お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

三帰依文について

浄土真宗の三帰依文に、
この身今生に向かって度せずんば、更にいずれの生に向かってかこの身を度せん
という文が有ります。
度、と言うのは彼岸に渡る事ですが、これは聖道門の文では有りませんか?
極楽往生は、度とは言いませんよね?

仏教
有り難し 2
回答 1

質問投稿日: 2018年11月11日 13:48

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

広い意味で往生も含む

浄土門徒がその文を読んだ場合は、ほぼ直感的に「度」に「往生極楽も重ねて」イメージするのではないかと思います。
浄土教の前提に末法思想があり、末法時代に突入しているこの世で悟るのは難しい、だから、まずは悟り易い環境である極楽浄土への往生の切符を確実につかもう、と考えます。
せっかく人間に生まれて仏教に出会えた今生。
このワンチャンスを逃さないための最適な方法が往生極楽を決定すること。
浄土門の人は、そういう頭でその文を読むと思いますので、「度」には「往生極楽」又は「決定往生」という意味も含むと考えて良いと思います。
(仏教学の研究者の解釈がそのとおりかはわかりませんが、現場の念仏者の感覚はそうだと思います。)

9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

御回答有難う御座います。
浄土門の方にとって、彼岸とは極楽浄土のことだったんですね。
よく分かりました。
有難うございました。

「仏教全般」問答一覧

「仏教全般」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ