hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

感情はなきゃいけませんか

回答数回答 3
有り難し有り難し 63

変なこと書きますが許してください。

悲しく感じたことは何故悲しくて、苦しく感じたことは何故苦しいと思うのですか?楽しいとはなんですか?

「なに言ってんのこいつ?」「そんなん当たり前じゃん!」「ちょっと意味わかんない」って自分でも思ってるんですが本当にそれこそ子供の頃から気になっています。

答えはないのかもしれないですが、どうかお話を聞かせてください。

気持ち悪くてごめんなさい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

懐かしい悩み

私は色弱です。他人と色が違って見えるのですが、色覚異常とも言います。こんな感じ↓
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52098735.html

中学生の時、細い赤線は黒と見分けが付きにくくて目立たないので、大事なとこをノート取る時には青のボールペンを愛用していました。そしたらですね、3年生の時、3年間青だと思って使っていたペンが紫だと発覚しました。周りにえらくバカにされましたが、私は言ってやりました。「青と紫って薄いか濃いかの違いだろう?お前ら何言ってんだ???」そしたらさらにバカにされましたorz

高校生の時に担任の先生に色覚異常についての本をもらいましてね、それで勉強して色々考えました。

「俺が青に見えていたペンは実は紫だった。でも、目をつぶって触れば何も変わらないペンだ。じゃあ見るって何だ?
人は年を取るとだんだん黄色がかって見えてくるらしい。ってことはみんなそれぞれ違って見えてくるわけだ。そもそも生まれた時から一人一人、目にも脳にも個人差があるのだから、最初から完全に同じに見えてるわけじゃない。ただ特に大きく違って見える人だけが色覚異常と診断されているだけ。
みんな違って見えてるなら、見るって何だ?見えてる世界って何だ?みんな違って見えてるのに、目を閉じてもそこに有るんだぞ?見えるって何よ?」

同系統の悩みかなと思いました。気持ち悪いなんて思いませんよ、大丈夫。

さて、お釈迦さまはそれについてこうコメントしています。

「あなたに毒矢が刺さったとして、その毒は何だ?矢の素材は?あなたの血液型は?名前と住所と緊急連絡先は?保証人は?それらが分かるまで手当はしません!なんて言い出せば、んなこと言ってるうちに毒が回って死んでしまうでしょう。グダグダ言ってないでさっさと矢を抜かねばなりません。それと同じように、心に迷いがあっても何でもかんでも考えればいいってもんじゃありません。さぁ皆さん、考えてないで修行しますよ。」

ナルホドなぁと思いませんか?高校生だった私はナルホドそういうモンかと感じました。
何で悲しくて何で苦しいか…お釈迦さまが考えてないで修行しろっておっしゃったんだから、今考えなくてもいいんじゃないでしょうかね。仮に感情はあるべきじゃない!って結論になったからって、無くせるもんでもありませんし。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

唯名論

 おお、いい疑問ですね。これは、言葉というものの本質に迫る問題です。
「悲しく感じたことは何故悲しい」…これ、「言葉とは何か」なのです。「悲しい」を例に取りましょう。

男「悪い、約束してたけど別の用が入ったわ。だから今回はキャンセルね」
女「え!そんな…前から約束していたのに! わたし××」←感情を表す言葉が入ります

さて、「××」に入るのは何でしょうか。「悲しい」?入りますね。でも「怒った」でもよい。
 人によっては「悲しさと怒りが混じっている」とか「何も感じない。あっそ」かも知れません。つまり、同じ文脈でも、「悲しい」と感じてもよし、「怒った」も良しなのです。そこは本人が選んでいるのです、余り意識せずに。
 つまり人は、環境から何らかの情報なり状況なりを得て、自分の中に「何か」が起こった時、それに名前を付けて表現します。その名前があって、初めて「…という感情」が捉えられるのです。「悲しいから泣く」のではなく、「涙が出ていることで、自分が悲しんでいることに気づく。自分の感情に”悲しい”という言葉をあてる」のです。
 そして、そのためには”悲しい”という言葉と、それに似合う文脈を予め学んでおく必要があります。その経験がないと、自分の感情に対応する言葉がなく、「涙が流れている」という自分の反応は同じでも、ただそれだけです。
 ですから、最初の質問に戻れば「悲しいと自分で名前を付けたから、悲しい」ということになります。

 そして、メインタイトル「感情はなきゃいけませんか」確かに突飛な質問です。これを尋ねるということは、何か他人との間で、「同じ言葉で表されるところの感情」に食い違い・誤解があったのでしょうか。
 私の答えは、「(名前をつけたものとしての)感情は必要ではない。でも、それ(受けているもの)自体は嫌も応もなく起きている」というところでしょうか。ただ、付け加えて「感情を的確に、細やかに表現できた方が、人生豊かになるとは思います」とお伝えしたい。国語の問題で、いつも「この時の、主人公の気持ちとして最も近いものを選びなさい」ってありますね。これは、単に知識を問うているよりも、文中のサインから起こっていそうな感情に名前を充ててごらんなさいというものです。「ヤバイ」一言で全ての感情を表現するより、いろんな言葉を使えた方が、人生豊かになると思いませんか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

死にたくない執着が、苦しみの鞭をふるう

心に執着があると、心は磁石のようになります。
磁石のS極とS極が向かいあったら、反発が生じます。これが、悲しみを含む怒り系感情です。
磁石のS極とN極が向かいあったら、引きつけあいます。これが、欲、悦楽系の感情です。

なぜ悲しみや楽しみが起きるのか、その鍵は、執着です。
執着の親玉は、生きていたいという、生への執着です。
生きていたいという執着心は、生き物すべてが先天的に持っているものです。
生きていたい、死にたくないから、さまざまな刺激に反応して動く必要が生じます。
身体を守りたいから。
一方で、みんな、動きたくない怠けも持っています。
生きるためには動く必要がある、でも本当は動きたくない、こういう生き物がもつ矛盾も苦しみの原因でしょう。
血中の酸素がなくなってきたら、そのままでは死ぬ。しかし、本当は呼吸するのもめんどくさい。
そんななまくらな身体に呼吸させるには、苦しみを感じさせないといけません。
生きたいという執着心が核となって、その核が死にたくないために苦しみを作っているのです。
悟って執着が完全になくなれば、苦しみもなくなります。
苦しみから開放される、つまり、生き物であることから卒業できるのです。
日本的な表現では、これを成仏と言います。
苦しみをくりかえす執着の生から解脱するには、仏教が役立つのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

質問者からのお礼

お二人のお話に「そうか、そう考えてもいいんだ」とおもいました。少しだけ楽になった気がします、ありがとうございました。

余計なことですが、色弱の見えかた初めて見ました。自分の見えかたとは違って、それでも美しいと思いました。ありがとうございました

悲しいことを悲しいと伝えられるから本当は私は言葉を知っていて幸運だったんですね。

執着…なるほどとおもいました。
確かにそうですよね。一時期なにも感じない時期がありました。そのときはなににも執着してなかったようにおもいます。

「感情のコントロール・気持ちの整理」問答一覧

感情をなかなかコントロールできない

はじめまして。 仕事、夫婦親子関係、人生の目標…と様々な悩み事や欲や葛藤を抱えておりますが、仏教と認知療法などからお知恵をいただきなんとか問題と向き合って暮らしております。 まだまだ未熟ですが、個々の問題にじっくりと腰をすえる余裕があるときは、自分なりに主観から離れて悩みを手放す事ができてきたように感じております。 しかし、当たり前のことですが状況は常に移り変わり複数の問題が同時に押し寄せることもあるので、常に心穏やかでいることはできておりません。孤独に耐えられない時がありますし、より良く生きることを放棄して楽になりたいというような気持ちになってしまいます。 先日も、問題を抱えていた夫婦関係を改善しようと努めていたさなかに仕事や体調面の悩みが重なり、自分で辛さを受け止めることが出来ず夫の心を傷つけるような態度や発言を取ってしまいました。 せめて誰かには拠り所でいてほしい、あとでどうなってもいいからその場だけでも甘えて楽になりたいと、安易な行動をしてしまいました。 孤独を恐れず他者に依存しない心構えを持てるといいなと頭では考えていても、負荷が増えると心と体が元の悲観的で他者依存的な自分に戻ってしまいます。 『そういうものだ、今はこういう時期だよ』と捉えることも同じように、出来る日と出来ない日があり、出来ない日には感情を受け止められません。 鍛錬を積めば、いつかは感情を完全にコントロールできるようになるのでしょうか?それとも、全ての感情をコントロールはできないということを受け入れるほうが自然なのでしょうか? 修行を積んでこられた皆様にご相談できましたら嬉しいです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

自分を大切にするとは

こんにちわ。 突然ですが、私はよく周りの人達から『もっと自分を大切にしなよ』と言われます。 漠然的な言い方ですが、それがどういうことなのかよく分かりません。 私は運がいいですし、周りの人達にも恵まれています。 細かいドラマチックなことはありますが、大体のことは有言実行で10代の頃の私に胸を張って言えるなりたい自分になれています。 今までの私の生活は全て運の良さと周りの人達の理解と協力のおかげで成り立っています。 私の周りの人達は皆幸せになって欲しいです。それを見ていると私も幸せですし、私ももっと頑張ろうと思えます(人によっては偽善という人もいるかもしれませんけど、言いたければ言えばいいです。) 『頑張り過ぎるところがあるから無理しないで』ともよく言われますが、どこまでが『普通』でどこからが『無理』なのかもよくわかりません。 寧ろ、頑張りきれてないからこうなってるのに…と思います。 最後に自分が壊れて初めて無理だったのかなあ…と思います。 『優しすぎる』ともよく言われます。 怒るのが苦手なのは自分でも自覚があります。 うまく言えませんが、例えば腹の立つ人間の人間性全体のうちのひとつのポイントだけが私と合わないだけで、その人のいいところも知っているし、その人にもたくさん助けられたし、その人自体を嫌いな訳ではないので、まあいいかと思ってそのときは流してしまいます。 そして最終的にこれはもう無理だと思って爆発してしまいます。 でもまた時間が経つと怒らずに、もっと早くに話し合えばよかったと思います。 私は周りの人達に甘えまくっています。 自分を甘やかすのと、大切にするのとはどのように違うのですか? なんだか文章にまとまりがなくて申し訳ありません。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

カッとなり衝動的に行動してしまう

お世話になっております。相談に乗っていただけますと幸いです。 表題の通り、自分はカッとなって衝動的に行動してしまうことがあります。 物事が自分の思うとおりに行かないとき、自分の所有物でない物を蹴飛ばして壊してしまいました。壊した直後にハッとして、あとから自分で所有者に連絡し、弁償しました。 満員電車で明らかにわざと突き飛ばされたり足を蹴られたことに腹が立ち、やり返したり口論をしたりしてトラブルになりかけたことがありました。 自転車で後続に抜かれた際、聞こえるような大きさで舌打ちと暴言を吐かれたことが許せず、ムキになって抜き返し、意地を張って前につけ続けたことがあります。その後、自分がやったことが恐ろしくなって逃げたのですが、逃げる直前に相手から「クソガキ」「殺すぞ」とより酷い暴言を吐かれ、さらにショックを受けました。 思い返せば、子供のころから常に自分が嫌な思いをした時、やられっぱなしで自分だけが嫌な思いをしている感覚がありました。何か嫌なことをされて、親に相談しても「あんたが悪い。あんたが我慢すればそれでよかったんだ。」の一点張りで取り合ってもらえませんでした。 だからかはわかりませんが、社会人になって数年たった今、誰かのせいで自分が嫌な思いをしたと感じた時にどうしてもカッとなってしまい、やり返したいという思いを抑えきれなくなってしまうことがあります。 いつも後で後悔し、自己嫌悪に苛まれます。 「一歩間違えば自分が犯罪者だったのでは...?」 「もしムキになった結果、事故でも起こしていたら...?」 カッとなって行動したことにより、状況が好転なんてしたことなんて全くありませんでした。 生まれたのは自己嫌悪と危うく犯罪者になるところだったというリスクだけです。 たまに、自分が恐ろしくなります。 冷静に考えたら、衝動的に行動することで一番不幸になるのは自分であるなんてわかるはずのにどうしてこんなことをしてしまうのでしょうか。 どうすれば、今後カッとなって衝動的に行動しないようになれるのでしょうか。 いつか自分で自分の人生をめちゃくちゃにしてしまうのではないかと怖くなります。 自分がこれまでやられたことを思い出してつらくなることは割と前からありましたが、 最近では自分がこれまでやってしまったことも思い出し、さらにつらくなってしまいます。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

家に火を付けそうです

助けて下さい。 自分がもう家に火を付けそうで、また家庭内暴力をしそうで恐ろしいです。 ここまで自分は落ちてしまったのでしょうか。 東京で働いて身体を壊し、いやいやながらも実家に戻り、地元でいやいやながらも働かねばと思い働いた結果2ヶ月で適応障害とうつ状態になり、辞めて家に引きこもること1ヶ月が経ちました。 この時間に働きに出ていないこと、自分がお金を稼げないこと、自分が適応障害になってしまったこと、人生失敗だらけのこと、情けなくて腹立たしいです。 両親はゆっくり休め、治療をしようと言っていますが、私は「休むってなに?」と思います。ただ今こうして身体がダルくて引きこもり状態ですが。 治療すりゃ治ると思ってる両親も腹立たしいし、顔見れば私自身文句しか出てきません。両親に酷い言葉をたくさん投げてしまった罪に向き合わねばならず、向き合いたくなくて怒りが出てしまいます。 とにかく、自分の感情がコントロールできないのです。この間、死のうと思ってタオルを結んで死のうと思ったら親に警察に呼ばれこっぴどく諭されました。 とにかく感情コントロールできなくて、今さっき家に火を付けそうになり恐ろしくなりました。 私だってまた普通に正社員で東京で働きたい。自立して幸せに暮らしたい。 でも、もう警察につれてかれたり、母の死を願ってしまったり、家のもの壊したり、ヒドい言葉を言ったり、適応障害になるほどメンタルが弱すぎる自分はもうそんな幸せふさわしくないんでしょう。 この家で頑張る資格もないんでしょう。 頑張りたいのに頑張りたいのに、しんどい。これから生きていく気力も何もない。 なんでここに書いたか分かりません。でも家に火を付けそうになりました。私を叱って下さい。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る