hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

死後みんな仏さまになって同じ世界に生きるのでしょうか

回答数回答 3
有り難し有り難し 56

私の父は僧侶をしていました。
真宗の小さなお寺で、職業とは別で兼業していました。
でも、父は酔うと人に暴言を吐いたり、よそで女の人つくったり、言えないくらい、家族に迷惑ばかりかけていました。
私は母と家を出て、今は嫁いで家庭を持っています。

そんな父が急に亡くなりました。
僧をしていたので、父は「仕事」としてお経はあげていました。
悪人正機というのは、悪人であることを自分で認めた凡夫だからこそ救われると聞きました。
悪人であることを最後まで認めなかった父も、救われて仏さまになっているのでしょうか。

でも『地獄と極楽』という絵本を小さい頃読みました。
あの絵本では、生前ひどい人は地獄で苦しんでいました。

もう一つ、仏さまになったとして、その後どのように生活?するのでしょうか。
よく、私たちを見守って導いてくださる、と言いますが、この世でのつながりが深かった人のところに行き導くのでしょうか。
もし私が往生したら、父と同じ世界に行き、また娘としてくらすことになるのでしょうか。

とりとめなくすみません。
父の死も、生前の行いも、もう昔のこととして受け入れていますが、仏教の教えでは、このあとどのように生きているのか気になりました。
よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今だから言いますが

 私は浄土宗の僧侶です。「今だから」のお話として、お伝えさせて戴きます。

悪人であると最後まで認めなかった父も、救われて仏様になっているのでしょうか?
 いいえ。「悪人」に対する理解と、「救われる」についてお話いたします。
世の中に、「悪人」でない人はいない。それが浄土(真)宗の人間観です。そして、究極それを自覚しているか否か、は往生とは関係ないのです。え!?と思われるかも知れませんが、そうなのです。「では、自覚云々は?」と思われるでしょう。ここが、「今だから話せること」です。「自覚云々」は、生きている方に向かって説かれている話です。つまり、「自分は勝手な生き物・人に迷惑を掛けざるを得ない悪人だ」と自覚せよというのは、つまり「なるべく周りの人のことを思って生きなさい。慎みなさい」と生き様を促しているのです。これは、全ての「自覚を持て」共通の事柄です。そうすることで、あなたも周りも生きやすくなりますよ…というお諭しです。そして、事は「自覚」の問題ですから、周りの人からは分からないのです。お父さんは「暴言を吐いたり、よそで女の人をつくったり」しなければ生きていけない程(彼なりに)苦しんでいたのかも知れません。そしてご自身の矛盾に苦しんでいたかも知れません。(これは、あなたやお母様を悪く言っているのではないのです。縁の結果として、そうだったかも、という話です)
 次に、「往生」です。まず、ここは混同されている方が多いのですが、「往生して、さらに阿弥陀様から説法いただいて、その後成仏する」というのが我々の持つストーリーです。ですから、(ここは私見ですが)生前の記憶は、やはりあるのでしょう。それナシでは仏様も何を教えて良いか分からないでしょうから。また、「修行を積まれて戻ってくる」と解釈できる部分もあるので、繋がりや個性はあるのだろうと思います。
 ただ、私はお葬儀の時に「あなたは、人としての勤めは終えました」と語りかけるようにしていますが、学校を卒業するのにも似て、最早生前のことについては如何ともし難くなるのは確かだと思います。生前の怨みは捨てなさいと。生前の苦労は忘れなさいと。
 ですので、今後あなたがお年を召して目を瞑られた後、往生された後は「対等になる」と思います。多少は先輩かもしれませんが、仏様の前では些細な差です。
 言葉足らずとは思いますが、いかがでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...
このお坊さんを応援する

浄土の数は多けれど

阿弥陀仏はまだ法蔵菩薩であった頃、四八の誓いをお建てになられました。お聞きになられたことがあるかもしれませんが阿弥陀仏四八願と呼ばれるものです。
その中の一八願におかれまして「五逆正法を誹謗するような、どのような悪人も私の浄土へ生まれることができる」とお誓いになられております。

どのような悪人も、というのは認める認めないに関わらず全ての衆生をお救いになると、そうおっしゃっておりますのでお父様もお浄土へ往生されていることと思います
数多の浄土がある中において阿弥陀仏の西方極楽浄土は一切の衆生を救ってくださいます、ご安心ください

私たちは生まれたときから、むしろ生まれる前から、ちゃんと救っていただいているのです、約束されているのです

※補足です
1.西方極楽浄土では蓮の華に乗って生まれ往きます、西方極楽浄土は阿弥陀様のお浄土でありますので旧き知人と再会し、親と再会し、阿弥陀様の説かれる真理を聞きながら過ごしているものと思われます。
 生前の記憶ということですが一時期魂の重さは21グラムであるという研究発表が話題になりました。私はその抜けた分の質量だけお浄土へ往っているのではないかと考えています。繋がりはもちろんあると考えますが親と子、また祖父母と子の年齢差は阿弥陀様の長い長い年月に比べれば比べるまでもありません。お浄土ではみな同じなのです。

2.法然上人は「十方に浄土多けれど西方を願うは十悪五逆の衆生が生まれる故なり」とおっしゃっております。
  宗派によってその部分の考え方は違うかもしれませんが私は全ての衆生は西方極楽浄土である、そう考えております。
  ですがそうでもないとしても違う浄土の人とも隔てなく会えると思っております、でなければ極楽とは言えないではありませんか

{{count}}
有り難し
おきもち


追記。仏になったら、他人を教え導く

悟りを完成した者を阿羅漢(あらかん)と言います。
あらゆる煩悩をなくして悩み苦しみがなくなった方々です。
しかし、阿羅漢がすべて仏様ではありません。
仏様とは、自分が悟って阿羅漢になったうえで、他人を教え導くスーパーパワーを持ったお方です。
お釈迦様がわかりやすいですが、仏教自体が地球上にないときに、自分で悟りを開いて、それを他人に教えたのです。
自分だけ悟って満足して静かに亡くなるのでは仏と呼ばないのです。
仏になったら、まだ仏教のない世界に行って、そこを自分で新たな浄土(仏教がある世界)にするのです。

極楽では、すべての前世の記憶を思いだせるようになります。

阿弥陀仏の浄土が極楽浄土です。
他にも浄土はたくさんありますが、念仏だけで往生できるのが極楽の特徴です。

追記
極楽浄土では、自分と他人を区別する感覚がなくなるらしいです。住人全員が、自分とか他人とかいう概念が停止した精神統一状態をキープできる集中力を得ているのかもしれません。過去の記憶はあるものの、お互い恨みっこなしの平和な世界でしょうね。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
どうしようもなかった父も、地獄で苦しんでいるのではなく、西方極楽浄土に生まれているのであれば、何だかホッとしたりもします。
すでに救われているとのお話、安心しました。

1.西方極楽浄土では、仏さまになった人はどのように暮らしているのでしょうか。
生前の記憶?やつながりなどもそのまま残るのでしょうか。

2.仏教にはいろいろな宗派がありますが、みな同じ西方極楽浄土に生まれるのでしょうか。

再度のご質問で申し訳ありませんが、もしおわかりでしたらご教示いただければと思います。

それぞれ丁寧なお返事をくださり、本当にありがたく思います。
こちらのサイトでのシステムがよくわかっていないので、それぞれにお礼のお返事がかえせず申し訳ありません。
私が思っていたより、極楽浄土はとても深く広いところのように感じました。
おかげで、何となく抱えていたわだかまりも、少しずつとけていったような気がします。

お浄土では、これまでの記憶がすべてあるというのは驚きでした。
私なら今までの過ちを思い出して、あああああと穴があったら入りたい気持ちになるかもしれません。
その時には、この世で仲違いした人とも仲良くくらせるのでしょうか。
できたら会いたくない人もいそうです。
心安らかに、人を導いていけるような仏さまになれると良いのですが。

長々とすみません。ありがとうございました。

「死後の世界・死んだらどうなる」問答一覧

自分の行く場所

「地獄の裁き」の「地獄」とは、仏教の考え方における最下層の世界のことで、罪を犯した者が死後に生まれ変わる場所です。人間は死ぬと、この世とあの世を 分ける三途の川を渡り、そこで閻魔と呼ばれる大王の裁きを受けます。裁きによる罪の重さによって、落とされる地獄が決定します。地獄には罪の重さに応じて 段階があります。 地獄の思想は、浄土思想や平安時代の末法思想の広まりとともに人々に定着し、民間信仰となりました。お経の功徳によって地獄に落ちることを防げることから、当時の人々は熱心にお経をとなえるなどの信仰活動を行っていました。 こちらの文章はとあるサイトの一文をコピーさせていただいてます。 https://biz.trans-suite.jp/20492  ←こちらのサイト様です と書かれていますが、人間が死んだら行くべき所は、もうすでに固定されているという事でいいんでしょうか? 天国地獄どちらかに行くというものは、そもそもなかったんでしょうか。 不安です。 というか、どれだけいいことをしても無意味ってことですかね。 人に優しくしたり、色々あると思いますが・・。 自分の行くべき場所はもう決まってる訳ですから・・・ 生きてるのもしんどくなりますね。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

死因による魂の行先

大好きな父を病気で亡くしました。 若いうちに私を産んだのに、きちんと育ててくれて成人させてもらえました。 私はパパが大好きで、ファザコンと言われる程仲良しです。父に限らず家族が大好きでしたが、父が1番の味方でした。私はインドアで1人が好きで、友達ですらも人と過ごすのが苦手で。 なので休みの日はいつも父と一緒でした。いつも私のワガママに付き合ってくれました。 急性と名のつく病気だったためありがとうもごめんねも言えず、どのくらい痛いのかどのくらい苦しいのか、何か伝えたいことがあったのかどうか、父の言葉も何も聞けず。 私はいつか絶対に父に会いたいのです。父と母からもらったこの身体と命を自分の手で無駄にしない為には、死後の世界に縋るしか生きる希望がないのです。 本題ですが、 自死をした場合は、天寿を全うした人達と同じ世界には行けない、即地獄行き、自死は罪なのでカルマがどうのこうの、沢山調べました。 これらは本当なのか、少しでも自死をする人を躊躇させるため減らすために適当に作られたものなのか。 そもそも死因によって魂の行先は変わるのか。 仮に私が自死をしたら、病死した父には会えないのか会えるのか。 知りたいです。 もちろん死後の世界のことは誰にも分かりませんから、私が見漁ったWebサイトよりも信用出来るお坊さんの考え方が知りたいだけです。 別に死ぬつもりも度胸もないので私を止めるための綺麗事は必要ありません。死について調べてる間に見飽きました。 自死でもお父さんに会えるよ!という返答が来たからと言ってじゃあ自死します!ともなりませんので、変に気遣わずそのまま元々のお考えを教えていただければ嬉しいです。 お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 55
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺