お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

罪悪感

軽い気持ちで常識的にもない悪い事をしてしまいました。
とてつもない後悔をしています。
自分を信じてくれている、親や祖父や祖母、家族を裏切ってしまいました。
まだ家族には言っていません。
この罪悪感というのは一生死ぬまで背負っていくものでしょうか?

心構え・生きる智慧
有り難し 27
回答 2

質問投稿日: 2016年2月5日 20:50

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

罪悪感を活かす

Water様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

慚愧、懺悔の思いは、誠に大切であります。

罪悪感を持たれることは、罪を罪として、悪を悪として、しっかりと認識できているということであります。

ならば、反省し、謝罪し、償うべきことがあれば償うで良いのであります。

最初から完璧な人間など誰もおりません。

大なり小なり、皆、失敗、過ちを犯すものです。

大切なのは、しっかりと反省して、次へと活かすことです。

罪悪感を背負うのではなくて、その罪悪感を活かして、行いを、正しく、より善いものに調えて、幸福感へと繋げていかなければいけません。

大丈夫です。きっと挽回できますよ。

川口英俊 合掌

3年6ヶ月前
回答僧

願誉浄史

罪悪感があるほうがよい

罪悪感がなくなったら危険です。
また同じ過ちをしてしまわないように、罪悪感を忘れないほうがよいでしょう。

欲(○○したい)や怒り(嫌だ・むかつく・悲しい)の感情は、時間がたつと過ぎ去りますね。
感情が過ぎ去ったあとでも後悔しないような行動をするほうが悩みは減ります。
よく気をつけましょう。
気をつける、それしかありません。

3年6ヶ月前

「罪悪感・罪の意識で苦しい」問答一覧

「罪悪感・罪の意識で苦しい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ