hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

適切なアドバイスが出来ない

回答数回答 2
有り難し有り難し 16

初めて質問させて頂きます。

私はどういう訳か、異性からよく恋愛相談を受けることがあります。しかし恥ずかしながら私自身恋愛経験は人並み以下で、適切なアドバイスが出来ません。出来たとしても、本やテレビで見聞きした上辺だけの言葉で納得してもらってます。

やはり、そういった相談は相手より経験を積んでこそ受けられるものなのでしょうか。
どういった心構えで相談を受ければ、適切なアドバイスができますか。
このサイトに出会い、お坊さんの心を動かされる回答にとても感動しました。

不恰好な文章になってしまいましたが、ご回答をお待ちしております。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

質問の種類によりますが…

たいていの場合は答えが欲しいのではなく、誰かに話を聴いて欲しいだけですよ。話しながら自分で自分の心の整理をしているのです。だから今まで通りで上手くいっているなら、今まで通りで良いのではないでしょうか?

ところでお坊さんと比べちゃいけませんよ、お坊さんはズルいですから(笑)お坊さんは1人の人間の限界を突き抜け、お釈迦さまから2500年間の先輩方の信頼の結晶である『お坊さん』という存在として見ていただけます。「お釈迦さまは本当は100歳まで生きるはずだったけど、あえて80歳までしか生きず、残りの20年を後世の弟子に振り分けて下さったから、お釈迦さまの20年分まで信頼してもらえるのだ。」そんな非科学的な伝承があるのですけど、それを信じたくなってしまうほどお坊さんは恵まれているんです。だから比べちゃダメです。

経験はあればあるほど言葉に重みが出ます。でも、相談を受けるということも1つ1つ人生経験ということをお忘れなきよう。
そしてただ経験を積むだけなら誰でも何かしらやっていないわけはないのですが、それでも差がつくのは感性の違いです。まず、経験にアンテナを反応させられるかどうか。そしてその経験をどういう方向性で解釈し、次への教訓とするか。それは感性次第です。

私もhasunohaの読者の1人としてお気に入りのお坊さん(複数)のご回答を読みながらホンワカしています。感性は夜露が袖を湿らせるように自然と感化されるものですから、善い感性の人のご回答に触れると心の芯まで温まりますよね。有り難いことです。きっと玉子さまもそういう所で頼られているのだと思いますよ?

最後に、感性を磨きたいなら宗教感を磨くことです。変に信教信教したものではなく、心の有り様としての宗教感です。お坊さん達は自分の考えを回答していませんよ。2500年間磨かれた仏教を説いているだけですから。

{{count}}
有り難し
おきもち


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...
このお坊さんを応援する

基本と応用

以前、このhasunohaで似たような質問があったと思って、探してみました。
http://hasunoha.jp/questions/2354

 周りの子達は、恐らくあなたを信頼してくれているのでしょう。それはなかなか得がたい資質です。そして異性であるということは、必ず異質な存在ですから、彼女たちの話を受け止め(聞き届け)られることは、あなたの人生をきっと豊かにしてくれます。
 さて、恋愛相談ということですが、むろん経験豊富な方がいいに決まっています。しかし、全てのケースについて経験できないのも、また簡単に分かることです。
 お勧めは小説です。あなたの年代向けであれば、基本テーマは「大人への変化」であって、大抵は家族や異性と葛藤、つまり自分と世代なり性別の違う人と関わることで変わっていくというものです。「そんなケースもあるんだ」ということを、沢山読んでみたらどうでしょうか。
 また、ダイジェスト的に『地図を読めない女・話を聞かない男』などの、いわゆる「男女の違い」本はいかが?お互いの常識というか、立っている所の違いに気づかせてくれる本です。こういう知識は、先導として持っていると「ああ、これは見たことがあるぞ」と、基本の枠組みになってくれます。
 ただし、ここには落とし穴があります。「知っている話に当てはめたくなる」ことです。まるで数学みたい。でも現実は複雑です。二つの公式にまたがっていることもあります。その辺は、数を重ねて失敗を繰り返す中で勘が磨かれてきます。「間違っていたらごめんね、すぐに言ってね」を前に付けることで、これはプラスになります。
 で仏教の面白いところは、「公式はたくさんあるよ。かつお互いに矛盾していることもある。だから色々知る中で、自分にとってぴったり来る物を選べば良いよ」と言っているところです。多分、他の宗教とひと味違うところです。
 あと相談というかコミュニケーションにおいて大事なのは、「自らの言葉を磨く」ということです。言葉ってかなり曖昧なまま流通します。つまり誤解の宝庫。その辺りを丹念に、慎重に聞いてあげられることで、勘違いは減らせます。「違うの、こういう事なの」というセリフが出たら、一歩近づいた証拠。「それヤバイね〜」と言っているだけで相手が安心する(そういうことも往々にしてあるのですが)としたら、ただの痰壺です。

{{count}}
有り難し
おきもち


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

とてもとても有り難いご回答、ありがとうございます...!
相談を受けることって、信頼されてると言う意味でも、いい経験になるという意味でも、大切な事なのですね。これからの道しるべにさせて頂きます!

お忙しい中、ありがとうございました!

「コミュニケーションの悩み」問答一覧

自分の失言を過度に後悔してしまいます

昔から人と会話した後、一人になるといつも自分の発言を後悔します。 「もっと言い方があったんじゃないか」 「つい言った一言が相手を嫌な気分にさせてしまったのではないか」 など、考え出すとキリがなくなって気分がと物凄く落ち込みます。言ってしまったのは自分で、悪いのも自分なので誰のせいでもないですし、その会話の途中で直ぐに謝る事も出来ずもやもやしてしまいます。 自分の失言に対して相手はそこまで気にしていない、との言葉をよく見かけますが、私は、相手に失言を気にしているかどうかすら確認出来ない程口下手で臆病です。 先程も、グループで課題を割り当てる際に早いもの順で決めていったのですが私が選ぼうと思っていたのを先に取られてしまい、全て決まってから、 「○○とられた〜、いいなー」 と半分冗談の様に笑いながら隣の人に言ってしまいました。その人はまだ交流があるので良いのですが、その近くにいた同じく私が選ぼうとしていた課題を選んだ人はそこまで親しい訳でも無いのに、こんな心無い発言を聞かせてしまって嫌な気分にさせたのではと今とても落ち込んでしまっています。 わざわざ後で謝りにいく程の事では無いかと思うのですがそれでもその人や周りにいた人達に不快な思いをさせてしまったのでは、陰口を言われているのでは、嫌われてしまったのでは、と頭の中で堂々巡りしています。 この様な事が日常的にあるのですが、何かいい気持ちの切り替え方や、失言をしすぎない心の持ち方などありましたらご教授いただけると幸いです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

大して知らない人の成功話について

私は、親友や家族の成功について、自分のことの様に喜べますが、大して知らない人から成功話を聞いた場合、親友や家族の時みたいに喜べない自分がいます。 妬みとか僻みではなく、相手の事を大して知らないので正直困ってしまいます。しかし、相手は興奮しているので、自分も興奮しながら褒めると言う心理学的なテクニックを使いその場を凌ぐ自分がいます。 何度か、実験的に、興奮しないで褒めてみたり、正直な心で引きつり笑いをしてみたら、相手によっては、満足しない人もいるので、面倒な世の中だな〜と俯瞰して見ています。私からすると、大して貴方の事を知らないのに、要求が多い人だな〜。と。 仏教には、ムディータ(喜) と言う考えがありますが、私は、大して知りもしない人にムディータと言う状態になれないのが現状です。だからと言って、人の話を聞かない訳ではなく、適度に話を聞き自分の事を話す様にしてます。 ブッタは、地球上の全員にムディータと言う状態になれと言っていない気がするのですが、どのくらいの範囲の人達にムディータになれと言っているのでしょうか? 本などを読んでもイマイチ分からないので質問しました。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

人の気持ちを考えたくてもわからない

はじめまして。 初めて質問させていただきます。自分の中で整理がついていないのでお見苦しい文章になりますが、お目を通していただけますと幸いです。   本日、上司のお子様の機嫌を損ねてしまいました。お子様は今度ピアノの発表会があるのですが、その会場は県外かもしれないという話を小耳に挟んだのです。なのでお子様ご本人に聞きました。 「今度の発表会は県外なの?」と。 するとお子様は 「知らない。そんなこといちいち聞かれたくない」 と怒ってしまわれました。この発言については詮索されるのが嫌いな子なんだな、今後は聞かないようにしようと納得をしました。しかし次の発言で目が点になりました。 「コロナが流行ってるときに県外に行くの?って聞かれても良い気分なんかしない。なにが言いたいの? なんて答えてほしかったの? ちゃんと人の気持ちを考えて話してよ」 と言われたのです。   確かにコロナ禍で遠方に外出するのは感染のリスクがあります。その上で「遠方に出かけます」と答えるのは気分の良いものではないでしょう。そこは理解も納得もできました。 しかし続く言葉が自分の中で消化できません。軽い世間話のつもりで振った話題でしたのでなにが言いたかったわけでもなく(強いて言うなら気を付けてね。頑張ってね。くらい)、そもそもどういう風に答えてほしかったのかなど考えていませんでした。   「人の気持ちを考えて」とは確かに浅慮だった私には耳の痛い言葉です。一方で、そこまで言われるほど酷い発言だっただろうか、なにがいけなかったのだろうかと首を傾げる自分もいるのです。   お子様の機嫌を損ねた原因は私です。悪いのは私です。それはわかるのです。でもどうしてあんなに怒ったのかも、「なにが言いたいの~話してよ」の発言の意味もわからないのです。お子様の言葉を基にどんな風に反省すればいいのかが全くわからないのです。   取り留めのない内容で申し訳ありません。どうか私に答えをください。私はあの言葉をどう受け止めればよいのでしょう。どのように反省すればよいのでしょう。助けてください。本当になにもわからないのです。自分がどうしたいのかさえもわからないのです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺