てる、立つことで観世音菩薩と成れるんだと希望がわいてくるのであります。
観世音菩薩は僕たちの化城(けじょう、仮の目標)のひとつなのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...

化仏(けぶつ)・化菩薩(けぼさつ)かな?

化仏・化菩薩を表現したものかな?と思って検索してみると、ウィキぺディアに化仏化菩薩についての記事ありました。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

ご教授いただきありがとうございました。

「仏像・仏様・阿弥陀・観音」問答一覧

仏様のお水は毎日変えたほうがいいですか?

こんばんは。 私は不動明王と他多数仏様を家で拝んでいます。全て開眼されたものです。 私には発達障害と精神疾患があり、日によって具合が違います。 読経できるほど元気があるときもあれば、もう何もしたくないというときもあります、 私は仏様が大好きでお招きしました。 自分の病気平癒や、夫の仕事の大成などを祈ってます。 そこで質問なのですが、仏様のお水やお菓子はやはり毎日変えるべきでしょうか? お菓子は、毎日変えるとお金がかかるのとたぶんやっていたらたべきれなくなってしまいます。 お水は元気のある読経時に変えたりしています。やはりお水だけは毎日お取り替えした方がいいでしょうか? 仏様をみているととても心が癒されて。 読経もするととってもすっきりします。 自分でもお招きしたからにはちゃんとしないとは思っているのですが、なかなか心と体がついていかず。 一応懺悔文なども読経しております。 また日々の感謝も読経時させて頂いてます。 そういうお祀りの仕方ではやはりダメでしょうか?もし毎日じゃなくてもいいならだいたい何日に一度ぐらい変えればいいでしょうか? 稚拙な文章ですみません。ご教授の程よろしくお願いします。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

小屋から出てきた仏像について

先日、祖父の家の物置小屋を探検していました。私が知っているのは、祖父の家は江戸時代から13代続く家です。 そのため、小屋にはなんか凄いの入ってそうだな、という木箱や竹籠が沢山あります。 色々見ていたところ、主に朱塗りのお膳セットや陶器でした。 しかし、父がふと この木の棒なんだ? と、足元の樽の上にあったものを手に取ると。 仏像でした。私は仏教は好きでお釈迦様の教えなどは好んで知ろうとするのですが、仏像に関しては分かりません。 その仏像は30センチくらいの立像で観音様でしょうか。 スラッとしていて右手は人差し指と親指をくっつけて上を向き、左手は下を向いている美しい仏像でした。 仏像の乗っている台の下には 先祖代々永享元年 と書かれており、調べてみると室町時代だとか。 もうひとつも立像で、胸の下あたりに法界定印(調べました)を組んだ お地蔵さま?お釈迦様?です。 これは、年代は不明です。10センチから15センチくらいです もうひとつは、20センチくらいの扉のついた彫り物です。3センチ程の人物が3人いて、御一方は不動明王様でした。 長くなりましたが、無造作に埃まみれの小屋において置くのも嫌だなと、見つけたのも何かのご縁かと思い、汚れを拭き取り綺麗にしました。 これらは、仏壇で一緒に手を合わせていいものでしょうか。 良ければ教えてください。曹洞宗です。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る