hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

感情はなきゃいけませんか

回答数回答 3
有り難し有り難し 63

変なこと書きますが許してください。

悲しく感じたことは何故悲しくて、苦しく感じたことは何故苦しいと思うのですか?楽しいとはなんですか?

「なに言ってんのこいつ?」「そんなん当たり前じゃん!」「ちょっと意味わかんない」って自分でも思ってるんですが本当にそれこそ子供の頃から気になっています。

答えはないのかもしれないですが、どうかお話を聞かせてください。

気持ち悪くてごめんなさい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

懐かしい悩み

私は色弱です。他人と色が違って見えるのですが、色覚異常とも言います。こんな感じ↓
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52098735.html

中学生の時、細い赤線は黒と見分けが付きにくくて目立たないので、大事なとこをノート取る時には青のボールペンを愛用していました。そしたらですね、3年生の時、3年間青だと思って使っていたペンが紫だと発覚しました。周りにえらくバカにされましたが、私は言ってやりました。「青と紫って薄いか濃いかの違いだろう?お前ら何言ってんだ???」そしたらさらにバカにされましたorz

高校生の時に担任の先生に色覚異常についての本をもらいましてね、それで勉強して色々考えました。

「俺が青に見えていたペンは実は紫だった。でも、目をつぶって触れば何も変わらないペンだ。じゃあ見るって何だ?
人は年を取るとだんだん黄色がかって見えてくるらしい。ってことはみんなそれぞれ違って見えてくるわけだ。そもそも生まれた時から一人一人、目にも脳にも個人差があるのだから、最初から完全に同じに見えてるわけじゃない。ただ特に大きく違って見える人だけが色覚異常と診断されているだけ。
みんな違って見えてるなら、見るって何だ?見えてる世界って何だ?みんな違って見えてるのに、目を閉じてもそこに有るんだぞ?見えるって何よ?」

同系統の悩みかなと思いました。気持ち悪いなんて思いませんよ、大丈夫。

さて、お釈迦さまはそれについてこうコメントしています。

「あなたに毒矢が刺さったとして、その毒は何だ?矢の素材は?あなたの血液型は?名前と住所と緊急連絡先は?保証人は?それらが分かるまで手当はしません!なんて言い出せば、んなこと言ってるうちに毒が回って死んでしまうでしょう。グダグダ言ってないでさっさと矢を抜かねばなりません。それと同じように、心に迷いがあっても何でもかんでも考えればいいってもんじゃありません。さぁ皆さん、考えてないで修行しますよ。」

ナルホドなぁと思いませんか?高校生だった私はナルホドそういうモンかと感じました。
何で悲しくて何で苦しいか…お釈迦さまが考えてないで修行しろっておっしゃったんだから、今考えなくてもいいんじゃないでしょうかね。仮に感情はあるべきじゃない!って結論になったからって、無くせるもんでもありませんし。

{{count}}
有り難し
おきもち


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...
このお坊さんを応援する

唯名論

 おお、いい疑問ですね。これは、言葉というものの本質に迫る問題です。
「悲しく感じたことは何故悲しい」…これ、「言葉とは何か」なのです。「悲しい」を例に取りましょう。

男「悪い、約束してたけど別の用が入ったわ。だから今回はキャンセルね」
女「え!そんな…前から約束していたのに! わたし××」←感情を表す言葉が入ります

さて、「××」に入るのは何でしょうか。「悲しい」?入りますね。でも「怒った」でもよい。
 人によっては「悲しさと怒りが混じっている」とか「何も感じない。あっそ」かも知れません。つまり、同じ文脈でも、「悲しい」と感じてもよし、「怒った」も良しなのです。そこは本人が選んでいるのです、余り意識せずに。
 つまり人は、環境から何らかの情報なり状況なりを得て、自分の中に「何か」が起こった時、それに名前を付けて表現します。その名前があって、初めて「…という感情」が捉えられるのです。「悲しいから泣く」のではなく、「涙が出ていることで、自分が悲しんでいることに気づく。自分の感情に”悲しい”という言葉をあてる」のです。
 そして、そのためには”悲しい”という言葉と、それに似合う文脈を予め学んでおく必要があります。その経験がないと、自分の感情に対応する言葉がなく、「涙が流れている」という自分の反応は同じでも、ただそれだけです。
 ですから、最初の質問に戻れば「悲しいと自分で名前を付けたから、悲しい」ということになります。

 そして、メインタイトル「感情はなきゃいけませんか」確かに突飛な質問です。これを尋ねるということは、何か他人との間で、「同じ言葉で表されるところの感情」に食い違い・誤解があったのでしょうか。
 私の答えは、「(名前をつけたものとしての)感情は必要ではない。でも、それ(受けているもの)自体は嫌も応もなく起きている」というところでしょうか。ただ、付け加えて「感情を的確に、細やかに表現できた方が、人生豊かになるとは思います」とお伝えしたい。国語の問題で、いつも「この時の、主人公の気持ちとして最も近いものを選びなさい」ってありますね。これは、単に知識を問うているよりも、文中のサインから起こっていそうな感情に名前を充ててごらんなさいというものです。「ヤバイ」一言で全ての感情を表現するより、いろんな言葉を使えた方が、人生豊かになると思いませんか?

{{count}}
有り難し
おきもち


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...
このお坊さんを応援する

死にたくない執着が、苦しみの鞭をふるう

心に執着があると、心は磁石のようになります。
磁石のS極とS極が向かいあったら、反発が生じます。これが、悲しみを含む怒り系感情です。
磁石のS極とN極が向かいあったら、引きつけあいます。これが、欲、悦楽系の感情です。

なぜ悲しみや楽しみが起きるのか、その鍵は、執着です。
執着の親玉は、生きていたいという、生への執着です。
生きていたいという執着心は、生き物すべてが先天的に持っているものです。
生きていたい、死にたくないから、さまざまな刺激に反応して動く必要が生じます。
身体を守りたいから。
一方で、みんな、動きたくない怠けも持っています。
生きるためには動く必要がある、でも本当は動きたくない、こういう生き物がもつ矛盾も苦しみの原因でしょう。
血中の酸素がなくなってきたら、そのままでは死ぬ。しかし、本当は呼吸するのもめんどくさい。
そんななまくらな身体に呼吸させるには、苦しみを感じさせないといけません。
生きたいという執着心が核となって、その核が死にたくないために苦しみを作っているのです。
悟って執着が完全になくなれば、苦しみもなくなります。
苦しみから開放される、つまり、生き物であることから卒業できるのです。
日本的な表現では、これを成仏と言います。
苦しみをくりかえす執着の生から解脱するには、仏教が役立つのです。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お二人のお話に「そうか、そう考えてもいいんだ」とおもいました。少しだけ楽になった気がします、ありがとうございました。

余計なことですが、色弱の見えかた初めて見ました。自分の見えかたとは違って、それでも美しいと思いました。ありがとうございました

悲しいことを悲しいと伝えられるから本当は私は言葉を知っていて幸運だったんですね。

執着…なるほどとおもいました。
確かにそうですよね。一時期なにも感じない時期がありました。そのときはなににも執着してなかったようにおもいます。

「感情のコントロール・気持ちの整理」問答一覧

怒りについて

宜しくお願い致します。 今回怒りについての質問があります。 仏教では怒りはいけないものであると定義されていますが。 そもそも現世を生きる人間全て(仏教を修行する者ではなく、望まぬ仕事をしてでも生活費を稼ぎ何としても自分や子供達を生かしておきたいと思う)が人生で怒りを持たずに生きて行く事は可能なのでしょうか?。 怒りを抑える〜我慢する事は可能なのかもしれないと思うのですが、怒らない事はかなり難しいのではと考えてしまいます。 なんと言うか、それが出来た時点でその辺で必死にもがき生きている(私の事です)凡俗?では無いのでは...と考えます。 元来怒りっぽい性格なので、怒りを外に出さずに抑えよう、表さない様我慢しよう、怒っても声を荒げたり手を振り上げたりは絶対しない等の思いは強く持っていますが、そもそも怒らない事が可能かと考えると...無理では無いかと思っています。 先日家庭の中で、怒りを我慢する事が大切なのか、そもそも怒る事が間違いであるから一切怒らない様にしなければならないのかと言った話合いをした事もあって、お坊様のお考えを教えて頂きたくなり質問させて頂きました。 アドバイスを宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

他人に感情を振り回されたくない

おはようございます。 以前も友人関係で相談させて頂いた者です。 最近ある友人とLINEをよくしているのですが、返信にイラッとしてしまう事が多々あります。 全く大したことでは無いのですが、「え、何でその返信?」と思うことが多く、疑問を感じる度にイラッとしてしまいます。 つい最近では、遊びに行く予定を立てていて友人が「この日かこの日なら大丈夫」と日付を伝えてきたので「私はどっちでも大丈夫だよ」と答えたのですが、それに対する返信が「おや?」でした。 自分の都合を伝えたのに「おや?」って何?、と思いイラッとしてしまいました。 その友人は殆ど本を読むことも無く、文脈を読み取るのが苦手なんだろうな…と感じる事も多々あるのでおそらくそれが原因だとは思うのですが、それにしても「何でその言い方なの?」という事が多いです。 またその友人とは同じ夢があり、私の方は自分にも友人にもプラスになる事は出来るだけ共有するようにしたりしているのですが、友人からはそういった事もほとんど無く、マウントを取ることしかしてきません。その事に少しモヤモヤしてしまいます。 感情を相手に振り回されないようにするにはどうしたらいいでしょうか。 友人と情報を共有することはもうやめた方がいいのでしょうか。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

家族に対して感情を荒げてしまう

家族への接し方、及び自分の考え方について悩んでいます。 家族から望む反応が得られないとイライラしたり、泣いたりしてしまいます。 望む反応というのは、 ・何かをしたときに褒めてもらいたい。 ・何かに悩んだり、落ち込んだりしたとき、その気持ちがあってもいいと認めてほしい。 ・心や身体の調子が悪いときに、労ってほしい。 ・私が泣いているとき、泣くことを止めてほしくない。 というものです。 私は自分がどう扱われたいかはわかっていますし、友達もそのように接してくれています。 しかし、それで十分なはずなのに、なぜか家族にもそのように接してもらいたくなり、自分の感情が荒ぶると分かっていても相談してしまいます。 なぜなのか、自分でもわかりません。 家族から離れて自分の部屋に入ると涙が止まらなくなるのですが、次第に気持ちが落ち着いて「次はもっと落ち着いて行動しよう」と思えます。 しかし、いざ家族と対面すると、どうしても感情を抑えられません。 また、人格形成の問題を家族のせいにしている自分にも嫌気がさします。 私には自己を肯定する力が足りなく、人に話しかけたり、何かに挑戦したりする勇気が出ずにいます。 しかし、それらを「家族から(上述した)思い通りの反応が得られないから、私は自信が育たなかった 」と家族のせいにしてしまいます。 もう子供ではない年齢なのにも関わらず、子供のようにわがままを言っていると思うと、恥ずかしく、家族にも申し訳ない気持ちになります。 どのように考えれば、家族と穏やかに接することができるようになるでしょうか? そして、自分を肯定し、自身を勇気付けることができますでしょうか? アドバイス頂けると幸いです。 長文駄文失礼いたしました。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺