hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

病気で死ぬのが怖いときの心の持ち方

回答数回答 1
有り難し有り難し 7

元々体調の些細な変化が気になる性格ですが、産後、病気を機に一層ひどくなりました。
 
数年はそれでも波があり、元気なときもありましたが、最近は毎日何かしら気にしています。一年前に脳動脈瘤が発覚し、落ち着かない毎日です。
幼児二人がおりフルタイムで働いていますが、健康的な食生活、運動もしていて、健康に対する意識や行動は他人から見たら恐らくやりすぎなくらいだと思います。
不健康になる要素はありません。

でも気になって仕方ありません。
実際症状はありますが、病院に行くと経過観察になったり何でもなかったりです。

みんないつかは死ぬ。周りにはそう言われましたが、明らかに死につながる原因がすでに自分に存在していることがわかっているので、自分にとっては死があまりにも近すぎます。

1日1日を大切に過ごしたいのに、頭から離れず、穏やかに生活できません。

どのような心構えでいればよいでしょうか。よろしくお願いいたします。

2019年7月11日 8:11

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

脳動脈瘤がどんなものか分かりませんが

抱えておられる脳動脈瘤がどんなものなのか分かりませんが、病院で見てもらっていて経過観察だとか、それほど心配ないものなら、心配してもしょうがないのではないでしょうか。でも、それが気になるんですよね。

だったらトコトン気にしたら如何でしょう。実は、私たちの宗派、浄土真宗の親鸞聖人は19歳のとき、あなたの余命は後10年、みたいなお告げをもらったという伝承があります。あと10年しか生きられないなら、というので今日一日を大切に生きようと真剣になるのではないでしょうか。

緊張感がないからボケっと生きているので、少ししか生きられないと思えば貴重な今日一日と思えるはずです。それは禅の老師たちが説かれることと同じです。

禅の老師がおっしゃるのは、過去は過ぎ去ったことであり、既ににどうしようもない終わったことである(そこから教訓を得ることはできます)。未来はまだ先のことだから気にしてもしょうがない(不安って、ほぼ将来への不安ですね)。何とかなるのは今、現在しかない。今、現在を大切に生きるのがもっとも効率的である。そのためには過去に引きずられたり、未来を不安視する思いをできるだけ断ち切って減らしていく。その分だけ原罪を生きる力が増す。

あなたは不安を抱えているなら、後がないと思うことを現在を生きるエネルギーに転換していくのがよいのではないでしょうか。すぐ死ぬかもしれない、それが怖いと思うのを、だから今日を生きよう、に転換できるよう自分で考え方を変えたり、禅や瞑想を学んだらよいのではないでしょうか。

20190714追記
そんなにも大きなものを抱えておられたのですね。不安が大きくなったら、hasunohaでも私個人でもよいから、ご連絡ください。なんにもできませんが、遠慮なさらないでください。お話しを聞くことしかできませんけど。

2019年7月13日 7:15
{{count}}
有り難し
おきもち

私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

ありがたいお言葉をありがとうございます。
脳動脈瘤は大きくなり破裂すると死につながりますが、今の大きさではリスクが大きいため手術ができず、いつ爆発するかわからない爆弾を抱えたまま、定期的な経過観察をしている状態です。
しかし、おっしゃる通り、この不安を現在を生きるエネルギーに変えるのが最も効率的ですね。例えいつ破裂して死んだとしても後悔はなかった、そのような人生にしていきたいと思います。ありがとうございました。

追加でコメント頂きありがとうございます。温かいお言葉、感謝いたします。また不安になりましたら相談させていただきます。

「死ぬのが怖い」問答一覧

死ぬのが怖い

30代女です。 小さい頃に母を病気で亡くし、そこから死に対しての恐怖心が生まれました。小学生の時に死ぬのが怖いと感じるようになり、死ぬのは嫌だと泣いたことがありました。 そこから中学高校大学、仕事と、小学生のときのように泣くほど怖がったことはないですがうっすら漠然と死ぬのは怖いなと考えることもありました。色々と忙しかったこともあり、考える時間も少なくなってきていました。 しかし、30代になり、ずっと続けていた仕事を人間関係で揉めて、中途半端な時期に辞めました。辞めたことに後悔はなく、ずっと続いていた人間関係でのストレスも一気になくなり、最初は楽しく考えていました。しかし、暇でずっとゲームをする日々、そして自分が30代という年齢に突入したこと、周りの人は結婚をして落ち着いている中恋人もいない、次の仕事もまだ探し中、親も父のみ、そして一般的な私の年代の親よりも歳をとっていますので、父の死についても考えるようになり、父が死んだあと自分は生きていけないという考えからまた、小学生の時のような自分が死ぬことへの恐怖心が再び芽生えました。 ネットで色々調べましたがタナトフォビアだと思います、身近な人が死ぬのも恐怖ですが、自分が死ぬことへの怖さ、無になることへの恐怖が強く、突然発作のように発症し、過呼吸になったり涙が出たりととてもしんどい思いをしています。生きたくないとは思いません。死にたくないのです。しかし、不老不死のように永遠に生き続けるのも怖いです。矛盾していますが...。1度考え出すと恐怖が止まらず、夜も眠れません。今の自分の状況がこの先不安でしかなく、30代にもなってこのタイミングで結婚もしないまま死んでいくという考えしかできず、ずっと怖いです。タナトフォビアの克服など検索しましたが、読むだけで怖いです。助けてください。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

死への恐怖

母は私が幼いころに癌を患い、その後治療を続けていたものの半年ほど前に再発しました。今すぐに命に関わるという病状ではないのですが、身近な人間の死に関わりうる病気を通して死というものを考えることが増え、もうどうしていいかわかりません。 私と母とは30ほど歳が離れています。つまり、一般的な寿命を迎えることができても、私はいつか母がいない時間を30年も過ごさなければいけない。そのことが私には耐えられないことに思えます。私には妹弟はおりませんので、私は家族の中で最も長く生きる可能性が高いわけですが、自分の大切な人が皆亡くなってもなお生きていかなくてはいけないのでしょうか。頭ではそんなことわかっているのです。死は避けられない、身近な人の死も受け入れなくてはいけないし、皆そうやって受け入れて乗り越えて生きていると思うのですが、わたしにはそのことができないように思えます。親不孝の極みですが、母が死ぬ前に死ねたら幸せだなとすら思ってしまいます。 私が中学3年の時に祖父が亡くなった時のことを未だに忘れることができません。少し前まで生きていた、人が、生きてはいないということが受け入れられず、その恐怖を忘れることができません。昔見たドラマで、大量殺人を犯した犯人が、人をモノにするのが好きなんだと言っているものがありました。祖父の葬式の時に感じた、人がモノになったということが、私の中に恐ろしい記憶として残っています。祖父の死以来、刑事ドラマも不愉快で見ることができません。人の死を面白がって作っているように思えてしまうのです。私はどうしたらいいのでしょうか。受験期に入り、ストレスや疲れもも溜まっているのか、死ぬこと、母のこと、いつか大切な人が皆亡くなってしまった時のことなどばかりかんがえてしまいます。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る