お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

食べる事が止まらない

申し訳ありません。長文になりますがよろしくお願いします。
私は東日本大震災にて実家を流されました。家族が無事だった事が何よりの救いでした。
父の生家は山の方にあり、そこに一人暮らしだった祖母を町中に家を建て引き取ったので使っていない父の生家に私の家族と従兄弟家族などが集まり15人で避難しましたが、誰も住んでいない為、物置として使っていたので古い布団や古い服などあれど食べ物はなく、近くの炊き出しに行くしかありませんでした。
炊き出しを行っていた場所は、集会所で近所の人たちが支援物資を使って提供していたのですが、その炊き出しの手伝いを申し出ても断られ、何故と疑問に思いましたが、近所の人たちが支援物資のほとんどを自分の家に運び、朝晩の炊き出しで出されるのは子供の茶碗に半分くらいしかないご飯と味噌汁と沢庵が一切れだったりのわずかなおかず。昼は小さめのパンが一人一つわたされます。
その横で近所の人たちは大人の大きめな茶碗にご飯と味噌汁と沢庵や漬物。明らかな差があり、不平不満を言う人へは「文句があるなら、もう来るな。」といい、その後はその人と家族分の量を減らすのを見ているので我慢するしかなく、従兄弟も小さな子供がいたので自分の家族に食べさせるのに必死。私は自分の分の米とおかず、パンを祖母と父と兄に朝昼晩に分けて食べさせて自分は味噌汁だけで我慢しました。
家のなかにいても寒いので庭で焚き火をして暖をとるのですが、薪を拾いに山に登り縄で縛り背負って運びの繰り返し。
夜はガソリンを抜かれるので車の見張りや、不審者や変な人が来るので門の前で交代で夜通しの番をしたり…など時代錯誤なことばかり。
私はそれまで、あまり食事に興味がなくオシャレや趣味に時間やお金を使っていました。しかし震災にあい、寒さと不安、特に自分と家族の空腹が本当に辛くて悲しくて。そうしてるうちに一週間はあっという間にすぎ、私の居場所を聞きつけた友達が着替えなどの生活必需品や食料をもって来てくれました。
その友達に連れられて、職場のあった隣町へと行き、被害のなかった場所で食べたアツアツのラーメンと餃子の味に感動しました。
それから徐々に環境は良くなりましたが食べる事がやめられなくなりました。食べていないと不安で、私は30キロも太ってしまいました。
毎日胃薬を飲みながら食べてしまいます。
どうすれば不安はなくなりますか?

後悔・自己嫌悪
有り難し 22
回答 3

質問投稿日: 2018年11月8日 0:08

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

感謝

拝読させて頂きました。そうですよね、あのような大変な状況になればあなたが思うような感じにはなってしまい、食べることが優先してしまいますよね。
おそらく人類は今まで無数の大災害にあいながらなんとか食べ物を確保して生き延びてきたのかと思います。ですから飢餓状態を乗り切る為には食べて蓄えておくことが重要だったのです。そのようなことは私達の遺伝子に組み込まれているかと思います。
ですから食べてしまうことが悪いわけではありませんからね。
私も東日本大震災の災害ボランティアで東北地方のあちこちに行ってお手伝いした時にはなかなか食べものがなくて炊き出しに参加した時のおにぎりや味噌汁が美味しかったことを思い出します。

災害はいつやってくるかはわからないですからね。とはいえ私達は共に生きていますからやはり自分の頂く範囲にて頂くこと、皆さんで分かち合いながら有り難く頂く気持ちが大切かと思います。

どうぞゆっくりと見つめなおしてみて下さいね。
あなたがこれから召し上がるものへの感謝や人と分かち合いながら皆さんと一緒に仲良く幸せに生きていかれますようにと切に願っております。

9ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

 なるほど。お見舞いを申し上げます。つらい思いをされましたね。その後に食べた温かいラーメンと餃子の味は格別だった事でしょう。

 震災があってから7年ほどですが、その間に体重が30キロも増えるほど食べてしまうのは心配です。お医者さんに相談に行ったことはありますか?専門家でないので断定はできませんが、何らかの心の病気にかかっているかもしれません。また急に体重が増え、内臓にも負担がきているかもしれません。健康診断は受けていますか?

 昔のように、オシャレや趣味に時間やお金を使う日常を過ごせるようになるようお祈りします。

9ヶ月前

食事は「食事のことば」を唱えて頂きましょう。

こんばんは。亀山純史と申します。

あの震災で多くの命が奪われました。残された私たちは、命の尊さを噛みしめながら生きて行きたいものです。その中で、食べないと不安でいられない、という思いであっても、私たちの食事は、他の命の上に成り立っています。そのことをこれらは意識していってはどうでしょうか。私が所属している浄土真宗本願寺派には、「食事のことば」というものがあります。それをご紹介しましょう。

〔食前のことば〕
多くのいのちとみなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました。
深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。

〔食後のことば〕
尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝につとめます。
おかげで、ごちそうさまでした。

このような言葉は、どの宗派にもあると思います。これからは、このような食事のことばの意味を考えながら、そして唱えて食していきましょう。私たちの食事は、多くのいのちとみなさまのおかげの上に用意されていることを、常に心に留めておきたいものです。

以上が私からの回答になります。くれぐれもお体にはお気を付けください。

9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

コメントありがとうございます。
いただいた言葉を自分なりに考えてみます。

「ダイエット・過食・痩せたい」問答一覧

「ダイエット・過食・痩せたい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ