hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

わたしの悩みを聞いてください。

回答数回答 1
有り難し有り難し 20

こんにちは。

初めて 質問をさせて頂きます。

わたしは、今 21歳で、
15歳の頃から、鬱病と 統合失調症を 患っています。

自殺未遂を、今までに
何十回もしてきました。

ですが、いつも 死ねませんでした。

わたしが 自殺に失敗して
目覚めるとき、

わたしの 両親は 泣いていました。

勉強も 運動も出来ない。

可愛くない。

恋愛をしても、騙されてばかりで
幸せにはなれない。

仕事も、鬱病と 統合失調症が原因で、
考えが うまく纏まらずに ミスをしてばかり。
職場の先輩には、怒られ、嫌われ、
何も出来ない自分に 嫌気がさします。

ですが、わたしが 自殺をすれば、
両親のことを また 泣かせてしまいます。

それが 苦しくて、死ぬ勇気が出ません。

もう、死にたいのに。

毎日、朝 目覚めて 泣いて、
仕事が終わり、運転中に泣いて、
シャワーを浴びながらも 泣いて、
夜は、泣いているせいで、なかなか 眠りに就くことが 出来ません。

朝が来る度に、また 死ねなかった、と、
ひどく 胸が痛みます。

良い行いをした人間は、仏様が
早くに迎えに来てしまう、と、
いつか 耳にしたことがあります。

わたしは、仏様からさえも、
必要とされない人間なんです。

早く 楽になりたいです。

毎日、毎日、亡くなったおじいちゃんに、
わたしを迎えに来て、と、泣きながら
お願いしています。

このままは もう嫌です。
苦しいです。

一度きりの人生、
精神を病まずに 生きてみたかったです。

わたしは、ただ、
幸せに なりたかっただけなんです。

こんなわたしに、どうか、
お叱りの言葉でも かまいませんので、
何か アドバイスをください。

お願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

幸せへと向けて

はな様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

鬱病と統合失調症によりお苦しみのご様子、誠におつらいことでございます。

まず、幸せになれないことはありません。しかし、幸せになるためには、その幸せになるための因縁、つまり、原因と条件をしっかりと調えてあげることが大切となります。

それは、ただ思い、願う、祈るだけでなれるものではなく、 幸せになりたいという強い動機と共に、幸せに向かうための条件となる行動、ご縁が必要となります。

例えば、大学に入りたいと思うだけでは、合格はできません。やはり、しっかりと勉強し、対策を調えて、実力をつけて入試で点を取り、条件を満たさないといけないのと同じことでございます。

まず、ご自身がご病気であるならば、無理は禁物ですし、必要以上に頑張るのもあまりお勧めはできません。

良くなるまでは、周りの理解、サポートも必要になります。事前にできるだけ説明されて、遠慮なされずに配慮を求めて頂いて下さいませ。

また、少しなりにも良くなり、調子が戻った時に、お返しができたら良いというぐらいの心持ちで、今はまだ構わないのではないだろうかと存じます。

幸せになるためのヒントとしましては、仏教では「縁起」という考え方から、支え合い、助け合い、分かち合いの中での生かされてある感謝の気持ちを養いつつに、日々の行いを調えていかれる中において、きっと、幸せへと向けたご縁の数々を見つけることができていくのではないだろうかと存じております。

とにかく、それも、「死にたい」ということを思われてしまっていては、まず何よりいけません。そこは僭越ながらにも強く叱らせて頂きます。ダメですよ。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「心が痛い・重い・傷つく・折れる・壊れる」問答一覧

外国人に笑われました

1年程前にこちらに相談させていただき、救っていただきました、30歳主婦です。夫の仕事の都合で海外(ドイツ)駐在しております。 先日、夕方くらいでした。1人道を歩いていると斜め前くらいに20歳代くらいとみられる3人組の男性が話していました。 私とは距離が2~3m程あり、私も決して道をふさぐことなくふつうに歩いていたのですが、突然日本語で「こんにちは」とその男性の内1人が言いました。 アジア系の方でもなく、面識もなく、本当に突然言われたので咄嗟に反応できなかったのですが、そうこうしているうちにもう一度「こんにちは」と言われました。 私もにこやかに「こんにちは」と挨拶を返して通りすぎようとしましたが、3秒後に私の声を真似するように高い声で「こんにちは」と繰り返し、吹き出すようにゲラゲラと笑われました。 私は嫌な気持ちと怖いという思いで通りすぎましたが‥。 コロナの事もあり、外出している全員マスク着用しており、私もいたって現地の人と変わらないパンツとシャツという服装をし歩いていたのに、何故笑われたのか‥非常にもやもやし、傷つきました。 この事を夫に話すと、よくある事だ、気にしているとやっていけないと言われました。 夫と2人で歩いている時は、このようにからかわれるような場面にはあった事がありません。 コロナの一件もあり、アジア人差別が加速している中、海外の方に見下されていて悪意を抱かれているのではないか、今では買い物に1人で出るのも億劫になってしまいました。 この世で生を受けた全てが尊い存在だと思います。(どうしても苦手なものもありますが) 夫が任期を終え日本に帰国できるまで、どのような心づもりでいれば心の安寧が保たれるでしょうか? どうかお言葉をいただけないでしょうか。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

あの差別的な言葉だけは言われたくなかった

両親や友人には20代の頃にカムアしており、ゲイでありながら自分らしく生きています。 ちなみに聴覚障害です。色んな人と出会ってきた中で1番酷い言葉を言われた相手は上司女性でした。今はその上司が別のところに異動していますが、あの言葉が離れなくて不快な思いをし気持ちが辛く誰も言えずにいました。ここで話を聞いてくれたら嬉しいなと思い、書きました。 結構前になりますが、今の仕事に入社してから数ヶ月(数年前)、誰もいないところで結構プライドと傲慢の塊がある上司女性から「あなたは耳を治しなさい」と真上からの目線で偉そうに初めて言われました。今まで色んな酷い言葉を言われて色々と耐えてきましたが、そんな言葉の刃が僕の心を刺さった気持ちでした。 障害を受け入れるまで時間がかかりますし(今は受け入れています)障害を治して健常者になったところで前向きに生きていけるなんて何か違和感を感じます。聴覚障害を完全に治すには手術費が膨大にかかりますし、治療法がほぼなく難しいです。そんな事情を知らない上司を恨む気持ちはありませんが、一度だけゲンコツで頭を一発叩きたいぐらいです。 その上司が異動したあと、同僚に「最後の挨拶しなかったでしょ?」と言われたんですが、酷い言葉を僕に言ってきた上司に複雑な思いをしているので、挨拶をどうしても言えなかったんです。そんなにいけなかったでしょうか。あの言葉を言われなかったら気持ちよく挨拶出来たと思います。出来る事なら、あの時の言ってた言葉の過ちを気付いて僕に謝ってほしいです。障害者の自分として社会に揉まれて仕方ないことだと思っています。そんな社会の中で、治せ!という言葉は絶対言われたくありませんでした。過ちに気付かないあの相手が本当に可哀想だなと思っています。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

深く傷ついた心と、どう付き合えばいいのか

いつもお世話になっております。 お忙しいところ読んでいただき、 ありがとうございます。 お坊さんにおききしたいのですが、 大切な日(お祝い事など)に、 ききたくない言葉を言われたら、 悲しい気持ちになりますか? 最初に質問させていただいた内容なのですが。。 気にしない気にしない。 みんなで笑って過ごせて、 嬉しい言葉を聴けてもう十分幸せなこと。と思うようにしても、 傷ついたなぁ。。と思う言葉は、 心の奥底にずっとひっかかったままです。。 親戚の子(大人です)は、 こういうウェディングは嫌だなぁ。と思いながら、参加していたんだな。 友達を呼び、お手紙を読み、とても盛大で豪華なら一緒にお祝いしていたのかな。と、、 まだ思い出してしまい、 悲しくなるときがあります。 正直、悲しい言葉を聴くと、 親戚の子が結婚式をいつかあげるとしたら、 参加したい気持ちになれないだろうな。と思います。 私は、みんなと笑っている時間が好きで、今このご時世で家族や親戚や幼なじみ、みんな集まることができないので、 ウェディングパーティーは とても貴重で十分盛大でステキな時間だったな。と思っています。 ですが、傷ついた心は なかなか癒えず複雑な気持ちです。 深い傷はどう付き合えば心が楽になるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

いつも気持ちが落ち着きません

とある出来事があり、一人で外に出ることができなくなりました。 学校にも一人で行けず、毎日母が送り迎えをしてくれています。 緊張と恐怖、そして受験からくるストレスで不眠症を発症し、今も定期的に精神科にかかっています。 調子のいい日は普通に生活できますが、そうでない日は眠気や頭痛、怠さなどに苦しみ、ベッドから起き上がれないときもあります。 不眠症になってからというもの、保健室に登校し、比較的大丈夫な日は教室で授業を受け、きつい日は保健室で横になったりしていました。 保健室の先生にも不眠症で苦しんでいることを伝え、処方薬についても詳しい説明をしていました。 しかし、ある日、私がベッドで休みたい旨を先生に伝えると、「眠いだけでしょ?」と笑われ、とても傷つきました。 不眠症は理解されにくい病気だと言われています。 それは自分も承知していましたが、先生はそれまで何度も「私は不眠症について理解しているよ。いつでも休んでいいよ」と言っていたので、その言葉を信じていました。 しかし、まるで不眠症について理解のない言葉を投げかけ笑う先生の姿に、心の中が怒りと失望でいっぱいになりました。 家に帰り、そのことを母に伝えました。 きっと母は私の味方になってくれると思っていました。 しかし母は、「あなたが眠い眠いというのが悪いんじゃない?」と。 だったら何と言えばいいのか。 熱があると嘘でもつけばいいのか。 それとも我慢をしろというのか。 そもそも私が不眠症なのが悪いのか。 私が夜眠れないのが悪いのか。 考えれば考えるほどネガティブになり、いつの間にか自殺を真剣に考えているときもあります。 もはや誰も信じることができません。 毎日が辛いです。 支離滅裂な文章ですみません。 でも、やっぱり私が悪いのでしょうか? どうしたら楽になれますか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る