hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

母の死、 弱い私と膨らみ続ける罪悪感

回答数回答 2
有り難し有り難し 38

初めて質問、失礼致します。
こういう場所への投稿も初めてで、無礼がありましたらお許し下さい。

ずっと一緒に暮らした高齢の実母を癌で亡くしました。

私の判断で、告知も延命治療もしませんでした。私自身も癌を経験し、その時の絶望感を年老いた母にさせたくないと思ったからです。

高齢ということもあり、母の性格も考え、主治医の先生も、「余命を穏やかに過ごす」のもアリですと、快諾して下さいました。

旅行に行ったり、ぶざけあって笑ったり、楽しく暮らした数年間でした。
癌とわからなかったら出来なかっただろう良い思い出を作ることができました。

でも、ふと、、本当は私の気持ちが弱く、母が苦しむ姿を見るのが恐かったから、知らせなかったのかもしれないとも思うようになり、、。

自分のしたことに腹を括れない弱い私。
そろそろ前を向いて歩きたいのに、踏み出せない弱い私に、喝をいただけたらと思います。
いい年をしてお恥ずかしい限りです。

心身ともにかなり凹んでます故、出来ればお手柔らかにお願い申し上げます。

2018年8月15日 7:02

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

娘との時間を抱きしめて、安心して逝かれたのです

はじめまして。

お盆のお檀家さん参り(棚経)が終わり、脱力の朝を迎えています(笑)
五十も半ばを過ぎ、一晩眠れば疲れは吹っ飛ぶという訳にもいきません。朝勤の後、久しぶりにハスノハにログインし、トップにあった貴方の投稿が目に飛び込んできました。身体が弱っているからか、年齢とともに涙腺が脆くなったのか…貴方の文面に引き込まれ、涙しました。

私も高齢の母と生活をともにし、年々弱っていく様を目の当たりにしています。ここ数年の間に大病を患い、「これが今生の別れ」と覚悟したこともあります。運動機能の低下に加え、近頃はメンタル面もかなり怪しくなっているので、一人にしておけない時もあります。
それでも、幾多の困難を乗り越え、齢九十を迎える母が前のめりに物事に取り組む姿に、この年になっても子どもの頃と同じように大切なことを教わっているように感じています。

日頃からお母様の思いを推し量ったり、コミュニケーションを取りながら、最も身近でお世話をし、或いはお世話になりながら日々を過ごし、本音をぶつけ合い、気遣い、互いの安らかな未来に祈りを捧げた晩年の道のりは、紛れもなく貴方がたが歩まれた母娘の軌跡です。

「私との時間を抱きしめて、安心して逝った。」

そんな貴方の強い思いが無ければ、たとえお身内であろうと、人ひとりの人生の終焉にしっかりと向き合うことなど出来なかったと思うのです。
それでも、お亡くなりになってから、溢れ出る後悔があるのなら、今は無理に踏み出す必要はありません。お二人で歩まれた人生に思いを馳せ、お母様の旅立ちにそっと寄り添いながら、そしてまた共に歩き始めるのです。

2018年8月15日 9:18
{{count}}
有り難し
おきもち

初めまして。桑木茂光と申します。 大阪最北端に位置する能勢町にございます...

これでいいのです。

ご質問ありがとうございます。

癌を患われたお母さんに告知も延命治療もせずに送られたことに、
あとから自分の弱さからそうしたのではないか、との思いを抱かれておいでなのですね。

現代の医療はこういう場合、告知して、治療法を患者自身にも選ばせるという流れのようです。

そういう場合、あなたがお考えになったように、お母様は絶望感や恐怖感を抱かれたかもしれません。でも、そうでないかもしれません。

旅行など楽しい思い出をお母様と共有されたようですが、これも現代の終末期医療のあり方からすると、患者のQOLを高めたことになるのでしょう。
お母様にとってこれが良かったのか良くなかったかは、ご本人以外にはわからないことだと思います。

あなたの選択が良かったのか悪かったのか、実は答えは出ないことなのではないでしょうか?
しかし、あなたの選択には、一生懸命お母様のことを思う思い、お医者様の同意、そしてここには書かれてはいないのですが、多くの方の支えもあったのではないでしょうか。

わからないことを思っていても、わかるようにはならない。
あなたの選択も、今から良かったのか悪かったのか、判断することはできない。

とすれば、(少し無責任に聞こえるかもしれませんが)、今の問題としてたいした問題ではないのではないでしょうか?

あなたはこれからも生きて行かれます。
思いは残ると思われますが、必要以上にこだわることもないことなのではないですか?

人間の判断を超えることは、仏様に任せておけばいい、
私はそう思います。

2018年8月15日 7:49
{{count}}
有り難し
おきもち

真宗山元派上西山正善寺住職

質問者からのお礼

藤堂尚夫様

早速のアドバイスありがとうございます。

ご住職が仰る通り、かかりつけのお医者様初め介護の皆さん、近所の方々まで本当によくして頂きました。

母もよく「あたしゃ殿様になった気分だよ」と、、。何回聞いても、お姫様ではなく、お殿様だそうです。
近くに頼れる親戚もいなかったので、本当に感謝しています。

殿様気分を味わったのですから、「余は満足じゃ」って言ってくれてたら嬉しいのですが。そう思うことにして、私もそろそろ前を向こうかと思います。

しかし、仏様が私の判断を間違いだったとジャッジしたら、、、恐ろしくて私、当分あの世には行けませんね。早く母の所に行きたかったけど、やめときます。

実は供養の面でも問題を抱えているのですが、少しずつ解決していこうと思います。
背中を押してくださり、有り難うございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

桑木茂光様

お盆でお忙しく、お疲れのところアドバイス頂き有り難うございます。私の地元は7月お盆で、母は先月初盆に帰ってきました。

私が一人で無事に看取れたのは、、、

先程アドバイス頂いた正善寺のご住職のご指摘通り、周りの方々の支え。

そして桑木様が仰るように、私も母のために、母も私に悔いのないように身を任せてくれたからだ気付くことができました。
母も覚悟をしていたのでしょう。最期にしっかりお別れも言うことができました。

せっかく母が私にだけくれた思い出の宝物を大切にしたいと思います。

気付かせて頂き有り難うございました。
感謝しています。

お母様お大事になさって下さいませ。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

父は自分が死んだ事に気付いていますか

はじめまして。 2020年の4月半ば、ガンで父が亡くなりました。 1月の終わり頃に首にしこりがあると言っていて、そのタイミングで私も父に関する嫌な夢を見てしまったので気がかりだったのですが、病気に行きなよ、程度で終わってしまい、3月の半ばには酷くなり即入院。 ですがもう手遅れで先は長くない。覚悟しておいて下さいと言われ絶望していました。 そんな父が入院して1ヶ月で、食事もとれなくガリガリに痩せ、血圧が下がりそのまま亡くなってしまいました。朝早く病院から呼び出され母と病院に行った時にはもう息を引き取っていました。 私はなぜあの時に無理矢理でも病院に連れて行かなかったのか後悔していました。亡くなってすぐの父の手は暖かくて、お見舞いに行った時に手を握って意外と力余ってるねと笑っていたのを思い出し涙が止まりませんでした。 葬式などを終えひと段落し、霊感がある母と喋っていると、父の気配も何も感じない、死んだ事に気付いていないのでは、と言っていました。 確かに血圧が下がり、眠るように意識が遠のきそのまま亡くなったのでもしかしたらまだ魂は病院を彷徨っているのではと不安になりました。自分の死に気付かない等あるのでしょうか?父は生前、人は死んだら何処へ行くのか、魂の話や心の話をよくしてくれました。 そういった事を理解していても、いざ自分が亡くなったら分からないものなのでしょうか? また、父は入院する前私が買ってくるのを楽しみにしていたプリンを食べられずに入院してしまいました。ガマンしていたお酒もタバコも、好きなお菓子も、食べたかったプリンも、お供えしたら食べて貰えますか?亡くなったらゆっくり休んで病気で食べれなかったプリンもタバコもお酒も楽しめているんでしょうか? 父は病気の苦しみから解放されて、今苦しまないでゆっくり休めているんでしょうか? 質問責めですみません。 ご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 46
回答数回答 4

離婚した元夫が孤独死し、悲しい

初めてご相談させていただきます。 私は11年前に離婚し、1人息子を引き取りました。その後息子は成人し、現在は自立しています。 元夫とは、息子の進学や就職、近況報告等で時々連絡を取り合っていました。 昨年、元夫から体調が悪く仕事(自営業)を休んでいること。信頼していた人に、売上金を持ち逃げされたこと。その為下請け業者に支払いができず、多額の借金を抱えたこと。返済もままならず、督促から逃げるために夜逃げ同然で引っ越したこと。住民票も異動できず、健康保険にも入っていないことを聞かされました。 私は、まずは病院に行くように説得しましたが、元夫はもう全て投げやりになっていました。保険証もないため、そんな莫大な治療は払えないと言いました。今ある手持ち金が尽きたら、もう死ぬしかないというようなことも言いました。 でも私は諦めて欲しくなかったので、メールでいくつか相談できる窓口を調べて送りました。 それから暫くして、私にがんが見つかり、すぐに手術を受けました。幸い初期だったため、社会復帰もできると喜んでいた頃でした。 息子から元夫が亡くなったと連絡がありました。 部屋の中で倒れているところが見つかったそうです。2か月ほど経っていたそうです。 もしかしたら、元夫は自死だったのではないか?あの時、私が無理矢理にでも病院に連れて行ったら、こんなことにはならなかったのではないか?どんなに心細く、無念だっただろう。私は治療を受けてこんなに元気になったのに…。でも、借金から逃げているという苦しさから解放されて、安心しているかもしれない…など、様々な感情が押し寄せ、胸が苦しくなります。 私が供養することは、元夫は喜んでくれるでしょうか?

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

愛する人を亡くしました

先日愛する人を亡くしました。 あまりに突然の別れで未だに受け入れることができません。 事情があり、遠距離でお付き合いをしてきました。 会えない時間が長い付き合いでしたが、常に連絡を取っていたこともあり、離れていても常に寄り添ってくれていることは明確でした。 しかし、私自身の性格もあり、なかなか素直になれず、辛くあたってしまったり、酷いことを言ってしまったり・・・。 それでも彼は変わらずに愛してくれているという実感もありました。 その彼が突然亡くなってしまい、しかも昨今のコロナウィルスの影響でお葬式にも参列できず、最期の姿すら見ることが叶いませんでした。 きちんと最期の別れができなかったこともあり、これは現実ではないのではないか、と彼の死を受け入れることができません。 今までの付き合いの中で自分のしてきたこと、後悔してばかりです。 せめてもっとちゃんと感謝を伝えたかった。 愛していると伝えればよかった。 来る日も来る日も後悔の連続で、闇の中から抜け出すことができません。 彼の死は親しい友人のみにしか知らせておらず、職場などでは何もなかったかのように、今までと同じ生活を続けるしかありません。 急に不安や悲しみが襲ってきて、泣き出しそうになることもありますが、ぐっと堪え、通常を装うことにも疲れてきてしまいました。 気持ちを強く持っていなければ!と自分に言い聞かせていますが、ふっと襲ってくる弱さにいつまで耐えられるのか・・・。 1人になると自然と涙が流れ、止めることができません。 あの世にも私の想いを届けるにはどうしたらいいですか? 彼の供養のためにも、前向きに生きていきたいと思いますが、どうすれば供養になりますか? あの世でまた彼に会うことはできますか? 私の事を待っていてくれるでしょうか?

有り難し有り難し 35
回答数回答 2

彼の上司が亡くなりました

相談失礼いたします。 彼の上司が、1月に行方不明になり 2日前に遺体にて発見されました。 彼は昨年6月に現在の職場に入り 最初の研修場所の先輩からパワハラと悪口を言われ、亡くなった先輩がそんなに酷いならこっちに寄越せと言い引き取ってもらいました。 その先輩はしっかりと研修をしてくれて 彼の中でも尊敬している先輩になり 彼の研修が終わる頃にその先輩が昇任。 そしてその昇任から2ヶ月程度で失踪したそうです。 見つかりはしましたが、その先輩のお葬式はゴールデンウィーク明けになるそうです。 恐らくこれから検死等あるのでは?とのことです。 彼の中ではあの先輩が自殺するわけがない、他殺だと思っているようです。 彼がパワハラの件を弁護士にお願いし、最初の先輩に文面を送った頃に失踪したので。 思い込みなのは分かっているようですが 彼の中では最初の先輩が何かしたから先輩が亡くなったんだと結論付けたいようです。 私もその先輩には勝手ながらとても感謝していたので、彼の気持ちが痛いほどわかります。 私が彼にたいしてしてあげられること 彼がその先輩に対してしてあげられることは何でしょうか。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

彼を死なせずにすんだはずです。

彼といることは幸せでしたが、辛いこともたくさんありました。 彼といると、私の普通がどんどん崩れていきます。 彼の普通と同じじゃないと認めてもらえません。 価値観の違いと話しても許されません。 私の感覚はおかしいと、間違っていると言われます。 彼と同じじゃないとダメなのです。 私の普通がだんだん分からなくなり、彼の考えと違う私はおかしいのだと思うようになりました。 彼に怒られるから、ケンカになるから、言いたいことも我慢しました。 私が我慢すれば、ケンカのない平和な日々を過ごせると思いました。 彼は、普段は本当に優しくて私のことをよく見ててくれ、気のまわる人でした。 何も言わずとも私の気持ちを分かってくれて、こんなに私を分かってくれてる人は他にはいないと本当に幸せでした。 でも、だんだんと楽しい、幸せよりも、辛い、悲しいが多くなりました。。。 そんな毎日から逃げました。 この状況が、子供にとっていいとはどうしても思えませんでした。 別れ話をするたびに、自殺をほのめかす彼を何度もみてきて、本当に死ぬ気なんてないくせに…と思っていた私は本当に馬鹿でした。 本当に死んでしまいました。 助けてあげれなかった。 今でも、彼が亡くなったことが信じられません。彼の家に行けば会えるのではないかと思っています。 でも、もし居なかったら…と思うと怖くて家に行けません。 彼の死ぬ時のおもいに比べたら、私の我慢や不安なんて大したことなかったんだ… だって、自ら自分の命を断つなんて、私には考えられません…そんなこと怖くてできません。 でも、彼はその恐怖よりも、生きていることの方が辛かったということですよね。 私のせいです。 私が弱かったから。もっと強ければ、彼とのことも、子供と彼との関係もうまくやってあげれたんじゃないか… もう一度やり直したい… やり直して、ちゃんと家族になりたい… どうしたらいいのでしょうか。どうしたら、彼を死なせずに済んだのでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る