hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

母親の納骨について

回答数回答 3
有り難し有り難し 12

去年11月に病気で大切な母親が永眠しました。84歳でした。一周忌に墓に納骨をしようと準備していますが、母親の先祖代々のお墓のある寺に問い合わせたら、墓の管理者の許可が必要といわれました。母親は四姉妹の末っ子で長女と母親が先祖代々の名前です。長女と母親は生前あまり仲良くなかったらしいのですが、母親は代々のお墓に入るのを望んでいました。長女には何の遠慮もせんでいいよと常々言ってました。長女親族とはずっと連絡などしてこなかったのですが、墓の管理者となるとやはり長女の子供たちでしょうか。長女も生存してるのか不明です。今名古屋に住んで30年経ち、代々の墓は石川県で遠方で、数年に一度母親共々墓参りしていました。自分は40代独身で父親と姉の3人です。まだまだ一周忌経ってないので日々淋しさと悲しさは溢れた日々です。
代々の墓に普通に入れると思っていたので、今不安と一番最善はどうしたらいいか、そして、自分もおそらくこのまま独身で生きてくと自分が亡くなった後の不安、母親と同じ場所に絶対に入りたいのでどうすればいいか、、是非ともアドバイスいただけけたらと思います。
もし、先祖代々の墓に母親が入れないと母親との約束が果たせない辛さ、悲しさとか強く抱いてるので、不安です。
片足が不自由だった高齢の母親といつも一緒にいれたことが凄く幸せでした。側にいて当たり前と思ってた大切な存在だったので悲しみと淋しさもとてつもないです、、
今はまだ母親の遺影と遺骨をミニ仏壇に添えて日々お参りしています。涙が止まりません。
今後の残った自分、高齢の父親、姉の3人も絶対に母親と一緒に永遠にいたいのでその点も含めてアドバイスよろしくお願いします。。

2018年9月15日 14:43

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

一方法としてお話します。

愛おしいお母様の思いを何とか実現して差し上げたいお気持ちは充分理解できます。

さて、現実を顧みると、まず、たしかに墓地(墓石)を管理している、いわゆる祭祀継承者と呼ばれる責任者(墓地管理料を払っている方)の許可がないと埋葬はできません。ただし、許可があれば誰でもOKでもあります。
どなたが管理責任者であるかをまず確かめる必要があります。

ところで、たかさんの希望は、お母さんと一緒に埋葬されたいとのことであれば、新たに墓地を建立するという方法もあります。お母様は代々の墓地に埋葬を希望されていましたが、たかさんが一緒に埋葬される保証はどこにもありません。
又、お父様はどうされますか?お姉さまは結婚されているのでしょうか?

いづれは、子孫の方が誰もいなくなるという想定であっても、まずは、近隣に墓地を取得され、お母様を埋葬され、順次、ご家族を埋葬されていくことで、しばし、ご供養が安心してできるのではないでしょうか。
お母様の願いを叶えることも大切なことかもしれませんが、状況が変わることで、ハードルが高くなることもあります。一番は、たかさんが納得できる方法で、お母様も納得されるとおもいます。
あくまでも一方法ですので、ご参考までにお話しました。
詳細については、さらにお尋ねください。

2018年9月15日 15:17
{{count}}
有り難し
おきもち

日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...

墓地管理規則が定めるルール

 この度の御母堂様の御逝去、心よりお悔やみ申し上げます。今までの質問を拝見して、御母堂様を亡くされた悲しみ。心込めて御供養しようというお気持ちが伝わって参ります。

 たかさんの御家族は今までいわゆる「墓守」の立場に居られなかったと思います。それ故、寺院墓地にしろ、公営墓地にしろ、「墓地管理規則」というものがあることを御存じなかったと思います。

 先祖代々のお墓のあるお寺さんでも、墓地管理のため「墓地管理規則」を定めている筈です。すべてのお寺さんの墓地管理規則が同じということはありませんが、大部分のお寺さんで定める「宗教法人規則」「墓地管理規則」はそれぞれの宗派の本部が定めたひな型に基づいて決めていますので、概ね同じだと思います。

 私の寺の「宗教法人規則」「墓地管理規則」に照らして説明します。
1、墓地使用者は、その寺の檀徒もしくは信徒に限る。
2、お寺と特別な関係にある者(檀家の親族等を指します)にある者がお寺から特別に許可を受けた場合は、納骨できる。
3、檀徒信徒は、其の寺の宗旨儀礼に則って祖先祭祀を行わなければならない。

もう少し噛み砕いて説明しますと

1、寺院の墓地を使用できるのは、原則として、其の寺の檀徒信徒となっている者です。
2、檀徒信徒で無くても、墓の管理者(墓地を使用している者)の許可を得て、お墓のあるお寺さんの許可を受ければ、埋葬は可能です。
3、但し、お墓のあるお寺さんで戒名を受け、葬儀をしてもらう必要が有ります。他のお寺で戒名を受けたり葬儀してもらったりすると、埋葬を断られる可能性があります。

 先祖代々のお墓のあるお寺に御母堂様を埋葬するなら、葬儀の前に其のお寺さんと相談すべきです。ますは、其のお寺さんにお母様の御両親や長女の名前を言い、現在の墓地使用者の名前を確認しましょう。生前、御母堂様が「長女には何の遠慮もせんでいいよ」と言っていたとのは、残念ながら勝手な思い込みというしかありません。墓地管理規則に照らした場合、受け入れられません。
 まずは、御母堂様の姉の親族と連絡を取り、御母堂様の埋葬についての希望を説明し、承諾を得ることです。そして、先祖代々の御寺とも相談してください。はっきり言って、墓地と檀徒信徒についての認識が不足していたと思います。その点を踏まえて、謙虚に相談しましょう。

2018年9月15日 23:16
{{count}}
有り難し
おきもち

こんばんは。

 お悔やみを申し上げます。

 お嫁に行った方が実家のお墓に入るという例は、あまり聞きませんが、もし希望するならば、お母様のご実家のお墓は、寺墓地のようですので、ご実家のお墓の祭祀継承者(使用者)と、お寺(管理者)の許可が必要となります。寺墓地の場合は、そこの住職さんから仏弟子の証明を頂く(仏戒を受ける)事になりますので、もし、両方の許可がもらえても、お葬式のような式をもう一度あげてもらう事になると思います。
 尚、親戚とはいえ、現在全くつながりのないお宅とお墓を共用してしまうと、その後お年忌の事や、お寺に納める護持会費(年会費)の支払いの事など、どちらが納めるかなどトラブルの元になります。お母様のお気持ちを大切にしたいお気持ちはよくわかりますが、現実的には難しいですしお勧めできません。

 今後のお墓の納め場所としては、
 お父様はご長男でしょうか?ご長男でしたら、お父様のご実家のお寺に入る事になります。
 もしご長男さんではないようでしたら、お葬式をしたお寺さんにお願いする事になると思います。

 厳しい事も書きましたが、家族のみんなで納得し、良い結論が出るといいですね。

2018年9月15日 21:48
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

質問者からのお礼

丁寧なコメント本当にありがとうございました。
代々の墓があれば.簡単に納骨できるという無知な状態で来たことがほんと後悔しています。
大切でほんとかけがえのない存在だった母親の永眠はまだ一周忌にもなってない今、不定期に悲しみや寂しさの感情が常に押し寄せて辛い気持ちの繰り返しです。
いつも母親の写真を車でも、部屋でも、そして家にある遺影と母親の納骨、ミニ仏壇、常に話しかけて供養しています。母親に問いかけ続けている日々です。
今後についてほんと色々考え抜き、残った父親、姉と3人で話し合い、近場にお墓を建てて心置きなく供養をしていこうと決めました。
まとまったお金もないので本当は一周忌に納骨予定でしたがら墓の建立を決めたいま、何とか3回忌をメドに3人で必死に貯めていこうと思います。
自分も姉も独身できたので、子孫はなく、自分が最後なので、そういう大事な点も考えて、絶対に母親と同じお墓に入りたいので生前の母親の代々のお墓に入る前提での遺言から変わるのは正直心がツライですが、常に一緒にいた高齢の母親、、自分のこの考え、気持ちを分かってもらえると祈って歩んでいこうと思います。

「納骨」問答一覧

納骨、供養について

13年前、私が再婚する際に実母を引き取り生活しておりました。 その母が先月亡くなりました。 身内がある宗教の会員のため、叔母が亡くなった際、友人葬をあげて頂いた事がきっかけで、母は叔母のご本尊様を引き取る形で入会しました。 ただ、母は友人葬に感動したとの事でそれ以外は信仰することも活動もなくお仏壇も押入れに片付けてある状態でした。 突然母が亡くなったことで私自身パニックになり、主人といとこ(学会員)を頼るばかり… 唯一、母が感動したという友人葬にする事にし、いとこが声を掛けて下さり無事に葬儀は終わりました。 主人は長男で自宅には、主人が幼い時に亡くなった父親のお仏壇があります。 私の母とは宗派も違うので、お隣にお仏壇を置かせて頂いてもいいのか分からないでいます。 納骨に関しましても、母の実家のお墓であれば両親兄弟揃っているから…と思うのですが、これもまた宗派の違いがあり、母は旧姓に戻ってはいるものの一旦は外に出た人間だから…それに母の実家は遠方なので私自身近くに居てほしいとの想いがあります。 学会の方々にお世話になったので、そこに納骨と考えているのですが、その場合、母は自分の両親と離れ離れになってしまうのではないかと不安になります。 納骨、今後の供養 宗派は違えど一緒にさせてもらっていいのでしょうか? どうすることが最善なのでしょうか? 近くのお寺で相談することも考えたのですが、やはり宗派の違いで問題が生じたり、自分の信仰する所を勧めたりされるとお聞きしたのでなかなか前に進まずにいます。 乱文で申し訳ありませんがアドバイスを頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

檀家でない場合、お経をあげていただくことは難しいでしょうか?

初めて質問いたします。何かアドバイスいただけたらありがたいです。 <背景> ・宗派:学会系(ただし熱心ではなく、父方祖母の代に親戚付き合いから宗旨変えしたと聞いています。どちらかというと宗教に関心の薄い家です)。 ・父方親戚は学会系の方が多く、これまでお葬式をあげる際は「友人葬」として親戚の方に題目?を読もらっていました。 ・父が一人っ子で祖父母も亡くなって時間がたっているため、父方親戚とは疎遠気味です。 ・祖父母のお墓は地域の共同墓地(宗派がないところ)です。 <相談内容> 先日弟が事故で無くなりました。少し普通ではない亡くなり方(犯罪等ではありません)だったため、疎遠気味だった父方親戚には知らせず、ごく身内だけで葬儀を行いました。 数か月たちそろそろ納骨を考えているのですが、納骨時にお経をあげていただく伝手がありません。父方親戚にお願いすればあげてもらえそうですが、事情により伝える予定はありません。 できたら宗派の近い日蓮宗系の方に、納骨の時だけ立ち会っていただきたいのですが、何か方法はないでしょうか? お墓近くの日蓮宗系寺院に相談したところ、檀家になることをすすめられました。ごくまっとうな意見だと思うのですが、すぐには踏ん切りがつけられず家族で悩んでいます。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る