hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

早く死にたいです

回答数回答 3
有り難し有り難し 99

希望が何もないと、生きる気力が出ないです。
今日も絶望感から動くのが怠くて死にたいです。
どうしたら良いのでしょうか


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

平和な時代が希望を見出せないことも要因の一つと感じます。

戦中・戦後の日本では食の飢饉などが続き、町は廃墟化し人々はどうしたらいいのかもがき苦しんでいました。
そんな時代の人は希望なんてありません。家族や仲間が生きたくても亡くなってしまった人々が多くいました。

苦しみや希望がない中で、残された遺族や仲間が、この日本をどうにかしないといけないという危機感をもって今の豊かな社会を築いてこられました。

希望がないときは、貯金するだけでもいいのです。お金が貯まれば、そのときにやりたいこと、買いたいものなど、どんどん貯金が貯まっていくことで楽しみという希望が芽生えてきます。

合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

祈るこころに佛心が宿る。 変化多き時代を生きる私たちにできること、それは...
このお坊さんを応援する

時の過ぎゆくままに

拝読させて頂きました。
あなたがそのようにお感じなさっておられることをそう思うことあると感じます。
希望から絶望に変わることもあるでしょうし、深い挫折を味わうこともあるでしょう。

一日がとてつもなく長く感じて何にもやりたくない、何することもできないそう思うことは生きてる中でやっぱりありますね。
もう死んでしまいたいとふと思ってしまうこともありますね。
あなたのお気持ちを心よりお察し申し上げます。

しばらくゆっくりなさってみてください。或は今の場所から少し離れてみて下さい。
心も身体も休めながらしばらく傍観なさってみてください。
世の中は様々に動いていきますがある法則があるようにも見えてきます。それが正しい方向なのか誤った方向なのかは定かではありませんが、それでも淡々と或は時に激流に流されていくように過ぎていきます。

しばらく心を浮かせてゆっくりと傍観なさってみて下さい。
或は今生きる人々の地道な生活の営みを見つめてみて下さい。

あなたの心が少しづつ穏やかな波の様に打ち寄せ落ち着かれ、そうして明日からのご生活に健やかにお向き合いなさっていかれます様心からお祈りさせて頂きます。

{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

希望

麻里咲様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少し悲観的、虚無的に陥られておられるご様子・・誠におつらいことでございます。

とにかく、希望、絶望も、実体として、それ自体、独立自存として成り立っているものではなく、色々な因縁(原因と条件)によって成り立ち得るものとなります。

(実体的に)有るというわけでもなく、また、(実体的に)無いというわけでもないのであります。

まあ、因縁次第というところで、希望も、どうにか見出し得ようとすれば、何なりと見い出し得れるところとなるのであります。

もちろん、仏教でも見い出していけるものとなります。

是非、仏教にて、悟りへと向けた希望を見い出して頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

Eishun Kawaguchi
最新の仏教論考はこちらでご覧頂くことができますが、公開、非公開は随時に判断...
このお坊さんを応援する

「早く死にたい」問答一覧

高校生の自分の行いは許されない 苦しい

汚い内容がありますので閲覧注意です。 こんにちは。本当に馬鹿なことをしてしまいました。 とても苦しい気持ちでいっぱいです。 でも、それは過去の自分の行いなので自業自得なことです。 本当に自分が汚くバカバカしいのですが、回答下されば嬉しいです。私は女です。 高校生の時に、授業中に性的なことを考えてしまいました。 それだけだとまだいいのですが、教室を移動せねばならず 椅子をパッと見たら少し濡れてしまっていました(昔のことなので詳しいことはあまり思い出せずすみません) 配慮が足らず、違う人も座るのにそのまま席を離れてしまいました。 移動教室だから私の席には違う人も座ります。 私は性犯罪者のようなことをしてしまった、性犯罪者だ、とそのことが今になってフラッシュバックして、 苦しい毎日です。 (気づいているかは分かりませんが)迷惑をかけた子にも申し訳ないです。 現在やらなきゃいけないことも多いのですが、あまり手がつけられていません。 苦しい気持ちに苛まれながらなんとか取り組んではいますが… 就活をしているのですが、私なんかがより良い所に、自分の目標に向かってよいのだろうか、 もう私には良い人生を生きる権利がない、死んでしまいたい、でも死んだら周りに迷惑をかけてしまう(お金や精神面等)、でも私には生きる権利がない…と考えてしまいます。 切り替えて周りのためになるよう生きなきゃ、とも思うのですが それって自分のためなんじゃないの、本当は死にたくないからそう思ってるだけで 生きる権利もないのに(償っていない)生きてていいの?と考えています。 全ての責任を放棄して早く死にたいな、と願ってしまいます 自分のことを真面目な人間だと思っていましたが、そうではなかったようです ごちゃごちゃな文章ですみません。 自業自得なので救いはないのかもしれませんが、、 回答いただければ嬉しいです。すみません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

人生を終わらせたい

私は、自分の理想とする人生を歩めない、そればかりかこの先悲しいことばかり起こるのだと悟り、であれば少しでも辛い思いをする前にこの人生を終わらせたいと思います。 少し前までは、せめて世界へ旅に出て感動的な体験をしてからでも遅くないと思えたのですが、最近は何かに感動する感情も薄れてきて、早く死にたいと思ってしまいます。 仕事も側から見たら普通にやっているように見られてますが、自分の能力の限界を自分は知っているので今後が怖いです。 ただ、自死を考える上で唯一の心残りが、遺された家族の気持ちです。 私の家族:両親は離婚、兄弟含めみんなあまり友達がいなかったり、孤独な面があります。また、母は10年前に家を出て行き、発達障害気味の姉と2人暮らし、とても低い収入で一生懸命姉の分まで働いています。なのに、こちらからの援助どころかプレゼントすら受け取ってくれないようになり、それも私からすると苦しいです。母には少しでも幸せでいてほしいのに、全く人を頼ることをしません。 (正直他の明るい家族だったり人生楽しんでいる人たちを見て、なぜ、うちの家系はみんな孤独なんだろう、こういう性格なんだろう(一言で言うと陰という感じです。)、と思ったりして、そういうことを考えるのも辛いです) そんな家族だからこそ余計に、私が自死などしたら一生癒えない悲しみを負わせることになると思います。 でもそれさえ振り切って人生終わらせたい、、その繰り返しです。 私自身、もう30になるのもあり家族を設けられればまた違った人生があるのかもしれませんが、好きな人と一緒になることも叶いそうにありません。 そもそも、自分のような人と深い関係を築くのが難しい性格で生まれてしまった以上、自分が理想とする人生は確実に無理です。 本来であれば身の丈に合ったフィールドで精一杯生きると言うのが正しい在り方だと思うのですが、私は「こうでありたかった」という理想への執着のようなものを消すことができません。こんな状態では、自分のスペックで言えば一般的に幸せと言えるかもしれない状況を手に入れても、幸せと思うことが出来ません。 まとめると、生きるも地獄、死ぬも地獄、でも死んでしまったら自分はそこで感情も何もなくなるので、苦しい状況から逃れられはする、という感じです。 何かアドバイスございましたらご教示いただきたいです。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

何をしても良くならない人生、終わらせたい

鬱病で1年間入院していました。 手の届く範囲でずっと努力を続けてきたのですが、虐待、友人の裏切りといじめ、恋人の裏切り、居場所を失ったあと病院でもいじめにあい自殺を考えています。 死ぬ勇気がないので死ねていませんが、食事や睡眠が取れなくなりつつあり時間の問題かなとも感じています。 プロフィールと昨年の質問にも書いたのですが、自分の目線ではどれだけ苦しい状況に置かれてもできる範囲で努力を続けてきたつもりです。 いじめにあっていた頃は部屋や自分で管理できる趣味で気持ちを逸したり守ったりしながらなんとか耐えたし、親の虐待も創作活動で耐え抜きました。 自力でひとり暮らしをして大学にまで来たのに、限界が来てしまい精神科に入院したのですが、まさかそこでもいじめに遭うなんて思いもしませんでした。 自分で言うのもおかしな話ですが、できる限り今生では良く生きたいと願って実際に行動に起こしてきたつもりです。 高校時代に一度死を決意してから、一切の後悔なく、傷つけた人には謝罪し間違えたなら改め、自分に恥じない人生を送ろうと努めてきました。 それなのに今回、病院で看護師さんから心無い言葉を浴びせられ心が折れてしまいました。(成人しているくせに何もしていない、何を努力しているのか?何もしていない、など決めつけるように言われました) 頼れると思った人から浴びせられる暴言には耐えられません。希死念慮が強いことも伝えてあったはずなのに、なぜこんなことを言われたのか全くわかりません。ただ辛く、もう人を信じられなくなってしまいました。 その後浮気していた元恋人の浮気相手から「お前みたいなクズだから捨てられるんだ」旨の発言をされ、気にする必要はないと分かっていてもそれも痛手になりました。その相手を夢に見たりしてとても辛いです。 家族もいつも八つ当たりしてくるばかりで、今まで半ば両親のカウンセラーのような立場でずっと甘えられてきたのに私にはなんの報いもありません。 なぜこんなにも身勝手で人を傷つける人たちは幸福で平気に生きているのに、私はどれだけ努力しても痛めつけられるのでしょうか。 心の底では生きていたいと思っています。ですが、休むことさえ許されないのならもう限界です。 どこに行けば傷つかず生きていけるのでしょうか。これ以上は耐えられません。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ