hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

病気で死ぬのが怖いときの心の持ち方

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

元々体調の些細な変化が気になる性格ですが、産後、病気を機に一層ひどくなりました。
 
数年はそれでも波があり、元気なときもありましたが、最近は毎日何かしら気にしています。一年前に脳動脈瘤が発覚し、落ち着かない毎日です。
幼児二人がおりフルタイムで働いていますが、健康的な食生活、運動もしていて、健康に対する意識や行動は他人から見たら恐らくやりすぎなくらいだと思います。
不健康になる要素はありません。

でも気になって仕方ありません。
実際症状はありますが、病院に行くと経過観察になったり何でもなかったりです。

みんないつかは死ぬ。周りにはそう言われましたが、明らかに死につながる原因がすでに自分に存在していることがわかっているので、自分にとっては死があまりにも近すぎます。

1日1日を大切に過ごしたいのに、頭から離れず、穏やかに生活できません。

どのような心構えでいればよいでしょうか。よろしくお願いいたします。

2019年7月11日 8:11

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

脳動脈瘤がどんなものか分かりませんが

抱えておられる脳動脈瘤がどんなものなのか分かりませんが、病院で見てもらっていて経過観察だとか、それほど心配ないものなら、心配してもしょうがないのではないでしょうか。でも、それが気になるんですよね。

だったらトコトン気にしたら如何でしょう。実は、私たちの宗派、浄土真宗の親鸞聖人は19歳のとき、あなたの余命は後10年、みたいなお告げをもらったという伝承があります。あと10年しか生きられないなら、というので今日一日を大切に生きようと真剣になるのではないでしょうか。

緊張感がないからボケっと生きているので、少ししか生きられないと思えば貴重な今日一日と思えるはずです。それは禅の老師たちが説かれることと同じです。

禅の老師がおっしゃるのは、過去は過ぎ去ったことであり、既ににどうしようもない終わったことである(そこから教訓を得ることはできます)。未来はまだ先のことだから気にしてもしょうがない(不安って、ほぼ将来への不安ですね)。何とかなるのは今、現在しかない。今、現在を大切に生きるのがもっとも効率的である。そのためには過去に引きずられたり、未来を不安視する思いをできるだけ断ち切って減らしていく。その分だけ原罪を生きる力が増す。

あなたは不安を抱えているなら、後がないと思うことを現在を生きるエネルギーに転換していくのがよいのではないでしょうか。すぐ死ぬかもしれない、それが怖いと思うのを、だから今日を生きよう、に転換できるよう自分で考え方を変えたり、禅や瞑想を学んだらよいのではないでしょうか。

20190714追記
そんなにも大きなものを抱えておられたのですね。不安が大きくなったら、hasunohaでも私個人でもよいから、ご連絡ください。なんにもできませんが、遠慮なさらないでください。お話しを聞くことしかできませんけど。

2019年7月13日 7:15
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

ありがたいお言葉をありがとうございます。
脳動脈瘤は大きくなり破裂すると死につながりますが、今の大きさではリスクが大きいため手術ができず、いつ爆発するかわからない爆弾を抱えたまま、定期的な経過観察をしている状態です。
しかし、おっしゃる通り、この不安を現在を生きるエネルギーに変えるのが最も効率的ですね。例えいつ破裂して死んだとしても後悔はなかった、そのような人生にしていきたいと思います。ありがとうございました。

追加でコメント頂きありがとうございます。温かいお言葉、感謝いたします。また不安になりましたら相談させていただきます。

「死ぬのが怖い」問答一覧

#死ぬ事が怖い

小学生の頃より、ふとした瞬間に"死んだらどうなるのだろう"と考え始めた。 でも、当時は漠然とした考えで 中学生の頃も同じようにふとした瞬間に漠然と考える事はあったが、そこまでの恐怖はなかった。 高校〜大学の時に恐怖へのクオリティ?が上がり、特に両親が去ってしまうと考えた時に押し潰されるような不安に襲われ泣く事もありました。 しかし、泣いて翌日にはケロッと後に引く事はなかったが20代後半になり 1人の時や夜中にふと目が覚めて ・両親がいなくなったら孤独だ ・兄妹はいるけど順番で考えたら  私が最後か… ・結婚もせず独身、死ぬ時も孤独なのか ・どんどんと老化してきて何もできなくなって死ぬのかな、怖い。 ・日々の一瞬一瞬全てが無に戻る&無意味に思える、それが怖い。 色々な不安が頭にぶわぁーっと入り 今までと比べ物にならないぐらいの 死への恐怖の波がきます。 私自身がネガティブな状態で、それが原因なのかと思い携帯で検索してみると 同じような人がおり、安心するが 内容を読むと結婚していて子供がいてetc... いやいや、結婚もしている 子供もいる、"家族"がいる。 生きた証を未来に繋げれる地盤が あるのに…と、卑屈になってしまい 更に不安がこみ上げて泣いたり 不安で寝れなくなったりします。 両親や兄妹が去れば 私も終わりでいいかなって思うし 始まりがあれば終わりもある と理解しているけど グルグルと同じ事を考えてしまいます。 死への恐怖はどうしたら治りますか? とは伺いません…。 ただ、言葉では言い尽くせない この恐怖をどう乗り越えていくべきでしょうか? よろしくお願いします。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る