hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

自分に甘く他人に厳しいのを変えたいです

回答数回答 1
有り難し有り難し 11

自分より容姿や学力、性格等人間的に優れた人に激しく嫉妬します。
そして自分にはとことん甘く、環境や他人のせいにして自分は悪くないと被害者ぶっています。
例えば、かなり卑屈で陰湿な性格なため、人と話す時にも機嫌が悪そうにする、私はかわいそうなのアピールをする、暴飲暴食をする、遅刻したって、だって気持ちが落ち込んでるんだからしょうがない、謝ればいいやと思っています。

逆に自分より何かしら劣っていると思っている人には心の中で見下しています。
不細工、馬鹿、センス悪い、性格悪い等、醜い言葉だらけです。
他人にはよく思われたいけれど、誰かと仲良くするのは面倒、でも1人は寂しい。
初対面の外面だけはいいのですが、だんだんと自分のボロがでてきたり、うまく立ち回れなかったりしたら、すぐにフェードアウトします。
リセット癖があり、仕事も逃げました。

ずっと他力本願で言い訳ばかりで、人の悪口ばかりで、自分勝手で、こんな醜い心と考え方を直したいです。

2019年10月29日 17:35

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

賞味期限の感情を食べない習慣を

嫉妬は多様ですね。
人は必ずしも誰しもに備わっているものです。それが少し癖となり、ついつい心の中で暴れているんですね。
本文を読ませていただきましたら、ご自身の分析をしっかりされ把握されておられるとお察しします。
そこまで自己分析をできていれば、結構簡単に理性のコントロールができると思います。
人間には五感(眼・耳・鼻・舌・身)が備わっています。この五感を清らかにしていくことで、嫉妬の感情は徐々に消え去っていきます。

もうすでに変わりたいと思っている人は、すでに心が良い方向に完治へと向かっているものです。
さぎすんでいる自身の感情が嫌いなら、あとは嫌いな自身と"さよらな"するだけです。

生き方は顔にでるものです。相手は何も言わずとも、見抜かれていることもしばしばです。

いつからでも、何回でも、何度失敗しようとも、変わりたいと思っている心を持つことに「仏心」に火が点火され、やさしい人へと気付けば変貌を遂げています。

私たちは生まれてくる時代や環境や親は選べずとしてこの世に生を出します。人には人の人生観があり、他人の普通も皆異なります。人は十人十色であり、私たちが心配しなくとも皆生きていくのです。付き合いしたくない人とは、しなくていいのです。

どんどん良くなります。

2019年10月31日 2:00
{{count}}
有り難し
おきもち

祈るこころに佛心が宿る。 変化多き時代を生きる私たちにできること、それは...

質問者からのお礼

回答いただき、ありがとうございます。
できない、できないと言っているだけではなく、一歩踏み出してこの鬱々とした状態を抜け出したいと思います。

「自分を・性格を変えたい・直したい」問答一覧

自分にも他人にも厳しすぎると言われます

はじめまして。 私は人から、自分にも他人にも厳しすぎる、あなたはできる人だから他人の欠点がよく見えるんだ、あなたは良いわよね等と嫉妬まじりに言われることが昔から多く、どうすれば周囲と良い関係を築きつつともに向上していけるのか、悩んでいます。 仕事の勉強会で、発表者は事前に資料を出さないといけないのですが、提出が締切からだいぶ遅れたり、発表直前になったりする方々がいます。 良い話し合いをするためには事前に準備をする必要があり、資料に目を通しておかないと話の内容がわからず、遠方から参加する時間が無駄になってしまいます。 締め切りを守って欲しいと懇談の場で申し上げたところ、そうしましょうということになったのですが、それ以来、個人的にもみんなの前でも、あなたは厳しすぎると言われるようになりました。 自分に対してはまだまだ足りないところばかりだと思っていて、努力は当然、それでもさぼっている方だと感じています。 それが他の方から見ると、あなたはいつも完璧だ、優秀だと言われ、個人で完結する仕事であっても、私が他の方を圧迫しているように感じてしまうらしいのです。 あからさまにさぼっている人は別として、私は皆さん、私よりきちんとできていると思っています。 何度もそのようにお話しし、締切の件も、私は人より作業が遅いので、締切を超えて送られると非常に困ると申し上げたのですが、分かってもらえていません。 ただ、締切の件をはじめ、ここ数年、みんなやっつけ仕事になってしまっていて、停滞しているのは事実で、定期的に発行している冊子も、レベルが落ちたと読者から意見があったらしく、主催者も頭を痛めてはいるようです。 勉強会の件は一例ですが、学生時代からこのようなことの繰り返しでした。 人のコンプレックスを刺激してしまわずに、よい方向に向かっていくには、どうすればよいのでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る